7月25日ニペソツ山

 登山口の近くにある立派な24時間トイレ付き「幌加除雪センター」の広い駐車場で車中泊をしていたが、午前2時過ぎ大型トレーラーが入ってきてアイドリング状態のままドライバーは仮眠に入った。
 疲れが溜まっている体に、ディーゼルエンジン車の振動と騒音で寝不足が加わった。
 だが、幸いにも天気には恵まれ、今朝も素晴らしい青空が広がっている。
 
 除雪センターから登山口までわずか20分弱。
 朝食を取ってから杉沢出合い登山口を出発。  
 今回、ニペソツ山には江別市の姉妹が作っているHPを参考にした。
  
 以下に時間を記載した。
 杉沢出合い05:42→ロープ場(ロープはなかった、地元の人は大岩と言っていた)07:15→前天狗08:30~08:35→ニペソツ山10:23~11:05→下山中に昼食→前天狗12:50~12:55→ロープ場14:00→登山口15:04 (歩行距離13.0km)

 前天狗まで登って初めて見えるニペソツ頂上部の雄姿に、Tさんご夫婦から感動の声が飛び出し、更に頂上でも360度の大パノラマに、”素晴らしい!!”の連発であった。
 私も9年ぶりのこの山に感動した。 
 
 それにしても、ロープ場を過ぎた辺りで追い越された神戸の青年のスピードのすごかったこと!!下山してきた青年に頂上までの時間を尋ねたところ、2時間ちょっととのこと、下山後は更にウペペサンケ山に登ると聞き、その超人的体力に驚愕した! 
f0138096_21121539.jpg

       石狩岳が見える、ここで下山時まっすぐ下りコースをしばし外した。
 
f0138096_21135085.jpg

                 前天狗は目前
 
f0138096_21152459.jpg

                 前天狗で、正面にニペソツ山
 
f0138096_21161521.jpg

                 前天狗からニペソツ山へ
 
f0138096_2117066.jpg

                 ニペソツ山はまだ遠い!
 
f0138096_22144096.jpg

        登山道が見て取れる(尾根をトラバース後裏側を通って頂上へ)
 
f0138096_21174014.jpg

                 山頂から前天狗を望む
 
f0138096_21183458.jpg

                 GPSの記録(迷った所やトイレ場まで判ってしまう!??)
# by tarumae-yama | 2007-07-27 21:30 | 登山 | Comments(2)

7月24日、白雲分岐から北海岳周辺で見た花

 白雲分岐からすぐお花畑がづっと続いていた。
 思いがけず、ここでもコマクサがあちらこちらに見ることが出来た。
 ツガザクラはまだ盛りにはしばらく日数がかかりそうだが、ピークにはまた訪ねて見たいという気にさせるほどの広がりがあった。
 
 北海岳まで行く途中に見かけた花を5枚アップした。
 昨年9月21日、紅葉を見にこのコースを歩いているのでその時の写真も3枚アップした。
 
f0138096_1371664.jpg

 
f0138096_1372853.jpg

 
f0138096_1373979.jpg

 
f0138096_1375338.jpg

 
f0138096_138893.jpg

 
f0138096_1385093.jpg

                 2006.9.21黒岳方面の紅葉
 
f0138096_1394717.jpg

                 2006.9.21コマクサ平付近から見た紅葉
 
f0138096_13142277.jpg

                 2006.9.21同上
# by tarumae-yama | 2007-07-27 13:16 | | Comments(0)

7月24日銀泉台から赤岳、北海岳へ

 24日は明日のニペソツ山登山に向け休養日の予定であった。
 糠平の温泉でゆったりと過ごすつもりで、台湾からの観光客に混じって層雲峡の滝を見物したり、大函でノホホンと朝食のパンをかじっていた。
 9時過ぎ、糠平温泉に向け車を走らせたが、銀泉台入り口でなぜかハンドルを山に向けていた。
 昨日の百花繚乱、お花畑の見事さが頭にあったのかも知れない。
 そんな訳で、今日は急な予定変更で北海岳までピストンをすることとした。
 昨日は238名もの登山者が銀泉台から入ったそうだが、今朝も大型バスが止まっていて山は賑わっていそうだ。
 昨日写真をたっぷりと撮っているし、今日は単独行なので昨日より早く下りて来られると思う。
 
以下に所要時間を記した。
  銀泉台09:40→第2花園10:15→こまくさ平10:27→赤岳(11:17~11:25)→白雲分岐(11:45~11:50)→北海岳(12:35~12:40)→途中で昼食→赤岳(13:55~14:00)→銀泉台到着15:15 (GPSによる総歩行距離は16.6km)
 
