<   2014年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

小漁山と漁岳、2月26日-その2-

前回の14日に登った漁岳は2時間50分かかったが、今回頂上直下の急斜面で手こずることがなかったため、2時間20分で登頂出来た。
頂上には誰もいないし、小漁山までのピストンに3時間を見ているが、途中ラッセルやハイマツ帯での踏み抜きが多ければ想定以上の時間がかかるかも知れない。

ということで、写真を数枚撮っただけですぐに小漁山に向かった。
案の定、漁岳から下りだしてすぐにハイマツの踏み抜きが始まり、コース取りに悩む。
それでも1時間一寸で小漁山に到着できた。

頂上と思える場所をGPSで確認したが、標識は見つけられず控えめにピンクテープが小木に巻かれているのみだった。
春のような陽気に、ここでコーヒーやミルクティーを飲みながらのんびりと昼食を摂った。
3年前にH原さんと来たときは、3月の下旬のことだったけれど強風に翻弄されたことが思い出される。

お腹が満たされ気力も十分なのだが、ピストンではなくここから尾根を下ってオコタンペ湖に抜けられるならどれだけ有り難いか、しかし、工事中でオコタンペ湖の上の道道を堂々と歩けないなら仕方がない。

小漁山より漁岳の方が標高はあるし、気温が上がってスノーシューの刃に雪が付き、更に跳ね上げた湿った雪がスノーシューのテールに乗っかって足がとても重くなった。
頻繁に雪をポールで落としながらの戻りは中々しんどいものがあった。

それでも1時間半はかからずに2度目の漁岳の頂上に立った。
途中尻滑りを楽しみつつ歩いて行くと、登りの時に見たイグルーの前で大学生だという4人パーティが休憩中だったので、挨拶をすると、熱いミルクティーをご馳走してくれた。
更に、調理中のベーコンやウインナー入り野菜炒めまで食べて行けと。
それではあまりにも図々しいのでベーコンを一切れいただき、お礼にクッキーと柿ピーを置いて来た。

そんな嬉しい接待を受けて、15時過ぎ無事下山。
遠望は利かなかったけれど、厳冬期とは思えないほど穏やかな山を堪能できた。
f0138096_1821424.jpg

正面に1224mピーク。雪庇が発達している。目指す小漁山は左端に見える
f0138096_18211534.jpg

1224mピークへのコルから、正面に恵庭岳、右に霞む支笏湖と奥に不鮮明な風不死岳と樽前山
f0138096_18212436.jpg

1224mピークの雪庇の上から、中央に漁岳
f0138096_18213533.jpg

小漁山は目前だが、ハイマツの地雷原があるのでどのように歩くか迷う。雪庇の近くを歩くのが楽だが危険
f0138096_18214567.jpg

小漁山頂上から中央に漁岳。右の木の小さなピンクテープが頂上の目印か
f0138096_18215438.jpg

小漁山の頂上から、スノーモービルのトレースらしきものが残っている
f0138096_1822459.jpg

1224mピーク近くから、ウサギの足跡を入れてオコタンペ湖と恵庭岳。恵庭岳の左に紋別岳、その更に左にイチャンコッペ山
f0138096_18221365.jpg

1224mピークの風紋
f0138096_18222114.jpg

正面に漁岳、自分の影を入れて
f0138096_18223054.jpg

小漁山が遠くなってきた。左端に霞む丹鳴岳。スノーシュウの刃に雪が団子のように付き、はねた雪がスノーシューのテールに載って足が重くなってしんどい
f0138096_18223994.jpg

2度目の漁岳頂上、右端の山は空沼岳か?
f0138096_18224730.jpg

漁岳からの下山時、中央に小漁山。遠くに見えても案外近い?
f0138096_18225654.jpg

枯れ木の奥に恵庭岳。左の紋別岳との間に支笏湖が僅かに見える
f0138096_18231576.jpg

前日、このイグルーを造るのに4時間以上かかったそう
f0138096_18234182.jpg

この冬初めて雪まくりを見た
by tarumae-yama | 2014-02-28 06:45 | 北海道100名山 | Comments(2)

