<   2017年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

恵庭岳西峰と本峰、2017.4.5

5日に登った恵庭岳、翌日も山に登り温泉に食事にと一日一杯遊んだから、恵庭岳の報告がすっかり遅くなってしまった。
同行の隊長Oさんから、「西峰のアップ楽しみに待っています。」とコメントで2度も念を押されてしまい、さすがに手を着けざるを得なくなった(^^;)

だが、隊長Oさんはヤマップですでに報告を上げているので、それを紹介するとして私の報告は大幅に手を抜こうと思う。



ただ今回、恵庭岳に登る時に利用するオコタンペ分岐近く千歳寄りの駐車場は、工事関係のプレハブが建っていて使えなかった。
そんなことで、我々は分岐の反対側の駐車場を使った。

スタート地点としては、工事関係のプレハブ奥の北東尾根から取り付いた。
隊長Oさんは、ワカンやスノーシューも持たずつぼ足だったけれど、私は踏み抜きで体力が奪われることを懸念し、スノーシューをザックにアイゼンを最初から着けた。

そして、952mピーク近くでスノーシューをデポし、ここまでつぼ足だった隊長Oさんもアイゼンを装着。
気温が高くて雪質は柔らかかったものの、思ったほど埋まりもせずアーチの木がある西峰へのコルに到着。
そこにポールを1本置き、ピッケルともう1本のポールを手に西峰に向かった。

核心部は中峰南面のトラバースと、頂上直下の古いトラロープか残置されている垂直に近い部分だが、どちらも思いの外すんなり通過できた。

もちろん、トラバース区間の雪質がカリカリならスリップの恐怖心から進めなかっただろうし、トラロープやハイマツなどの灌木が雪に埋まっていた場合も、手がかりがなくて身体を持ち上げるのに体力と相当な緊張を強いられたと思う。

だが、条件に恵まれたことと、何より常に先を行く隊長Oさんのトレースを使わせてもらった私は、体力と精神面の両方でとても助けられた。
f0138096_20594303.jpg
この日は暖かくて、隊長OさんはTシャツスタイル
f0138096_20595896.jpg
左上に本峰頂上岩塔
f0138096_21001689.jpg
西峰への尾根に向かう隊長Oさん
f0138096_21014370.jpg
アーチの木のあるコルに到着寸前の隊長Oさん
f0138096_21020094.jpg
ピッケルとポールを手に持って西峰へ
f0138096_21020431.jpg
途中の中峰は一度後ろ向きで下降
f0138096_21021113.jpg
足下の雪が転がり落ちる急斜面のトラバース。雪が柔らかくてそれ程の恐怖感はない。前方に西峰
f0138096_21021571.jpg
北側は切れ落ちているし雪庇もあるしで難関の部分
f0138096_21022658.jpg
西峰の頂上直下
f0138096_21022871.jpg
トラロープは雪の下だが、ハイマツや灌木の枝につかまりながら身体を持ち上げる
f0138096_21024661.jpg
西峰の頂上から、正面に本峰の頂上岩塔。右にジャンダルム
f0138096_21063542.jpg
同上、白いオコタンペ湖と奥に小漁山、右に漁岳。尻別岳は見えるがその右の羊蹄山は霞んでいて見えない
f0138096_21064292.jpg
頂上の隊長Oさん
f0138096_21065358.jpg
西峰から本峰に向かう隊長Oさん、雪がなくなれば右上の岩の間が夏道のルート
f0138096_21065881.jpg
中峰のトラバース、支笏湖と奥に風不死岳
f0138096_21070745.jpg
中峰では後ろ向きで下降して西峰に向かったけれど、本峰へはアイゼンの前爪とピッケルを駆使して
f0138096_21071243.jpg
アーチの木のあるコル付近。前方に本峰の頂上岩塔と右にジャンダルム
f0138096_21072011.jpg
ジャンダルムの南斜面を登る隊長Oさん
f0138096_21072435.jpg
頂上岩塔のロープ場
f0138096_21073681.jpg
頂上岩塔の上から私を撮る隊長Oさん、中央に中峰、右に西峰。レンズに雪が付着してしまった
f0138096_21074128.jpg
GPSの軌跡。地形図の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2017-04-09 00:46 | 北海道100名山 | Comments(4)

