<   2017年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

羊蹄山、2017.6.26

羊蹄山は昨年8月下旬以来10ヶ月ぶりのことだが、あの時は喜茂別コースからで、四つのコースの中で一番標高の高いところからのスタートだから、4時間かからず登頂出来ると思っていた。
だが、同行者の体調不良で何と5時間を超えてしまった。

今回は京極コースを選択したが、翌日も休みだというえすさんは小屋泊まり装備だから、それなりの時間がかかった。
更に、前日の雨で登山道がぬかるんでいて滑りやすく、想定外に時間を取られた。

5合目を抜けるまでガスの中で、一時霧雨状態になったけれど、雲の上に出るともう上空は雲一つないスカイブルーが広がっていた。

花も時期の早いコメバツガザクラやキバナシャクナゲがまだ最盛期だったし、一番楽しみにしていたエゾノツガザクラが咲いていて嬉しかった。

日本100名山だから、本州からやって来た登山者とスライドしたけれど、平日のせいで挨拶した登山者は数名に過ぎず、我々は本当に静かな羊蹄山を堪能した。

小屋に泊まるえすさんを真狩コースの分岐で見送ると、あとはM夫人と二人きりでずっとおしゃべりしながら下山という初めての経験が面白かった。

山行記録
登山ポスト07:40→頂上12:10~14:00(昼食とお鉢巡り)→登山ポスト16:25

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20014060.jpg
京極コースの登山ポスト前で、バックに羊蹄山
f0138096_20015589.jpg
倒木をくぐり抜けるえすさん。ザックが大きくて大変そう
f0138096_20021045.jpg
何の実だろう?・・・ツルシキミの実と教えて頂いた
f0138096_20022024.jpg
5合目の手前で雲を抜けた
f0138096_20023412.jpg
雲海を眼下にエゾノツガザクラを撮影中のM夫人
f0138096_20024232.jpg
お鉢近くまで登ると、比羅夫コース?へと進む登山者。ザックの大きさから前日小屋に泊まったのだろうか
f0138096_20025557.jpg
頂上から下りてきた青年は横浜在住だと
f0138096_20030045.jpg
分岐でアウターを着用の同行者
f0138096_20031243.jpg
イワウメ
f0138096_20032795.jpg
ミヤマキンバイ?
f0138096_20035679.jpg
コメバツガザクラと上にイワウメ
f0138096_20040546.jpg
頂上に到着直前のM夫人
f0138096_20041823.jpg
頂上で一緒になった福島市のNさん(左端)と札幌のガイドのIさんにも加わってもらって
f0138096_20042544.jpg
キバナシャクナゲ、奥に同行者
f0138096_20043744.jpg
エゾノツガザクラ
f0138096_20044503.jpg
エゾノツガザクラを前景にM夫人
f0138096_20045590.jpg
これもエゾノツガザクラ
f0138096_20050263.jpg
キバナシャクナゲを前景に同行者
f0138096_20051955.jpg
エゾノツガザクラとメアカンキンバイ?
f0138096_20052572.jpg
キバナシャクナゲを前景にお鉢の奥に頂上
f0138096_20053629.jpg
真狩コースの分岐近くで小屋に向かうえすさんとハイタッチでお別れ
f0138096_20054299.jpg
小屋に向かうえすさん
f0138096_20055430.jpg
雲海をバックに小屋泊まり装備のザックを担いだパーティが頂上に向かっているのか
f0138096_20060184.jpg
登山ポスト近くで子キツネが岩の間から現れた


by tarumae-yama | 2017-06-30 08:41 | 日本100名山 | Comments(4)

「氷の轍」と「蜜蜂と遠雷」

驚いた事に、図書館に予約を入れていたタイトルの2冊が、日を空けず「貸し出しの用意が出来た」とのメールで借りることが出来た。
こんなことは初めての経験でビックリ。

だが、予約本は延長が効かず、2週間で返却しなくてはならない。
どちらも厚い本だが、特に後者は507ページの長編だから、何時も1冊でもギリギリなのにと焦ってしまった。

