利尻山の花等最終版

 利尻山で見かけた花等の最終版で、次回は明日以降富良野岳をアップしたい。
 リシリヒナゲシについては、4年前秋が深まった9月22日に避難小屋近くで見かけたが、今回はガスの中で見つけることが出来なかった。
 写真のヒナゲシは帰路、フェリーターミナルに向かう途中、民家の庭で見かけた物を撮影した。
 タイトルからかけ離れてしまったのが気になるが・・・。
 
f0138096_15183898.jpg
f0138096_15185397.jpg
f0138096_1519795.jpg
f0138096_15192048.jpg
f0138096_15194022.jpg

# by tarumae-yama | 2007-09-01 15:21 | 日本100名山 | Comments(2)

利尻山の花等その2

 利尻山は頂上部周辺がお花畑となっている。
 しかし、崩落が進んでいるためかロープによる規制が多くなって、花を間近に見ることが年々困難になってきているようだ。
 昔、鬼脇コース(現在は登山禁止となっている)から利尻山の実際の最高峰である南峰に立ったことがある。
 このコース上にリシリヒナゲシが足の踏み場がないほど密集していた。
 その記憶が今でも鮮明に残っている。
 
f0138096_156112.jpg

 
f0138096_1562454.jpg

 
f0138096_157033.jpg

 
f0138096_1571552.jpg

 
f0138096_1573050.jpg

 
f0138096_1574782.jpg

 
f0138096_158490.jpg

 
# by tarumae-yama | 2007-09-01 15:10 | 日本100名山 | Comments(0)

利尻山の花等

 私のブログを見て、稚内から利尻山日帰り登山を検討している読者がいるなら、ぜひ9月15日までに登っていただきたい。
 9月16日からフェリーの減便があって、朝は7時発で30分遅くなり、利尻からの最終便は逆に1時間10分も早まってしまうから、登山に使える時間は正味7時間程しかない。

 ここでは、利尻山で見かけた花や花の実等を2,3回に分けてアップしたい。
 
f0138096_14233572.jpg
f0138096_1423508.jpg
f0138096_1424228.jpg
f0138096_14241734.jpg
f0138096_14243024.jpg
f0138096_14244446.jpg
f0138096_14245641.jpg
f0138096_14251254.jpg

 
# by tarumae-yama | 2007-09-01 14:29 | 日本100名山 | Comments(0)

8月27日、利尻に向かう前日の風景

 利尻山に登る前日は移動日ということで、あちこちに立ち寄りながら花や風景を楽しんだ。
 
f0138096_12294762.jpg

 北竜町のひまわり畑を見物した、ピークは過ぎていたものの十分楽しめた。
 
f0138096_12312747.jpg

                 ひまわりをアップで撮ってみた
 
f0138096_12322729.jpg

                 天塩の風力発電、左手に利尻山が望める
 
f0138096_12334812.jpg

                 抜海の海岸で夕暮れ間近の利尻島
 
f0138096_12345142.jpg

                 抜海の展望台で見た花
 
f0138096_12351797.jpg

                 同上
 
f0138096_12354132.jpg

                 稚内港の漁船
 
f0138096_12361166.jpg

                 稚内港のドーム
# by tarumae-yama | 2007-09-01 12:38 | | Comments(0)

8月28日、利尻山登山

 大好きな利尻山には25回登っている。3年前、稚内から転出する時に一応区切りをつけたつもりでいたが、退職後、暇を持て余す折々にこの山が思い出されていた。

 週間予報が4,5日の好天を約束していたので、家内と思い切って出かけることにした。礼文島にも渡ってゆっくりしたいという気持ちとは裏腹に、稚内から日帰り強行登山となった。

 海抜ゼロメートルに拘ったので鴛泊のフェリーターミナルから徒歩で利尻山を往復した。
 休憩を含め、登りに3時間59分、下りは利尻富士温泉まで3時間3分。GPSによる総歩行距離は20.5kmであった。下に山行タイムを記した。