千歳の「ドレモルタオ」

イチャンコッペ山と幌平山を登った後、丸駒温泉で汗を流した。
SさんもM夫妻も、入浴前に300冊限定の入浴回数券を首尾良く半額で買えた(^o^)

温泉の後、Sさん達の希望で千歳市内にある「ドレモルタオ」へ。
15時15分頃の到着で、まともな昼食を摂っていないのでお腹がぺこぺこだったけれど、平日の昼時を外しているのにも拘わらず、満席で30分程待たされた。

更に、オーダーしてからも20分くらい待たされたけれど、パンケーキはフワフワで、その柔らかさに驚いたものの味は申し分なく、パスタもとても美味しかった。
スタップがキビキビしていて、笑顔の対応も素晴らしかった。

帰宅後、ネットでクチコミを読むと、「美味しいけれど、高いかな」とか、「(美味しいけれど、)強気な価格設定かも」というような感想が幾つかあった。
今回、4名でそれぞれ注文したパンケーキ等をシュアしたのだが、一人2000円一寸?だった。
だから私も、軽食としては少々高いと思う。

まあ、大きめのカップのコーヒーはお代わり自由だったし、気の置けない友人や大切な人と一緒に食べるならまた来ても良いかなとは思うけれど、妻の逝った今一人での再訪はないと思う。

実は、開店した直後に妻と来ているのだが、パンとお菓子を買っただけで、カフェでは高いからと食べず終いだった。
こうして自分だけが美味しいパンケーキを食べ、そのことが妻に対して申し訳なく、羞じる気持ちと後悔の念が湧いてくる。
つくづく、「後悔先に立たず」と思う。
f0138096_15173675.jpg
f0138096_15175054.jpg
f0138096_15182087.jpg
f0138096_15182993.jpg
f0138096_15183631.jpg
f0138096_15184421.jpg
f0138096_15185120.jpg
f0138096_15185881.jpg
f0138096_15190444.jpg
食べものについては生前の妻が呆れるほど無知だし、食べものの写真も不得手なので説明抜きで・・・・(^^;)


by tarumae-yama | 2017-04-08 07:17 | 食べ物 | Comments(2)

イチャンコッペ山と幌平山、2017.4.6

前日に登った恵庭岳の報告がまだなのだが、晴れていたこともあり同じような写真が多く、ブログ用の写真を選択する気がなかなか起きない(^^;)

恵庭岳下山後、帰宅してスマホの電源を入れると、Sさんから「明日ひょっこり休みなんで、何処か山行ご一緒出来たら・・・・」とのLineが入っていた。
たまたま、翌日はMさんも休みと知らされていたので、M夫人に電話をすると「一緒します。」とのこと。
そんな訳で、4名でイチャンコッペ山と幌平山に登ってきた。

初夏を思わせる陽気に、出だしの登りから汗が噴き出した。
最初は全員つぼ足で登ったけれど、腐れ雪のため女性二人は途中でアイゼンを装着、Mさんと私は幌平山斜面のトラバースを終えたところでスノーシューを履いた。
スノーシュー組の二人の後をアイゼンスタイルの二人が付いてくる形で、女性達の踏み抜きはかなり解消されたと思う。

イチャンコッペ山の頂上は、標識が隠れているほど積雪が多かったのは驚きだったものの、帰りに寄った幌平山はあと1週間から十日ほどで笹が出て来そうな感じ。
だから、その後に登るのはしんどいかも知れない。