けれど、不幸中の幸いと言うべきか、パソコンの不調で8日間もブログの記事をアップ出来なかったから、連日深夜まで読書三昧だった。
山には相変わらず行っていたけれど・・・。
f0138096_13174903.jpg
上の2冊は山友が貸してくれた本だが、中断して下の2冊に集中。「氷の轍」は釧路で起きた殺人事件を、女刑事と上司の男性刑事コンビが解決に向かう活躍ぶりが粗筋だが、女刑事の父親も母親も同じ警察官だったという設定、なおかつ女刑事は、父親と愛人との間に出来た赤子で、母親が実の娘のように育てたというのが、本の中のこととはいえ信じがたい。

釧路には昔私が転勤で2年間住んでいて、本に出てくる地名が懐かしかったけれど、何より展開が面白くて、桜木紫乃氏の作品は改めて好きだと感じた。

「蜜蜂と遠雷」は、日本の有名なピアノコンクールに出場するコンテスタントの第1次予選から第3次予選、そして本選までに絞られてくるコンテスタント達の演奏ぶりや交流の様子などが丁寧に描かれている。
だが、コンテスタントの演奏ぶりの表現があまりにも大袈裟で叙情的過ぎると感じた。
それでも、読んでいて涙腺が緩んでくるのは、恩田陸という作家の凄さなのだろう。さすが直木賞作家だと思った。


by tarumae-yama | 2017-06-30 07:01 | Comments(2)

樽前山のコマクサ、2017.6.28

先日、HYML(北海道山メーリングリスト)の会員から、環境省が7月に樽前山のコマクサを駆除するとのメールが流れた。
それによると、過去に例がない?3週間もの作業になるらしい。
期間の長さに、大規模かつ徹底的に駆除しようという環境省の意気込みが感じられる。

自生種ではないからと言う理由で、今までも駆除作業が実施されていたようだが、コマクサの繁殖力の前にいたちごっこの様相だったと思う。

ブログで私は毎年樽前山のコマクサの写真をアップしてきたけれど、その場所を今まで明示して来なかった。
だが、もし7月に徹底的に駆除したのなら、来年以降樽前山ではコマクサを見ることが出来なくなるかも知れない。

それで、駆除される前に、今回コマクサが咲いている場所を明かそうと思う。
私が知っている場所の全てではないけれど、見たいという登山者の参考になるなら幸いだ。
f0138096_23514230.jpg
登山道脇の「2」と白くペイントされた岩の近くのコマクサ
f0138096_23514857.jpg
黄色い円内は樽前神社奥宮。赤い円内に「2」とペイントされた岩
f0138096_23520429.jpg
少しアップで。赤い円内に「2」とペイントされた岩。コマクサの群生地は緑の矢印の方へ進む
f0138096_23521007.jpg
左上に「2」とペイントされた岩。手前にコマクサ。花はこれからか
f0138096_23522039.jpg
黄色い円内にコマクサの群生が見られる。登山道脇に一部張られたロープが目印
f0138096_23522670.jpg
コマクサの群生を撮影中の登山者
f0138096_23523334.jpg
分かりにくいが、ロープの張られたところからコマクサ。白色が7割くらい。上の7枚の写真は全て6月28日の撮影
f0138096_23523928.jpg
黄色い円内にコマクサの群生地。この区間登山道が二つに分かれるが、海側の登山道の斜面に咲いている

by tarumae-yama | 2017-06-29 07:18 | 樽前山 | Comments(0)

恵庭岳西峰、2017.6.19

このGWにイチャンコッペ山と稀府岳を一緒した池田町のYさんから、山友3名で恵庭岳に登りに来ると連絡があった。
それで、Yさんとは顔見知りのSさん、H原さんにも声をかけて6名で登る事に。

西峰は初めてと言うYさん達は頂上からの絶景に満足されたようで、遠路はるばるやって来た甲斐があって何よりだった。

山行記録
西峰まで休憩を含め登りに3時間18分
f0138096_08131398.jpg
Yさん(右)と職場の先輩だというあやのさん
f0138096_08131941.jpg
登り専用ロープ場
f0138096_08132770.jpg
第1見晴台で、Yさん達を撮影
f0138096_08134014.jpg
イワウメを撮影するH原さん
f0138096_08135354.jpg
シラネアオイを入れてYさん
f0138096_08135705.jpg
サンカヨウを前景にH原さんとYさん
f0138096_08140632.jpg
オコタンペ湖と奥に羊蹄山
f0138096_08141050.jpg
前方に尖っている西峰
f0138096_08141984.jpg
イワウメを入れて支笏湖
f0138096_08142968.jpg
頂上近くで手を上げるたかみねさん
f0138096_08145565.jpg
西峰の頂上
f0138096_08150087.jpg
西峰の頂上から、奥に徳舜瞥山とホロホロ山


by tarumae-yama | 2017-06-28 08:25 | 北海道100名山 | Comments(4)

