旧道から芦別岳、2017.5.20 -その3-

行動時間が長くその間に沢山の写真を撮ったため、芦別岳の頂上でデジ一の予備の電池までも使い切ってしまった。
なので、そこから下山まではオリンパスの防水カメラを使う羽目に。

撮像素子の小さなごく普通のコンデジだが、このカメラTG-850 Toughの特長は、35ミリ判換算で21mmからのかなり広角寄寄りということ。
だから、広がりが欲しい山では重宝している。

デジ一はパナソニック、防水カメラはオリンパスということで、メーカーの違いにより青空などの色合いが微妙に違うけれど、大きなサイズで見ていただけると嬉しい。
f0138096_16581073.jpg
芦別岳の頂上から。このアップダウンの多い尾根を歩いてきた
f0138096_16581679.jpg
頂上のi-tomoさんとikenoyaさん。右の男性お二人からビールをご馳走になった
f0138096_16582880.jpg
shikeさん
f0138096_16583619.jpg
14時半を過ぎ、下山開始
f0138096_16585961.jpg
帰りは新道コースで。全員つぼ足だからスリップしないよう慎重に
f0138096_16590468.jpg
雪が柔らかく先行者のトレースがあるので、恐怖心はそれほどでもない
f0138096_16591320.jpg
振り返ると芦別岳の頂上
f0138096_16591853.jpg
中央に夫婦岩。X(エックス)型に雪がはり付いていて、エックスルンゼと言われているらしい
f0138096_16593183.jpg
尻滑り中のshikeさん。このためにわざわざレインウエアのパンツを履いた。夫婦岩の右に見えるのは2日前に途中で断念した御茶々岳か?
f0138096_16593607.jpg
shikeさんのずっと下にi-tomoさん
f0138096_16594245.jpg
こちらはikenoyaさん
f0138096_16594881.jpg
同上
f0138096_17000047.jpg
青空にダケカンバの白い幹が綺麗
f0138096_17000409.jpg
先を行くi-tomoさんとshikeさんは、長時間歩いてもペースが落ちず
f0138096_17001393.jpg
下りは快調!?




# by tarumae-yama | 2017-05-25 07:44 | 北海道100名山 | Comments(0)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -その2-

北尾根に乗るとまだ芦別岳の頂上部は見えないけれど、周囲の景色が飛び込んできて一気にテンションが上がった。

もっともスタートからすでに5時間以上経過し、この先頂上まで大小のピークを幾つも越えなければならないことを思えば、たちまちそのテンションも下がり、むしろ歩き通せるか不安が湧き上がるようだった。

稜線歩きも残雪の多いところでは夏道が隠されているから、ハイマツの周りをウロウロしながらピンクテープがないかキョロキョロ。
そんな繰り返しが何度かあると、どんどん体力が削がれ足も攣りそうになる。

単独ならすっかり気も滅入るところだが、仲間から気遣ってもらいながら楽しみにしていたツクモグサに出会ったことで、また体力気力が盛り返すようだった。

それにしても旧道から頂上まではとてつもなく長かった。
あまりにも疲れたためか頂上に到着した感動はさほどなく、むしろ本谷から登ってきた男性に勧められた、冷えたビールの一口の美味しさに歓喜した。

ビールをご馳走してくれた男性の話では、6月の旧道は花が素晴らしいそうだ。
だが、花がなくても旧道歩きは変化に富んでいて、山歩きの愉しさを十二分に感じることが出来た。