誰にも会わない我々だけの静かな山だったけれど、登山口の直ぐ近くでMさんがiPhoneを拾った。
我々が幌平山を登っているタイミングで、イチャンコッペ山に向かった登山者がいたのかも。
iPhoneはMさんが警察に届けたから、紛失に気がついた方はとりあえず電話で問い合わせたらと思う。

山行記録
登山口08:04→旧反射板ピーク10:17→イチャンコッペ山頂上10:36~10:56(軽食)→幌平山頂上12:19~12:27→登山口12:53
f0138096_09223053.jpg
イチャンコッペ山の頂上で久しぶりにボルトポーズ。Jさん、お元気かな?
f0138096_09224202.jpg
登山道上は積雪状態。最初の急登部分はまだ1週間は解けないかも
f0138096_09224691.jpg
とりあえず全員つぼ足で
f0138096_09230590.jpg
女性陣は途中でアイゼンを装着
f0138096_09230719.jpg
幌平山の斜面をトラバース中。このすぐ先でスノーシューを装着。奥に旧反射板ピーク
f0138096_09231416.jpg
展望の良い所から、支笏湖と奥に風不死岳や樽前山、だが霞んでいる
f0138096_09233290.jpg
スノーシューを履いているMさんが太ももまで沈んだ(^^;)
f0138096_09234769.jpg
枯れ木に座るSさん(左)とM夫人
f0138096_09235147.jpg
夏道を外れ、ポコに登る。バックに恵庭岳、右上に幌平山頂上部
f0138096_09235977.jpg
同じ所から
f0138096_09240209.jpg
旧反射板ピークへの急な登り

f0138096_09241286.jpg
旧反射板ピークは目前
f0138096_09241706.jpg
右下近くにイチャンコッペ山頂上部
f0138096_09242991.jpg
イチャンコッペ山の頂上に到着。標識は雪の下のようだ
f0138096_09243358.jpg
前方に恵庭岳や漁岳などを見ながら幌平山に向かう
f0138096_09244023.jpg
幌平山の頂上。奥に紋別岳
f0138096_09244587.jpg
幌平山頂上近くの亀裂



by tarumae-yama | 2017-04-07 09:42 | 登山 | Comments(6)

フクジュソウとミズバショウ

先日、千歳市郊外の沼のミズバショウをブログで紹介したけれど、その近くでフクジュソウも咲いている。
昨年より1週間程度遅れたものの、ようやくどちらも見頃を迎えた。
f0138096_23085071.jpg
f0138096_23091893.jpg
f0138096_23094957.jpg
f0138096_23092941.jpg
f0138096_23102495.jpg
f0138096_23103129.jpg
f0138096_23103994.jpg
f0138096_23104738.jpg
f0138096_23105317.jpg
f0138096_23110103.jpg
全て2017年4月4日、千歳市郊外の沼で撮影

by tarumae-yama | 2017-04-06 00:33 | | Comments(2)

エゾシカとキタキツネ

隊長Oさんと二人で今日は恵庭岳の西峰に登る約束だったから、登山口に向け車を走らせていた。
すると、支笏湖温泉街の近くで車にはねられたのかエゾシカが横たわっていて、それに噛みついているキタキツネがいた。

ショッキングな写真だったかも知れないので、口直し?に隊長Oさんが恵庭岳西峰登攀中の写真を4枚添付した。
山報告は明日にでも。
f0138096_16510679.jpg
f0138096_16512179.jpg
エゾシカは死んでいると思って近づいたのだが、まだ生きていた。4月5日の撮影
f0138096_16513799.jpg
f0138096_16520233.jpg
f0138096_16520337.jpg
f0138096_16520388.jpg
上の4枚は恵庭岳西峰登攀中の隊長Oさん。何れも4月5日の撮影
写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-04-05 16:58 | 野鳥・野生動物 | Comments(4)

