北アルプスの山並み

 23日朝、道の駅「ウエーブパークなめりかわ」で起床すると、朝陽に照らされた残雪がたっぷりな北アルプスの山並みが目に飛び込んで来た。ピッケル等の装備を持ってきていないのでアルプスの山は無理としても、その前方の低山の頂から間近に見てみたいという気持ちを押さえきれぬまま300km以上北上を続け、夕刻、朝日村の道の駅「朝日」に到着した。
 道の駅で夕食中、前方に形の良い山が目に入ったので、地元の人に聞いたところ鷲ケ巣山で、登山道はあるとのこと。駐在所等数カ所、地図ともっと詳しい情報を求めて訪ねて回ったが徒労に終わった。頼りのインターネットもPHSの圏外ということで、明日、GPSだけが頼りの登山となりそうだ。
 夕食後、道の駅隣接の「まほろばの湯」という温泉に入った。自然に囲まれた温泉で、中でも露天は大きな岩風呂でくつろげた。温泉スタンドなるものも設置されていて、100円で60リットル購入出来るそうで、見ていると利用する人の車が頻繁に出入りしていた。
 
f0138096_5374717.jpg

                 23日の朝、滑川市から
 
f0138096_5391169.jpg

                 道の駅「朝日」で夕食、左手の山が鷲ケ巣山
 
# by tarumae-yama | 2007-05-25 05:47 | | Comments(1)

若狭湾、兼六公園等見物

 22日朝、道の駅「舞鶴港とれとれセンター」を出て、一路日本海側沿いに北上した。今日も素晴らしい天気、気温もぐんぐん上昇している。途中、久須夜ケ岳(619m)の上まで車で行って若狭湾を見た。コバルトブルーの海の色と遠く霞む島々の風景が心に染みる。
 その後、金沢の兼六公園を見物したが、今日も高速料金を節約したので閉園1時間前に到着し、慌ただしく見て回るという忙しいこととなった。隣りにある金沢城跡も見ることが出来たが・・・。
 今日の温泉は、長距離ドライブの疲れを癒すべく、「温泉パスポート」にあった金沢市から15km程山手にある銭がめ温泉「山下荘」。内風呂だけの温泉だったが、源泉掛け流しで浴室の大きなガラスを通して、眼下に清流を望めるという心安らぐ良い温泉であった。 
 今日は、途中家内が1時間半ほど運転を代わってくれたので、富山県滑川市の道の駅「ウエーブパークなめりかわ」まで北上出来た。到着は21時40分、さすがに疲れてブログのアップは今夜はやめることにして早々に蒲団にもぐり込んだ。
 
f0138096_8112769.jpg

                 若狭湾国定公園
 
f0138096_8123291.jpg

                 金沢兼六公園
 
f0138096_8135122.jpg

                 兼六公園
 
f0138096_8142481.jpg

                 金沢城の門
 
f0138096_815328.jpg

                 銭がめ温泉
# by tarumae-yama | 2007-05-23 08:19 | | Comments(0)

天橋立

 21日、植村直己冒険館を見物した。建物そのものが建築賞を取ったというユニークなデザインで、展示室に入るための細長い通路はクレパスをイメージしたということであった。
 展示品の数の多さにびっくりしたが、当時の通信機や気象測器等の機器類の大きさに改めて驚いた。このような重くて嵩張るものを犬ぞりに乗せて北極海を横断した彼の苦闘を想像すると、胸にこみ上げてくるものがあった。
 マッキンレー登頂後行方不明になったというニュースが連日大きく報道されていたことを、先日のようにまざまざと思い出されるが、すでに20年以上経過しているという時の早さにも驚かされるものがある。
 今日、あまりの好天に、昼から与謝野町の大江山という見晴らしが良いと聞いた山に1時間ほどかけて登った。そこで会った地元の人と植村直己氏のことを話題にしたところ、彼の生き方からすれば、遅かれ早かれあのような死に方をするのではないかと言う意見であった。