過酷な旧道だったから再訪はあり得ないと思うものの、もう10歳若ければ花が見事な6月に登りたいという気がしないでもない。
f0138096_15125942.jpg
緩んだ雪に太ももまで埋まったshikeさん
f0138096_15131460.jpg
写っているのはi-tomoさん
f0138096_15134861.jpg
分かりにくいが、右上近く急斜面にはり付くshikeさん
f0138096_15135209.jpg
f0138096_15135947.jpg
崖状になっていて一時も気が抜けない
f0138096_15140347.jpg
同上。頂上がかなり近くなってきた
f0138096_15141118.jpg
ピントが甘いけれど、楽しみにしていたツクモグサ
f0138096_15141544.jpg
黄色い円内に本谷を登る二人組
f0138096_15142346.jpg
少しアップで。と言っても私のレンズではこれが一杯一杯
f0138096_15142628.jpg
二人組の後ろにソロの男性(緑色の円内)
f0138096_15143414.jpg
最後の雪渓を越えると頂上は目の前
f0138096_15143867.jpg
頂上が手に取るようになって来た
f0138096_15144562.jpg
中央右下にソロの男性が見える
f0138096_15145062.jpg
頂上直下のikenoyaさん
f0138096_15145888.jpg
霞んでいるが遠くに夕張岳
f0138096_15150240.jpg
頂上到着のikenoyaさん
f0138096_15150827.jpg
本谷から登ってきた男性に撮っていただく。女性軍は顔出しNGなので



# by tarumae-yama | 2017-05-24 07:13 | 北海道100名山 | Comments(0)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -その1-

3日前にi-tomoさんから、芦別岳を旧道から登りませんか?とメールが入った。
いつものikenoyaさんの他に今回はshikeさんも参加すると。

実は、shikeさんとは6月の上旬に恵庭岳の西峰を一緒する計画が決まっていた。

昨年10月、shikeさんが風不死岳に登った帰り「バードカフェ」で昼食を一緒しているけれど、彼女と山を共するのはその恵庭岳が初めてになるはずだった。
それが、i-tomoさんのメールにshikeさんの名前があったから一寸ビックリ。

2日前、芦別岳のすぐ隣りにある槙柏山にAさんと登ったばかりだが、もちろん参加させていただきたい、とi-tomoさんにすぐメールを返した。

ikenoyaさんとはすでに恵庭岳や風不死岳などで一緒しているし、そこにはi-tomoさんも当然(?)一緒だったので今回の山行は超長時間になったけれど、全員顔見知りと言う事もありとても楽しいものだった。

すでにi-tomoさんとikenoyaさんはヤマレコで詳しく報告をしているし、shikeさんもブログに芦別岳をアップしているから、山報告はそれらを参考にしてもらう事にして、私は写真を載せる事で済ませたい。
ただ、撮影した写真は300枚を超えたので、2,3回に分けて紹介したいと思う。

芦別岳のヤマレコ↓
shikeさんのブログ「山のうえで」↓
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21164088.jpg
キャンプ場の奥、中央付近に夫婦岩、左端に芦別岳、夫婦岩の右に2日前に登ったばかりの槙柏山とその右に途中で登頂を断念した御茶々岳
f0138096_21164720.jpg
全員の影を入れて奥に芦別岳
f0138096_21165428.jpg
幾つも高巻きをくり返し
f0138096_21170074.jpg
ヒトリシズカと
f0138096_21171063.jpg
サンカヨウ
f0138096_21171775.jpg
川原を歩いたり
f0138096_21172297.jpg
高巻きを下ったり。だから全然高度を稼ぐことが出来ない
f0138096_21172882.jpg
雪渓を横切ったり、中々ワイルド
f0138096_21174845.jpg
また高巻きを下ったり
f0138096_21175552.jpg
下に先行の5名パーティ。彼らは本谷に進んだようだ
f0138096_21180393.jpg
丸太渡りのi-tomoさん。とても緊張した表情をしていたが歩いて渡りきった。私は足がすくんで馬乗りスタイルで
f0138096_21180919.jpg
分岐点
f0138096_21181998.jpg
ツムラ68は処方してもらったばかりだが、アミノバイタルは3年も前に賞味期限切れになっていた。道理であまり効いた感じがしなかった(^^;)
f0138096_21182747.jpg
ヤチブキの中を通って
f0138096_21183588.jpg
飛沫を浴び、まるで沢登りのようだ
f0138096_21184119.jpg
ようやく安定した残雪に出た。中央に2日前に登ったばかりの槙柏山
f0138096_21191076.jpg
夫婦岩を前にshikeさんの撮影
f0138096_21191752.jpg
青空が気持ち良い
f0138096_21192650.jpg
バックに2日前雪が繋がっていなくて途中で登頂を断念した御茶々岳
f0138096_21193463.jpg
夫婦岩を左手に見ながら
f0138096_21194475.jpg
1444mピークに向かう同行者。右端に中岳
f0138096_21195137.jpg
振り返ると御茶々岳の奥に小天狗岳など
f0138096_21200175.jpg
中央の芦別岳がまるで槍ヶ岳のように尖って見える
f0138096_21200753.jpg
頂上は遠い
f0138096_21201875.jpg
ここまで来ると頂上は少し近づいて見えるが、アップダウンの繰り返しにうんざり

