<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

風不死岳、2月26日-同行者からの写真-

風不死岳をご一緒したSさんから写真が送られて来た。
少々気恥ずかしいけれど、私の写真を中心に。
f0138096_12505880.jpg

朝は素晴らしい天気。中央右がこれから登る風不死岳
f0138096_12511274.jpg

中腹から上は結構新雪が深い
f0138096_12512229.jpg

頂上は近い
f0138096_12513525.jpg

下山時、バックに樽前山。すっかり雲が広がってきた
by tarumae-yama | 2015-02-28 12:57 | 北海道100名山 | Comments(0)

風不死岳北尾根、2月26日

26日は単独で樽前山を予定していた。
すると、前日にizumisawaさんから山のお誘いメールが来て、結局風不死岳となった。
風不死岳は彼と昨年3月初めて一緒に登った山だが、風雪のために途中で撤退している。
今回、体力ばりばりの札幌のSさんも同行出来るとのことで3名パーティとなった。

4合目まではうっすらと新雪が乗っていたけれど、しっかりとトレースがあって有り難かった。
そこから先はトレースが風雪のために判然とせず、合目毎に先頭を交代して登った。
8合目辺りでアイゼンに交換したけれど、思いの外埋まって想定外に時間がかかった。

我々と来月エベレストに向かう小幡さんを加え4人で登った恵庭岳も、厳冬期とは思えない穏やかな天気だったけれど、今回も同様の穏やかでやはり誰にも会わない静かな山だった。

山行記録
登山口08:42→頂上11:23~11:50(昼食)→13:08
f0138096_12121990.jpg

入山名簿に記入するSさん
f0138096_12123486.jpg

スノーシューを履いてスタート
f0138096_12124467.jpg

スノーシューでも結構沈む
f0138096_1212537.jpg

スノーシューをデポし、アイゼンに交換して進む。木の枝に回収忘れ?のスノーシューが
f0138096_1213345.jpg

振り返ると支笏湖と奥に恵庭岳が綺麗
f0138096_12131211.jpg

膝くらいまで埋まり、ラッセルに苦労
f0138096_12131923.jpg

頂上への尾根にようやく到着
f0138096_12132896.jpg

樽前山を眼前に頂上は目前
f0138096_12133623.jpg

頂上標識を掘り出そうとしたが、結局叶わず
f0138096_12134398.jpg

頂上で記念写真のSさんとizumisawaさん
f0138096_12135227.jpg

下山時、ビューポイントの二人
f0138096_12140100.jpg

支笏湖に飛び込むような感じが中々面白い
f0138096_121473.jpg

だが、スリップするとピッケルでも停められないような急斜面を緊張しながら下山
f0138096_12141419.jpg

雪庇近くのルート
f0138096_12142153.jpg

支笏湖と中央に紋別岳
f0138096_12143487.jpg

デポしたスノーシューを回収。枝のスノーシューは持ち主に戻るのか?
f0138096_12144762.png

GPSの軌跡。下りは林道歩きをカットしたが、アイゼンではかなり埋まってしまった
by tarumae-yama | 2015-02-27 13:07 | 北海道100名山 | Comments(0)

風不死岳北尾根、2月26日-速報版-

明日は大荒れの天気予報だから、つかの間の晴れ間を見て風不死岳に登ってきた。
メンバーは、札幌のSさんに千歳のizumisawaさんと私の3人。

スノーシューも5合目から結構沈み、アイゼンに交換した8合目からは更に埋まってしんどかった。
そんな中を歳年長のSさんが積極的に先頭に立ち、バリバリ登っていく姿にただただ感謝しつつ後に続いた。

何時ものことだが、とりあえず速報版と言う事で写真を適当に4枚アップ。
詳細は明日にでも。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14452563.jpg

8時42分、スノーシューを履いてスタート
f0138096_14453461.jpg

7合目辺りから支笏湖と正面に恵庭岳。この頃までは羊蹄山もクッキリだったのだが・・・
f0138096_14454352.jpg

下層雲が広がりだし、樽前山も今ひとつクッキリとは見えない
f0138096_14455523.jpg

下山時、中央やや右にイチャンコッペ山、右端に紋別岳。恵庭岳の頂上は雲の中
by tarumae-yama | 2015-02-26 14:52 | 北海道100名山 | Comments(2)

ヒレンジャクとキレンジャク

近くの公園に野鳥を撮りに出かけたら、顔見知りのS君がやって来てレンジャクが頭上を飛んでいったと。
それで付近を探していると、電柱の上にそのレンジャクが止まっていた。
f0138096_17343868.jpg

f0138096_17344844.jpg

f0138096_1735243.jpg

上3枚は全てヒレンジャク?
f0138096_17353744.jpg

こちらはキレンジャク。 2月23日の撮影
by tarumae-yama | 2015-02-26 07:08 | 野鳥・野生動物 | Comments(2)