羊蹄山京極コース、2017.6.26-速報版-

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21571596.jpg
f0138096_21572446.jpg
f0138096_21573543.jpg
f0138096_21575570.jpg
f0138096_21580272.jpg
f0138096_21581130.jpg
f0138096_21582835.jpg

f0138096_21583498.jpg

f0138096_21584322.jpg
f0138096_21585070.jpg
f0138096_21590374.jpg

by tarumae-yama | 2017-06-27 00:55 | 日本100名山 | Comments(8)

風不死岳北尾根コース、2017.6.18

起床すると、素晴らしい青空が窓の外に広がっていた。
翌日は6名で恵庭岳の予定があるから少し逡巡するものがあったけれど、結局山に向かうことに。

日曜日だし、朝食後に出かけたのでは樽前山は5合目のゲートで待たされるのは必至だろうからと風不死岳の登山口に向かった。

だが、ここの駐車場も満車状態で、ギリギリ隅っこに停めることが出来た。
風不死岳の登山者の車以外にも、国道を紋別橋へと歩いている登山者を二組見かけたので、楓沢から風不死岳に向かう登山者の車もあるのだろう。

風不死岳の北尾根は4月24日以来のことで、その時はまだまだアイゼンが必要な雪山だったけれど、今回は7合目のお花畑のシラネアオイも終わり、2ヶ月も経たないのにすっかり状況が変わっていた。

6合目辺りで、ソロの女性に追いついた。
初めての風不死岳とのことだが、昔この山で山菜採りの男性が熊に襲われて亡くなるという事故のことを聞かされていて、6合目から先へ進むことに不安を感じ躊躇していたらしい。
それでも頂上には立ちたいとのことなので、そこから下山まで一緒する事になった。

山行記録
登山ポスト09:30→頂上11:19~12:21(昼食)→登山ポスト14:04
f0138096_14203982.jpg
6合目辺りから一緒したHさん
f0138096_14204706.jpg
頂上は目前。前方に樽前山
f0138096_14205632.jpg
支笏湖と奥にうっすらと羊蹄山が見える
f0138096_14210173.jpg
頂上でくつろいでいる男性にはイチャンコッペ山、伊達紋別岳、漁岳などで会っているから今回で4度目の遭遇。このアメリカ人?さんもさすがに私の顔を覚えていた
f0138096_14211252.jpg
ニセピークに写真撮影に行ってまた頂上に戻ると、何とNご夫妻が。Nさんは私が何年もかけて支笏湖の外輪山を一周した翌年、同行者と51時間で外輪山を一周した。Nさんには求められて色々とアドバイスをしたけれど、ご夫婦ともアスリートとして有名
f0138096_14211651.jpg
北尾根から風不死岳に登った後、樽前山の外輪を一周して楓沢から下山するとのこと
f0138096_14215099.jpg
N夫妻と娘さんとは恵庭岳でお会いしている。2015年4月12日の撮影
f0138096_14212662.jpg
のんびり昼食後下山、前方に紋別岳が見える
f0138096_14220427.jpg
ムラサキヤシオツツジを入れて、支笏湖と奥に恵庭岳

by tarumae-yama | 2017-06-26 00:23 | 北海道100名山 | Comments(0)

白樺山、2017.6.16

久しぶりにニセコまで遠征し、新見峠でM夫妻と合流後白樺山に登ってきた。
天気はパッとしなかったけれど、まあ今回の目的の半分は竹の子採りだったので・・・・。

登りに1時間、下山は竹の子を採りながら1時間22分。
f0138096_21392816.jpg
f0138096_21395829.jpg
f0138096_21405027.jpg
f0138096_21410020.jpg
f0138096_21412853.jpg
f0138096_21415063.jpg
オリンパスの防水カメラTG-850で撮影

by tarumae-yama | 2017-06-25 07:34 | 登山 | Comments(2)