 炎天下に予定外の登山をしたので、下山後の温泉に、甥夫婦からプレゼントされた「温泉パスポート」を使って久美浜温泉「湯元館」で汗を流した。内風呂については特筆すべきことはないが、露天風呂は裏山から滝状に源泉が流れ落ちるように工夫されたユニークなものであった。
 今日の観光のメインは天橋立であったが、登山と温泉で時間を取りすぎ、日没時刻との競争となった。笠松公園にある長い長い階段に心臓をバフバフさせながら走った。股のぞき台に到着したのは太陽が沈んだ後であったが、とりあえず明るさの残る中で天橋立を逆さまに見ることが出来た。
 今日もこのような慌ただしさで、道の駅「舞鶴港とれとれセンター」に21時過ぎに到着した。
 
f0138096_23241157.jpg

                 植村直己冒険館通路
 
f0138096_23251020.jpg

          植村冒険館通路の外側(彼の偉業の数々が写真で記されている)
 
f0138096_23264271.jpg

                 大江山頂上からの眺望
 
f0138096_23273278.jpg

                 天橋立股のぞき
 
f0138096_23281658.jpg

                 久美浜温泉「湯元館」
# by tarumae-yama | 2007-05-21 23:34 | | Comments(0)

鳥取砂丘

 鳥取砂丘の写真をアップしました。
 動物園以来、何十年ぶりかにラクダを見ました。
 
 砂丘見物の後、兵庫県豊岡市の道の駅「神鍋高原」まで北上しました。
 この近くに植村直己氏の生家があるそうで、明日はそこと記念館を見ようと思っています。
 
f0138096_2312437.jpg

 
f0138096_23131639.jpg

 
f0138096_23134863.jpg

f0138096_23141745.jpg

f0138096_23144515.jpg

 
# by tarumae-yama | 2007-05-20 23:15 | | Comments(0)

大山に登る

 20日、一日天気待ちであった大山(1709m)に登った。流石にこの山も日本100名山である。日曜日ということもあって、本州各地のナンバーや九州ナンバーの車まであって駐車場は一杯だ。
 天気の回復が遅く、霧雨まで降って来る悪天に、2時間ほど駐車場で同じ考えの登山者と山の情報交換で過ごし、8時55分、湿気の多いどんよりとした天気の中をスタートした。
 天気が回復するという予報を信じ、牛歩のペースで登った。思惑通り、10時40分頂上に到着した直後からガスが急速に切れだした。
 今日は、抜けるような青空が広がると共に、くっきりとした視界が展開され、1時間半近くも頂上からの眺望を楽しんだ。
 心残りではあったが、駐車場で待っている家内と昼食を共にするため下山を急ぎ、13時丁度に登山口に到着。
 その後、今回の旅の楽しみの一つであった鳥取砂丘を見物した。勝手にイメージを膨らませていたようで、夫婦の感想としては、「思っていたより小さい」というものであった。
 温泉は、「パスポート」を利用して山陰最古の温泉郷である岩井温泉の「岩井屋」に入った。
 創業140年の伝統と、木造3階建てという珍しい建物が「岩井屋」であるそうだ。
 ここの内風呂は、先日の「山みず木」にひけを取らないほど素晴らしい温泉であった。
 古さの中にもしっとりした雰囲気と隅々まで手入れの行き届いた清潔感があり、また、照明や明かり取りに工夫が凝らされており感心した。何よりも、源泉掛け流しのとても気持ちの良い温泉であった。
 露天は一つしかなく、時間で入れ替えるために家内は楽しめたが、男性は20時まで待てと言うことで残念であった。


