電気ポット

 気象庁のHPによると、今朝の新千歳空港の気温が-14.8度と出ていた。
 このところ真冬日の厳しい寒さが続いている。
 昨日の新聞には、前日の17~18時までの電気使用量が、552.7万キロワットで過去最高を記録したとあった。
 灯油の高騰で、我が家のようにボイラーを電気式にする家庭が増えていくだろうから、北電はこの寒波と原油高を内心喜んでいるに違いない。

 以前の記事で触れたが、家計に優しく地球環境にも優しいという商品の続報である。
 その後、マキタのコードレスクリーナーは、概ね満足して使っている。
 懸念は高価な充電池の寿命だけである。
 
 今回は電気ポットを紹介したい。
 タイガーのだが、とく子さんシリーズで「プレミア」と冠している程の自信作であるらしい。
 保温のための消費電力が10ワットと他機種よりほぼ半減している。
 確かに、高断熱を自慢するだけあって、電源を切っても半日はお茶に使える温度をキープしていた。

 これなら、安い深夜電力で沸かした後、魔法瓶機能で経済的に使えそうだ。
 
f0138096_115384.jpg

             タイガーの自信作? PVS-G300とく子さんプレミア
                                 価格.comのHPより
# by tarumae-yama | 2008-01-12 11:14 | その他 | Comments(0)

目出し帽

 先日ブログで紹介したUさんから山スキーのお誘いがあった。
 あの過酷な知床岳の翌日、海別岳に登って以来もう2年近くご無沙汰している。
 所属する山の会のメンバーから同意が得られたので、13日、札幌岳へ行こう、とのこと。
 
 ビーコンは貸してくれるそうだが、個人装備のゴーグルやスパッツ等を納戸から取り出し、点検した。
 利尻島では冬の必需品であった目出し帽が見つからない。どうやら、息子がスノーボードに持って行き、そのままになっているらしい。
 仕方がないから、市内で買ってきた。
 眼の周りしか露出せず首まですっぽりだから、さすがに暖かい。
 山スキーのみではもったいないから、青葉公園の散歩時にも使ってみようと思う。
 
f0138096_17455130.jpg

 散歩の帰り、この格好で郵便局に行ったら間違えられてカラーボールが飛んでくるだろうか?
 
f0138096_1746597.jpg

  2006.4.29 知床岳中腹からバックに国後島の爺々岳(中央左)がくっきりと望める。
 
f0138096_1748111.jpg

                     2006.4.30 海別岳に向かうUさん
 
f0138096_1751047.jpg

                     海別岳の斜面を滑るUさん
 
f0138096_1751443.jpg

                   2006.4.30 下山後海別岳(中央)を写す。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-11 18:06 | アウトドア | Comments(0)

宝くじ付き定期預金

 昨日の北海道新聞に、年末ジャンボ宝くじ付き定期預金から1等の当選が出たとあった。
 それによると、H銀行が200万円毎に10枚の連番宝くじを付けて預金者を募ったらしい。
 全国で65本の1等が、北海道では3本出てその内の1本とのことである。
 
 神様は、200万円も預金できるゆとりのある人をわざわざ選んだのかと、300円の当選?券3枚を前にグチが出る、ため息も出る。
 水は低きに金は高きに流れるものなのか?・・・。
 
f0138096_11114593.jpg

 年末の電柱工事は柱を立てたのみだったが、今朝はトランスを乗せたり、高圧電線の延伸工事をしているようだ。停電作業中に記事を書いているから、ノートパソコンのバッテリー切れにヒヤヒヤしている。
# by tarumae-yama | 2008-01-11 11:46 | その他 | Comments(0)

千歳川のサケの遡上

 昨夜、電話で姪(ブログに非公開コメントを寄せてくれたモッチャン)と何年ぶりかで楽しく話をした。
 小学校に上がる前の幼い頃、ブランコで泣かせた思い出が鮮明だが、年賀状には大学生を筆頭に3人の母親云々、と書いてあったから年月の速さには驚いてしまう。