樽前山、2017.6.23

樽前山のお花畑の状況を知りたくて11日ぶりに出かけて来た。

平日なのに相変わらず駐車場は満車状態だった。
先日は100台を超える車がやって来て、路肩駐車もすぐに一杯になったとのこと。
なぜかその日の交通整理は管理人さんしかおらず、7合目の駐車場までやって来た車は5合目のゲート付近に停めて欲しいと指示されたらしい。
お願いする管理人さんも、戻るように言われた登山者もしんどい事だと思う。

今日はお花畑コースから東山のピークを経由して下山した。
エゾイソツツジは今がピークか場所によっては盛りを過ぎていたけれど、代わりにマルバシモツケが見頃を迎えようとしていた。
タルマエソウもあちこちで咲きだした。
イワヒゲやウコンウツギはもう殆ど終盤に見えた。

マルバシモツケが終わる頃タルマエソウが見頃になっているだろうか。
その頃にはイワギキョウやネジバナなども見られるかも知れない。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18055965.jpg
f0138096_18072514.jpg
上の2枚、マルバシモツケ
f0138096_18080613.jpg
奥に932m峰
f0138096_18080724.jpg
支笏湖はガスのために霞んでいる
f0138096_18083024.jpg
マルバシモツケ
f0138096_18083669.jpg
f0138096_18085069.jpg
f0138096_18085755.jpg
上の3枚はタルマエソウ
f0138096_18094448.jpg
エゾイソツツジを前景に932m峰
f0138096_18094951.jpg
イワヒゲを入れて932m峰、イワヒゲの右にエゾイソツツジ
f0138096_18095757.jpg
羊蹄山は見えず
f0138096_08451546.jpg
東山に向かう途中、今やヤマップで有名人のmiyaさん(右)にバッタリ
f0138096_18100921.jpg
この写真は、miyaさんと恵庭岳を一緒したときのもの。後ろに今年5月22日エベレストに登頂した小幡さん。2017年2月28日の撮影
f0138096_18101492.jpg
今日の噴煙は何時もより活発に見える
f0138096_18102716.jpg
f0138096_18104205.jpg
上2枚、赤いコマクサ
f0138096_18105365.jpg
ここのコマクサは白色が多い
f0138096_18110182.jpg
途中で挨拶した3人は何れもヤマップをやっているとのこと


by tarumae-yama | 2017-06-24 07:43 | 樽前山 | Comments(12)

恵庭岳、2017.6.14

昨日は42回目の結婚記念日。
妻と共に祝ったのは2年前の40回目までだったけれど。

この日、TOMさんからなおさんと3人で定山渓天狗岳にと誘われていたのだが、妻と2人で祝いたかったのでお断りした。

私が恵庭岳に登るときはSさんやH原さんに声をかけることが多いのだが、今回は声をかけず、西峰の頂上で静かに過ごすつもりだった。

だが、そのSさんと登山口の駐車場でバッタリ。
丁度下りて来たところだったのだが、500回達成に向けせっせと登っているご様子。

恵庭岳の花は、ツバメオモト、サンカヨウ、エンレイソウ、シラネアオイ等が殆ど終わりかけていて寂しい状況だった。
今はマイズルソウと2合目辺りにタニウツギが目についた。
第2見晴台から先ではイワウメが最盛期を迎えていた。
今年のイワウメは当たり年かもと思わせるほどあちこちで見かけた。

下山後、同じ千歳に住む友人にお祝いの電話を入れた。
ブログで2,3度紹介していると思うけれど、友人夫婦も私達と同じ昭和50年6月14日に結婚式を挙げたので、この日が42回目の記念日だった。
一緒に街で夕食を摂ろうとなったのだが、結局彼の自宅で奥様の手料理をご馳走になった。

明日の16日は妻の月命日だが、16ヶ月経っても悲しみが薄らぐことはない、さすがに涙することは減ってきたけれど。
ただ、生きることが面倒くさい、全てを投げ出したいと思うことが時々ある。