f0138096_22425531.jpg

                頂上から剣が峰方向
 
f0138096_22434831.jpg

                 頂上から日本海が望める
 
f0138096_22451799.jpg

                 中腹からの大山
 
f0138096_2246811.jpg

                 麓からの大山
 
f0138096_22465747.jpg

                 岩井温泉「岩井屋」


 今日、大山を登ったことで、後はひたすら北海道を目指して北上するのみだが、体調が良いので出来たらもう2つ3つという気持ちも捨てきれないでいる。
 
 
# by tarumae-yama | 2007-05-20 22:50 | 日本100名山 | Comments(0)

米子周辺の観光と温泉

 19日、朝からの雨で大山登山を延期して、観光と温泉に切り替えた。
 午前中、美保湾沿いに美保神社や地蔵崎等を見て回ったが、週末にも拘わらず雨の天気に人出は少なく、ゆっくりと見物出来たのは良かった。昼からは米子市近くの日吉津(ひえづ)温泉「うなばら荘」でのんびりと過ごした。
 ホテルを思わせるような大きく立派な施設であるが、入浴客は少なかった。多分、近くに温泉プール付きの近代的な施設が出来たせいなのだろう。
 当初はそちらに入ろうとしたが、1200円の入浴料と聞いて即座に転進?した。うなばら荘の入浴料は400円と格安だったが、60歳以上は優遇されていて300円で入浴できた。受付の女性は、60歳であるとの自己申告に対し、年齢を証明する物を一切求めない素直さに感心したが、反面、年齢より若く見られていただけに、疑うことのないその心根の良さが少々恨めしい。
 家内について言えば、30代???か40代??にでも見られたのか、年齢を問うことなく400円を請求した。

  
f0138096_15445795.jpg

                 美保神社
 
f0138096_15453772.jpg

                 日吉津温泉うなばら荘
 
f0138096_15461250.jpg

                 大山頂上部は雲の中

 低くたれ込めていた雲も、明るさを増して青空がかいま見えるようになってきた。明日は予定通り大山に登れそう。時間があれば鳥取砂丘を見て回りたいと思う。
# by tarumae-yama | 2007-05-19 16:02 | | Comments(0)

三瓶山に登る

 18日、千歳の自宅を出てから放浪の旅?がとうとう今日で丸一月たった。過ぎてしまえばアッと言う間であったようにも感じられる。
 連日のように山に登り、その前後の運転に神経をすり減らし、温泉で汗を大量に流しても、体重は一月前と全く変わらない70kgというのはどうしても納得が行かない思いである。期待値としては5,6kgスリムになっているはずであったが・・・・。
 今日は、強風の中を予定通り、三瓶山に登ってきた。
 男三瓶山と外輪山をほぼ一周するもので、高度差650m、10.5kmの行程だったが、登りのきつさは花の種類の多さが慰めてくれた。そして、コースは変化に富んだなかなか楽しめる山であった。
 黄砂の影響か、ひどく視界が悪かったのが何とも口惜しい。
 参考タイム
 西の原登山口スタート   08:40
 男三瓶山(1126m)頂上 09:55ー10:00
 女三瓶山(967m)頂上  10:28-10:35
 大平山(854m)頂上    10:50
 孫三瓶山(907m)頂上  11:15ー11:20
 子三瓶山(961m)頂上  11:42ー11:50
 分岐              12:00
 西の原登山口到着     12:35
 下山後、家内と登山口近くのレストランで昼食を取ったところ、麓の国民宿舎「さんべ荘」の
温泉入浴の割引券をくれた。
 それを利用したので、500円が400円となった。
 ここの露天風呂は、源泉掛け流しであったが、その浴槽の数の多さに驚いた。広島市の造り酒屋が60年間使っていた樽を使った物や、陶器製や釜風呂、檜風呂等何とも楽しい物であった。家内の話だと、女性用はもっと種類があったそうで、全部に入ってきたと嬉しそうであった。
 その後、石見銀山跡を見物してきたが、坑内は整備されすぎていて江戸時代を想像するのは少々無理があった。五百羅漢は外からながめただけで、今日の宿泊予定地である安来市の道の駅「富田城」に向かった。
 道中、激しい雷雨に打たれてしまった。 どうやら、梅雨入りが近いのか天気の場が変化して来たように思われる。
 明日は、トリとして計画していた大山に登る予定だが予報は曇り、明後日は晴れるとのことで、どちらの日にするかいまだ決めかねてる。
 