フキノトウ

日曜日夜の強い雨とここ数日気温が高かったせいか、雪解けがかなり進んだ。
ご近所では家の周りの氷を割るシーンも目につくようになった。
まだ2月だから、このまま春を迎えるとは思えないのだが・・・・。

だが、ヤマセミ狙いで出かけた千歳川の川原で、フキノトウが顔を出していてびっくり。
さすがに地面は凍っていて、フキノトウを採るのには指に力が必要だった。
f0138096_17141247.jpg

夕食の味噌汁に入れて春を感じた。 2月23日撮影
by tarumae-yama | 2015-02-25 07:05 | | Comments(2)

シメ

庭のえさ台に最近シメが良く顔を出す。
初冬からヒマワリの種を用意しているのだが、シメがやって来るとシジュウカラやハシブトカラなどを寄せ付けず、えさ台を独りシメ(^^;)!
お腹を空かして近づくカラ類をわざわざ威嚇して追い出す性悪なシメ。

自分に甘く他人に厳しい私の性格を見せつけられるようで、正直言ってシメは嫌い。
何とかシメだけをシメ出すことは出来ないものかと、身勝手な私は思う。
f0138096_166763.jpg

自宅庭のえさ台にやって来たシメ。シメには申し訳ないのだがこの顔つきも嫌い。 窓越しに撮影
f0138096_1662158.jpg

シメて3羽のシメ(^^;)
f0138096_1663547.jpg

上2枚、自宅近くの公園で撮影 2月23日
by tarumae-yama | 2015-02-24 07:14 | 野鳥・野生動物 | Comments(2)

白老岳、2月22日

ブログ繋がりの知人を迎え、白老岳に一昨日に続いて登ってきた。
先日の白老岳は下見登山だったのだが、今回またも札幌からSさんの同行を得、その他N君と彼のグループも加わって総勢7名。

昨日までは素晴らしい青空と眺望があったのに、今日は残念ながらずっとガスガスの白老岳だった。
それでも雪や雨に打たれることなく、風もポコと頂上でこそ強かったものの、殆どが樹林の中の歩きだからさほど厳しいとは感じなかった。

展望はなかったけれど、下山時の尻滑りが童心に返って楽しかった。
そして、今回も一寸驚きの出会いが。

山行記録
林道ゲート前08:44→頂上10:27~11:16(昼食)→林道ゲート前12:31
f0138096_2143081.jpg

悪天なのにさすが日曜日ということで、先行者の車が2台停まっていた。Sさん撮影
f0138096_2144018.jpg

トレースはしっかりあったのだが、女性は8分、男性は10分ごとに先頭を交代しながら。これもSさん撮影
f0138096_2145089.jpg

頂上手前のポコ。ガスで視界は100mもない感じ
f0138096_2145966.jpg

ガスの中、ポコから頂上に向かう
f0138096_215743.jpg

頂上直下で強風を避けて休憩の先行者2名。真ん中の男性はN君(左)とFacebook繋がりの知人とのこと
f0138096_2151577.jpg

強風とガスの白老岳頂上で記念写真
f0138096_2152445.jpg

スコップで風除けのスペースを作って昼食タイム。Sさん撮影
f0138096_2153198.jpg

昼食後、Sさんを先頭に下山開始
f0138096_2154028.jpg

何と、頂上直下でスライドした女性は2日前の白老岳でお会いした伊達のアオキさん。連れの男性は帯広からやってきたツネさん?とか。彼女も一昨日は下見登山だったらしい
f0138096_2155015.jpg

日高門別からやって来たIさんを入れて樹氷。青空がバックなら見栄えがしただろうに
f0138096_216024.jpg

松の葉に霧氷?
f0138096_2161049.jpg

霧氷を撮っている私をIさんが撮影中。そのIさんを
f0138096_2162452.jpg

Iさんの尻滑りとそれを撮影するmurakami2231さん
f0138096_2163563.jpg

Iさんの尻滑りをもう1枚
f0138096_2164458.jpg

かよさんの尻滑り
f0138096_2165550.jpg

ともさんの尻滑り
f0138096_217549.jpg

Iさん、頭から着地?
by tarumae-yama | 2015-02-23 07:05 | 登山 | Comments(8)

白老岳、2月20日-送られて来た写真から-

白老岳をご一緒したSさんとKさん、それに頂上で驚きの出会いがあったシマエナガさんから写真が送られて来た。
その中から数枚アップさせてもらおうと思う。
f0138096_16182671.jpg

