<   2015年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

樽前山で逆療法?、7月30日

先日捻挫との診断を受け、医師から2週間程度大人しくしていなさいと。
しかし、毎夜の間食は止められないから、2週間も家に閉じこもっていたなら2,3kgは体重が増えそうだし、その間の筋力の衰えを取り戻すのは容易なことではない。
それに、医師は大人しくとは言ったけれど、安静にしていなさいとは一言も言わなかった(と思う)。

実は、痛みが弱くなったなら樽前山に登りに行きたいと相談している。
そんな経緯もあり、腫れと痛みが取れてきた30日、早速樽前山に登って来た。
私としては素人考えだが、痛みがなくなったなら歩くことで回復を一層早めたい、これを逆療法というのかは知らないけれど。

ただ、登山靴は初級者レベルのものではなく、しっかりかかとを包み込む靴に代えた。
この山では持つことのないポールもダブルで使うことにして、それなりの注意は払った。

前置きが長くなったけれど、今樽前山を代表するタルマエソウは完全に終盤に向かっている。
この週末、お花畑コースではタルマエソウをポツポツとしか見ることが出来ないと思う。
外輪山を一周するならそこそこまだ咲き残っているだろうが、株の近くに花を沢山落としているタルマエソウが多いことに気がつくと思う。

今、樽前山で見頃なのはウラジロタデで、シラタマノキも随分と目に付くようになった。
外輪山分岐から西山まではイワギキョウも案外多い。
そして、24日には見つけられなかったネジバナを見ることができた。
それも、今年は例年より多い様に感じた。
モウセンゴケも今年は格別多い様に思う。特に木段の山側に多かったけれど、今は両側で見ることが出来る。

スライドした方から東山頂上の虫が凄いと聞いたので、外輪山分岐から東山に向かうのは虫(無視)、もとい、パスして西山に向かい、今回も6日前と同じように錦岡コースへとトラバースして西山ピークに立った。
このトラバースする登山道周辺が一番タルマエソウが多いけれど、それもせいぜい数日間の事かも知れない。

それにしても、気温が高い上に湿度も高く、汗が大量に出てしんどい樽前山だった。
ただ、右足の痛みは殆ど感じる事なく、3時間少々を案外普通に歩けたのは嬉しかった。
f0138096_8315522.jpg

登山ポストで記帳し、林に入ると途端にセミの鳴き声がかしましい。近くの木にはセミの抜け殻が幾つも目に入った
f0138096_832374.jpg

f0138096_8321966.jpg

上2枚、ミヤマホツツジ。展望台周辺やお花畑コースに多い
f0138096_832287.jpg

ウラジロタデは今が見頃
f0138096_8323653.jpg

f0138096_8324461.jpg

f0138096_8325348.jpg

f0138096_833027.jpg

上4枚、イワギキョウ
f0138096_83376.jpg

シラタマノキをバックに
f0138096_8331526.jpg

f0138096_8332296.jpg

霞んでいるけれど、奥に支笏湖
f0138096_833305.jpg

上4枚、ネジバナ
f0138096_8333684.jpg

西山頂上下の錦岡コースで、コケモモの実
f0138096_8334347.jpg

f0138096_8335018.jpg

f0138096_8335751.jpg

f0138096_834434.jpg

白と紫色のタルマエソウ
f0138096_8341131.jpg

上5枚、タルマエソウ
f0138096_8341894.jpg

ノギラン
f0138096_8342588.jpg

風不死岳分岐近く、支笏湖や奥の山が霞んでいる
f0138096_8343278.jpg

オニノヤガラ
f0138096_8344037.jpg

今年はモウセンゴケがとても多い。真ん中にシラタマノキ
f0138096_8344958.jpg

モウセンゴケの小さな花をアップで
f0138096_8345896.jpg

シラタマノキとバックに溶岩ドーム。 カメラはパナソニックのGM1KとオリンパスのTG-850で撮影
by tarumae-yama | 2015-07-31 13:59 | 樽前山 | Comments(4)

