白雲岳、高根ヶ原周辺の花等

 白雲岳からの眺望や白雲避難小屋周辺、高根ヶ原三笠新道分岐付近で見かけた花等をアップした。
 
f0138096_22151650.jpg

                 白雲岳山頂より高根ヶ原と中央にトムラウシ山
 
f0138096_22162020.jpg

                 白雲避難小屋付近のボタンキンバイ
 
f0138096_22172719.jpg

                 高根ヶ原を歩くMさん、Tさん、Tさん夫妻
 
f0138096_22185517.jpg

                 ミヤマリンドウ?
 
f0138096_22191972.jpg

                 ウルップソウ
 
f0138096_22194787.jpg

                 高根ヶ原のエゾツツジ
 
f0138096_22201050.jpg

                 高根ヶ原のコマクサを撮影中
 
f0138096_2220458.jpg

                 天然記念物のウスバキ蝶だそうだ
# by tarumae-yama | 2007-07-26 22:25 | | Comments(0)

赤岳周辺の花その3

 残りの4枚をアップしたのでお楽しみ頂きたい。
 
f0138096_21324722.jpg

 
f0138096_21325715.jpg

 
f0138096_2133765.jpg

 
f0138096_21332572.jpg

# by tarumae-yama | 2007-07-26 21:33 | | Comments(0)

赤岳周辺の花その2

  花の写真だけ5枚アップし、その後4枚をアップしたい。
 
f0138096_21271839.jpg

 
f0138096_21272863.jpg

 
f0138096_21273913.jpg

 
f0138096_21275048.jpg

 
f0138096_2128243.jpg

# by tarumae-yama | 2007-07-26 21:28 | Comments(0)

赤岳周辺の花

 5月20日に大山に登った折り、登山口駐車場で天候の回復を待っていたのだが、隣に駐車していたご夫婦も待機している様子にしばらく話をした。
 そのTさんご夫婦が、遠路はるばる熊本から車中泊しながら道内の山を登ると連絡が入ったので、日程を合わせて赤岳と白雲岳を一緒することとなった。
 22日早朝、東大雪湖防災センターの駐車場で2ヶ月ぶりの再会となった。
 朝食後、6時25分に銀泉台を出発した。第2花園のツガザクラはまだ2分咲き程度で盛りには早かったが、チングルマとキバナシャクナゲは見頃であった。
 コマクサ平周辺のコマクサの群落には、大感激の様子であったが、ピークを少し過ぎているように思えた。
 赤岳には8時45分に到着した。
 スケールの大きい風景を目の当たりにしてここでも大感激であった。
 小泉岳(9時25分)を経由して、白雲岳には10時丁度に到着。
 その後、白雲避難小屋前を通って緑岳まで行く予定であったが、小屋前で昼食中に話をした、北見市のTさんの”忠別岳方面のコマクサが今年は当たり年と聞いたので見に来た”という話に我々も後から見に行くことにした。
 
 途中で出会った札幌市のMさんは、”緑岳から三笠新道分岐辺りまで行ってきたが、コマクサ平以上のコマクサはなかった”とのことであった。しかし興味を示され、高根ヶ原をまた忠別岳目指しUターンして我々3名に同行することとなった。
 道中、Mさんから高山植物名を教えて頂いたが、その知識の豊富さに驚かされた。
 高原温泉登山口に下山するため戻ってきたTさんの話では、分岐の先にコマクサの群落があったとのこと、親切にもそこまで案内してくれることとなった。
 
 そして、確かに色鮮やかなコマクサの群落があった。エゾツツジの群落も見事であった。
 
 そんな人と花の出会いがあって、予定外の高原温泉に下山したが、親切にもMさんに我々3名は銀泉台まで車で送って頂いた。
 天気は良かったのに車で移動中、ポツリポツリと雨が降り出し、層雲峡の温泉でMさんから更に楽しくお話しを聞いている時には激しい雷雨となった。

