風不死岳北尾根、2017.10.8ー速報版ー

支笏湖周辺の山は紅葉のピークを迎えたようだ。
今日は風不死岳の北尾根を登った。

北尾根の紅葉・黄葉は、今がまさにピークと感じるほど素晴らしく息を飲むほど美しかった!

3年前の10月9日、北尾根の紅葉も素晴らしかったけれど、今年はそれより断然素晴らしい。

今年の大雪山の紅葉は、30年ぶりの美しさだったと言われたそうだが、風不死岳の北尾根もひょっとしたら30年ぶりと言っても大げさではないかも。

千歳から支笏湖までの国道脇の紅葉もそろそろ見頃になってきて、運転していて心満たされた。

今日の風不死岳北尾根の登山口駐車場は12,3台の車で一杯だった。
明日、登山者の車が多ければ、駐車場からあふれるかも知れない。
その場合は、登山口から300mほど美笛側に進んだ国道脇に駐車帯がある。

そして、樽前山の紅葉だが、5日の風不死岳の頂上と、6日の樽前山のお花畑から見た感想を、7日の記事でピークを過ぎたかも知れないと書いた。
ところが、ヒュッテ管理人さんの予想通り今がピークのように風不死岳の頂上からは感じた。
曇り空だったけれど、5日や6日より紅葉の赤味が一段増していて鮮やかだった。

ということで、明日樽前山や風不死岳に登る方は、1台車をデポし、樽前山のお花畑を通って風不死岳の北尾根に下りるか、或いはこの逆にするなら、二つの山の素晴らしい紅葉を目にすることが出来る。

車をデポしなくても楽しむ方法がある。
風不死岳北尾根の紅葉の綺麗なところは、3合目から8合目までで、7合目あたりが一番華やかだから、たとえば、樽前山から登り風不死岳の頂上に立ってから北尾根を途中まで下り、そこからまた風不死岳まで登り返して樽前山に戻るというのはどうだろう。
もちろん、逆コースでも全くかまわない。

多分、樽前山と風不死岳北尾根の紅葉はこの連休中で見頃を終えると思う。
なので、明日の体育の日、札幌近郊の人にはこれらの山を勧めたい。

ところで、今日も北尾根でとてもとても嬉しい出会いがあった。
2年前の10月、樽前山が風倒木で登れなかったとき、途中から引き返して来た滝川市のCさんを紋別岳に案内したことがあった。↓
後日、そのCさんからお礼として砂川市の銘菓が送られてきて、それをブログで紹介したことがある。↓
その後、私のブログを見ているようで、北尾根で挨拶したとき、「tarumae-yamaさん?」といきなり言われて驚いた。
お隣にはにこやかなご主人がいて、今年テントや大型ザックなど買って黒岳でテン泊デビューをしたそうだ。

登山は、ご夫婦共通の趣味と嬉しそうに言っていたから、またご夫妻とはどこかでお会いしそうな気がする。
f0138096_17132014.jpg
f0138096_17133403.jpg

f0138096_17135106.jpg
上3枚、風不死岳の北尾根で撮影。今年の紅葉は素晴らしいと思う
f0138096_17141087.jpg
ガスがかかっているけれど、樽前山東山斜面の紅葉は2,3日前より赤味が増してきて鮮やかになっている。明後日が雨予報だから明日が一番綺麗かも
f0138096_17141685.jpg
7合目駐車場周辺の紅葉をアップで。上の2枚は風不死岳の頂上から撮影
f0138096_17142647.jpg
8合目の上の標識のところで滝川市のCさんとびっくりの出会い。ご主人とは初対面だが、にこやかで気さくなお人柄だった


# by tarumae-yama | 2017-10-08 17:32 | 北海道100名山 | Comments(2)

ちょっとだけ自慢

「エキサイト」でブログを開設していて、「登山」と「北海道」という二つのジャンルに投稿している。

その「登山」の部には10月8日現在、1110名が登録しているようだが、実態として毎日の投稿数は450名程度だろうか。
これから夏山シーズンが終盤を迎えると、投稿数はもっと減少してくると思われる。

