樽前山の溶岩ドームに立つ、2017.11.6ー速報版ー

今日は隊長Oさんと樽前山へ。
モーラップから古道を使ったのだが、私がこの登山道を歩いたのは高校1年の夏休みに級友と3名で登って以来だからもう55年も前のことだ。

当時、支笏湖への国道は舗装工事の最中で、まだ大半が砂利の道を豆腐屋が使うような自転車で千歳から出かけた。

この古道は、7合目のヒュッテ付近で車道に出たけれど、その辺の所は記憶にない。

7合目から東山コースで東山のピークを踏み、支寒内コースを使って下山の予定だったのだが、急遽溶岩ドームにも登ることとなった。

溶岩ドームには南側斜面から50年くらい前に登っているけれど、今回は隊長Oさんが2年前に登ったという北側の斜面に取り付いた。

なお、溶岩ドームに登ることは違法行為ではないので、クレームを付けないようお願いしたい。
念のため、関係機関に確認の上登った隊長Oさんのヤマップをリンクした。↓

速報版としては何時もより枚数が多いけれど、写真を10枚載せた。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17150482.jpg
登山道(古道)の真ん中に熊の糞が。前方に隊長Oさん
f0138096_17150411.jpg
東山の外輪山分岐手前。登山道上の雪はかなり溶けていた
f0138096_17150521.jpg
前方に溶岩ドーム
f0138096_17150512.jpg
溶岩ドーム北側の急斜面を登る隊長Oさん
f0138096_17150693.jpg
溶岩ドームの途中から、上に東山の頂上
f0138096_17150668.jpg
一番の難所だったかも
f0138096_17150691.jpg
ボルトの埋まった溶岩ドームの岩に立つ。隊長Oさんの撮影
f0138096_17150739.jpg
下山は途中まで支寒内コースの苔の洞門を使う
f0138096_17150774.jpg
f0138096_17150713.jpg
20年ほど前に妻と支寒内コースをピストンしたけれど、この壁に挟まった岩がまだ健在とは思わなかった
f0138096_20422572.jpg
GPSの軌跡。モラップから古道を歩き、7合目のヒュッテに出た。その後東山分岐まで登り、そこから溶岩ドームの頂上へ。ドームから支寒内コースを下りて苔の洞門の途中まで。途中から右岸の尾根に上がって林道の終点まで。終点から余計な直線が入った(^_^;)

# by tarumae-yama | 2017-11-07 00:18 | 樽前山 | Comments(4)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ー同行者からの写真ー

恵庭岳の同行者から送られて来た写真を紹介しようと思う。

翌日からの3連休は、低気圧通過後の寒気のせいで一気に気温が下がり風も強まったから、我々は本当にタイミングの良いときに登ることが出来て幸運だった。 
f0138096_14301830.jpg
f0138096_14301970.jpg
f0138096_14302103.jpg
f0138096_14302296.jpg
f0138096_14302325.jpg
f0138096_14302485.jpg
f0138096_14302623.jpg
天狗岩の上でM夫人と
f0138096_14302773.jpg
隊長Oさんと
f0138096_14302951.jpg
Tさんとツーショット。上の9枚はSさんの撮影
f0138096_14351082.jpg
f0138096_14351021.jpg
上の2枚はKさんの撮影
f0138096_14363225.jpg
f0138096_14363923.jpg
f0138096_14364688.jpg
上の3枚はowliverさんの撮影

# by tarumae-yama | 2017-11-06 06:47 | 北海道100名山 | Comments(2)

樽前山、2017.11.4

珍しくお菓子の頂き物が続き、この2日間で体重が2kg増えてしまった(^_^;)
それで、雲の多い天気ではあったけれど、ダイエット目的で樽前山へ。

雲が多いどころか、お花畑コースに進むと風こそ弱かったものの雪が降ってきた。
それが、稜線に上がると一転強風になった。
雪がその強風に乗ってつぶてのように顔に当たり、冷たさと同時に痛さを感じるほどだった。