 携帯したGPSによると、銀泉台から高原温泉まで歩行距離17.8kmと表示された。
 10時間弱の行程はなかなかハードであったが、実に楽しい一日であった。

 赤岳周辺で見かけた花を5枚アップした。
 その後、5枚と4枚に分けてアップしたい。
 
f0138096_211387.jpg

 
f0138096_2111544.jpg

 
f0138096_2112691.jpg

 
f0138096_2114138.jpg

 
f0138096_2115364.jpg

# by tarumae-yama | 2007-07-26 21:13 | | Comments(0)

大雪の山とニペソツ山

 3日連続で山に登り、景色と花を堪能してきた。
 23日は銀泉台から赤岳と白雲岳
 24日は同じ銀泉台から赤岳と北海岳
 25日はニペソツ山に登った。
 何れも車中泊のため熟睡できず、ニペソツ山からそのままヨレヨレになって帰宅した。

 3日間で400枚以上写真を撮ったが、感動が写真に反映されたものは殆どなかった。
 これはひとえに技術とセンスの問題と思うが、これから何回かに分けてアップしたいと思うので、辛抱強く見ていただければ幸いです。
 
f0138096_1034583.jpg

                 白雲岳頂上からの眺望
 
f0138096_10343126.jpg

                 白雲避難小屋前の花
 
f0138096_10351022.jpg

                 チシマキキョウとイワブクロウ
 
f0138096_10354616.jpg

                 コマクサ
 
f0138096_10361151.jpg

                 コマクサの一群
 
f0138096_10364623.jpg

                 コザクラソウの群落
 
f0138096_10371190.jpg

                 正面にニペソツ山
# by tarumae-yama | 2007-07-26 10:39 | 登山 | Comments(0)

大雪山系登山予定

 17日樽前山に一緒した大阪のKさんご夫妻と、26日に帰阪する前に伊達紋別岳辺りをとお誘いしたが、函館観光の予定とのことで、この夏は一度の山行きしか出来ず残念であった。
 そのようなこともあって3,4日空白が出来たので、花を見に大雪山周辺に出かけようかと思う。
 幸い、予報は良さそうなので白雲岳と忠別岳を一泊で登ってこようかと考えている。
 22日か23日中には出かけたいが、モバイルパソコンは今回持って行かないのでブログのアップは山から戻り次第と思っている。
 
# by tarumae-yama | 2007-07-22 01:19 | 登山 | Comments(0)

続プリズン・ブレイク

 昨日に続いて「プリズン・ブレイク」の話題である。
 「プリズン・ブレイク」第2部7巻には、まだレンタル前の「24」第6部1巻が特別収録されていた。
 久しぶりに、主役のジャック・バウワーが大活躍する「24」を見たが、こちらも今までのシリーズに負けず劣らず良くできたドラマだと思った。レンタル開始が待ち遠しい。
 因みに、「プリズン・ブレイク」の第8巻から第10巻は8月4日、11巻と12巻は8月25日にレンタルが開始されるそうだ。
 それにしても、それぞれの主役がどんなにピンチに陥ろうとも、毎回危機から脱するストーリーは、大昔、TVで毎週ハラハラドキドキにさせられた「逃亡者」にそっくりだ。そうと判っていても、新シリーズが待ち遠しいのは、構想が良く練られているからなのかも知れない。
 
 若い女性弁護士の活躍に恋愛を織り交ぜた、「Ally McBeal」というタイトルのドラマもなかなか面白い。肩が凝らない分だけ気楽なのだが、こちらも評判が良いからか、シリーズとなっていてこの先何部まで続くものやら・・・・。

 ブログのテーマから離れた話題が続いてしまった。
 オホーツク海高気圧と気圧の谷の影響で、千歳はここ数日霧雨模様のパッとしない天気で、まだこの状態が2,3日続くそうだから、なかなかデジカメを持って出かけられない。
 もう数日、野外の写真は待ってもらいたい。
# by tarumae-yama | 2007-07-20 22:21 | その他 | Comments(0)

プリズン・ブレイク

 昨年からゲオの会員となっている。 職場で良く話題になっていた「TWENTY FOUR」や「LOST」、「PRISON BREAK」と言ったDVDを借りるために。
 特に、「24」と「プリズン・ブレイク」にははまってしまった。
 千歳のゲオでは、新作でも当日に返却すると1枚180円とそれほど高くはないが、それぞれ1部が12枚構成となっていて、中でも、「24」は現在5部まであり、合計60枚にも達するからトータルでは軽視できない金額となる。その上、何部まで続くのか先が見えないときている。
 