# by tarumae-yama | 2017-05-23 07:12 | 北海道100名山 | Comments(6)

槙柏山、2017.5.18-その2-

昨日は妻の誕生日だった。
結婚して暮らした40年間、一度も結婚記念日や妻の誕生日を忘れたことはなかった(
と思っている)けれど、昨年2月に逝ってからこの15ヶ月で月命日を失念したことが1度ならずあった。
これはどうしたことだろう。

話題はタイトルの山に移るけれど、
恐らく私のブログを見て、これから槙柏山を登ろうと考える読者はまずいないと思われる。
それなら山報告を上げるのは、備忘録としての意味しかない。

多分、来年以降私が槙柏山を再登する事はないと思う。
ただ、今回雪がなくて御茶々岳には登れなかったため、Aさんから声がかかれば再挑戦するかも知れないけれど・・・。

ルートの状況等は「その1」で簡単だが記述していることもあり、ここでは写真のアップだけで手抜きをしようと思う。

というか、一昨日の芦別岳のダメージが大きすぎて記事を書く気力が起きない。
ダメージはもちろんだが、ひょっとして変化に富んだ旧登山道があまりにも素敵で、まだ夢うつつの心境がそれを上回っているのかも知れない。
f0138096_14164057.jpg
槙柏山の頂上から藪漕ぎをして先端まで進むものの眺望はそれ程良くなかった
f0138096_14162653.jpg
槙柏山から次の御茶々岳に向かう。ここからだと夫婦岩が重なって見える
f0138096_14165786.jpg
青空が気持ち良い
f0138096_14170191.jpg
尾根に上がったものの御茶々岳の頂上部には雪が全くなさそうで、ここで登頂を断念
f0138096_14170954.jpg
尾根にザックをデポして御茶々岳とは反対方向のポコまで登って見ることに
f0138096_14171412.jpg
夫婦岩がまた二つの岩塔として見えてきた
f0138096_14173772.jpg
中央に富良野岳、左に尖った十勝岳も見える
f0138096_14174845.jpg
中央右に格好良い中岳、Aさんは一度登っているそうだ
f0138096_14175325.jpg
左端に御茶々岳、その右に十勝連峰
f0138096_14180099.jpg
この季節限定の幻の池を入れて
f0138096_14180431.jpg
ポコから下山開始。中央付近に二人のデポしたザックが小さく見える
f0138096_14181122.jpg
夫婦岩の右に飛行機雲
f0138096_14181584.jpg
下山途中で行者ニンニク採り
f0138096_14182239.jpg
下山時は、川の上の雪が更に解けて穴が広がっていた

# by tarumae-yama | 2017-05-22 07:29 | 登山 | Comments(0)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -速報版-

朝1時半に起床して日帰りで芦別岳に登ってきた。
新道から3,4回登っている芦別岳だが、旧道を使って登ったのは初めてのこと。

登りに何と9時間近くかかり、ヘロヘロになって頂上に立った。
往路でこれだけの時間がかかった山は記憶にないけれど、旧道コースはワイルドで大変魅力的だった。
何より刺激的だった。

もっとも、集中力と体力が求められる旧道を使うことは、私の年齢を考えればもう2度とないだろう。

クタクタに疲れているので、速報版として4枚の写真とGPSの軌跡のみアップした。
山報告は2,3日中にあげたいと思う。
f0138096_23502085.jpg
中央のやや上の尖った山が芦別岳
f0138096_23502634.jpg
夫婦岩を左手に見ながら進む同行者
f0138096_23504965.jpg
前方に芦別岳
f0138096_23505476.jpg
恐怖の丸太渡り
f0138096_23510468.jpg
旧道を使って登りに約9時間、下山は新道を使って3時間ほど