稜線上には一部吹きだまりもあったけれど、今日は新しいスパイク長靴で大正解。
これから一番の難所になる、東山コース外輪山分岐までのトラバース部分も、底のピンが良く効いて不安はなかった。
だが、この区間は、雪質の状況次第ではアイゼンなしは危険かも。

もっとも、樽前山のゲートは、今年11月13日11時をもって冬期閉鎖に入るそうだから、それ以降樽前山に向かう登山者は初心者ではないと思うので、余計な心配かも知れない。

なお、苫小牧市役所のHPにはゲートの閉鎖についてまだ掲載されていないけれど、ヒュッテの管理人さんに直接聞いた話である。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22372144.jpg
正面に932m峰
f0138096_22374794.jpg
雪化粧をした東山斜面、お花畑コースから
f0138096_22375381.jpg
苔も寒そう。奥に風不死岳。本当は風不死岳に登るつもりだったのだが、雲がかかっていたため樽前山に転進
f0138096_22375883.jpg
つららの奥に溶岩ドーム
f0138096_22380861.jpg
932m峰の尾根でソロの女性とスライド。苫小牧のNさんとか。ゲート閉鎖のことは承知していて今日が今年最後の樽前山だと
f0138096_22381180.jpg
珊瑚のよう。932m峰頂上にて
f0138096_22381550.jpg
f0138096_22382167.jpg
カップルの登山者は楓沢からやってきたと。奥に932m峰
f0138096_22383712.jpg
中央に西山が小さく見える
f0138096_22384117.jpg
左上に西山
f0138096_22384852.jpg
f0138096_22385373.jpg
支笏湖が霞んでいる
f0138096_22390423.jpg
雪雲の来襲でドームも見えず
f0138096_22390955.jpg
外輪山分岐までのこの区間は、雪が登山道を覆い斜度もきついので難所だが、まだ雪が柔らか目だった
f0138096_22391300.jpg
苫小牧市街。港の船も見える
f0138096_22391939.jpg
f0138096_22392471.jpg
f0138096_22393064.jpg
7合目の展望台。日が差してきて支笏湖ブルーが見られた


# by tarumae-yama | 2017-11-05 07:57 | 樽前山 | Comments(4)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ーその2ー

我々の直前に単独男性が恵庭岳に向かったのだが、その方は、我々が大沢左岸ルートで登っている間に第2見晴台から下山したようで、言葉を交わす機会がなかった。

結局、11月としては穏やかな絶好の山日和だったけれど、我々以外の登山者はその男性のみだった。

そんな訳で、Sさんの500回登頂祝賀登山会は、身内のみのお祝いになってしまい、ちょっと残念だった。

とってつけたようだが、ここで登山道の状況を簡単に。
全員アイゼンを携行した(はず)けれど、前日の暖気と雨のために、先日までしっかりあった雪は殆ど消えていて、登山靴のみで全く問題なかった。
ただ、落ち葉が一杯で登山道を隠している所があるから、前方のピンクテープをしっかり確認し屈曲点を見逃すことのないよう気をつけた方が良いかと、老婆心ながら。