 昨夜の雷雨の影響か、今朝の登山道はぬかるんだ部分があって少々歩きにくかった。それに風が強く、赤岳で引き返したという登山者もいた。

 そのような状況でも、(昨年9月、紅葉のシーズンに家内と黒岳から北海岳を経由して銀仙台まで歩いたことがあるが)この時期にこのコースは初めてで、白雲分岐から北海岳もコマクサを含め花が一杯で今日も大変楽しめた。
 
f0138096_12242840.jpg

                 赤岳第2花園の狐
 
f0138096_12251684.jpg

                 赤岳第2花園の雪渓で賑わう登山者
 
f0138096_12264699.jpg

                 北海岳南斜面のイワブクロウ
 
f0138096_12273859.jpg

                 キバナシャクナゲと正面に黒岳
 
f0138096_1228990.jpg

                 北海岳から黒岳方面の眺望
 
# by tarumae-yama | 2007-07-27 12:37 | 登山 | Comments(0)

白雲岳、高根ヶ原周辺の花等

 白雲岳からの眺望や白雲避難小屋周辺、高根ヶ原三笠新道分岐付近で見かけた花等をアップした。
 
f0138096_22151650.jpg

                 白雲岳山頂より高根ヶ原と中央にトムラウシ山
 
f0138096_22162020.jpg

                 白雲避難小屋付近のボタンキンバイ
 
f0138096_22172719.jpg

                 高根ヶ原を歩くMさん、Tさん、Tさん夫妻
 
f0138096_22185517.jpg

                 ミヤマリンドウ?
 
f0138096_22191972.jpg

                 ウルップソウ
 
f0138096_22194787.jpg

                 高根ヶ原のエゾツツジ
 
f0138096_22201050.jpg

                 高根ヶ原のコマクサを撮影中
 
f0138096_2220458.jpg

                 天然記念物のウスバキ蝶だそうだ
# by tarumae-yama | 2007-07-26 22:25 | | Comments(0)

赤岳周辺の花その3

 残りの4枚をアップしたのでお楽しみ頂きたい。
 
f0138096_21324722.jpg

 
f0138096_21325715.jpg

 
f0138096_2133765.jpg

 
f0138096_21332572.jpg

# by tarumae-yama | 2007-07-26 21:33 | | Comments(0)

赤岳周辺の花その2

  花の写真だけ5枚アップし、その後4枚をアップしたい。
 
f0138096_21271839.jpg

 
f0138096_21272863.jpg

 
f0138096_21273913.jpg

 
f0138096_21275048.jpg

 
f0138096_2128243.jpg

# by tarumae-yama | 2007-07-26 21:28 | Comments(0)

赤岳周辺の花

 5月20日に大山に登った折り、登山口駐車場で天候の回復を待っていたのだが、隣に駐車していたご夫婦も待機している様子にしばらく話をした。
 そのTさんご夫婦が、遠路はるばる熊本から車中泊しながら道内の山を登ると連絡が入ったので、日程を合わせて赤岳と白雲岳を一緒することとなった。
 22日早朝、東大雪湖防災センターの駐車場で2ヶ月ぶりの再会となった。
 朝食後、6時25分に銀泉台を出発した。第2花園のツガザクラはまだ2分咲き程度で盛りには早かったが、チングルマとキバナシャクナゲは見頃であった。
 コマクサ平周辺のコマクサの群落には、大感激の様子であったが、ピークを少し過ぎているように思えた。
 赤岳には8時45分に到着した。
 スケールの大きい風景を目の当たりにしてここでも大感激であった。
 小泉岳(9時25分)を経由して、白雲岳には10時丁度に到着。
 その後、白雲避難小屋前を通って緑岳まで行く予定であったが、小屋前で昼食中に話をした、北見市のTさんの”忠別岳方面のコマクサが今年は当たり年と聞いたので見に来た”という話に我々も後から見に行くことにした。
 
 途中で出会った札幌市のMさんは、”緑岳から三笠新道分岐辺りまで行ってきたが、コマクサ平以上のコマクサはなかった”とのことであった。しかし興味を示され、高根ヶ原をまた忠別岳目指しUターンして我々3名に同行することとなった。
 道中、Mさんから高山植物名を教えて頂いたが、その知識の豊富さに驚かされた。
 高原温泉登山口に下山するため戻ってきたTさんの話では、分岐の先にコマクサの群落があったとのこと、親切にもそこまで案内してくれることとなった。
 