# by tarumae-yama | 2017-05-21 00:24 | 北海道100名山 | Comments(6)

槙柏山、2017.5.18-その1-

林道の最終点まで雪は全くなかったけれど、ゲートにはダイヤル錠がかかっていた。
前日にAさんが問い合わせたところ、ゲートは開いているとのことだったらしいのだが、念のためナンバーを聞いていて事なきを得た。

今回、駐車場所のすぐ先にある徒渉で少々緊張した。
それでも朝は清流だったのだが、下山時は雪解け水が激しい濁流となっていて、川に落ちたならアッという間に流されるかもと思うと丸太渡りは足がすくんでしまった。

十八線川沿いに進み一部林道を使ったけれど、基本この川沿いの沢を詰めた。
だが、川に乗る雪が解けだしていて、所々穴が開いていた。
高度を上げると雪に覆われているものの、下から水音が聞こえているから、その様な所は沢の中心から離れて登った。

気温が高く雪が腐っていたので、斜度が急になってもキックステップで大丈夫だったけれど、さすがに標高が1000m辺りになると解けているのは表面だけで、その下はまだ固くて一歩一歩蹴り込むのに力を加える必要があった。
そのためもう少しでツムラ68のお世話になるところだった。

槙柏山頂上への尾根はすっかり雪がなくなっていたため、15分ほどの藪漕ぎを強いられた。

今回熊の痕跡も登山者との出会いもなかったけれど、このようなマイナーな山でも藪漕ぎの尾根にもうっすらと踏み跡らしきものがあったのは驚きだった。

3月か4月頃なら頂上まで雪に覆われてそれ程苦労しないで登れるかも知れないが、その分林道部分は歩かなくてはならないだろうから、果たしてどちらが良いだろうか。
まあ、私なら雪を踏み抜いて沢川に落ちる危険と藪漕ぎのしんどさを考えれば、林道歩きがあってももう少し早い時期に登ると思う。

スタートから頂上まで2時間45分程度で、私には丁度良い運動量だった。
f0138096_20383340.jpg
中央左上に芦別岳、右に槙柏山や御茶々岳。手前ぶどう畑
f0138096_20384185.jpg
桜が満開だった
f0138096_20385217.jpg
朝のうちは清流で、水量も下山時ほど多くなかったのだが・・・
f0138096_20390207.jpg
今年初めてエゾノリュウキンカを見た
f0138096_20391100.jpg
川の上の雪が解けて所々穴が開いている
f0138096_20391688.jpg
富良野岳や十勝岳が見える。中央左にトムラウシ山も見える
f0138096_20393048.jpg

f0138096_20393892.jpg
振り向くと奥に十勝連峰が
f0138096_20394332.jpg
f0138096_20400136.jpg
バックは御茶々岳。ここの斜面は急でスリップすると大怪我をしそう。それで右の藪沿いに登る
f0138096_20401352.jpg
槙柏山頂上。枝にピンクテープが付いているのみ。バックに芦別岳
f0138096_20401795.jpg
同上、Aさんを入れて
f0138096_20402612.jpg
同上、中央に槙柏山の後に登る予定だった御茶々岳


# by tarumae-yama | 2017-05-20 01:51 | 登山 | Comments(0)

槙柏山、2017.5.18-速報版-

日高山脈を単独で歩いたAさんは私の山の師匠だが、私より一回り年下である。
そのAさんから久しぶりに山のお誘いがあり、私は登った事のない槙柏山に案内してもらった。

芦別岳のすぐ北側にある山だから、槙柏山の頂上から芦別岳が眼前に広がり、その迫力に圧倒された。
最高の天気と眺望と、そして思いがけず行者ニンニクが大量に採れ、私は槙柏山を一日堪能する事が出来た。