8月にTさんのエベレスト登頂祝賀登山会と、そして今回Sさんの500回登頂祝賀登山会の二つの幹事役を引き受けたけれど、無事終えて今はホッとしている。

少し間が空くけれど、次は羊蹄山登頂100回を目指している山友Mさんの出番だ。
現在95回とのことだから、今年のペースで行くと来年の初夏には達成だろうか。

その時も、幹事役を買って出ようとは思うけれど、羊蹄山に登れるか自信が持てない。
まさか恵庭岳でやってくれとも言えないし(^_^;)
f0138096_23214186.jpg
カメラをザックの上に置いてセルフタイマーで全員の記念撮影
f0138096_23214280.jpg
Kさんの用意したかぶりものを頭にSさん
f0138096_23214259.jpg
第3見晴台へ
f0138096_23214339.jpg
天狗岩の上でボルトポーズのM夫人
f0138096_23214341.jpg
第3見晴台のSさん。中央右の支笏湖が霞んでいる
f0138096_23214475.jpg
今日の主役のSさんとM夫妻
f0138096_23214520.jpg
Tさんと何の話だろう、大笑いのM夫人
f0138096_23214794.jpg
たっぷり1時間以上を過ごし、下山開始
f0138096_23231816.jpg
第2見晴台からオコタンペ湖
f0138096_23232880.jpg
下り専用ロープ場
f0138096_23233264.jpg
f0138096_23234695.jpg
f0138096_23235095.jpg
f0138096_23235319.jpg
無事下山



# by tarumae-yama | 2017-11-04 07:27 | 北海道100名山 | Comments(8)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ーその1ー

たびたびSさんとも一緒しているH原さんが仕事で来られなかったのが何とも残念だったけれど、前日KさんからLINEが入り、ヤマップのowliverさんが急遽参加こととなった。

我々と初対面ではあったが、実は私は以前メッセージを送っていて全く縁がなかったわけではない。
想像通り、活力みなぎる魅力的な女性だった。

ともあれ、PM2.5かシベリアの森林火災の影響かと思われるような視界の悪さだったけれど、小春日和の天気に恵まれ、隊長Oさんが見つけた大沢左岸ルートを使って第2見晴台まで気持ちの良い登りだった。

このコースが初めてのKさんとowliverさんはどんな印象を持っただろうか?

写真の上でクリックすると大きくなります。
(ならないのもあるようだ(^_^;))

f0138096_11471731.jpg
登山ポストの横で、左からowliverさん、Kさん、Tさん、M夫人、隊長Oさん、Sさん、Mさん
f0138096_11473144.jpg
f0138096_11480174.jpg
何時もの大岩で登山スタートの儀式
f0138096_11574781.jpg

f0138096_11482204.jpg
今回は、ここから始まる長い迂回ルートを通らず、隊長Oさんの提案で以前の登山道を登ってみることに
f0138096_11482660.jpg
倒木帯を越える所があるけれど、少しずつ倒木の処理が進んでいるようだ
f0138096_11483035.jpg
左からM夫人、隊長Oさん、Tさん
f0138096_11483544.jpg
登り専用ロープ場
f0138096_11484384.jpg
f0138096_11484774.jpg
大沢の左岸に出た
f0138096_11485277.jpg
f0138096_11485530.jpg
f0138096_11490482.jpg
テンションの高いM夫人を見ると、こちらも元気がもらえて嬉しい
f0138096_11490871.jpg
雪だるまを作るMさん
f0138096_11491254.jpg
大沢左岸ルートを登る一行
f0138096_11491527.jpg
f0138096_11492418.jpg
owliverさん(前)とKさん
f0138096_11492749.jpg
f0138096_11493063.jpg
f0138096_11493454.jpg
ここから第2見晴台までは、隊長Oさんが見つけたという新ルートを使う
f0138096_11494290.jpg
左の斜度がきついので、雪が付くと厳しそう
f0138096_11494610.jpg
第2見晴台は目前
f0138096_11495377.jpg
プリザードフラワーに付けるカードに日付を入れるTさん


# by tarumae-yama | 2017-11-03 12:08 | 北海道100名山 | Comments(7)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ー速報版ー

Sさんの恵庭岳登頂が今日で500回に達した。
そこで、山友7名が一緒に第2見晴台(暫定頂上)まで登り、祝賀会を開催した。

素晴らしい青空に恵まれ、その上風もなく温かで、まるでSさんの偉業を祝福しているような天気だった。

とりあえず、速報版として写真を4枚アップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20100059.jpg
第2見晴台にて
f0138096_20100037.jpg
TさんからSさんにプリザードフラワーの贈呈
f0138096_20100079.jpg
美女群に囲まれて嬉しそうなSさん
f0138096_20100160.jpg
天狗岩の上でJさんに贈るボルトポーズ。SさんとM夫妻