献血

食事はずっと今でも家内が作ってくれるけれど、最近は私が買い物に行っている。
散歩を兼ねて週に3,4回徒歩か自転車を使って近くの店へ。

一昨日、何時も行くスーパーの駐車場に日赤の献血車が停まっていて、職員が献血を呼びかけていた。
そう言えば、最近タイミングが合わなくて献血をしていない。
そんな訳で、買い物前に400㎖を提供?してきた。

前にもブログで書いたけれど、献血が私の唯一の社会貢献活動。
しかし、年齢制限があるから、この上限が上げられない限り私の献血は1年2ヶ月後には終わる。
多分最大あと4回でご用済みと宣告されるのだろう。

寂しい気持ちはあるけれど、それまで3ヶ月毎の献血に忘れず出かけようと思う。
f0138096_17143243.jpg

献血のお礼なのかティッシュやボールペンなどをいただいた。 7月29日撮影
by tarumae-yama | 2015-07-31 06:52 | 日々の出来事 | Comments(4)

右足首を捻挫(^^;)

数日前の樽前山で右足首を捻った。
その時は何ともなかったものの、日曜日になって腫れが出、歩く度にかかとに痛みを感じるようになった。

月曜日に2時間ほど様子見ということで裏山を歩いたのだが、これがいけなかったらしく、痛みが増した。
素人判断と湿布程度の処置で長引くのはまずかろうと、翌日、整形外科で診てもらった。

結果、骨折はなくただの?捻挫という診断で湿布薬をもらってきたが、2週間ほど大人しくしていなさいと。

本当は、今日大雪山の赤岳、緑岳、白雲岳、黒岳と4色登山に出かけようと考えていたのだが、さすがにそれは無理だから、無期限延期を決めた。
f0138096_13355880.jpg

医師にお願いして自分のレントゲン写真を撮らせてもらった。 7月28日の撮影
by tarumae-yama | 2015-07-29 06:46 | その他 | Comments(14)

公園散歩、7月27日

久しぶりに青葉公園を突き抜けて(スキーの)8kmコースを2時間かけて歩いてきた。
ここは大部分民有地なのだが、いつの間にか随分と伐採が進んでいて、その後シカよけなのか、林道の両側にネットが張られていた。

この林道沿いにはトリカブトやベニバナイチャクソウなどの花を見ることが出来ていたけれど、ネットのせいで写真に撮ることが難しくなった。
f0138096_21134583.jpg

野いちごが真っ赤な実を付けていた。幾つか美味しく食べた
f0138096_21135939.jpg

ヨツバヒヨドリ
f0138096_21141071.jpg

ガマズミ?
f0138096_21143984.jpg

ウドの花
f0138096_21145372.jpg

切り株を
f0138096_2115416.jpg

マムシ草の実
f0138096_21151434.jpg

山ぶどう
by tarumae-yama | 2015-07-28 06:58 | アウトドア | Comments(0)

無線LAN中継機

連日の山、山でさすがに本人も一寸話題を変えたい気分。

この1年くらい、ホームページの閲覧などでインターネットの速度が遅く感じてストレスになっていた。
それで、NTT東日本との契約を、回線速度が最大1Gbpsというギガスマートに変更した(基本料金も上がった)。
だが、体感上も速度測定でも全然速くならなかった(回線終端装置も無線LANルーターもギガに対応している)。

先日、読んだPC雑誌に、無線LANルーターを中継機として使えば、パソコンが古くても速度が速くなる可能性があると載っていた。
それで、我が家で使っている無線ルーターのNECのサポートセンターとNTTに相談すると、方法によっては速くなることがあると。

我が家は2階に回線終端装置と無線LANルーターがあり、普段使っているデスクトップパソコンは1階にあるため、距離や天井(吹き抜けだが)などが障害となって速度が出ない可能性があるのかも。