 そして、確かに色鮮やかなコマクサの群落があった。エゾツツジの群落も見事であった。
 
 そんな人と花の出会いがあって、予定外の高原温泉に下山したが、親切にもMさんに我々3名は銀泉台まで車で送って頂いた。
 天気は良かったのに車で移動中、ポツリポツリと雨が降り出し、層雲峡の温泉でMさんから更に楽しくお話しを聞いている時には激しい雷雨となった。

 携帯したGPSによると、銀泉台から高原温泉まで歩行距離17.8kmと表示された。
 10時間弱の行程はなかなかハードであったが、実に楽しい一日であった。

 赤岳周辺で見かけた花を5枚アップした。
 その後、5枚と4枚に分けてアップしたい。
 
f0138096_211387.jpg

 
f0138096_2111544.jpg

 
f0138096_2112691.jpg

 
f0138096_2114138.jpg

 
f0138096_2115364.jpg

# by tarumae-yama | 2007-07-26 21:13 | | Comments(0)

大雪の山とニペソツ山

 3日連続で山に登り、景色と花を堪能してきた。
 23日は銀泉台から赤岳と白雲岳
 24日は同じ銀泉台から赤岳と北海岳
 25日はニペソツ山に登った。
 何れも車中泊のため熟睡できず、ニペソツ山からそのままヨレヨレになって帰宅した。

 3日間で400枚以上写真を撮ったが、感動が写真に反映されたものは殆どなかった。
 これはひとえに技術とセンスの問題と思うが、これから何回かに分けてアップしたいと思うので、辛抱強く見ていただければ幸いです。
 
f0138096_1034583.jpg

                 白雲岳頂上からの眺望
 
f0138096_10343126.jpg

                 白雲避難小屋前の花
 
f0138096_10351022.jpg

                 チシマキキョウとイワブクロウ
 
f0138096_10354616.jpg

                 コマクサ
 
f0138096_10361151.jpg

                 コマクサの一群
 
f0138096_10364623.jpg

                 コザクラソウの群落
 
f0138096_10371190.jpg

                 正面にニペソツ山
# by tarumae-yama | 2007-07-26 10:39 | 登山 | Comments(0)

大雪山系登山予定

 17日樽前山に一緒した大阪のKさんご夫妻と、26日に帰阪する前に伊達紋別岳辺りをとお誘いしたが、函館観光の予定とのことで、この夏は一度の山行きしか出来ず残念であった。
 そのようなこともあって3,4日空白が出来たので、花を見に大雪山周辺に出かけようかと思う。
 幸い、予報は良さそうなので白雲岳と忠別岳を一泊で登ってこようかと考えている。
 22日か23日中には出かけたいが、モバイルパソコンは今回持って行かないのでブログのアップは山から戻り次第と思っている。
 
# by tarumae-yama | 2007-07-22 01:19 | 登山 | Comments(0)

続プリズン・ブレイク

 昨日に続いて「プリズン・ブレイク」の話題である。
 「プリズン・ブレイク」第2部7巻には、まだレンタル前の「24」第6部1巻が特別収録されていた。
 久しぶりに、主役のジャック・バウワーが大活躍する「24」を見たが、こちらも今までのシリーズに負けず劣らず良くできたドラマだと思った。レンタル開始が待ち遠しい。
 因みに、「プリズン・ブレイク」の第8巻から第10巻は8月4日、11巻と12巻は8月25日にレンタルが開始されるそうだ。
 それにしても、それぞれの主役がどんなにピンチに陥ろうとも、毎回危機から脱するストーリーは、大昔、TVで毎週ハラハラドキドキにさせられた「逃亡者」にそっくりだ。そうと判っていても、新シリーズが待ち遠しいのは、構想が良く練られているからなのかも知れない。
 
 若い女性弁護士の活躍に恋愛を織り交ぜた、「Ally McBeal」というタイトルのドラマもなかなか面白い。肩が凝らない分だけ気楽なのだが、こちらも評判が良いからか、シリーズとなっていてこの先何部まで続くものやら・・・・。

 ブログのテーマから離れた話題が続いてしまった。
 オホーツク海高気圧と気圧の谷の影響で、千歳はここ数日霧雨模様のパッとしない天気で、まだこの状態が2,3日続くそうだから、なかなかデジカメを持って出かけられない。
 もう数日、野外の写真は待ってもらいたい。
# by tarumae-yama | 2007-07-20 22:21 | その他 | Comments(0)