 ガスと強風で登頂が危ぶまれ、実際、早々に撤退してきた者や、登頂したものの全く眺望が効かず、落胆の表情で下山する登山者とすれ違ったが、私が頂上に着く直前からガスが切れ始め、風も収まってくるという幸運に恵まれた。


 山行タイム
 鴛泊ターミナル08:26→登山口(4.1km)09:06→甘露泉09:15~09:18→5合目09:58→6合目10:13~10:20→長官山11:07→避難小屋11:18~11:36(昼食)→頂上12:25~12:55→避難小屋13:30~13:35→長官山13:45~13:48→6合目14:17~14:20→5合目14:30→甘露泉14:58~15:20(おやつタイム)→登山口15:25→利尻富士温泉15:58~17:00(入浴)→鴛泊ターミナル17:15

 
f0138096_1152986.jpg

                 前日、稚内市郊外の展望台からの利尻山
 
f0138096_11534073.jpg

                 フェリーからの利尻山、長官山から上は雲の中
 
f0138096_11551648.jpg

                 登山道の近くまで崩落している
 
f0138096_11573229.jpg

                 鴛泊港や左手奥に雲を被った礼文島が望める
f0138096_11583154.jpg

                 温泉の露天風呂から利尻山の頂上部が見える
 
f0138096_11592182.jpg

                 利尻富士温泉(入浴料500円)
 
f0138096_12019100.jpg

  帰りのフェリーから利尻島と右に礼文島、このあと皆既月食の推移を楽しんだ
 
# by tarumae-yama | 2007-09-01 12:11 | 日本100名山 | Comments(2)

利尻山、富良野岳、芦別岳に登る

 26日のブログでお知らせしたとおり、28日に稚内から日帰りで利尻山、30日に家内と一緒に富良野岳、31日は芦別岳に登ってきました。
 比較的天気に恵まれ、花も思いの外残っていて楽しめました。

 4日ぶりに自宅に戻ったところ、あれこれ雑用が入っていてブログに専念という訳にもいかず、とりあえず、3山登頂と言うことで、写真を3,4枚アップします。
 明日以降、何回かに分けてアップしたいと考えています。

 
f0138096_18521355.jpg

                 長官山から利尻山頂上部を望む
f0138096_18524847.jpg
 
                利尻山頂上からの眺望
 
f0138096_18531611.jpg

                 富良野岳から十勝岳方面を望む
 
f0138096_18534531.jpg

                 芦別岳頂上からの眺望
# by tarumae-yama | 2007-08-31 18:55 | 日本100名山 | Comments(2)

28日、利尻山へ

 4,5日雑用のない日が出来たので、明日義父を岩見沢へ送る足で稚内まで一気に北上し、28日日帰りで利尻山に登って(稚内へ)戻ろうと思う。
 往復にフェリーを使うから、登山に使える時間は正味9時間ほど。登りだけでもタクシーで登山口まで行くと、肉体的時間的に随分助かるのだが、海抜ゼロに拘ってターミナルから徒歩だけで登ってみたい。 
 体調が今ひとつの家内は、その間観光バスで島内を巡っているそうだ。

 「自遊人」の温泉パスポート使用を念頭に、次の山は30日の富良野岳、お終いは31日に芦別岳と考え、白金温泉と十勝岳温泉で汗を流そうと思う。 
 芦別岳が一番辛い山になるので、この山は富良野岳下山後に余力があればということで考えたい。

 モバイルパソコン持参で毎日ブログ更新と考えたが、PHSのカードが圏外と表示される事が多いだろうから置いていくことにした。
 そのため、次回の更新は帰宅後となるので数日待って頂きたい。
# by tarumae-yama | 2007-08-26 22:10 | 登山 | Comments(0)

タイのkikumasaさん

 昨日、ちょっと嬉しいメールが2通来た。
 タイに移住したkikumasaさんからは、最近のブログの文章が随分と読みやすくなった、とお褒めのメールがあった。
 kikumasaさんをブログで紹介したことはなかったと思うが、我が家から3軒先に住んでいて、10年ほど前にインターネットの魅力を教えて頂いた、パソコンの師匠である。料理評論家としても通用するような食通で、kikumasaさんのアドバイスで家内の料理の腕も上がったと思う。73歳でT大卒とか、著書があるとか具体的に書くと、ご本人からクレームが来そうだからこの辺で・・・。
 
