<   2013年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ミヤマカケス

今年は128山と本当に数多く山に登った。
それも健康であったればこそと丈夫に生んでくれた両親や、食事面等であれこれ心を配ってくれた家内には感謝してもしきれない。

来年も元気に、「デジカメ持って野に山に」カケス(駆けず)りまわる事が出来れば、と願っている。ということで、写真はミヤマカケス。
つまらないダジャレで2013年を締めるのは何ともしまらないけれど。

読者の皆様にはこの1年拙いブログにおつきあいいただき本当に有難うございました(^o^)

新年が明るい年でありますよう!!
f0138096_1311412.jpg

12月27日撮影
by tarumae-yama | 2013-12-31 08:50 | 野鳥・野生動物 | Comments(6)

ダイサギ

オジロワシの近くの木に止まっていたダイサギは、17日の記事でアップしたサギと同じ個体だろうか。
図鑑を見ると、サギはコウノトリ目サギ科とあった。
幸せを運ぶと言われるコウノトリの種類とは、嬉しい。

だがこの鳥は、ケッコンサギ(結婚詐欺)だったりして・・・・・m(_ _)m

f0138096_2392696.jpg

f0138096_2393555.jpg

f0138096_2394435.jpg

f0138096_2395218.jpg

f0138096_2310475.jpg

12月27日昼過ぎの撮影
by tarumae-yama | 2013-12-30 07:07 | 野鳥・野生動物 | Comments(0)

山仲間と飲み会

荒天のため登山は中止になったけれど、千歳市内の居酒屋で飲み会はしっかり実施。
過半数はTarochanさんなど白老山岳会のメンバーだが、H原さんやブログに相互リンクのminakayakさんms090さんが加わって総数10名。
18時から2時間少々、趣味が一緒の集まりだから実に楽しい宴だった。

店の外で解散前の記念写真を撮り、見上げると朝の吹雪が嘘のように星が寒空にきらめいていた。
f0138096_21264883.jpg

f0138096_21265855.jpg

12月28日キヤノンのS110で撮影
f0138096_1533244.jpg

Tarochanさんの記事から勝手に借用
by tarumae-yama | 2013-12-29 07:07 | その他 | Comments(5)

オジロワシ

今日は、H原さんや白老山岳会の有志(勇姿か)ら9名で樽前山の予定だったのだが、暴風雪の予報が出ているのでは仕方がない。予備日の29日も含め取り止めとなった。

昨日、思いがけず青空がのぞいたので、大掃除の合間をぬって野鳥撮影のため公園へ。
幸運にも今冬初めてオジロワシを見た。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1647166.jpg

二つの円内にサギとオジロワシ
f0138096_16471058.jpg

f0138096_16471836.jpg

上2枚オジロワシ。 12月27日昼過ぎの撮影
by tarumae-yama | 2013-12-28 06:52 | 野鳥・野生動物 | Comments(0)

ホンダ 「ヴェゼル」

頻繁に山に行っているものだから、家の事はままならない状況になっている。
さすがにこのまま新年を迎える訳にも行かず、窓ガラス磨きに精を出した。
滅多にやらないけれど、やり出せば凝る方だから風不死岳の北尾根を登るよりきつかった!

新型フィットハイブリッド車が出たとき、ディーラーの人から12月に4WDタイプが出ると聞かされていた。
それが「ヴェゼル』なのだろうか?(追記、これは間違いでフィットの4WD車は1月13日に発売されるm(_ _)m)。

一見、CR-Zの雰囲気、日産のジュークにも似ているように感じる。
サイズ的には今の私達には理想的に思えた。
予約は順調で、2ヶ月待ちだそうだ。

2ヶ月は待てない月日では全くないけれど、最低地上高がFFでも18.5cmあるのに、4WDは17.0cmと知って一気に関心がなくなった。
18.5cmでも私の荒い林道走行ではデフやオイルパンを擦りそうなのに、4WD車が1.5cmも下がるなんて・・・・。
f0138096_21262198.jpg

なかなかスタイリッシュ
f0138096_2126319.jpg

エンジンルームを見せてもらった。バッテリー固定金具のボルトの長さに一寸ビックリ
f0138096_21264065.jpg

とりあえず、カタログ類はもらってきた
by tarumae-yama | 2013-12-27 07:11 | その他 | Comments(2)

