<   2014年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

樽前山の積雪

樽前山に登りたいと思いつつも、2月20日に登って以来足が遠のいている。
3月29日漁岳に登るとき、支笏湖の湖畔から見た樽前山の斜面が、随分と黒っぽいのに気がついた。
そう言えば、ヒュッテの管理人さんに前回お会いしたとき、「例年より積雪が少ない・・・」と。
今年の雪解けはその分早まっているのだろう。

そんなこともあり、同じ頃の写真を4年分並べてみた。
(他の3年は真っ白な斜面なのに)今年樽前山の岩肌がかなり露出しているのが分かると思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17482713.jpg

2011年3月28日撮影
f0138096_17341941.jpg

2012年3月29日撮影
f0138096_17343266.jpg

2013年4月1日撮影
f0138096_17354451.jpg

2014年3月29日撮影
by tarumae-yama | 2014-03-31 07:19 | 樽前山 | Comments(4)

漁岳、3月29日

前日の電話でH原さんと漁岳に登ることになった。

H原さんにはこの冬初めての漁岳とのことだが、私は2月14日以降すでに4回登っている。
その都度ブログにアップしてきたし、状況は前回の3月17日とさほど変わっていないこともあり、詳細な山報告は省こうと思う。

ただ、長靴などつぼ足の登山者が何名かいたけれど、腐れ雪で少し埋まる状況だったから、これから登る予定ならワカンかスノーシューが無難だろう。

雪は頂上まで柔らかかったのでアイゼンが必要とは全く感じなかった。
まあアイゼンについては、まだまだ気温が低くカリカリ斜面になっている可能性があり、そんなとき必携だろうとは思う。

山行記録
登山ポスト08:39→漁岳頂上11:29~11:35→北漁岳11:52~11:59→漁岳頂上下12:17~12:41(昼食)→登山ポスト14:14
f0138096_2313011.jpg

休憩中の恵庭からの3人パーティ、H原さんの前方に札幌からの3人パーティ
f0138096_2313973.jpg

頂上直下の急斜面をワカンで登るH原さん
f0138096_2314988.jpg

頂上の賑わい。今日は10数組25名以上登ったと思う
f0138096_231583.jpg

北漁岳の頂上から、中央付近に羊蹄山が見える。右端に無意根山も
f0138096_232745.jpg

頂上直下でカップ麺等の昼食
f0138096_2321693.jpg

昼食の時にKさんが登って来て記念写真。昨年5月のアポイ岳で会って以来驚きの再会
f0138096_2322614.jpg

下山時、頂上直下でテント泊すると言うソロの登山者とスライド。ザックの後ろには暖房用の燃料?
f0138096_2323527.jpg

樹木の間から恵庭岳の頂上部
f0138096_2324430.jpg

枯れ木の横でのんびり休憩中の男性。これから頂上に向かうらしい
f0138096_2325338.jpg

その後、スライドしたソロの男性は何とnak_nobさんだった。彼と一緒に樽前山に登ったのは昨年1月だったろうか
f0138096_233124.jpg

1944年に閉山した恵庭鉱山跡の横を下山するH原さん
f0138096_2331543.jpg

GPSの軌跡。漁岳の北にある北漁岳まで足を延ばした
by tarumae-yama | 2014-03-30 07:06 | 北海道100名山 | Comments(6)

漁岳、3月29日-同行者からの写真-

漁岳下山後、H原さんから早速写真がメールで送られてきた。

今日は、実に沢山の登山者と一緒になった。
話をすると、私も入っているHYML(北海道山メーリングリスト)の会員であったり、挨拶を交わした直後に、私のブログを見ているらしく、「tarumae-yamaさんとH原さんですか?」と尋ねられたり。

まあそんな山報告は明日にして、とりあえずH原さんからの写真を数枚アップしたい。
f0138096_1953365.jpg

恵庭からの3人パーティと。一人はHYMLの会員であるMさん
f0138096_1953192.jpg

途中で追いついた札幌からの3人パーティ。Fさんという方が私のブログの読者だった
f0138096_19533094.jpg

漁岳に到着
f0138096_19534078.jpg

漁岳頂上で、バックに小漁山
f0138096_19535257.jpg

北漁岳からの戻りで、バックに狭薄山や札幌岳が見える
by tarumae-yama | 2014-03-29 20:02 | 北海道100名山 | Comments(0)