恵庭岳、2017.4.2-同行者からの写真-

恵庭岳をご一緒したH原さん、シマエナガさん、Kさんから写真が送られてきた。
今回も説明抜きで紹介したい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_11255989.jpg
f0138096_11261229.jpg
f0138096_11261298.jpg
f0138096_11262294.jpg
f0138096_11262319.jpg
f0138096_11263244.jpg
f0138096_11263218.jpg
f0138096_11264204.jpg
f0138096_11264201.jpg
f0138096_11264321.jpg
上の10枚はH原さんの撮影
f0138096_11294206.jpg
f0138096_11294216.jpg
f0138096_11295519.jpg
f0138096_11295650.jpg
f0138096_11295687.jpg
上の5枚はシマエナガさんの撮影
f0138096_11302746.jpg
f0138096_11302834.jpg
上の2枚はKさんの撮影

by tarumae-yama | 2017-04-05 00:22 | 北海道100名山 | Comments(0)

鳴尾山、2017.3.29-同行者からの写真-

またまたタイミングに失したけれど、先日鳴尾山を一緒したM夫妻とTさんから送られて来た写真を紹介したい。

撮影場所の記憶が飛んでいるので説明は抜きと言う事で、、、(^^;)
f0138096_11025634.jpg
f0138096_11030492.jpg
f0138096_11031022.jpg
f0138096_11032087.jpg
上の4枚はMさんの撮影
f0138096_11034684.jpg
f0138096_11035309.jpg
f0138096_11035985.jpg
上の3枚はTさんの撮影

by tarumae-yama | 2017-04-04 23:36 | 登山 | Comments(0)

ミズバショウ、2017.4.4-速報版?-

郊外の沼に群生するミズバショウ、今年は雪解けが遅く、車道からスノーシューを履いて行ったのは初めてのことだった。

だが沼の周りの雪は殆ど消えていて、清流の中でミズバショウがひっそりと咲いていた。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_15373006.jpg
f0138096_15373817.jpg
f0138096_15374366.jpg
f0138096_15374753.jpg
2017年4月4日の撮影

by tarumae-yama | 2017-04-04 15:40 | | Comments(2)

恵庭岳、2017.4.2

KさんとWさんから冬の恵庭岳に登りたいと頼まれていたのだが、H原さん、シマエナガさんの同行を得ることが出来、4月に入ってようやく実現。

さすがに1月、2月のような過酷な厳しさはないけれど、それでもまだたっぷりな積雪だし、頂上部ではアイゼンは欠かせないから4月といえども決してあなどれない。

ザックにワカンやスノーシューをくくりつけ、最初から我々はアイゼンを装着してスタート。
前日のトレースの上に今日の先行者の踏み跡もあるけれど、その踏み跡の雪は少々柔らかくて一寸微妙。
まあ、スノーシューよりアイゼンの方が歩きやすいので、選択は正解と思う。

標高950mから始まる急斜面を先行の4名パーティは全員スノーシューでジグを切りながら登っているのが見え、標高1130m辺りで追いつき、トレースのお礼を言って我々が前に出た。
彼らは岩塔の下でアイゼンに換装するとのことだが、挨拶しても表情が硬く一寸近寄りがたい雰囲気。
同じ山好きなら少しは笑顔があっても良いと思うのだが、、、まあ余計なことではある(^^;)

この急斜面から振り向くと、真っ白なオコタンペ湖の奥に小漁山や漁岳、中岳、無意根山や余市岳などこれまた真っ白な山並みが素晴らしい。
冬の恵庭岳は初めてと言うWさん、2度目のKさんも感激の様子だった。

だが、頂上岩塔のルンゼに取り付く頃からガスが湧いてきて、ルンゼを登りきると眼下に支笏湖ブルーの支笏湖がバーンと広がっているはずだが、ガスに隠されていて残念だった。