そんな中で、「登山」の部の1位と2位は、ずっと長い間同じ人で固定されているというか不動だった。
ただ、不思議なのは、1位の人は登山とは何の関係もないプラモデルの話題ばかり提供しているし、2位の方も野鳥が多く登山の投稿は少ないようだ。
その中で、全国的にはマイナーな支笏湖周辺の山ばかり報告している私の記事が、ベストテンに入っているのは出来すぎと思いつつちょっぴり鼻が高い。

それが、今日2位になっていて驚いた。
まあこの1週間、恵庭岳の遭難に関する記事に驚くほどのアクセスがあったから2位まで上がったのだろう。
さすがにこの2,3日、アクセス数が落ち着いてきたので、明日にもこの2位から転落するのは間違いないと思われる。

「ちょっとだけ自慢」とタイトルにしたけれど、登山者の死亡事故を記事にしたためだから、ちょっと複雑な心境ではある。
f0138096_15241480.png
10月7日現在のブログランキングより掲載。画像の上でクリックすると大きくなります

# by tarumae-yama | 2017-10-08 15:54 | 日々の出来事 | Comments(0)

楓沢から風不死岳、2017.10.5ーその1ー

昨日は孫2号の七五三ということで一日札幌へ行っていて、ブログ用の写真を選ぶ時間が取れなかった。
晴れれば山に行きたいし、だから楓沢は写真をメインにして報告は省略しようと思う。

今楓沢は、人気沸騰中と言っても過言でないほど毎週のようにヤマレコやヤマップに報告があがっているから、私の説明など今更という思いもある。

ただ、今回は、北尾根は歩いたことがないというYさんの希望で風不死岳に登ったけれど、腰を痛めてまだ万全でないH原さんと体調が今ひとつのAさんは、無理をせず樽前山経由で下山することになったため、楓沢の先からは二つに分かれての行動になった。
f0138096_21513429.jpg
f0138096_21515017.jpg
f0138096_21521952.jpg
f0138096_21524238.jpg
f0138096_21525103.jpg
f0138096_21530578.jpg
f0138096_21531229.jpg
f0138096_21531541.jpg
f0138096_21533075.jpg
綺麗な楓の紅葉、楓沢とはよく言ったものだ
f0138096_21533496.jpg
f0138096_21533861.jpg
f0138096_21534304.jpg
紅葉のタルマエソウを前景に樽前山




上の3枚は孫1号と2号。2017年10月7日北海道神宮で撮影。息子夫婦の同意を得ていないので3日間限定で後悔、もとい、公開(^_^;)

# by tarumae-yama | 2017-10-08 07:22 | 北海道100名山 | Comments(4)

樽前山、2017.10.6

樽前山の紅葉は今がピークだろうか。
ヒュッテの管理人さんは、ピークはこの週末と言った。
お花畑で三脚を立てて紅葉を撮影していた女性によると、先週がピークだったような気がすると。
札幌からたびたび来ているらしい。

で、私の見解だが、9月26日に登ったときと比べるとずっと色づいてきたとは思う。
だが、紅葉は期待したほど赤味がつかず、少しくすんでいると感じる。
そしてこのままどんどん枯れて行くのではないだろうか。
枯れ始めている葉を見て、私は、だから今がピークなのではないかと思う。

一方、お花畑周辺の黄葉は、太陽の光を浴びて金色に輝くばかりの美しさだった。
そんな素晴らしい黄葉も今がピークと思う。
もう数日間は楽しめるのではと想像するけれど。

今日も樽前山でびっくりの出会いがあった。

7合目の駐車場から東山に向かっていると、木段の先で下山してきたソロの女性は白老町のSさんだった。
すでに東山から西山と外輪山を1周した後だったけれど、優しいSさんは私につきあってまた東山からお花畑コースへと一緒に歩いてくれた。
彼女と山を共にしたのは、調べてみると2年前の8月、H原さんと3人でホロホロ山に登って以来のことだった。