例え病身であっても妻が生きていれば、こんな捨て鉢な気持ちになることは決してないと思うのだが。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21274988.jpg
4名いた先行者が全て第2見晴台までで下山したため、西峰に行かず本峰の頂上で写真の妻と2人で過ごすことにした。妻の好きだったチーズケーキを用意して
f0138096_21283474.jpg
定番の写真。羊蹄山も見られてラッキー。コバルトブルーのオコタンペ湖が美しい
f0138096_21290482.jpg
頂上から、支笏湖ブルーの支笏湖と奥に風不死岳
f0138096_21304527.jpg
頂上のコメバツガザクラ、もう殆ど終盤
f0138096_21311842.jpg
コメバツガザクラと岩にイワウメ
f0138096_21314996.jpg
イワウメ
f0138096_21321861.jpg
イワウメを入れて支笏湖
f0138096_21330072.jpg
左上に西峰
f0138096_21332727.jpg
岩の割れ目にもイワウメ
f0138096_21334537.jpg
イワウメ
f0138096_21335614.jpg
イワウメ
f0138096_21340506.jpg
これもイワウメ
f0138096_21343297.jpg
頂上岩塔の下のシラネアオイだけは、近くに雪が残っていて今が最盛期
f0138096_21344077.jpg
第2見晴台から支笏湖と紋別岳
f0138096_21345401.jpg
第1見晴台、左下にイワヒゲが見える
f0138096_21350335.jpg
スダヤクシュ
f0138096_21351715.jpg
タニウツギが2合目辺りで見頃
f0138096_21352621.jpg
下山中、スライドした青年2人は能面を着けて。以前大滝の温泉でお会いしている。Facebookの山の会で活躍している様子
f0138096_21354329.jpg
2015年6月14日ポロピナイで撮影。抗がん剤の副作用で妻の髪がかなり抜けて少なくなっている。これが2人で外食した最後になった
f0138096_21355410.jpg
ポロピナイの食堂で妻と注文したチップ料理をシュアして。これも2015年6月14日の撮影
f0138096_21360832.jpg
友人宅で刺身の盛り合わせや手巻き寿司をご馳走になった。他にウナギやステーキも
f0138096_21361878.jpg
ステーキは柔らかくてとても美味しかった
f0138096_21363974.jpg
デザートも付いて。上の3枚は2017年6月14日の撮影

by tarumae-yama | 2017-06-15 07:41 | 北海道100名山 | Comments(15)

樽前山、2017.6.12

13日に樽前山に登った知人の情報によると、7合目の駐車場は8時半に一杯になったらしい。
平日といえどものんびり出かけると路肩駐車を指示されるかも知れない。
タイミングが悪ければ、5合目のゲートで足止めを食う可能性だってあるかも。

そんな人気の樽前山だが、今回は花の情報を少々お伝えしたいと思う。
f0138096_20114444.jpg
ナナカマドが見頃になって来た
f0138096_20115890.jpg
マルバシモツケはまだ殆どが固いつぼみ状態
f0138096_20121321.jpg
ピンボケだが、樽前山で一株だけあるハクサンチドリはピークを過ぎつつある
f0138096_20122420.jpg
f0138096_20124754.jpg
f0138096_20125602.jpg
上の3枚、イワヒゲ。今がピークかも
f0138096_20131195.jpg
エゾイソツツジもこの辺りは花が瑞瑞しい
f0138096_20133949.jpg
ウコンウツギを入れてバックに932m峰と右に風不死岳
f0138096_20140099.jpg
遠くに羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_20140757.jpg
溶岩ドームをアップで
f0138096_20144176.jpg
西山で一株だけタルマエソウが咲いていた
f0138096_20144895.jpg
コケモモ
f0138096_20150059.jpg
西山の尾根上に登山者が見える。バックに羊蹄山
f0138096_20150657.jpg
白色のコマクサ。今週中に駆除作業が入ると言う情報があるらしい
f0138096_20153032.jpg
コマクサとコケモモの花
f0138096_20154916.jpg
コマクサ
f0138096_20160565.jpg
ウコンウツギ
f0138096_20161047.jpg
マイズルソウはこれからが見頃

by tarumae-yama | 2017-06-14 21:26 | 樽前山 | Comments(4)