<   2015年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

ドリーム8からエコジョーズへ

季節が進みいよいよ西高東低の冬型の気圧配置が現れるようになった。
昨日の千歳の最低気温は6.3度。
まだ点けていないけれど、そろそろ朝夕の暖房が必要になってきた。

北電が平成25年以降2度に渡って大幅な電気料金の値上げをしたため、オール電化の我が家は、それ以前は年間20数万の電気料金が、値上げ後では40万円もの支払いとなった。
冬でも室内は温かくて快適だが、年金生活者の家計にこの金額は冷凍庫のよう。

何か対策をと考えていたのだが、北ガスの試算では給湯と暖房をガスにする事で、我が家の場合年間11万円の差額が出るとのこと。
それなら、ガスボイラー代と工事料併せても6年かからず回収できる。

今のボイラーは故障知らずだが、そろそろ更新を考えなくてはいけない時期だし、今年は3年ごとの定期点検と不凍液の交換に当たっている。

そんなタイミングで、20%割り増しのプレミアム商品券が売り出された。
この商品券は北ガスの支払いにも使えるとのこと。
希望者が多かったために、必要な分の半分しか購入出来なかったけれど、それでもプレミアム商品券の発売が、エコジョーズへの切り替えのきっかけとなった。
(正確には、ホットタイム22ロングからゆ~ぬっく24ネオへの切り替え)


蛇足だが、夜型人間ではない我々夫婦には、(深夜電力が割安な)ドリーム8は決してお得ではなかったようだ。
先日、北電で試算をしてもらったところ、むしろ従量制の方が安くなるらしい。
それなら当然ドリーム8を止め、同時に60アンペアの契約も50アンペアにしようかと思う。
f0138096_10504380.jpg

ガス管埋設工事
f0138096_10505152.jpg

玄関前の芝生の手入れも年々苦痛になってきたため、この際全面アスファルト舗装にしようかと
f0138096_1051298.jpg

ガス管の曲がり部分は熱を加えて接続するようだ。上3枚、9月21日の撮影
f0138096_17382890.jpg

本管との接続作業、防毒マスクを着けて
f0138096_1738378.jpg

我が家と本管との接続作業完了
f0138096_1738457.jpg

作業員が10名以上来て案外大がかりな作業だった。昼休み中に。上3枚9月28日の撮影

by tarumae-yama | 2015-09-30 04:11 | その他 | Comments(2)

スーパームーン

昨夜、スーパームーンが見られるとのことで、三脚と望遠レンズをテラスに持ち出して撮影してみた。
結果、私には全く腕もセンスもないことがあらためて分かった。

絞りやシャッタースピード等を色々変えて写しているうちに雲に入ってしまい、結局10枚も撮れず、それもピンボケばかり。

ムーン(う~ん)・・・(^^;)
f0138096_19385425.jpg

ススキを入れてスーパームーンを写したつもり。9月28日19時半頃の撮影
by tarumae-yama | 2015-09-29 06:31 | その他 | Comments(2)

北海道女子軟式野球大会

昨日は7名で恵庭岳(と西峰)に登る予定だったのだが、雷雨予報に延期した。
そんな事もあって、今日は登山ではなく、少々古いけれど女子野球が話題。

青葉公園を散歩中、市民球場でタイトルの大会が開催され、決勝戦の最中だった。
冷やかし半分ネット裏から観戦したのだが、思っていたよりレベルが高くて驚いた。

投手の球速も中々のものだったし、盗塁した選手のスライディングも様になっていた。
観客に尋ねると、北海道には7チームがあり、中学生以上で構成されていると。
決勝戦の一方のチームの投手は40歳と聞いたが、年齢には見えない若々しさだった。
f0138096_13224970.jpg

f0138096_1323290.jpg

f0138096_13231316.jpg

千歳のハウスメーカーである「神出設計」がスポンサーであるらしい
f0138096_13232472.jpg

最後まで観なかったけれど、北海道予選とあるから優勝チームは全国大会に出れるのだろう。7月20日、リコーGRで撮影
by tarumae-yama | 2015-09-28 07:01 | その他 | Comments(3)

樽前山、9月25日

そろそろ紅葉が見頃かもと期待しての登山者が多かったのか、平日の曇り空にもかかわらず午後2時頃7合目に到着すると、ほぼ満杯の駐車場に驚いた。

さすがにこの頃がピークだったようで、15時45分に戻った時は殆どの登山者が帰った後でガラガラだったけれど。

肝心の紅葉は、まだまだ早くて期待外れだった。
多分だが、ほぼ例年並みの10月上旬から中旬にかけてが見頃なのではと思う。
そんな10月、週末毎の激コミぶりが今から目に見える様だ。