もうそんなに経ったのかという気分だ。 

そして、Sさんとお花畑コースへ下りていく途中で、スライドした二人組は何と5日前にニセコのイワオヌプリとニトヌプリを一緒した千歳のI夫妻だった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22271692.jpg
平日の9時前なのにもう満車状態。下山時、ずっと下まで路肩駐車の列だった
f0138096_22280113.jpg
展望台の上から、紅葉と支笏湖
f0138096_22281647.jpg
紅葉部分を少しアップで
f0138096_22284722.jpg
ここで白老町のSさんとバッタリ。後ろ姿で
f0138096_22285136.jpg
Sさんは今日2度目の東山に向かう
f0138096_22285963.jpg
東山の尾根を登るSさん。足下に扁平積雲(晴れ積雲)
f0138096_22290777.jpg
奥に冠雪した羊蹄山
f0138096_22294453.jpg
駐車場周辺の紅葉
f0138096_22295034.jpg
東山からお花畑コースへ
f0138096_22295826.jpg
東山の稜線から一番赤い部分をアップで
f0138096_22300102.jpg
同じ紅葉を少し引いて
f0138096_22301230.jpg
右端に駐車場が小さく見える。9月26日に同じような写真を載せたけれど、そのときよりかなり色づいている
f0138096_22301678.jpg
f0138096_22302167.jpg
f0138096_22302760.jpg
シラタマノキを入れて
f0138096_22305473.jpg
ここで千歳のI夫妻とバッタリ。Sさんと一緒に撮影
f0138096_22305871.jpg
日暈が出来ている。明日は雨か
f0138096_22310277.jpg
f0138096_22310638.jpg
f0138096_22312182.jpg
上3枚、黄葉がきらきらと輝いてとても綺麗
f0138096_22312416.jpg
支笏湖をバックにSさん
f0138096_22312854.jpg
奥に932m峰
f0138096_22313202.jpg
f0138096_22314309.jpg
f0138096_22314740.jpg
f0138096_22315137.jpg
支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_22315413.jpg
f0138096_22315888.jpg
これ以上赤味がつくのだろうか?

# by tarumae-yama | 2017-10-07 08:42 | 樽前山 | Comments(2)

恵庭岳の死亡事故、2017.10.1

私のブログのアクセス数は春から急増し、今一日平均500名を超える。
それが、10月に入った途端更に増えて1000名に届くような日が出てきた。

不思議に思っていると、どうやら検索キーワードに恵庭岳の遭難について書いた記事がヒットしたためらしい。
だからなのか、私のブログの記事別ランキングの1位と2位は、ここ数日その恵庭岳の遭難記事に関するものだ。

だが、記事は4年前や昨年の死亡事故について書いたもので、先日の10月1日に発生した死亡事故についてのものではない。

私は、先日の事故については何も触れていないけれど、報道によると事故現場は頂上直下とも第2見晴台とも書かれていて、正確にはどうなのか気にはなっていた。
もし、頂上直下なら岩塔から滑落したのかもと想像していた。

それで、地元の山岳会の知人に問い合わせているのだが、今日別な関係機関の方から信頼度の高い情報を得た。

それによると、現場に出動した救助関係者の持っていたGPSの表示なのだろう、場所は標高1008mとのことだった。
それなら第2見晴台や頂上直下などではなく、まさに第1見晴台だろう。

頭から出血と書かれていて、いかにも滑落か転落による事故を想起させるけれど、実際は額に傷があった程度で致命傷になるようなものではなかったらしい。
目立った外傷もなく、2,3日前に遺体解剖をしたようだが、すでに葬儀は終了している様だから、事件性がないということで遺体は家族のもとに返されたのだろう。