そんな事で、同じメーカーの無線LANルーターを中継機として導入することにした。
結果は、体感的に速くなったと実感出来たし、速度測定も今まで出なかった数値が表示された。

だが、色々調べてみると回線速度は、時間帯によって大きな差が出ると分かった。
それは、平日の昼間はスイスイ走れる国道も、朝夕の通勤帰宅時間帯は渋滞する状況に似ているのかも知れない。

歳を重ねるとますますせっかちになっていくことを自覚するけれど、まあここは、速度が底上げされただけでも良しとしようと思う。
f0138096_1542784.jpg

中継機として導入したNECの無線LANルーターWG1200HP。写真は「価格.com」のHPより
f0138096_97356.jpg

今朝の測定結果。75.62Mbpsは良い方。悪いときは2,3Mbps以下になることも
by tarumae-yama | 2015-07-27 07:03 | その他 | Comments(0)

タルマエソウ見納めの樽前山、7月24日-その2-

錦岡コースで会ったIさんから、932m峰東山間の登山道脇にコマクサがあるという情報を得て、探しながら東山に向かった。

実は、20日に932m峰から東山まで一緒した苫小牧の3名パーティーも、知人からこのコース上にコマクサがあると知らされて探しながら登るとのこと。
それで、一緒に東山に向かったのだが、その時は見つけることが出来なかった。
今回、苫小牧パーティーが探した所からかなり近いところにあった。

このコースは、タルマエソウが一杯だが、ウラジロタデも中々多かった。
不思議なことに、外輪山を一周してみて、外輪山分岐から西山にかけて多かったイワギキョウが、932m峰まではたやすく見つけることが出来るのに、ここから東山にかけては1株も見かけなかった。

今年は1月19日に登って以来16回目の樽前山だが、花のシーズンに入った6月と7月では7回を数える。
タルマエソウが花を終える前に、今月もう1度観に来る事が出来るだろうか・・・。
f0138096_20463351.jpg

溶岩ドームをバックにシラタマノキ
f0138096_20464345.jpg

イワギキョウ
f0138096_20465176.jpg

支笏湖が見えてきた
f0138096_20465999.jpg

分岐から東山へ、タルマエソウを入れて支笏湖
f0138096_2047744.jpg

左端に932m峰、中央奥に風不死岳
f0138096_2047169.jpg

バックは東山頂上部
f0138096_20472753.jpg

花は終わっていたが、タルマエソウのそばにコマクサ。誰かが小石で囲っていた。この場所でコマクサを見たのは初めての事
f0138096_20473553.jpg

ウラジロタデ
f0138096_20474446.jpg

オオウメガサソウ?
f0138096_20475467.jpg

タルマエソウが一杯
by tarumae-yama | 2015-07-26 07:05 | 樽前山 | Comments(0)

タルマエソウ見納めの樽前山、7月24日-その1-

この週末は5名で戸蔦別岳の予定だった。
だが、予報が良くないので延期し、私は昨日樽前山に登って来た。

予想どおり、タルマエソウは前回登った20日頃が見頃のピークだったようで、すでに花を落としているタルマエソウが多かった。
多分この週末は、まだまだ多くのタルマエソウを見ることが出来るとは思うものの、終盤を迎えたのは間違いないだろう。

今日は気分を変えて、西山へは斜面をトラバースして錦岡コースへと進み、そこから西山の頂上に立ったけれど、このトラバース区間には白いタルマエソウが多いという新しい発見があった。

それと、昨年関係者から、(私の知らない)コマクサの群生地があると聞いていたのだが、今回その場所をようやく見つけることが出来た。
さらにもう1ヶ所、知人から聞いていた場所でもコマクサの株を探し当てた。
もっとも、後者の場所は、登山道の脇なのに30分以上も行ったり来たり中々見つけられなかったけれど。