漁岳、3月29日-速報版-

ぽっかり出来た何もない一日。
晴れ予報と言う事で、今回もH原さんと二人で漁岳へ。
時間に余裕があったので、ついでに9m高い隣の北漁岳まで足を延ばした。

今回の漁岳では思いがけない人との出会いが二組もあった。
それらはまた明日の記事で詳しく触れるとして、とりあえず写真を数枚アップした。
f0138096_1663157.jpg

頂上まで恵庭の3人パーティと札幌からの3人パーティと賑やかに抜きつ抜かれつつしながら
f0138096_166431.jpg

左前方に漁岳の頂上部
f0138096_166526.jpg

狭薄山や札幌岳をバックに北漁岳のH原さん
f0138096_167030.jpg

北漁岳から漁岳に戻るH原さん。前方の漁岳の頂上に人影が見える
f0138096_1671210.jpg

下山するH原さん。支笏湖は今回も霞んでいる
f0138096_1672215.jpg

下山中に小漁山を写す。 カメラはオリンパスのOM-D
by tarumae-yama | 2014-03-29 16:17 | 北海道100名山 | Comments(0)

オジロワシ

恵庭岳に向かう途中、千歳の郊外で2羽のオジロワシを見た。
2ヶ月ほど前にもブログにアップしているけれど、同じ場所だから同じ個体かも知れない。

今回も広角寄りのレンズなので、証拠写真程度にしか写っていない。
それにしても、裏山で見るオジロワシは警戒心が強くて中々近づけないのだが、ここのオジロワシは木の真下まで行っても微動だにしない。
この違いは一体どこから来るのだろうか?
f0138096_17325959.jpg

お互いにそっぽを向いているけれど、夫婦なのだろうか? 3月26日撮影
by tarumae-yama | 2014-03-28 07:22 | 野鳥・野生動物 | Comments(0)

3月26日、恵庭岳-北東尾根から-

今年に入ってからでも紋別岳に5回、樽前山は4回登っている。
支笏湖周辺の山は他にも登っているけれど、恵庭岳にはこの冬一度も登っていない。
実は17日に登る予定だったのだが、駐車場で準備をしているときに急遽漁岳に変更した。
そんなこともあって、今日の恵庭岳は本当に楽しみだった。

すでに3月上旬でゲート先の工事は終了したらしく、通行を規制されることはなかったものの、その代わり除雪もされていなかった。
もっとも、恵庭岳やオコタンペ山辺りに向かったと思われる古いトレースがあったから、つぼ足でも大丈夫。
ただ、気温が上がり雪が腐ってきたので、我々はすぐにスノーシューを履いたけれど。

昨年の4月1日にシマエナガさんと登った時は、標高1000m辺りでアイゼンを装着したが、今回は岩塔の途中までスノーシューで登る事が出来た。

今日は気温が平年より高く、頂上は風が弱かったこともあり、すっかり春の陽気だった。
しかし、視界が悪くて支笏湖の奥の風不死岳や樽前山が判然としない。
当然、羊蹄山は目を凝らしても見えなかった。
それでも、青空の下誰にも会わない静かな恵庭岳を心から楽しむことができた。

山行記録
ゲート前08:35→頂上11:08~11:31(昼食)→ゲート前13:05
休憩を含め登りに2時間33分、下りに1時間34分
f0138096_22393892.jpg

ゲート前から古いトレースがありつぼ足でスタートしたものの、この先でスノーシューを履いた
f0138096_22394826.jpg

道道から沢地形に入り、先の尾根に取りつく。前日のものかトレースがある
f0138096_22395615.jpg

岩塔の近くを進むH原さん。まだスノーシューのまま。漁岳と比べるとピンクテープは驚くほど少ない。地形は少々複雑だから初めて登る人は不安だろうと思う
f0138096_2240448.jpg

頂上岩塔が目の前に
f0138096_22401363.jpg

岩塔の下でスノーシューとポールをデポし、アイゼンを装着
f0138096_22402447.jpg

アイゼンとピッケルスタイルで岩塔に向かうH原さん
f0138096_22403381.jpg

岩塔の途中から、支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_22404297.jpg

岩塔のロープ場のH原さん
f0138096_22405049.jpg

頂上で私を待っているH原さん
f0138096_22405910.jpg

昼食後、下山を始めたH原さん。支笏湖の奥の風不死岳は霞んでいる
f0138096_2241847.jpg

ロープ場を慎重に降りるH原さん。足場は非常に狭く足の置き場に迷う。岩は崩れやすく、来年確実に使えるかどうか
f0138096_22411634.jpg

ロープ場の直ぐ下で、奥に白いオコタンペ湖や小漁山が見える
f0138096_22412458.jpg

デポしていたスノーシューに履き替え、下山するH原さん
f0138096_22413586.jpg

GPSの軌跡
by tarumae-yama | 2014-03-27 06:59 | 北海道100名山 | Comments(6)