それでも、昼食中に一瞬ガスの切れ間から支笏湖と奥の風不死岳を垣間見ることが出来たのは何よりだった。

山行記録
ゲート前08:14→頂上11:01~11:36(昼食)→ゲート前13:26
f0138096_16174133.jpg
スタートからアイゼンを装着して
f0138096_16175725.jpg
f0138096_16181582.jpg
f0138096_16183380.jpg
中央に頂上岩塔が見える
f0138096_16184912.jpg
f0138096_16185456.jpg
標高1080m辺り
f0138096_16190284.jpg
標高1130m辺りで先行の4名パーティに追いつく
f0138096_16190843.jpg
振り返ると漁岳や小漁山がクッキリ。羊蹄山は雲に隠されていた
f0138096_16194098.jpg
中央の岩塔を右に進むつもりが、左に登って夏道に合流。少し遠回りをしてしまった(^^;)
f0138096_16194974.jpg
左からKさん、Wさん、シマエナガさん
f0138096_16193072.jpg
真っ白なオコタンペ湖と奥に小漁山
f0138096_16193772.jpg
この先で、ポールとワカンやスノーシューをデポし、ピッケルを持ってルンゼに向かう
f0138096_16194228.jpg
頂上岩塔のロープ場
f0138096_16194904.jpg
頂上に到着
f0138096_16195346.jpg
ロープを使って慎重に下山するWさん。下でH原さんが足の置き場などをアドバイス中
f0138096_16200225.jpg
昼食中に一瞬支笏湖と奥の風不死岳が見えた
f0138096_16201221.jpg
湖を撮影する?H原さんとKさん
f0138096_16204540.jpg
H原さんに見守られながらルンゼを下るWさん。左上に西峰
f0138096_16202314.jpg
奥に小漁山と漁岳

by tarumae-yama | 2017-04-04 07:17 | 北海道100名山 | Comments(4)

恵庭岳で驚きの出会い、2017.4.2

昨日の恵庭岳は、我々の前を札幌の登山クラブの4名パーティが登っていた。
我々が下山中、頂上岩塔の下で女性の二人組と、殆ど同時に登ってきた男性二人組とスライドしたが、その8名が全てだった。
晴天の日曜日にしては拍子抜けするほど少なかった。

登山クラブに知人はいなかったけれど、女性二人組は何と7年前の4月、ぴよしろうさんとスキーで登った狭薄山を下山中、唯一スライドしたお二人だった。
その中のSさんは坂口さんの本を予約したという事だから、坂口さんはこの記事を読んで喜んでいるかも知れない。

女性二人組の直後に岩塔にやって来た男性は、3月11日オコタンペ山の頂上直下で話をした苫小牧のAさんで、隣りの男性は昨年10月、楓沢から風不死岳を一緒したS谷さんだった。
お二人は同じ会社の同僚だから何時も一緒に登っているらしい。
それにしても、S谷さん、10月の時より顔がほっそりしていて別人のようだった。

こうして以前山でお会いしたり、山行を共にしたことがある知人との出会いは本当に嬉しいものだ。
f0138096_08522396.jpg
頂上岩塔ロープ場の同行者
f0138096_08531968.jpg
頂上岩塔の下で、左がSさん。お二人はハーネスやザイルを用意していたからその安全対策には感心する
f0138096_08534921.jpg
2010年4月27日、狭薄山でお会いしたときのSさん達
f0138096_08552987.jpg
頂上岩塔の下で、苫小牧のAさん(左)とS谷さん
f0138096_08552319.jpg
今年3月11日、オコタンペ山頂上直下のAさん
f0138096_08560881.jpg
昨年10月16日楓沢で撮影。左から二人目がS谷さん
f0138096_10494576.jpg
恵庭岳下山後、丸駒温泉で汗を流した。
4月1日から丸駒温泉の日帰り入浴回数券が300冊限定半額で発売された。使用期限に制限がないため4冊購入し、早速使わせてもらった。
4冊のうち、1冊は山友に頼まれた分

by tarumae-yama | 2017-04-03 10:59 | 北海道100名山 | Comments(2)