# by tarumae-yama | 2017-11-02 20:13 | 北海道100名山 | Comments(10)

イチャンコッペ山、2017.10.28ー同行者からの写真ー

11月に入った。

恵庭岳の登山道が積雪状態になると、今までのように一人で気軽に登るという訳にはいかなくなる。
樽前山も下旬にゲートが冬期閉鎖されると、ずっと遠い山になる。
樽前山のお花畑コースを経由する風不死岳は、更に遠くなる。

そんな中で、標高の低い紋別岳とイチャンコッペ山は、これから積雪期までの時期私にとって貴重な山になる(積雪期もだが)。
今、イチャンコッペ山は笹刈りされて、快適な登山道になっている。

H原さんとぶるままさんから送られてきた写真を紹介して、今回のイチャンコッペ山を終えたいと思う。
f0138096_10345231.jpg
f0138096_10345704.jpg
f0138096_10350193.jpg
f0138096_10350571.jpg
f0138096_10351339.jpg
f0138096_10351627.jpg
f0138096_10351981.jpg
上の7枚は、H原さんの撮影
f0138096_10360075.jpg
f0138096_10360470.jpg
f0138096_10360852.jpg
上の3枚は、ぶるままさんから送られてきた写真

# by tarumae-yama | 2017-11-01 07:11 | 登山 | Comments(0)

恵庭岳西峰、2017.10.26ー同行者からの写真ー

一昨日は町内会の秋の大掃除に参加した。
久しぶりにお目にかかる方も多く、自分のことを棚に上げ、皆さん高齢になったなと感じた。
中に最近配偶者を亡くした方が参加していたけれど、急に老けたように見えた。
もしかして、私もそう見られていたのかも。

タイトルとは関係のない話になった(^_^;)

恵庭岳の同行者からの写真を紹介したい。
f0138096_12035419.jpg
f0138096_12040951.jpg
f0138096_12045551.jpg
大沢左岸ルート
f0138096_12052497.jpg
第2見晴台
f0138096_12064310.jpg
同じところで、日高門別からやってきたソロの男性と
f0138096_12065816.jpg
上の6枚は、Sさんの撮影
f0138096_12133836.jpg
登り専用ロープ場
f0138096_12134239.jpg
登山道を外れ、大沢左岸ルートに向かう
f0138096_12134663.jpg
f0138096_12135052.jpg
f0138096_12141517.jpg
f0138096_12141967.jpg
f0138096_12142527.jpg
第2見晴台にて
f0138096_12143005.jpg
西峰に向かう
f0138096_12143394.jpg
西峰の頂上直下。上の9枚はMさんの撮影

# by tarumae-yama | 2017-10-31 07:24 | 北海道100名山 | Comments(0)

イチャンコッペ山、2017.10.28

本当は楓沢から樽前山の予定だったのだが、午後から仕事になったという同行者の希望でイチャンコッペ山に変更。
そのためにヤマレコのzeropo7さんが不参加となったのは残念だったけれど、楓沢は同行者も切望している所だから、近いうちにまた計画したいと思う。

そのイチャンコッペ山だが、札幌方面は快晴の天気なのに低く垂れ込めた雲のために頂上部が隠れていた。
周りの風不死岳や樽前山、恵庭岳なども同様だった。

それでも、昇温とともに青空が出てくれるものと期待しながら登山口に進んだ。
だが、残念ながら雲底がどんどん下がって旧反射板ピークも頂上もガスの中で、視界は100mもなく当然恵庭岳も支笏湖も見ることは叶わなかった。