f0138096_2245398.jpg

                萩市の夏みかんの実と白い花
 
f0138096_2255288.jpg

                 萩焼の店
 
f0138096_2262451.jpg

                 萩の城下町
 
f0138096_2273979.jpg

                 左が男三瓶山、右が子三瓶山
 
f0138096_2294848.jpg

                 露天風呂が楽しめた国民宿舎「さんべ荘」
 
f0138096_22102336.jpg

                 五百羅漢
 
 
 
# by tarumae-yama | 2007-05-18 22:19 | 登山 | Comments(0)

九州を離れ、山陰へ

 17日朝、予定通り九州の山を登ったので、由布市の国民宿舎をあとに一気に山陰へ向かった。
 途中、萩市の城下町を多くの観光客に混じって1,2時間散策した。辺り一帯甘夏カンの香りが漂っていた。 何でも、この萩市は夏みかん発祥の地であるそうだ。
 家内は、萩焼の店も熱心に見て回っていた。
 高速代を節約するために国道を走ったので、今夜宿泊予定の道の駅「ゆうひパーク浜田」に到着したのは20時になってしまった。
 ところが、この駅は深夜まで営業しているファーストフード店等を併設するかなり大きな駐車場があって、大型トラックの出入りも激しく、とても安眠できないと考え、次の道の駅まで移動することとした。
 ある所には10kmも走らないうちに設置されているというのに、今日は75km、2時間も余計に走り、「キララ多伎」に到着したのは22時に近かった。
 疲労困憊し、今日はPHSの圏外であって欲しいといつもとは逆を願った。
 一昨日の竹田市の道の駅では、圏外であったため10km程街の中心部まで走ってブログをアップしたというのに、今夜に限って出雲市のかなり郊外にも拘わらずしっかりとアンテナが立っている。
 写真を添付する作業までの気力は残っていないので今日は文章のみで失礼します。

  明日は、三倉山で一緒した若夫婦が教えてくれた三瓶山に登る予定です。
# by tarumae-yama | 2007-05-17 23:36 | | Comments(0)

久住山に登る

 16日、朝5時に起床して久住山に登ってきた。牧の戸峠登山口を家内と6時35分に出発し、避難小屋先の分岐から家内は久住山へ、私は九州最高峰の中岳に向かい、8時30分に頂上に到着。そこから25分かけて久住山頂上で家内と合流した。今日は開聞岳以来、一番視界が良くて久住高原の広がりが良くわかる。たった2人きりで360度の大パノラマを堪能した。
 今日は静かな山と思っていたら、続々と100名山組が登ってきた。更に、賑やかな笑い声と共に沖縄から修学旅行中の20数名の中学生に続いて、大分県下の中学生が186名大挙して上がってきた。それぞれが元気に挨拶をしてくれるものだから、気持ちが良い。
 予想より早く下山できたので、100名山には入っていないが良い山と聞いていた由布岳に昼から登ることとした。午後から雨との予報に、45km先の登山口まで急いだ。12時15分、由布岳正面登山口を出発。雨との競争に往復3時間を予定したが、高度差700m以上あるので、まるで羊蹄山を速歩で登っているような辛さがあった。とうとう頂上まであと20分ほどというところで雨が降り出した。1時間30分で強風と雨の頂上に到着した。写真を2,3枚撮っただけで直ぐに下山し、走るようにして45分で登山口に到着。
 ずっと快晴続きの登山であったが、最後の最後に雨に打たれてしまった。しかし、北海道を離れる前に計画していた山を全て順調すぎるくらい順調に登ることが出来た。
 雨の車中泊を嫌って、前日に予約しておいた国民宿舎の由布山荘に15時にチェックイン。
源泉掛け流しの温泉と、久しぶりに料理らしい料理で腹を満たすことが出来た。
 家内と地ビールで乾杯をし、いよいよ明日は九州を去ろうかと思う。
 