結局、死因は病気との判断らしい。
それにしても、この事故で恵庭岳を敬遠したのか、樽前山の駐車場は週末のような激混みだったし、イチャンコッペ山の駐車場も平日ではあり得ないようなほぼ満車状態だったのに対し、恵庭岳のそれは拍子抜けするほど空いていた。
f0138096_15113778.jpg
f0138096_15122265.jpg
上の2枚、恵庭岳登山口近くの紅葉
f0138096_16241218.jpg
樽前山の紅葉
f0138096_16251100.jpg
f0138096_16244195.jpg
上の2枚、イチャンコッペ山の紅葉
f0138096_16244214.jpg
紋別岳の紅葉? 全ての写真2017年10月6日の撮影

# by tarumae-yama | 2017-10-06 15:23 | 登山 | Comments(2)

楓沢から風不死岳、2017.10.5ー速報版ー

楓沢は昨年10月16日に行ったとき、紅葉の最盛期だった。
今回は10日以上早かったので、紅葉のピークにはまだ間があると思っていた。
ところが、ぴったりの時期にぶつかっただけでなく、今年の紅葉・黄葉はとても綺麗だ。

風不死岳も、北尾根の6合目から8合目辺りが例年紅葉の綺麗なところだが、楓沢同様今年は一段と素晴らしかった。

とりあえずの速報版だが、枚数を絞り込めず20枚を超えてしまった(^_^;)
読者の皆様に、気に入った写真が1枚でもあれば嬉しい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22025480.jpg
洞窟をバックに
f0138096_22032425.jpg
洞窟の中から
f0138096_22040972.jpg
f0138096_22043940.jpg
f0138096_22050966.jpg
f0138096_22061408.jpg
f0138096_22064475.jpg
f0138096_22071568.jpg
f0138096_22075911.jpg
f0138096_22081481.jpg
f0138096_22102817.jpg
f0138096_22103384.jpg
f0138096_22103869.jpg
f0138096_22104335.jpg
f0138096_22105295.jpg
以上15枚、楓沢で撮影
f0138096_22105651.jpg
鎖場、バックに樽前山
f0138096_22110134.jpg
樽前山のお花畑コース周辺の紅葉
f0138096_22110577.jpg
羊蹄山は前日の雪で中腹まで積雪状態のようだ
f0138096_22112462.jpg
北尾根へ下りようと準備中に愛犬とやってきた女性は、今年6月19日恵庭岳の頂上で会ったヤマップのkomiさんだった。その前に932m峰でもお会いしている
f0138096_22113062.jpg
f0138096_22113811.jpg
f0138096_22115038.jpg
f0138096_22115565.jpg
上の8枚は風不死岳で撮影


# by tarumae-yama | 2017-10-06 00:52 | 北海道100名山 | Comments(0)

楓沢から風不死岳、2017.10.5ーH原さんからの写真ー

今日、池田町のYさんが希望していた楓沢へ一緒した。
H原さんとAさんが同行してくれた。

楓沢も風不死岳も紅葉が最盛期で、その美しさに知らず知らず感嘆の声が出た。
皆、写真を至る所で撮るものだから、今日は下山まで想定外に時間がかかった。

帰宅後メモリーを見ると、450枚を超える写真を撮ったためブログ用に選択するのが大変。
とりあえず、早々と送っていただいたH原さんの写真をアップしたい。
私の写真は今夜中に何とか載せたいとは思う・・・。
f0138096_19001069.jpg
f0138096_19010214.jpg
f0138096_19010906.jpg
f0138096_19011375.jpg
f0138096_19012377.jpg
f0138096_19012739.jpg
f0138096_19013174.jpg
f0138096_19014655.jpg