結果的にスタートが早かったらしく、ヤマレコを見ると我々より1時間半ほど後にスタートした登山者が、頂上から支笏湖や周囲の山並みが写っている写真をアップしていた(風不死岳、樽前山、恵庭岳などの頂上部は相変わらず雲の中だが)。

まあ残念なイチャンコッペ山だったけれど、早く下山した分温泉と千歳市郊外のバードカフェでのんびりくつろぐことが出来たから、こんな山行も悪くはないと思った。

genesis1_1さんのヤマレコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1296743.html
f0138096_16570746.jpg
H原さんとぶるままさんが山を一緒するのは、3年前の11月の伊達紋別岳以来だという
f0138096_16570849.jpg
f0138096_16570838.jpg
f0138096_16570875.jpg
f0138096_16570855.jpg
旧反射板ピークから頂上に向かうgenesis1_1さん
f0138096_16570901.jpg
頂上にいた札幌のTさん?ご夫妻も一緒に
f0138096_16570986.jpg
そのTさん?の奥さんに撮っていただく
f0138096_16570916.jpg
genesis1_1さん手作りの生ハムとクリームチーズ入りのサンドイッチを手にするぶるままさん(左)
f0138096_16571079.jpg
眺望がないので早々に下山
f0138096_16571032.jpg
途中、恵庭山岳会の方が笹刈りをしていた
f0138096_16571705.jpg
下山すると、ぶるままさんからSさんの恵庭岳500回登頂祝賀登山の時に使ってと託される
f0138096_16590145.jpg
帰宅途中、バードカフェでコーヒータイム



# by tarumae-yama | 2017-10-30 07:36 | 登山 | Comments(2)

恵庭岳西峰、2017.10.26

第1見晴台から先は積雪状態で一部凍っていて滑りやすくなっているところもあったけれど、携行のアイゼンを使うまでもなかった。

今回、8時にスタートした時点では我々が最初の登山者だったのだが、大沢左岸ルートをソロの男性が力強い足取りで近づいてきた。
追いつかれることはなかったけれど、帰宅して写真を拡大してみると、恵庭岳を何度も一緒している知人らしく、ヤマレコを見て確信した。
ただ、我々が西峰に行っている間に下山したようで、挨拶は叶わなかった。

恵庭岳は今年になって15回目だが、西峰の頂上に立ったのは8月1日以来のこと。
どうやら関係機関は、崩落の危険が増してきた本峰の頂上から西峰の方に登山者を誘導しようとしているのか、スリップしやすいところに新たに2カ所トラロープを設置していて、西峰はより登りやすくなっていた。
f0138096_21205739.jpg
f0138096_21210303.jpg
登り専用ロープ場を登るMさん
f0138096_21210641.jpg
登り専用ロープ場のM夫人。まだ雪がなく、ロープも凍っていない
f0138096_21211303.jpg
登山道から外れ、大沢左岸へ向かう同行者
f0138096_21212401.jpg
大沢左岸ルートを行く同行者。前方に本峰の頂上岩塔が見える
f0138096_21212873.jpg
f0138096_21213282.jpg
f0138096_21213602.jpg
第2見晴台から、ソロの男性が大沢左岸ルートを登ってきている。どうやら恵庭岳を庭のようにしている知人らしい
f0138096_21214874.jpg
第2見晴台から、オコタンペ湖と奥に羊蹄山と尻別岳
f0138096_21215183.jpg
正面に本峰の頂上岩塔
f0138096_21215453.jpg
f0138096_21215891.jpg
西峰に到着のM夫人
f0138096_21220992.jpg
f0138096_21221305.jpg
f0138096_21222112.jpg
f0138096_21222517.jpg
正面に尖った西峰
f0138096_21223339.jpg
f0138096_21223740.jpg
第1見晴台にて
f0138096_21224584.jpg
Jさんは最近私のブログを見ているだろうか?、快復を願って再びボルトポーズの写真を載せた

# by tarumae-yama | 2017-10-29 06:58 | 北海道100名山 | Comments(4)