小漁山と漁岳、2月26日-その1-

下見登山としての小漁山と漁岳、林道入り口の駐車スペースに8時過ぎ到着。
車は見当たらず私が1番乗りだったが、直後にRV車が立て続けにやって来た。
一人はオコタンペ山へ、もう一人は漁岳に登るとのこと。

2月14日の漁岳と違って今回は頂上直下のコルまでトレースがしっかりあったので、スノーシューが埋まることなく順調だった。
漁岳の急斜面は、前回新雪で苦しめられ直登出来なかったので、今回は北側にトラバースして頂上を踏んだ。
8本爪のアイゼンを携行したけれど、スノーシューで全く不安がなかった。

ただ、頂上からの眺望は、春霞が掛かっているかのようで遠望が利かなかった。
楽しみにしていた羊蹄山は、目を凝らすとやっとそれと分かる程度だった。
暖かく春のような陽気で、風もなくて最高の登山日和だっただけに、2日前のような眺望が得なれなかったのは何とも残念。

山行記録
登山ポスト08:22→尾根取り付き09:02→漁岳頂上10:42~10:44→小漁山11:46~12:07(昼食)→漁岳13:22→途中で大学生のパーティにお茶をご馳走になる→林道14:42→登山ポスト15:13
f0138096_22173182.jpg

林道の駐車スペース。オコタンペ山に向かうという男性に愛車の前のスペースを勧めたのだが遠慮された
f0138096_22174197.jpg

漁岳に向かう途中から、左手奥の小漁山を写す
f0138096_22175053.jpg

途中、寝泊まりしたのか雪のブロックで造ったイグルーがあった
f0138096_2218084.jpg

正面にオコタンペ湖と左に恵庭岳。オコタンペ湖の奥の支笏湖は判然としない
f0138096_2218979.jpg

イグルーに泊まったスキー登山者か、前方に4名のパーティ。私とは別のコース取りをしたため挨拶できず
f0138096_22181871.jpg

前方に真っ白な漁岳が見えてきた。4名のパーティをどうやら追い越したようで、前方に誰も見えない
f0138096_22182738.jpg

漁岳の急斜面に取りつく辺りから、小漁山を写す
f0138096_22184151.jpg

漁岳の急斜面から、オコタンペ湖の奥に支笏湖がボンヤリと見える
f0138096_22185514.jpg

頂上直下から、スキーの4名の他に私の直後にRV車でやって来たソロ男性も見える
f0138096_2219469.jpg

漁岳の頂上から、これから向かう小漁山を写す。カメラはパナソニックのGX7
f0138096_22192677.jpg

GPSの軌跡。小漁山から適当に尾根を下り、オコタンペ湖を横断して戻った方がずっと早くて楽なのだが
by tarumae-yama | 2014-02-27 09:38 | 北海道100名山 | Comments(1)

小漁山と漁岳、2月26日-速報版-

次の日曜日にN君、Y君と漁岳から小漁山を経由してオコタンペ湖を横断するという山行を考えているため、晴天の今日、下見登山に行って来た。

もう数日オコタンペ湖付近で工事があるらしく、通行止めのためオコタンペ湖へは下りず、小漁山からのピストンとなった。
漁岳小漁山間でハイマツに埋まり、それが往復だからストレスとなって余計疲れた感じ。
それに、快晴なのにまるで黄砂に覆われたような視界の悪さにガッカリだった。

とりあえず、写真を4枚アップして詳細は明日にでも。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1654920.jpg

漁岳を下り途中から撮影、中央に小漁山
f0138096_16542016.jpg

左端が目指す小漁山
f0138096_16542913.jpg

小漁山頂上から、白く連なるピークの一番右端が漁岳
f0138096_16544758.jpg

小漁山から漁岳に戻る途中、中央に漁岳、左に私のトレースが見える
by tarumae-yama | 2014-02-26 17:05 | 北海道100名山 | Comments(2)