 私のブログでも動画を見ることが可能と知り、元の職場のMさんにアドバイスをもらったり、ヘルプを見たりして、挑戦してみた。
 コンパクトデジカメでの動画だから、どの程度の画質で見ることが出来るのか全く判らないが、千歳市内の中心部に架かる千歳橋から、千歳川に今も盛んに遡上するサケを撮影した。
 もうすっかり皮が擦りむけて痛々しい姿になっていたが、何匹も見ることが出来た。
 写真中央のボタンを押して動画を見ていただきたい。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-10 17:41 | アウトドア | Comments(5)

ベー・チェチョルのCD

 待ちに待ったベー・チェチョルのCDが宅配された。
 
 これがレコードなら、早速、静かに針を落としスクラッチノイズの後、1曲目の「フェデリコの嘆き」が始まった、となるのだろうか?
 しかし、CDでは、朗々としたテノールがいきなり(スピーカーの)コーン紙を振るわせた。

  今日はじっくりとベー・チェチョルのテノールを聴いていたい。
 
f0138096_131426.jpg

                       今朝届いたばかりのCD

 
# by tarumae-yama | 2008-01-10 13:17 | その他 | Comments(0)

北海道100名山

 利尻島で過ごしたことで、平成10年、熱中するものがテニスから登山に代わった。
 在職中で長い休みを取りにくかったから、道内にある9つの日本100名山を登っていた。
 その頃、北海道100名山を知り、9つをクリアした後とりあえず目標をそこに定めた。
 「山と渓谷社」が選定した北海道100名山と、「北海道新聞社」が選定した北海道100名山があるから、両方を踏破するには118山登らねばならない。

 数年前に道南の狩場山で知り合った札幌のUさんと、それぞれ毎シーズン登頂した数を競い合った。そして、平成17年9月6日、日高のイドンナップ山で2人同時に「山と渓谷社」の北海道100名山を達成した。
 今までの苦労が思い出されたのか、Uさんの眼が感激で潤んでいた。
 
 大量の水を持ってUさんと2泊3日で登破した1839峰の過酷さや、下山中、道に迷い、初めてビバークした野塚岳のことなどいろいろなことが思い出される。

 118山まで北見富士と日高のピリカヌプリの2つを残しているが、ピリカヌプリについてはガイド無しで登れる私のレベルの山ではないから、北海道新聞社の方は、ほぼ諦めている。
 
f0138096_1135556.jpg

 2005年9月6日、家内の手書きによる記念の紙を持ってUさんと北海道100名山達成!
 
f0138096_11383899.jpg

     2006年4月29日、Uさんと登った知床岳も過酷で印象深い山となった。
 
f0138096_11401128.jpg

 仕事を終えた後、徹夜で運転して朝4時半頃登り出し、頂上には13時を過ぎて立った。
 
f0138096_11432510.jpg

      硫黄山をバックに、頂上まで山スキー、ツボ足、スノーシューと使い分けた。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-10 11:54 | 登山 | Comments(0)

叔母が逝く

 叔母の通夜と告別式に参列してきた。
 満94歳であったから長寿を全うしたとは思うけれど、これで18人もいた叔父や伯(叔)母が、全て逝ってしまった。
 子供の頃、叔母の家とは近くだったこともあり、随分と可愛がってもらった記憶がある。
 何時も笑顔を絶やさない優しい叔母であった。

 ブログのアップを休止して数日喪に服そうとも思ったけれど、読者には関係のないことと、昨日も短い?記事を載せた。
 しかし、何とも気持ちは沈んで気力が湧かない、今日はこれでパソコンから離れたい・・・・。
 
f0138096_16571662.jpg

  利尻山をバックに昆布干し。作業後おにぎりをもらって利尻山に向かうことがあった。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-09 17:06 | その他 | Comments(3)

カシミール3D

 カシミール3Dという素晴らしく良くできたフリーソフトがある。
 多分、多くの登山愛好者が利用していると思う。
 ここのHPで、山旅倶楽部の会員登録をすると、年間2940円で制限なく地図をダウンロード出来る。