大雪の紅葉は、昨年10年ぶりの素晴らしさだったと言うし、今年も負けず劣らずの美しさだという話しを聞いたけれど、果たして樽前山や風不死岳など支笏湖周辺の山でも、10年ぶりと言われるような紅葉を観ることが出来るだろうか。
f0138096_14464642.jpg

お花畑コースで一部が真っ赤なナナカマドの葉があった。周辺のナナカマド(の葉)が全てこんなに鮮やかなら、今年は感動的な紅葉を観ることが出来るのだが
f0138096_14465934.jpg

f0138096_14471016.jpg

上2枚、ナナカマドの実
f0138096_14472039.jpg

樽前山の東山はガスの中、雨も降ってきて、私の後ろにいた男女二人組はあっさり引き返した
f0138096_14472992.jpg

クロマメノキ?の紅葉
f0138096_14474094.jpg

タルマエソウの紅葉
f0138096_1447499.jpg

まだエゾイソツツジ?が咲いていてビックリ
f0138096_14475826.jpg

お花畑で最初にスライドしたソロの男性は、千歳のじんさん。東山と西山を登ったとのことだが、ガスの中だったらしい。バックに932m峰
f0138096_1448713.jpg

支笏湖が霞んでいる
f0138096_14481893.jpg

お花畑でスライドした2番手は、やはりガスの風不死岳だったと言う二人組。その一人から、2年前に樽前山のご来光の時に東山の頂上で会っていると。言われて思い出した。先頭の男性で、正面の写真は遠慮されたので
f0138096_14483283.jpg

その時の写真。樽前山東山の頂上で2013年8月27日撮影。右端の男性で確かSさんとか。全員札幌の医大生
f0138096_14484144.jpg

紅葉のタルマエソウを入れてバックに東山の斜面
f0138096_14485162.jpg

コメバツガザクラ?
f0138096_1449124.jpg

932m峰の頂上標識
f0138096_1449126.jpg

932m峰の尾根から登山道
f0138096_14492147.jpg

紅葉してきたナナカマドの木を入れてバックに風不死岳
f0138096_14493096.jpg

お花畑の黄葉
by tarumae-yama | 2015-09-27 07:18 | 樽前山 | Comments(2)

ホロホロ山と徳舜瞥山、9月22日-同行者からの写真-

3,4日前にホロホロ山(と徳舜瞥山)の同行者から写真が送られて来た。
時間が経ってしまったけれど、折角なのでここでご紹介したいと思う。
f0138096_17581953.jpg

f0138096_17583480.jpg

f0138096_17584598.jpg

f0138096_17585824.jpg

上4枚、Sさん撮影
f0138096_17592994.jpg

f0138096_17594164.jpg

f0138096_17595170.jpg

上3枚、まっくさん撮影
f0138096_1801552.jpg

f0138096_1802766.jpg

f0138096_1803753.jpg

f0138096_1805529.jpg

f0138096_181745.jpg

上5枚、TOMさん撮影
by tarumae-yama | 2015-09-26 06:56 | 北海道100名山 | Comments(0)

タルマエソウの紅葉、9月25日

22日に登ったホロホロ山、身体が重くて足が挙がらず、同行者の足を引っ張ってしまった(^^;)
そんな訳で、午後からダイエットのために樽前山へ、紅葉の進み具合も見たかったし。

樽前山がガスの中であることはライブカメラで承知の事だが、歩き出すと同時に雨がポツリポツリ。
なので、お花畑コースから東山の予定を、頂上が見え隠れしている932m峰へのピストンに変更。

紅葉の状況報告は明日にするとして、とりあえず写真を1枚。
f0138096_17112058.jpg

紅葉しているタルマエソウを入れてバックに東山斜面
by tarumae-yama | 2015-09-25 17:19 | | Comments(2)

ホロホロ山と徳舜瞥山、9月22日-その2-

ホロホロ山で昼食中にも徳舜瞥山から続々と登山者がやって来て狭い頂上が一杯になったので、食後直ちに徳舜瞥山に向かった。
TOM夫人と息子さんに私はザックをデポして空身で。