3月26日、恵庭岳-同行者からの写真-

下山後、H原さんから早速メールが届いた。
単独で登っていると自分の写真がないため、「元気な姿を読者に見せてあげて下さい。」、と私の沢山の写真を添えて。

アップの写真もあったのだが、さすがに気恥ずかしい。
とりあえず、H原さんの厚意に応えるべく岩塔周辺の写真を数枚アップした。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16441243.jpg

f0138096_16442447.jpg

f0138096_16443618.jpg

f0138096_16444822.jpg

f0138096_1645067.jpg

全てH原さんの撮影 カメラはCANON EOS 5D Mark II
by tarumae-yama | 2014-03-26 16:52 | 北海道100名山 | Comments(2)

恵庭岳、3月26日

混沌の10日余りが過ぎ、急に1週間ほど自由になる時間が取れた。
それで、H原さんと二人で恵庭岳へ。

久しぶり?の山で身体がなまってしまったのか、ハーハーゼーゼーの恵庭岳だったけれど、春のような陽気の頂上から360度のパノラマを堪能した。
やっぱり、山は素晴らしい!

とりあえず写真を3枚アップし、例によって詳細は明日以降にでも。
f0138096_14443581.jpg

頂上の岩塔をアイゼンピッケルスタイルで登るH原さん
f0138096_14444586.jpg

下山時、眼下に白いオコタンペ湖、奥に小漁山や漁岳
f0138096_14445529.jpg

頂上から、PM2.5の影響かそれとも春霞なのか支笏湖も霞んでいる
by tarumae-yama | 2014-03-26 14:49 | 北海道100名山 | Comments(0)

照明器具のLED化

ブログをアップしようという気には中々なれないのだが、余り間を置くと読者に見放されてしまうと言う強迫観念が沸々と・・・・。

昨日、電気屋のCさんが来て我が家の蛍光灯を全てLEDに交換してくれた。
同じ高校の先輩でもう70代半ばなのだが、昔から何かとお世話になっている。

我々夫婦は歳をとると共に視力も衰えてきているため、今回1,2段明るめのシーリングライトにした。
結果、どの部屋も随分と明るくなった。
まあ、明るい分にはリモコンで照度を下げることが簡単にできるから、No problem。

ただ、居間の照明は40Wの蛍光管2本で賄っているのだが、これも居間、もとい、今より明るくなると言う直管LEDにしたはずなのだが、こちらは今イチ期待外れだった。
f0138096_22231576.jpg

LEDのシーリングライトの内部。突起の一つ一つが光る
f0138096_22233945.jpg

取付が終わり、カバーをセットするところ
f0138096_22235023.jpg

安定器の線を切断し、直づけの作業、今までより15%明るくなるはずだったのだが、実感できない(^^;)
by tarumae-yama | 2014-03-25 06:46 | その他 | Comments(0)

春の嵐

3連休の初日は風雪模様で明けた。
道東はまたも暴風雪のようで春はまだまだ遠い。

我が家もこの春の嵐の様に、先週から混乱と困惑の日々を送っている。
具体的に書かないけれど、来週からは更に慌ただしさが増しそう。

そんな訳で、この先登山をするようなまとまった時間は多分当分取れそうになく、PCに向かう2,3時間の余裕すらないだろうと思う。
時間は作れるかも知れないが、ブログをアップしようという気持ちそのものが湧かなくなった。

そのため、これまでない頭を捻って毎日アップしてきたけれど、すでに2日も休んでしまった。
中には更新を待っている奇特な読者がいるかも、と思いつつ・・・・。

健康維持のためにも野山を歩きたいという気持ちはまだあるので、そのうち山の写真をアップできればとは思う。
そんな状況だが、時々様子を見に来ていただけるなら、とても嬉しい。
f0138096_14413181.jpg

家内がラジオを聴いて過ごしたいと言うので、ネットで注文した。モノラルだが単4電池1本で105時間も持つという省エネラジオ。写真は「価格.com」のHPより
by tarumae-yama | 2014-03-21 17:29 | その他 | Comments(10)