マイカーの1ヶ月点検

エクストレイルの無料点検を受けてきた。
冬タイヤはインチダウンしているので誤差があるけれど、トリップメーターによると1060Km走行した。
点検の結果は異常なしとのこと。

(以下、「エクストレイル」と「文字検索」で私のブログを訪れる人のために書くけれど、)
今回の新型エクストレイルは、さすがに前モデルより1ランク上がったような印象を持った。
走行音が静かになったし、内装もレベルが上がり、上級車並みの装備が幾つも付加され、SUV車にこれ以上何が必要かと思うほど。

(メーカーオプションだが、)居眠り運転などで車線を越えればブザーが鳴るし、追突防止装置もある。オートクルーズまで付いているから、右足はアクセルペダルから自由になった。
燃費も良くなり、小さな不満点はあるものの、とりあえず我々夫婦は満足して乗っている。

諸々の向上やデザインが受け入れられたのか、今度のエクストレイルは中々人気があるらしく、担当セールスマンの話では、今から注文しても5月以降の納車とのことだった。
f0138096_1532934.jpg

無料1ヶ月点検中の愛車。スタッフに断って撮影
by tarumae-yama | 2014-02-26 06:45 | 日々の出来事 | Comments(5)

ウソとベニヒワ

私が徳舜瞥山に登っていた日の朝、庭のえさ台にウソがやって来たらしい。
f0138096_20312419.jpg

2月23日、窓越しから家内の撮影。カメラはパナソニックのLUMIX DMC-TZ30
f0138096_16405781.jpg

2月24日、窓越しから家内の撮影。カメラはパナソニックのLUMIX DMC-TZ30
f0138096_16411290.jpg

同じ24日、えさ台にベニヒワが2羽。カメラはカメラはオリンパスのOM-D E-M5に望遠レンズを着けて撮影
by tarumae-yama | 2014-02-25 07:28 | 野鳥・野生動物 | Comments(0)

幌平山、2月24日

ピーカンの天気にソワソワしていたら、家内が昼食(カップ麺だが)とポットを用意してくれ、「山へどうぞ」と。
いまでもこんなに愛されているのか、それとも余されている?のか・・・・。
まあ、「亭主元気で留守が良い」は本音だろうが、笑顔で送り出してくれるのは有り難い。

11時を過ぎてのスタートだが、どうやら10名ものパーティが先行しているらしい。
そんな訳で、つぼ足でも登れそうなほどしっかりしたトレースがあった。

今日は支笏湖ブルーが綺麗だし眺望が素晴らしいので、夏道を行かず展望の良い尾根を忠実に歩くつもりだったが、パーティも考えは同じらしく、尾根に沿ってトレースが延びている。
そして、8日にY君とこの外輪山に沿って紋別岳まで歩いたときにはなかったピンクテープが幾つかあった。

ネットで検索すると、私達が歩いたコースをトライする人が出て来ている様子だから、そんな登山者が最近付けたものかも知れない。

ともあれ、トレースに従って620mピークまで小一時間で到着。
このピークからの眺望が素晴らしくて、もうここで大満足し昼食を摂ることにした。

お腹が満たされ眺望も満喫したので、イチャンコッペ山への当初の計画は取り止め、幌平山を経由して下山することに。

幌平山への尾根にも沢山のスノーシューのトレースがあり、スキーの跡も混じっていて、今日の幌平山は賑やかな状況だったのだろう。

残念ながら大パーティにも誰にもスライドしない幌平山だったが、快晴の下、風もなく暖かな陽気でまるで春山の雰囲気だった。
前日の徳舜瞥山が残念な結果だっただけに、今日は本当に楽しめた。

山行記録
登山口11:17→620mピーク12:10~12:24(昼食)→幌平山13:11~13:25→登山口13:47
似たような写真が多いけれど、写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22461171.jpg