この間の稜線歩きで半分枯れかけのミヤマリンドウを見たけれど、多分もう霜は降りただろうから、花も樹木の葉もすっかりなくなるのは時間の問題だろう。

徳舜瞥山で写真を撮っている間にも、登山者やホロホロ山から戻ってくる登山者で中々の賑わい。
ここでまっくさんから、同行者全員千歳の有名な菓子店「もりもと」のお菓子を戴き、それでそのお菓子を手に頂上標識で記念写真を撮った。

そんな事があって戻ったホロホロ山には一組のご夫婦のみだったけれど、そのご夫婦はヤマレコで頻繁に報告を上げている東京のyamabeeryuさんだった。

4月にヤマレコから離れたtaurmae-yamaのことは記憶に薄いようだが、TOMさんのヤマレコは良く読まれているようで、早速頂上で有名なヤマレコユーザー等の話しで盛り上がっていた。

今回で北海道は8度目との事、日本100名山の達成は目前のようだが、北海道では唯一幌尻岳が残っているらしい。
そんなyamabeeryuご夫妻と別れの挨拶を交わし、我々は駐車場へと下山。

朝より霞が取れ、支笏湖や恵庭岳、風不死岳などがかなり見える様になっていた。

同行のまっくさんのブログ
同じTOMさんのブログ

山行記録
ホロホロ山11:06→徳舜瞥山11:41~11:53→ホロホロ山12:35~12:47→登山口14:10
f0138096_17561393.jpg

ガスが襲来してきてこれから向かう徳舜瞥山が隠れだした

f0138096_17562311.jpg

徳舜瞥山に向かう同行者
f0138096_17563039.jpg

ホロホロ山をバックにTOM夫人と息子さん
f0138096_17563788.jpg
「もりもと」のお菓子を手に頂上で記念写真
f0138096_17564624.jpg
またホロホロ山へ向かう
f0138096_17565358.jpg
ヤマレコユーザーのyamabeeryuご夫妻を挟んでホロホロ山で記念写真
f0138096_1757119.jpg
談笑中のTOMさんとyamabeeryuさん
f0138096_1757913.jpg
yamabeeryuご夫妻と別れの挨拶を交わし、我々は下山開始
f0138096_17571671.jpg
遠くに支笏湖が見える
f0138096_17572482.jpgf0138096_17573186.jpg
急な斜面をロープを使って下りるTOMさんの息子さん
f0138096_17573960.jpg
f0138096_17574593.jpg

f0138096_17575236.jpg

f0138096_17575914.jpg

滝?の上で撮影中のKさん
f0138096_1758913.jpg
無事下山。記帳するTOMさん
f0138096_1758165.jpg
登山ポストの近くにある鐘を鳴らすTOMさんの息子さん。この鐘は白老山岳会のN村さんの手作りらしい

by tarumae-yama | 2015-09-25 06:58 | 北海道100名山 | Comments(2)

恵庭岳は登山禁止なのか?

ヤマレコを見ると、「恵庭岳登山禁止!でイチャンコッペ山へ」というタイトルで22日の恵庭岳を断念した登山者がいたらしい。

恵庭岳の神様と称されるSさんから、21日と23日に恵庭岳を登り、登山口周辺の写真と、工事関係者から立入禁止の注意は特になかったという内容のメールを受け取っていたので、禁止は事実でないと理解していた。

それでも、週末に登る予定があるため念を入れ、今朝千歳市役所の危機管理課へ問い合わせ、登山を禁止しているものではないという回答を得た。

そんな訳で、恵庭岳には今までどおり登ることができる。
ただ、砂防ダムまで工事車両が通る道を歩く訳だから、迷惑がられないよう早朝に通過するくらいの気配りは必要かと思う。

追記
当のヤマレコユーザーさんとコメントのやりとりをした結果、登れるとは断定できないかもと考え、工事受注者の会社と発注者の石狩森林管理署にも電話で問い合わせてみた。

結論として、登れるのだが、工事内容によっては現場監督者の判断で、「(危険だから)登れません。」と言われる可能性があるらしい。
それでも強行したい登山者は自己責任でと言う事のようだ。
f0138096_1058243.jpg