こうしてみると、樽前山のコマクサは環境省が懸命になって駆除しているものの、あちこちでしたたか?に生き延びようとしているように思える。

タイトルとは話題がずれてしまった・・・(^^;)

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_724041.jpg

平日なのに7合目の駐車場はほぼ満杯
f0138096_7241140.jpg

マイズルソウの実
f0138096_7242248.jpg

ボケているが、モウセンゴケの花
f0138096_724322.jpg

ミヤマホツツジ。東山の登山口付近に随分咲いていて一寸驚いた
f0138096_7244226.jpg

外輪山分岐で追いついたドイツ?人のファミリーを撮らせてもらった
f0138096_725448.jpg

20日樽前山に登ったときに紹介した白いコマクサの近くで見つけた
f0138096_7251522.jpg

f0138096_725235.jpg

上2枚、登山道脇のタルマエソウ
f0138096_7253262.jpg

まだ頑張って咲いているコマクサ
f0138096_7254094.jpg

真っ白なタルマエソウを見つけた
f0138096_7255044.jpg

f0138096_7255841.jpg

上2枚、イワギキョウ
f0138096_726559.jpg

西山のトラバース登山道脇で、色の違うタルマエソウ
f0138096_726136.jpg

同上、この付近はタルマエソウが一杯。上に錦岡コースを下山する登山者
f0138096_726213.jpg

錦岡コースでスライドした苫小牧のIさん。私は記憶が飛んでいるのだが、冬の樽前山で会っていると言われた。お互いにコマクサの話しなど
f0138096_7262921.jpg

登山道脇のコケモモの実
f0138096_7263858.jpg

バックに風不死岳
f0138096_7264644.jpg

溶岩ドームをバックに
f0138096_7265350.jpg

上3枚、西山頂上付近のイワギキョウとタルマエソウ
by tarumae-yama | 2015-07-25 07:47 | 樽前山 | Comments(6)

タルマエソウが最盛期の樽前山、7月20日-その2 -

タルマエソウの最盛期にぶつかった今回の樽前山だったが、エゾ梅雨のようなジメジメした天気で、支笏湖も霞んでいるほど視界はパッとしなかった。

前回はタルマエソウとイワギキョウの写真をアップしたので、今回は他の花や途中でスライドした登山者などの写真を載せた。

ただ、カラッとした青空ではなかったため、どれも冴えない写真ばかりになったかも。(腕の悪さを棚に上げて(^^;))
f0138096_1750767.jpg

こんな大株のコマクサが残っていて驚いたが、でも、そろそろ終わり
f0138096_17501842.jpg

駆除された?はずの近くで白いコマクサが一株あった
f0138096_17503287.jpg

f0138096_17504072.jpg

上2枚、シラタマノキ
f0138096_17505016.jpg

f0138096_17505840.jpg

上2枚、ノギラン
f0138096_1751782.jpg

ミヤマホツツジ
f0138096_1751177.jpg

東山をバックにすっかり花を終えたマルバシモツケ
f0138096_17512571.jpg

モウセンゴケが花をつけだした
f0138096_17513436.jpg

ナナカマドの紅葉
f0138096_17514487.jpg

誰が乗せたのかミニケルン?
f0138096_17515620.jpg

ドームを前方に見ながら、5月24日風不死岳の頂上で会った苫小牧からのパーティー
f0138096_1752423.jpg

楽しそうな親子連れの会話が聞こえてきた
f0138096_175213100.jpg

名前は遠慮されたが、親子3代とのことで皆さんよく似ていた。お孫さんと一緒のお若いおばあさんが羨ましい。我が家は、7歳の孫との樽前山デビューがいまだ実現せず(^^;)
f0138096_1752318.jpg

Nさんを中心に苫小牧からの明るい3人組
f0138096_17524177.jpg

お花畑で最初にスライドしたお二人を
by tarumae-yama | 2015-07-24 06:39 | 樽前山 | Comments(0)