 もう一通は、先日樽前山でドイツ人女性を撮った話は、ブログでご承知のことと思うが、教えられたhotmailにその時の写真を送ったところ、本人のDaniela嬢からお礼のメールが届いた。英文であったが、易しい単語を多用してくれたので意味するところは理解した。私のブログを見てくれたようで、I saw your pictures on your blog. You are really very active.とあった。
 初めて目にする英文メールであったから、ウイルスメールかとドキッとしたが、ちょっと嬉しい勘違いであった。

 最後に、幌尻岳にご一緒したアヒル山歩隊副隊長のブログに私のことを少し触れているからご紹介したい。

 猛暑日が続く名古屋で、仕事の後深夜までかかって毎日のようにブログを更新するOさんの頑張りは見習いたい。
# by tarumae-yama | 2007-08-26 14:14 | その他 | Comments(0)

新型エクストレイル

 今日も雑用であれこれ忙しかった。
 先ず、「プリズン・ブレイク」の11と12巻がレンタル開始されたから開店の10時前に並んだ。 昨日から義父が庭の草取りに来ているので、DVDを見るタイミングが難しい??
 その後、22日に発売された新型エクストレイルの展示会に行ってきた。

 退職後はキャンピングカーを買って全国を放浪するのが夢であった。昨年、キャンピングカー・フェアーに入場料を払って札幌まで見物に行ったほどだ。しかし、我が家の経済状態ではそれは叶わず、今のエクストレイルで我慢?をしていた。今回のフルモデルチェンジで寝室(荷室)が拡大され、足を伸ばして眠ることが出来るようになった。
 問題は色である。前にも触れたが、シルバーが2台続いたので次は変えたいと思っていた。

 赤、黒、青色にはスクラッチシールドという特殊な塗装が施されていて、ブッシュなどを走行した時に出来たひっかき傷は時間がたてば復元するとある。登山口まで草木を押し分けながら林道を疾走する私(の愛車)には何とも有り難い日産の技術である。
 
 やーさんに間違われても一度は黒に乗ってみたいと思った(黒色に乗っているノーマルな人、ゴメンナサイ)が、洗車をすることが殆どないので、汚れが目立つ、と家内の反対があった。赤は年齢的におかしい、とこれまた反対された。丁度、還暦だから赤でも良かったのだけれど・・・・。
 そのようなことがあって、結局、消去法で青に決定した。
 千歳には青色の展示車がなかったので岩見沢まで行って確認してきた。濃紺を想像していたが、サファイアブルーと言うずっと明るい青であった。

 納車は9月20日頃とのことに、9月25日秋田行きのフェリーを予約した。
 4月から5月にかけて四国・九州の山旅を楽しんだので、今回は東北から北アルプス辺りの山巡りを考えている。
 
f0138096_17282881.jpg

                 展示会場の新型エクストレイル
# by tarumae-yama | 2007-08-25 17:35 | その他 | Comments(0)

自転車道路沿いの小さな秋

 7月上旬から隣町の歯科医院に治療に通っていたが、今日やっと終了した。
 治療日が好天の時は山に行けないことで悔しい思いをした。

 来週、愛車に布団を積み込んで家内とぶらりと出かけたい。
 天気が良ければ、稚内から日帰りで4年ぶりの利尻山にも挑戦してみたい。

 夕方、久しぶりに自転車道路を支笏湖方面に1時間ほど走ってきた。
 いつの間にか初秋の風情になっていたので、3,4枚カメラに納めた。
 
f0138096_20364923.jpg

                 萩
 
f0138096_20371149.jpg

 
f0138096_20372810.jpg

 
f0138096_20375098.jpg

                 松の木をすっぽり覆ってしまった野ブドウ
 
# by tarumae-yama | 2007-08-24 20:44 | アウトドア | Comments(0)