620mピークから中央に紋別岳
f0138096_22462415.jpg

同上、支笏湖
f0138096_2246348.jpg

同上、恵庭岳の左奥に前日登った徳舜瞥山の隣りにあるホロホロ山、恵庭岳の右に幌平山、更にその右奥には真っ白な漁岳
f0138096_22465041.jpg

614mピーク近くの白樺林とその影を写す
f0138096_22465952.jpg

幌平山の斜面にはスキーのシュプールも見える
f0138096_22471774.jpg

幌平山への登りで、支笏湖と奥に風不死岳や樽前山
f0138096_22472620.jpg

同上、オレンジ色の円内が昼食を摂った620mピーク
f0138096_22473945.jpg

幌平山頂上直下で、沢山のトレースの先に恵庭岳の頂上部が見える
f0138096_22475351.jpg

幌平山の頂上からの眺望
f0138096_22481296.jpg

同上、恵庭岳
f0138096_22482561.jpg

恵庭岳をアップで、頂上の上に飛行機雲が二つ見える
f0138096_22483760.jpg

幌平山頂上から、正面に風不死岳
f0138096_22484857.jpg

幌平山の頂上直下から、支笏湖の奥に風不死岳と真っ白な樽前山
f0138096_22495023.jpg

GPSの軌跡。 カメラはパナソニックのLUMIX DMC-GX7にLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. H-HS12035のレンズ
by tarumae-yama | 2014-02-24 23:43 | 登山 | Comments(4)

幌平山、2月24日-速報版-

昨日、徳舜瞥山に登ってきたばかりだが、あまりの天気の良さに今日は幌平山へ。
本当は尾根伝いにイチャンコッペ山に登り、下山時に幌平山に立ち寄ろうとしたのだが、途中のピークからの眺望に大満足し、イチャンコッペ山まで足を延ばす気持ちが急速にしぼんでしまった。
それでも、下山時幌平山のピークはしっかりと踏んできた。

とりあえず、写真を3枚だけアップし、山報告は明日にでも。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16283082.jpg

幌平山から正面に風不死岳と真っ白な樽前山(左)。支笏湖ブルーが素晴らしく綺麗!
f0138096_1628435.jpg

620m?ピークから左端に恵庭岳、中央にこれから向かう幌平山、その右奥に漁岳
f0138096_16285277.jpg

イチャンコッペ山登山ポストの近くの木に25日と27日は登山禁止の注意の紙が貼られていた。早朝だから多分影響はないと思うけれど。 カメラはパナソニックのGX7
by tarumae-yama | 2014-02-24 16:36 | 登山 | Comments(2)

徳舜瞥山、2月23日

N君が未踏だという徳舜瞥山にH原さんと3人で登ってきた。
沢山の先行者のトレースのおかげで、快調に歩けたものの天気には恵まれなかった。
頂上で青空の出るのを待っていたのだが、ガスに巻かれたまますごすごと下山。

昨年登った時は素晴らしい眺望に恵まれたので、その時の写真を紹介したい。←青文字部分をクリック。
次回登るときは、こんな天気であって欲しいものだ。

山行記録
駐車場08:42→1050m台地10:04→頂上10:47~11:03→途中で昼食→1050m台地11:46→駐車場12:33
f0138096_203798.jpg