とりあえず、速報版として7枚写真をアップした。
改めて後日山報告をしようと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_23335693.jpg
槙柏山の稜線から芦別岳。右上に夫婦岩
f0138096_23341139.jpg
御茶々岳への稜線上から夫婦岩
f0138096_23342604.jpg
崕山(きりぎしやま)をアップで

f0138096_23345031.jpg
中央付近に槙柏山。頂上へは藪漕ぎを強いられた。左端に十勝連峰
f0138096_23345498.jpg
朝はそうでもなかったのだが、下山時は増水していて激流の音が恐怖。丸太を慎重に渡るAさん
f0138096_23350150.jpg
行者ニンニクの畑?
f0138096_23350604.jpg
行者ニンニクが大量に採れた。近所にお裾分けしようと思う
f0138096_23351510.jpg
GPSの軌跡。槙柏山の頂上は踏んでいないように見えるが、実は頂上へ藪漕ぎしているときにGPSを落としてしまった。運良く頂上から戻るときに発見した。なので、GPSの軌跡の先端がGPSを落とした場所を表している。
槙柏山の後、隣の御茶々岳も登る予定で尾根まで上がったものの、雪がなくて盛大な藪漕ぎになると判断し断念した

# by tarumae-yama | 2017-05-19 10:34 | 北海道100名山 | Comments(4)

漁岳、2017.5.9-同行者からの写真-

またも随分と遅くなったけれど、5月9日に漁岳をご一緒したSさんとKさんから送られて来た写真を紹介しようと思う。

もう残雪を繋ぐことも出来ないと思われ、漁岳に登るのは来シーズンまでお預けになりそうだ。

今回も写真の説明はなしと言う事で・・・・(^^;)
f0138096_08593526.jpg
f0138096_08593912.jpg
f0138096_08595236.jpg
f0138096_08595750.jpg
f0138096_09000485.jpg
f0138096_09000824.jpg
上の6枚はSさんの撮影
f0138096_09003425.jpg
f0138096_09003945.jpg
f0138096_09004735.jpg
f0138096_09005184.jpg
f0138096_09010090.jpg
f0138096_09010401.jpg
上の6枚はKさんの撮影

# by tarumae-yama | 2017-05-18 00:19 | 北海道100名山 | Comments(0)

隣町のニリンソウ

久しぶりに朝から晴れたので、隣町へニリンソウを見に行ってきた。
今がピークらしく、一面に真っ白なニリンソウが広がっていた。

ここにはミドリニリンソウもあるから、丹念に探して何とか数株見つけた。
同じような写真が多いとは思いつつ、大きなサイズで見ていただければ嬉しい。
f0138096_14224976.jpg
f0138096_14230343.jpg
f0138096_14232828.jpg
エンレイソウも入れて
f0138096_14233540.jpg
f0138096_14234369.jpg
f0138096_14234612.jpg
エゾエンゴサクを入れて
f0138096_14235509.jpg
f0138096_14235842.jpg
f0138096_14241196.jpg
f0138096_14241552.jpg
f0138096_14242236.jpg
f0138096_14242750.jpg
f0138096_14243853.jpg
f0138096_14243302.jpg
2017年5月17日隣町の公園で撮影。 写真の上でクリックすると大きくなります

# by tarumae-yama | 2017-05-17 14:29 | | Comments(6)

庭のチューリップ、満開

一昨日は、市民病院で検査入院以降最初の3ヶ月検診を受けたのだが、PSAの値は入院時より下がっていて一安心だった。
それでも上限値を超えているのは変わらないので、また3ヶ月後の検査が待っているけれど。

昨日16日は、妻の月命日だった。
仏壇に満開となっている庭のチューリップの花を供え手を合わせると、昔農業改良普及員だった妻の父親から、庭で色々指導を受けていた妻の姿が思い出された。

義父が逝ってからというもの、妻は一人で毎年咲き終わったチュウリップの球根を取りだし、秋に改めて埋め戻していた。

花に関心の薄い私は、その様な作業を昨年しないまま過ごしてきたけれど、それでもこうして今年も健気に咲いたのが嬉しい。
f0138096_16391486.jpg
かみゆうべつチューリップ公園で買って来た新種の球根も以前植えたのだが、手入れをしないせいか消えてしまったようだ
f0138096_16391494.jpg
ハスカップの花も咲き出した。花の数から今年は平年並みの収穫だろうか。妻の作るハスカップジャムは友人達から絶賛されたものだが、そんなジャムをもう味わえないのが淋しい

# by tarumae-yama | 2017-05-17 06:53 | | Comments(0)