恵庭岳登山禁止と受け取られかねないお願い看板
f0138096_1124136.jpg

登山標識から正面奥にある登山ポストまではネットが張られ、橋の下へ出て川原を歩かなくてはならない
f0138096_1125016.jpg

ネットに沿って橋の下に向かう登山者
f0138096_113084.jpg

橋の下から登山ポストのある方向。砂防ダム工事車両が通る道を歩く形になる
f0138096_1131298.jpg

途中から橋方向
f0138096_1133170.jpg

登山ポスト付近
f0138096_1134188.jpg

工事現場を横目に歩く登山者
f0138096_113504.jpg

工事現場を過ぎ、正規の登山道に乗ったところから。 8枚の写真は何れもSさんから送られて来たもの

by tarumae-yama | 2015-09-24 11:21 | 登山 | Comments(2)

カトちゃんさんから送られて来た写真

9月16日に愛山渓温泉から紅葉登山をしたとき駐車場で挨拶を交わし、その後愛別岳と比布岳でもお話しをした札幌のカトちゃんさんから写真が送られて来た。

22日?にも大雪の高原沼に出かけ、素晴らしい紅葉に沢山写真を撮ってきたらしい。
メールで送って頂いたので、読者の皆さんと一緒に楽しみたいと思う。

最初は小さなサイズでかなり圧縮もされていたので、再度お願いをして低圧縮、大サイズの写真を送り直していただいた。

カトちゃんさん、お手数をおかけしましたが、ご好意に感謝致します。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16413433.jpg

バックに緑岳
f0138096_16415437.jpg

バックに高根ヶ原
f0138096_16421832.jpg

式部沼
f0138096_16424274.jpg

バショウ沼
f0138096_1643031.jpg

空沼
f0138096_16431617.jpg

式部沼
f0138096_16433869.jpg

滝見沼
f0138096_16435550.jpg

緑沼
by tarumae-yama | 2015-09-24 07:33 | 写真 | Comments(2)

ホロホロ山、9月22日-その1-

ホロホロ山白老コースの登山口に到着すると4台の車が停まっていた。
実は、晴天の祝日だから駐車場や路肩が車で溢れていたなら、オロフレ山への転進も考えていたので、これは拍子抜けだった。

恐らく、シルバーウィークの後半は、紅葉見頃の大雪山に殺到して、その分ホロホロ山に向かう登山者が少ないのだろう。

それでも、乗用車だと林道の運転に気を遣う白老コースからのホロホロ山と違い、駐車場まで舗装されている徳舜瞥山は登山者で賑わっていたし、徳舜瞥山からホロホロ山をピストンする登山者も比例して多かった。

紅葉を愉しむなら、私は徳舜瞥山からホロホロ山を登るより、水(沢)と紅葉のしっとりした雰囲気が素敵な白老コースのホロホロ山から徳舜瞥山の方を選択する。
今回の同行者も、このコースの雰囲気をとても気に入ってくれたように思う。
ただ、惜しむらくは紅葉の最盛期には少々早すぎた。

山行記録
登山口08:30→4.5合目の林道合流地点09:08→ホロホロ山頂上10:44
f0138096_10141794.jpg

登山ポストで記帳するのはTOMさん。ヤマレコでお馴染みのTOMさんとは8月23日のニセイカウシュッペ山で偶然一緒になり、今回声をおかけしたところ家族での参加となった
f0138096_10143061.jpg

TOMさんの息子さん、中学2年生とのこと
f0138096_10144249.jpg

f0138096_10145235.jpg

ツルリンドウの実
f0138096_1015423.jpg

ツルリンドウの実を撮影するSさん
f0138096_10151221.jpg

4.5合目の林道合流地点に到着
f0138096_10152277.jpg

f0138096_10153048.jpg

f0138096_10153949.jpg

展望台で休憩中のKさんとTOMさんご一家。ここから支笏湖が綺麗に見えるのだが、今日は霞んでいた
f0138096_10154795.jpg

f0138096_10155662.jpg

ナナカマドの実
f0138096_1016448.jpg

ヨツバシオガマが咲き残っていてビックリ
f0138096_10161213.jpg

バックにオロオロ山。少し色づきだした
f0138096_10162062.jpg

正面に霞んでいるが支笏湖が見える
f0138096_10162884.jpg

頂上直下の岩場。一番乗りはSさんのようだ
f0138096_10163758.jpg

ホロホロ山頂上から徳舜瞥山
f0138096_10164625.jpg

ホロホロ山の岩場で昼食を終え、休憩中のTOMさんご一家。正面に5月1日に登ったオロオロ山
by tarumae-yama | 2015-09-23 10:42 | 登山 | Comments(4)