12月25日、風不死岳北尾根

前日、positive51さんから、「風不死岳か恵庭岳に一緒しませんか?」とメールが来た。
恵庭岳を二人ではラッセルがきつくて途中敗退の可能性があると考え、風不死岳の北尾根にしてもらった。

千歳市内はドッサリ降ったのに、支笏湖周辺は大した降雪量ではなかったようで、風不死岳も12月3日に登った時より多少増えた程度だった。

どうやら先行者が二人登っているようで、我々はその真新しいトレースを使わせてもらった。
先行者のトレースが、8合目辺りでスノーシューからつぼ足に変わった。
傾斜がきつくなる場所なので、スリップ防止にアイゼンが必要になるタイミングなのだが。
いぶかしく思いながら、我々も先行者の足跡を忠実に使ってつぼ足で登る事に。

小雪がちらつく頂上に到着すると、何とスノーボードの青年が先の偽ピークに立っていた。
その後、頂上にやって来た男性二人と話をしたところ、沢でボードをやるつもりが想定外の少雪に驚いたと。

先に下山していった青年を見送り、我々はお湯を沸かしてカップ麺と鍋焼きうどんで昼食。
残念ながら、頂上滞在中支笏湖がその姿を見せることはなかった。

まあ、それでも頂上は風もなく、この時期としては穏やかだった。
頂上からは安全の為にアイゼンを装着し、途中埋まることもなかったので登山口に停めた愛車まで履き替えることなく下山。

山行記録
登山ポスト09:09→頂上11:04~11:51(昼食)→登山ポスト12:53

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1822980.jpg

positive51さんはワカン、私はスノーシューを履いてスタート
f0138096_1823852.jpg

トレースもしっかりあって埋まることなく快調
f0138096_1824744.jpg

尾根から振り返ると支笏湖とその奥に紋別岳
f0138096_1825748.jpg

傾斜がきつくなってきたが、先行者に習いアイゼンなしで行けるところまで行ってみようと
f0138096_183691.jpg

頂上に到着。先行の二人が偽ピークに見える
f0138096_1831473.jpg

頂上から望む樽前山。中央右に太平洋が光って見える
f0138096_1832264.jpg

positive51さんが鍋焼きうどんをコンロに乗せたが、汁が凍っていて空だき状態になり、アルミの底に穴が開いたようだ
f0138096_1834166.jpg

それで、中身をコッヘルに移し替え。写真ではパンのように見えるが凍ってしまった汁。右下に穴の開いた鍋焼きうどんのアルミ容器
f0138096_1835149.jpg

私はカレーヌードル。冷えた身体に美味しかった。眼下の支笏湖は全く見えず
f0138096_1835964.jpg

スノーボードの青年と真ん中にpositive51さん。青年AさんBさんは千歳市内在住とか。ピーコン携行で危機管理も万全の様子
f0138096_184775.jpg

下山中、支笏湖と白く輝く恵庭岳が見えてきた
f0138096_1841554.jpg

写真撮影中のpositive51さん
f0138096_1842397.jpg

下山途中の8合目辺りだろうか、AさんBさんがスノーボードを楽しんでいた。分かりにくいがジャンプをしているシーンと横では動画撮影中
f0138096_1843156.jpg

下山時、倒木はどうやら春まで処理されなさそう。 カメラはオリンパスのTG-620
by tarumae-yama | 2013-12-26 07:21 | 北海道100名山 | Comments(6)

タイヤのインチダウン

スタッドレスタイヤを買わなければならなくなった。
本来は225/65R17なのだが、17インチは高額だから16インチに変更したい。
ただ、インチダウンすると、ホイールがブレーキキャリパーに当たる危険が出てくるから、確認が必要になる。
それに外径が小さくなることで速度計の表示も不正確となるし、カーブでの踏ん張り低下など走行性能にも響いてくる(多分、そうとは気がつかないくらい?)。

しかし、インチダウンならホイールとタイヤ4本で2万円ほど安くなるという。
背に腹はかえられず、妥協できる範囲で16インチを注文しようと思う。
f0138096_21312054.jpg