 株主優待券を使うとレンタル料金が半額になるそうだから、一時は真剣にゲオの株を買おうかと思ったほどだ。
 
 「プリズン・ブレイク」の1部12枚は、退職前に夢中になって見ていた。休みの前日は、徹夜で鑑賞したほど熱くなった。
 しかし、2部がレンタルされる前に、ひと月以上も四国・九州の山旅に出かけていた。その後もあれこれと雑用で忙しかった。
 昨日、三ヶ月ぶりにゲオに寄ってみたところ、何と、待ちに待った「プリズン・ブレイク」の第2部が7巻までレンタル中であった。
 第1部にも増して面白く、TVの画面に食い入るようにして見てしまい、家内の問いかけにも上の空状態であったようだ。
 深夜遅くまで見たせいで、今日はさすがに寝不足だ。
 
f0138096_20155065.jpg

                 「プリズン・ブレイク」第2部第1巻
 
# by tarumae-yama | 2007-07-19 20:30 | その他 | Comments(0)

ガスと強風の樽前山

 大阪からKさんご夫妻が来道したので、樽前山を案内した。
 夏に私達夫婦と山に同行するのは平成7年以来、毎年恒例の行事となっている。
 当初の計画は、一泊で大雪山系緑岳であったが、ご夫妻が風邪気味のため、近間で軽めの山という希望で樽前山となった。
 ガスと強風でドームすら見えない視界の悪さと寒さに、樽前神社辺りから引き返したが、お目当てのイワブクロウは今が盛りで堪能してもらうことが出来たと思う。
 温泉は、支笏湖周辺は入り尽くしている様子に、我が家と逆方向になるが早来町の鶴の湯温泉まで足をのばした。
 ひなびた温泉で地元のご老人が多いが、泉質の良さが口コミで広がるのか、夏休みには本州からツーリングの途中に寄っていく若者の姿も多く見かけるようになる。

 写真の説明になるが、おにぎりの中身は梅干しではなく、ハスカップの実を塩漬けにしたものである。7日に漬けたばかりの初物で、このおにぎりは我が家の山行には定番?となっている。
 4枚目は、同じハスカップの実をシロップにして、それからゼリーを作ったものである。
 我が家の収量では果実酒にジャムと塩漬けで一杯一杯で、なかなかシロップに回すだけの余裕はないが、今年は見込みより多く採れた。
 
 
f0138096_22295790.jpg

                 タルマエソウ(イワブクロウ)を撮る
 
f0138096_22303320.jpg

                 おにぎり
 
f0138096_22312597.jpg

                 鶴の湯温泉
 
f0138096_22314952.jpg

                 ハスカップゼリー
 
# by tarumae-yama | 2007-07-17 22:42 | 登山 | Comments(0)

樽前山のタルマエソウ

 数日ぶりの好天にタルマエソウ(イワブクロウ)の撮影に樽前山に行ってきた。
 花の撮影が目的なので山頂には行かず、ドームを回り風不死岳コースから登山口に下りてきた。
 今日は、自宅を出る前にしっかりとデジ一眼レフカメラにメモリーが挿入してあることを確認した。
 
 丁度、タルマエソウはピークを迎えていて、なかでも樽前神社周辺が一番多く咲き乱れていたように思う。
 シラタマノキもまだ実は小さいものの群落をなしていた。
 昨年は幾つか見られたイワキキョウは、今回一輪だけ見つけることが出来、写真に納めた。

 2時間少々の歩きであったが、その間ずっとタルマエソウに迎えられ心から楽しめた登山であった。
 
f0138096_1891441.jpg

                 登山者とタルマエソウ
 
f0138096_1894426.jpg

                 シラタマノキをバックに
 
f0138096_1810817.jpg

                 ドームをバックに
 
f0138096_18104844.jpg

                 タルマエソウの集団
 
f0138096_18114783.jpg

                 支笏湖をバックに
 
f0138096_18121458.jpg

                 樽前神社近くのタルマエソウ
 
f0138096_18124541.jpg

                 たった一輪見つけたイワキキョウ
# by tarumae-yama | 2007-07-16 18:16 | 登山 | Comments(0)