f0138096_21514968.jpg

                 久住山のシャクナゲ
 
f0138096_21531037.jpg

                 久住山の梯子場
 
f0138096_21535174.jpg

                 久住山からの眺望
 
f0138096_21543538.jpg

                 久住山頂上から中央左手奥に由布岳
 
f0138096_21554837.jpg

                 中岳から左手のピークが久住山
 
 
 
 
# by tarumae-yama | 2007-05-16 22:02 | 登山 | Comments(0)

阿蘇山登頂

 15日、阿蘇山に登ってきた。仙酔峡登山口から中岳(1506m)を経由して高岳(1592m)には1時間40分で無人の頂上に到着した。ロープウェイは使わず、その分45分ほど時間はかかったが、750円をアルバイトした。
 今日は一段と視界が悪く、雄大な阿蘇外輪山の様子をうかがうことが出来ない。
 帰りは、高岳からまっすぐ尾根を下りたが、奈良から来た数十名のツアー登山者とかち合った。朝はガラガラの駐車場が、下山中に見ると、駐車場に入れなかった車が蛇のようにカーブに沿って永い列を作っていた。 紅葉のシーズンの旭岳ロープウェイ周辺を思い起こす光景だ。どうやら、阿蘇のミヤマキリシマが最盛期であると報じられたためのようだ。確かに、阿蘇の麓に広がるツツジの群落を見て驚きの声が出た。売店の小父さんに聞くと、あと2,3日が盛りだろうとのことで、良い時に登れたと思う。
 家内も、私の登山中、麓のこのミヤマキリシマを十分に楽しんだようだ。
 帰りのコースはこのツツジの中を通るので、写真撮影に追われ、登りと同じ時間を要した。
 今回の写真は、家内のコンパクトデジカメで撮ったものである。
 実は、昨夜一眼レフデジカメを車内から落として液晶を割ってしまい、シャッターも切れない状況となってしまった。
 下山後の温泉は、今日もパスポート使い、35km程走って黒川温泉の「山みず木」に入った。
 内風呂が使えないという制限があったが、ここの露天風呂のロケーションは今まで経験したことがないほど素晴らしいものであった。文字では表現できないほどの雰囲気の良さに感動した。露天風呂から小さな滝状になっている川に下りていくことが出来、そこにはヤマメの群れが見られた。頭の上ではウグイスが鳴いていて、カメラを壊したショックを十分癒してくれそうな温泉であった。宿泊者しか使えないという内風呂をのぞいて見たが、流石に高い宿泊料金を取るだけの雰囲気を持った温泉という気がして、何となく納得した。
 TVで何度も放映されて、人気抜群の黒川温泉だそうだ。 同じ黒川温泉にもう一軒無料で入れる温泉があったのではしごをしたが、こちらの露天は正直言ってがっかりした。といっても、決してひどいと言うのではなく、むしろなかなか良い方だと言えるかもしれないが、あまりにも「山みず木」温泉の全てが素晴らしかった。温泉大好き人間の私からのお薦めの一軒です。

 
f0138096_20185039.jpg

                 阿蘇の頂上はガスの中
 
f0138096_20164929.jpg

                 阿蘇の岩峰 
 
f0138096_2020029.jpg

                 ミヤマキリシマと阿蘇の岩峰
 
f0138096_20213536.jpg

                 尾根からミヤマキリシマ
 
f0138096_202253100.jpg

                 黒川温泉「山みず木」
 


  道の駅「竹田」で蚊に刺されながら
# by tarumae-yama | 2007-05-15 20:35 | 日本100名山 | Comments(0)