スタッドレスタイヤBLIZZAK DM-V1 215/70R16 写真はブリジストンのHPより
f0138096_22231961.jpg

by tarumae-yama | 2013-12-25 07:24 | その他 | Comments(2)

クリスマスイブ

この冬は雪が少ないと書いたばっかりに、除雪に一汗二汗かくほどの降雪に見舞われた。
まあ、孫のクリスマス会で少々食べ過ぎたから、雪かきは格好のダイエットになったけれど。

何より、ホワイトクリスマスになって北国らしい。
f0138096_1193029.jpg

松の生け垣に付けたクリスマス用の飾り付けを撮影
f0138096_22533947.jpg

息子の家でクリスマスランチ。(孫からピアノ演奏のプレゼント)
by tarumae-yama | 2013-12-24 07:01 | その他 | Comments(0)

12月20日、樽前山-樽前山東山から西山へ、そして下山-

東山の頂上には12時前に到着。
上層雲曇りではあるけれど、この時期の樽前山としては驚きの無風状態だし、このまま下山するのは勿体ない。見るところ、外輪山上の積雪は少なく、すんなり歩けそうだから西山へ行っても日没までには下山出来そう。

という事で向かった西山は、思惑通り夏山同然?で快調だった。
しかし、戻りも同じコースで1時間も経っていないというのに、樽前神社奥宮付近から外輪山分岐まで強風が吹き荒れていて厳冬期並みの厳しさを味わった。
行きは穏やかだったのだが、溶岩ドームを回り込む風が収束して強まり、まともに歩けない。
その上、飛ばされた雪粒が顔面に当たり痛いほど。
目出し帽はザックの中にあるけれど、尾根状の吹き曝しの所ではザックから取り出すのもままならない。

1000m足らずの山なのだが、こんな激変に驚いてしまった。
f0138096_2011979.jpg

外輪山分岐付近から、噴煙を上げるドームと左に西山
f0138096_20111887.jpg

樽前神社奥宮と中央に西山
f0138096_20112632.jpg

西山をアップで、中央に羊蹄山が見える
f0138096_20113297.jpg

西山から溶岩ドームと右に東山頂上部
f0138096_20114072.jpg

西山頂上から中央左にホロホロ山、右に白老3山
f0138096_20114746.jpg

西山頂上から支笏湖と羊蹄山
f0138096_20115582.jpg

同上、中央に恵庭岳、右端に風不死岳
f0138096_2012269.jpg

風不死岳を中央に左端は恵庭岳、右端に紋別岳
f0138096_20121080.jpg

下山時、奥に外輪山分岐、1月にはカリカリに氷化してアイゼンがなければ歩けない難所部分
f0138096_20121675.jpg

難所を渡りきり、木段が始まるすぐ上でしばし休憩。支笏湖の奥にイチャンコッペ山
f0138096_20122632.jpg

マカロンのようなウサギの糞
f0138096_20123350.jpg

7合目のすぐ上にある見晴台から支笏湖、鮮明ではないが手前の足跡はウサギのもの
f0138096_20124189.jpg

無事ヒュッテまで戻ってきた。中には札幌から来たと言うご夫婦?が管理人さんと談笑中だった。ご夫婦?はヒュッテが今日の頂上とのこと。
管理人のOさんから、「樽前山の四季」のKさんの近況などを聞くことが出来た
by tarumae-yama | 2013-12-23 07:04 | 北海道100名山 | Comments(4)

あんこ餅

今年も友人宅で餅つきをすると言う事で家内と手伝い?に行ってきた。
今回、私はあんこ餅作りに挑戦。

自慢する訳ではないが、不器用さでは人に負けない。
だから、私の作ったあんこ餅は大きさがバラバラなら、餡を包む餅の厚さもバラバラ。
今にも餡が飛び出しそうな薄いのもあれば、見た目ただの白餅風なものも。
まあ形はどうであれ、味は、餅論、文句なしに美味しかった!

もっとも、余りのひどさに友人は呆れていたから、来年声がかからないのは確実かも。
f0138096_209387.jpg

手前は私の作ったあんこ餅、奥は友人や女性軍の作ったもの
by tarumae-yama | 2013-12-22 07:19 | 食べ物 | Comments(0)