スノーシューより山スキーの登山者が多かった
f0138096_2031879.jpg

1050m台地付近の二人。前方に徳舜瞥山が霞んで見える
f0138096_203278.jpg

ガスと飛雪で視界は100mあるかどうか。先頭はスノーシューのN君、後にワカンのH原さん
f0138096_2033427.jpg

周りは真っ白な徳舜瞥山頂上
f0138096_2034238.jpg

昼食は下で摂ることにして下山開始。3人のパーティがつぼ足で登ってきた
f0138096_2035161.jpg

往路最初に追いついた3人パーティだった。札幌と千歳の混成チームだそう
f0138096_204035.jpg

1050m台地の上で風を避けて昼食タイム
f0138096_2041094.jpg

昼食場所から1050m台地で休憩する登山者が見える
f0138096_2041912.jpg

尻別岳をバックに記念写真
f0138096_2044055.jpg

3人パーティがデポしたスキーと左端の徳舜瞥山頂上部にその3人が小さく見える
f0138096_2044992.jpg

頂上部をアップで。3人パーティが見える
f0138096_2045759.jpg

ようやく青空が覗くようになった
f0138096_20579.jpg

雪に覆われた放牧地を下りる二人
f0138096_2052080.jpg

GPSの軌跡
by tarumae-yama | 2014-02-24 07:20 | 北海道100名山 | Comments(4)

OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

買いもしないのに、またもカメラネタ。

レンズ交換式のデジカメでは珍しくもないバリアングル液晶だが、ネオ一眼や高級コンパクトカメラにも採用される機種が多くなってきた。

1/2.3型撮像素子のいわゆる普及型コンデジでチルト式の液晶を採用したのは、カシオのHIGH SPEED EXILIM EX-ZR1000が最初ではないかと思う。
今は後継機種のZR1100が2013年の9月から発売されている。

先日ブログで紹介したパナソニックのLUMIX DMC-TZ60の姉妹機TZ55もチルト式液晶コンデジとして来月売り出される。
この機種は、30倍ではなく20倍ズーム、ファインダーも内蔵されていないけれど。

多分、他のメーカーも人気次第ではこのチルト式のコンデジを発売してくるのかも知れない。
そう思っていたら、オリンパスからチルト式の液晶を採用した防水カメラを売り出すという。
しかも、防水式に限らず高級コンデジでも見かけないような、21mm(35mm判換算)からの超?広角寄りの5倍ズームレンズを用いるらしい。

水中での使用も考慮したカメラだから、当然、防水・防塵、耐落下衝撃仕様。
-10℃の動作保証だし、何より21mmは山には夏冬問わず魅力的な1台と言えそう。

以前、山友のY君にはOLYMPUS STYLUS TG-2 Toughを薦めたけれど、STYLUS TG-850 Toughの方が魅力的に映って見えてきた。
f0138096_1659100.jpg

STYLUS TG-850 Tough。写真は「価格.com」のHPより
by tarumae-yama | 2014-02-23 06:14 | 写真 | Comments(2)

樽前山、2月20日-その2-

西山の尾根には前日のものと思われるワカンの跡があった。
外輪山を歩いていてスノーシューが埋まることは殆どなかったのでワカンでも大丈夫そう。
東山の頂上からスノーシューで森林限界まで真っ直ぐ下りる事が出来たため、ここもワカンが使えるかも知れない。

ヒュッテの管理人さんは不在だったし、富山のFさんや苫小牧のMさんはすでに下山したらしく、私はゲートまで黙々と歩いたが、スノーシューが重く感じてヘロヘロ状態だった。

次回登るときは疲労軽減のため、(スノーシューをやめて)ワカンで登ってみようと思う。
アイゼンも12本爪ではなくて6本爪の携行ならかなり身軽になりそう。

まあ、6本爪のアイゼンやワカンで樽前山の東斜面を直登出来るものか、それはわかんないけれど。
f0138096_14573455.jpg

太平洋がキラキラとオレンジ色に輝いている。中央右に西山ピーク
f0138096_14574334.jpg

風紋
f0138096_14575648.jpg

東山の頂上から、支笏湖ブルーが綺麗、奥にイチャンコッペ山や紋別岳
f0138096_1458792.jpg

7合目の見晴台付近。アイゼンではそこそこ埋まる
f0138096_14581741.jpg

ようやく駐車場所に戻ってきたが、すでにFさんやMさんの車はなかった。カメラはオリンパスのOM-D E-M5と キットレンズ
by tarumae-yama | 2014-02-22 07:36 | 樽前山 | Comments(0)