# by tarumae-yama | 2017-10-05 19:07 | 北海道100名山 | Comments(0)

イワオヌプリとニトヌプリ、2017.10.1ー同行者からの写真ー

まっくさんとTOMさんからイワオヌプリとニトヌプリの時の写真が送られてきた。
今日はこの写真を載せ、これから楓沢に向かおうと思う。

時間がないため、まあいつものことだが、写真の説明抜きで(^_^;)
f0138096_20360585.jpg
f0138096_20362000.jpg
f0138096_20400445.jpg
f0138096_20400892.jpg
f0138096_20401140.jpg
f0138096_20401523.jpg
f0138096_20402568.jpg
f0138096_20402996.jpg
上の8枚は、まっくさん撮影
f0138096_20410662.jpg
f0138096_20411108.jpg
f0138096_20411688.jpg
f0138096_20411949.jpg
f0138096_20412587.jpg
f0138096_20412955.jpg
上の6枚は、TOMさん撮影

# by tarumae-yama | 2017-10-05 06:16 | 登山 | Comments(0)

藻岩山誕生日登山、2017.10.2

8月1日に恵庭岳西峰と本峰に登ったメンバー↓が、私の誕生日を藻岩山の山頂で祝ってくれた。



今回参加のM夫妻とは何時も一緒に登っているけれど、みかさんとは9月11日の黒岳と北鎮岳以来で、genesis1_1さんとOさんとはその恵庭岳以来のご無沙汰だった。

前日の石狩地方の降水確率が80%にもなっていたから、登山はまず悲観的だと思った。
だが、genesis1_1さんはじめ皆さんの祈りが通じたようで、登山中雨に当たらなかったどころか、青空が覗くほどだった。

近年歳を重ねることに何の喜びもないけれど、こうして私のために集まってくれ、手作りのケーキやデパートまで行って買ってきたコーヒーや紅茶などでお祝いをしてくれるという気持ちが何にも増して嬉しい。

今回、スキー場の駐車場に車をデポして慈恵会病院コースの駐車場に移動、そこでM夫妻と合流して6名でスタート。
途中馬の背で一休み後、1時間15分ほどで山頂。
近くのベンチが置かれたスペースで、私のためのお祝い会が開催された。

たっぷり1時間、有名店から買ってきたと言われても信じるほど美味しい、みかさん手作りのいちごシフォンケーキとパンプキンタルトをご馳走になり、genesis1_1さんのウクレレ伴奏付きで、Happy birthday to よしひこと歌って祝ってもらった。

スキー場まで下山後、途中買い物をして慈恵会病院コースの駐車場へ、Mさんと私の車を回収しにみかさんの車で向かった。
するとその駐車場で、下山準備中のピータンままさんにバッタリだった。

彼女に会うのは、昨年8月8日M夫妻たちと楓沢↓を一緒して以来だろうか。


まあ、時々というかお互い忘れた頃にラインのやりとりはあるのだけれど。

そんな出会いもあり、とてもとても思い出深く嬉しい誕生日となった。
f0138096_17392748.jpg
Oさんは大きなケーキが入った紙袋を持って
f0138096_17395841.jpg
馬の背
f0138096_17424805.jpg
f0138096_17430396.jpg
f0138096_17453995.jpg
お互い何時までも大好きという気持ちを大切にしてもらいたい
f0138096_17455433.jpg
f0138096_17462090.jpg
みかさん手作りのいちごシフォンケーキ
f0138096_17462577.jpg
プレートの文字は、みかさんよりお菓子作りが上手という娘さんが入れてくれたそうだ。隣りはこれも有名店にも負けないパンプキンタルト
f0138096_17463371.jpg
f0138096_17463742.jpg
私のために歌ってくれた。その後、1週間前の9月25日が誕生日だったM夫人のために「Happy birthday to ゆか」と歌った
f0138096_17464421.jpg
f0138096_17464935.jpg
f0138096_17465698.jpg
お腹も心も満たされスキー場コースで下山
f0138096_17470035.jpg
f0138096_17470874.jpg
無事、スキー場の駐車場に到着
f0138096_17471250.jpg
慈恵会病院コースの駐車場に戻ってきたところ、下山して帰宅準備中のピータンままさん(右端)にバッタリ
f0138096_17471924.jpg
M夫妻は小樽に用事があり、慈恵会病院コースの駐車場で別れ、私は皆さんが待つ教会へ。Oさんが手打ちソバをふるまってくれた
f0138096_17472459.jpg
f0138096_17473318.jpg
Oさんのソバは、そば屋を開いたら繁盛するだろうと思うほどの美味しさ。お腹一杯いただいた