 昨年春の登山旅行の際、会員となって必要なところの25000分の1の地図を印刷し、GPSと共に山に携行した。
 
 フリーソフトには珍しく、解説本が数冊出ている。それぞれにCDやDVDが付いていて、20万や5万分の1の地図が納められているから、印刷して頂上から山座同定に役立てている。
 山座同定には、むしろ、カシミールにあるカシバードというソフトの方が良いかも知れない。
 このソフトは、まるでそこから実際に眺めているよう表示するから、印刷して持参すると一目瞭然に山名が判る。
 
f0138096_10595278.jpg

 Amazon.comから解説本が届いた(左)、この本のDVDには25000分の1の地図が、日本の大部分を網羅しているから、山旅倶楽部の会員更新をしなくて済みそうだ。
 
f0138096_1131663.jpg

        カシバードというソフトで、礼文岳から利尻島を見た。
 
f0138096_1143258.jpg

 昨年春、宮之浦岳でたまたま登山口から頂上まで一緒した、アヒル副隊長さんのブログのアクセス数が丁度2万件目に当たった。 0さんおめでとう!!
 

 
# by tarumae-yama | 2008-01-08 11:20 | その他 | Comments(0)

今年の計画、日本100名山達成に向かって

 私が登山に熱中したきっかけは、利尻島に赴任したからだと思う。
 目の前に、人を引き付けずにはおかない秀峰があったから、好天と休みが重なれば、この最北にある日本100名山の利尻山に向かっていた。
 1年半の赴任生活で16回頂上に立った。
 晴天下の登山だから、何時も頂上から360度の素晴らしい眺望を堪能できた。
 
 それでも、利尻に赴任するまで深田久弥の名も100名山のことも知らなかった。
 それが、昨年春、退職記念に四国や九州の屋久島まで車中泊しながら主に100名山を登ったことで意識しだした。
 秋、2度目の東北と関東周辺への登山旅行で、100名山踏破への意欲が確固たるものになった、と思う。
 
 だから、今年もGWが明けた頃、アルプスの山を中心に登山旅行に出かけたい。
 しかし、7月、8月は、九州や本州から来るであろう山の知人のために空けておきたい。
 そして、秋には昨年同様、兄弟会に合わせてまた一月ほど、と計画している。

 家内から、人生(とは大袈裟だが)急ぎ過ぎだ!と言われているが、人間ドックで私の血管は60代後半と診断された(長寿出来ない?)から、2,3年は計画に向かって突っ走りたい!
 
       利尻赴任時代の写真を、今後折を見て紹介したい。
 
f0138096_15133951.jpg

  利尻山をバックに島民に誘われポン山で山スキーを楽しんだ。平成6年3月27日撮影
 
f0138096_15154910.jpg

                  礼文島をバックにウニ採りの一コマ。
# by tarumae-yama | 2008-01-07 15:30 | その他 | Comments(4)

詰め替え用インク台

 注文したべー・チェチョルのCDがなかなか届かないものだから、10時10分に彼を特集したTVの再放送で、「フェデリコの嘆き」をレコーダーに録画した。
 その後、パヴァロッティとカレーラスが唱っているCDで聴き比べた。
 やはりTVで知り、若くして逝った天才テノール歌手山路芳久のCDにもこの曲が収録されていたから、昼前から情感たっぷりな「嘆き」が居間に充満してしまった。

 年賀状で私のブログ開設をPRしたため、昭和50年前後にお世話になった職場の上司から詰め替え用インク台が昨日送られてきた。
 12月8日の記事を見てのことと思うが、アルミ製の手作りによる立派な物であった。
 早速、詰め替えてみたが、詰め替えキットに付属していた簡易台とは雲泥の使いやすさと安定の良さであった。
 
 年賀状だけで長いことお会いしていないが、元の上司の思いやりに接し、新年早々大変嬉しいプレゼントであった。
 
* 私のブログの写真は、写真の上でクリックすることでもう少し鮮明に見られます。
f0138096_12191477.jpg

         天才テノール歌手と言われた山路芳久(昌山文化館のHPより)
 
f0138096_12204089.jpg
             元上司のHさんから送られてきたアルミ製インク台(手前)

 
# by tarumae-yama | 2008-01-06 12:32 | その他 | Comments(0)