シマエナガさんのカメラでセルフタイマー使用
f0138096_16184740.jpg

シマエナガさん撮影
f0138096_16185936.jpg

シマエナガさんと久しぶりの会話中をFさんが撮影
f0138096_17361955.jpg

Kさん撮影。こんなところを撮られていたなんて全く気がつかなかった
f0138096_16191833.jpg

f0138096_16192998.jpg

バックに樽前山
f0138096_16194176.jpg

無事下山。上3枚Sさん撮影
by tarumae-yama | 2015-02-22 07:02 | 登山 | Comments(2)

白老岳、2月20日

気持ち良い青空の下、2時間15分で頂上に到着したが、トレースがなければもう1時間は余分にかかったかも知れない。
シマエナガさんの話だと、北白老岳方面から登ってきた二人組の登山者がいたとのこと。
我々はその二人組を見てはいないのだが、二の沢川沿いに登った登山者は我々を含め3組7名だった。

今回は明日の白老岳の下見登山だったけれど、往復7名分のワカンやスノーシューの踏み跡がしっかり出来たので、明日は更に歩きやすくなっているではと思う。

山行記録
林道ゲート前09:04→頂上11:19~12:15(昼食)→林道ゲート前13:30
f0138096_1304723.jpg

除雪がされていて林道ゲート前の駐車場には2列縦列で6台くらい停められそう
f0138096_131182.jpg

スノーブリッジを渡って尾根に取りつくと、スノーモービルの跡が残っていて部分的に使わせてもらった
f0138096_131995.jpg

頂上手前のポコを登るSさんと左端に目指す白老岳の頂上部
f0138096_1311735.jpg

そのポコから南白老岳を写す。奥に徳舜瞥山やホロホロ山が見える
f0138096_1312416.jpg

ポコから羊蹄山を撮影中のSさん
f0138096_131327.jpg

同上、恵庭岳方面
f0138096_1314033.jpg

頂上を越えて先端に進むSさん。Sさんの足元付近でシマエナガさんとFさんが昼食中
f0138096_1314955.jpg

そのお二人を。シマエナガさんとは10ヶ月ぶり、Fさんとは2013年3月の漁岳を一緒して以来だろうか
f0138096_1315669.jpg

支笏湖を挟んで左端に恵庭岳、右端に樽前山が見える
f0138096_132484.jpg

頂上でシマエナガさんがセルフで全員の写真を撮ってくれるという
f0138096_1321280.jpg

その後、お二人は先に下山していった
f0138096_1321910.jpg

我々も下山の準備をしているところに単独の女性が登ってきた。伊達のAさんとか
f0138096_1322686.jpg

ポコには下山していったシマエナガさんが見える
f0138096_1323475.jpg

白老岳をバックにポコに到着の同行者
f0138096_1324271.jpg

Yさんの尻滑り
f0138096_132504.jpg

二の沢川を左手に見ながら、駐車場までもう数分
f0138096_133193.jpg

GPSの軌跡
by tarumae-yama | 2015-02-21 13:28 | 登山 | Comments(6)

白老岳、2月20日-速報版-

札幌のSさんら4名で白老岳に登ってきた。
林道ゲート前の駐車スペースには先行者の車が停まっており、林道にはワカンの跡が続いていた。
我々は有り難くトレースを使わせてもらい、忠実に登っていった。
途中追いつくことなく、頂上で昼食中の先行者にトレースのお礼を言おうとしたところ、何と先行者はシルバートリオのシマエナガさんとお互いの家が近所というFさんだった。

シマエナガさんとは昨年の4月H原さんと3人で札幌岳に登って以来の再会。
H原さんも今日は参加のはずだったのだが、仕事が入ったと前日電話があった。
急な仕事がなければ頂上で盛り上がったと思うのだが、それでもあれこれ話しは尽きなかった。

今日の白老岳は、知人からこの山に登るときに声をかけて欲しいと言われていたので、そのための下見登山だったのだが、天気も眺望も申し分のないものだった。
むしろ、その知人達と登る22日の予報がパッとしないものだから、どうしようかと悩む。
同行者は山好きばかりで多少の悪天はものともしないのだが、それでも晴れてくれた方がずっと気持ちが良いから、予報の好転を願うばかりだ。

とりあえず、今日は速報版と言う事で写真を数枚アップした。
f0138096_1556535.jpg

手前のポコを進むSさん、左端に白老岳頂上が見える
f0138096_1557173.jpg

頂上近くから、左端に恵庭岳
f0138096_1557102.jpg

頂上直下から奥に尻別岳と羊蹄山が見える
f0138096_15571862.jpg

頂上近くで風よけ展望台を作って昼食中のシマエナガさん(手前)とFさん。中央付近に南白老岳
f0138096_15572735.jpg

頂上標識を前に同行者とシマエナガさんらと記念写真。バックに支笏湖が見える
f0138096_15573627.jpg

下山時、白老岳をバックに同行者。左からKさん、Yさん、Sさん。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2015-02-20 16:13 | 登山 | Comments(2)