タルマエソウが最盛期の樽前山、7月20日-その1-

先日、速報版としてタルマエソウ等を紹介した。
今回はその1として、タルマエソウやイワギキョウの写真をアップしようと思う。
明日は、その2をアップして締めたい。

祝日のため、中途半端な時間に樽前山に向かうと5合目のゲートで規制を受けるので、午後から出かけた。
案の定、5合目のゲート付近に数台の車が停まっていて、ヒュッテ前にも路肩駐車の車が沢山あったけれど、私はすんなりと7合目の駐車場まで入ることが出来た。

14時前、お花畑コースに向かって歩き出した。
今日はタルマエソウがメインだが、イワギキョウが咲き出しているか、そしてコマクサがまだ残っているかを確認したかった。
イワギキョウは、例年932m峰の周辺に咲いていることが多いので、とりあえずお花畑コースから932m峰へ。

お花畑コースのエゾイソツツジとマルバシモツケはもう完全に終わっていた。
これらの花は6月の中旬が一番美しく輝いていたと思う。

ノギランが花を付け、モウセンゴケも花を付けていたのでそれらを撮りながら932m峰に向かった。
途中でスライドした登山者と話しをしたり、写真を撮らせてもらったりしながら。

932m峰の頂上近くで下山してきた3名パーティと挨拶をしたところ、5月24日の風不死岳頂上で会っていると言われた。
そう言えば、北尾根コースで登ってきた登山者が、予定を変えて樽前山へ下りるので5合目のゲートまで迎えに来て欲しいと(家族?に)電話していた人と思い出した(5合目のゲートが開放されたのは翌日の25日から)。

そんな会話があって、そこから東山まで一緒する事となった。
f0138096_1562278.jpg

f0138096_1564579.jpg

外輪山沿いは今タルマエソウとウラジロタデが花盛り
f0138096_1565439.jpg

写真に写っている登山者の男性二人とは5月24日風不死岳の頂上でお会いしている
f0138096_157399.jpg

f0138096_1571437.jpg

お花畑コース沿いのタルマエソウは花が終わって実を付けているのも目に付く
f0138096_1572336.jpg

同上、アップで。バックに霞む支笏湖
f0138096_1573133.jpg

お花畑コースでまっくさんとさとみさんにビックリの出会い。しばし立ち話をして見送った
f0138096_1575262.jpg

溶岩ドームをバックにイワギキョウ
f0138096_158092.jpg

アップで
f0138096_158732.jpg

f0138096_1581688.jpg

f0138096_1582460.jpg

f0138096_1583278.jpg

写っている登山者は3枚目と同じ方達
f0138096_1584068.jpg

霞む支笏湖をバックに
by tarumae-yama | 2015-07-23 07:12 | 樽前山 | Comments(2)

富田ファーム、7月16日

無事十勝岳から富良野岳までの縦走を終え帰路についたのだが、中富良野町にある富田ファームのラベンダーが見頃だろうと思い寄ることにした。

予想どおりラベンダーも他の花も見事だったけれど、観光客の多さもなかなかなものだった。
それも、恐らく8,9割は中国などアジアの人達で、日本人はどこか肩身が狭そう。

数年前なら見た目で日本人ではないと分かったけれど、今どきの女性は若きも中年も服装が洗練されていて見分けが付かなくなった。

富田ファームはますます規模を大きくしていて、駐車場も拡張され、平日なのに警備員が何人も出て車を誘導していたのにはビックリ。

4日に逝去された富田ファームの会長である富田忠雄氏は、この状況に感慨深い想いで天国から眺めているかも知れない。
f0138096_15402650.jpg

f0138096_15403575.jpg

中央の山が富良野岳
f0138096_15404398.jpg

f0138096_1540507.jpg

f0138096_154153.jpg

f0138096_15411258.jpg

f0138096_15411811.jpg

f0138096_1541259.jpg

f0138096_15413262.jpg

f0138096_15414048.jpg

写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2015-07-22 07:21 | | Comments(6)