# by tarumae-yama | 2017-10-04 07:39 | 登山 | Comments(14)

イワオヌプリとニトヌプリ、2017.10.1

昨日は私の誕生日で、山友が藻岩山の山頂でお祝いをしてくれた。
その藻岩山の報告もあるので、10月1日に登ったイワオヌプリとニトムプリの報告は、同行者のまっくさんとTOMさんのブログを紹介することにして、私は写真だけにさせてもらおうと思う。

ただ、先日の記事でも書いたけれど、最近登る山登る山で山友や知人にお会いする。
今回も、5月の芦別岳旧道をご一緒したi-tomoさんと五色温泉の駐車場でバッタリだった(i-tomoさんの山友のI am Ryoさんも一緒)。
そして、大沼に向かっている途中でスライドした女性は、8月27日ご来光目的で登った樽前山の頂上でお話をしたYさんだった。
そのとき、私のブログを時々見ているとのことで、今回恵庭岳西峰の話など少々立話?をさせてもらった。

そのほか、お会いしたことはなかったけれど、同じHYMLの会員で頻繁に山報告のメールを発信しているから、お名前だけ記憶していたtetsuさんと、途中から下山までご一緒させてもらいあれこれお話をすることができた。

今、tetsuさんは、北海道新聞社から出版されている「北海道夏山ガイド」改訂版用の取材と写真撮影をしているそうだ。
昨日もtetsuさんは、ニセコの紅葉や登山道の状況をメールでHYMLに流していて、私たちと会ったことにも触れていた。

まっくさんのブログ↓
TOMさんのブログ↓
f0138096_23065327.jpg
右から4人目がi-tomoさん、その右となりがI am Ryoさん
f0138096_23065976.jpg
f0138096_23070484.jpg
f0138096_23070982.jpg
f0138096_23071993.jpg
イワオヌプリからの下山者が稜線上に見える
f0138096_23072480.jpg
イワオヌプリ頂上。奥にニセコアンヌプリ
f0138096_23073168.jpg
イワオヌプリの斜面。上に小さく頂上標識
f0138096_23073788.jpg
イワオヌプリの最高点(右上)に向かう同行者
f0138096_23081730.jpg
その最高点から、右上にニセコアンヌプリ、その奥に羊蹄山が顔を出している
f0138096_23082236.jpg
f0138096_23082701.jpg
大沼近くでスライドした札幌のYさん。顔出しはNGなので後ろ姿を
f0138096_23083358.jpg
Yさんに最初にお会いしたのは8月27日樽前山のご来光登山の時。手前の人物がYさん
f0138096_23084570.jpg

f0138096_23085027.jpg
f0138096_23085462.jpg

f0138096_23090038.jpg
f0138096_23100360.jpg
大谷地の駐車場でお話をしたSさん(左端)、ブログの宣伝をさせてもらった(^_^;)
f0138096_23100829.jpg
f0138096_23101151.jpg
ニトヌプリの頂上で、右がI夫妻、左が札幌のMご夫妻。Mご夫妻と少しお話をしてやはりブログの宣伝をした(^_^;)
f0138096_23101715.jpg
f0138096_23103557.jpg
マイズルソウの実
f0138096_23103955.jpg
左から3人目がtetsuさん
f0138096_23104579.jpg
無事下山、右端がtetsuさん、左の二人が札幌のMご夫妻


# by tarumae-yama | 2017-10-03 07:28 | 登山 | Comments(8)