<   2013年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

11月30日、風不死岳北尾根

ms090さんと二人で風不死岳の北尾根を登ってきた。
彼の第1希望は恵庭岳の岩塔だったのだが、頂上部の雲が取れそうになくて第2案の山へ。

詳細は明日以降報告するとして、とりあえず写真を2枚アップ。
f0138096_16252410.jpg

アイゼンを装着して7合目の急な尾根を登るms090さん
f0138096_16253786.jpg

下山時、支笏湖と正面奥に紋別岳。オリンパスの防水カメラTG-620で撮影
by tarumae-yama | 2013-11-30 16:30 | 北海道100名山 | Comments(2)

マガモなど

インディアン水車を見物した後、カモの状況を偵察?に。
例年見られる場所に今年もそこそこ群れをなしていた。
しカモ、川から上がって直ぐ近くで。

いたのは、ヒドリガモにキンクロハジロと一番多かったマガモ。
野鳥にはとんと詳しくないので違うカモ。
f0138096_15235076.jpg

f0138096_1524070.jpg

キンクロハジロ?
f0138096_152495.jpg

つがいでいても一人かも(ヒドリガモ)?(^^;) 千歳川にて。11月26日キヤノンのS110で撮影
by tarumae-yama | 2013-11-30 07:10 | 野鳥・野生動物 | Comments(2)

インディアン水車

郊外のカーショップで買い物ついでに寄ったインディアン水車
まだ鮭の捕獲作業が続いているようで、遡上を防ぐ柵に引っかかるゴミや枯れ葉などを関係者が寒風の中取り除いていた。

橋の上から覗いてみると、まだまだ綺麗で元気な鮭が何匹も泳いでいたから、柵が外され自宅近くの川で鮭を見られるようになるのは、来月も中旬以降のことだろうか。
f0138096_13423773.jpg

f0138096_13424633.jpg

f0138096_13425330.jpg

子供の頃、この水車で獲られた鮭の卵が近くに落ちていて、それを餌に釣りをして遊んだことが懐かしい。11月26日キヤノンのS110で撮影
by tarumae-yama | 2013-11-29 07:19 | その他 | Comments(0)

手打ち蕎麦

友人から、手打ち蕎麦を食べに来ないかと電話があった。
そば粉は幌加内産、水はニセコの湧水という拘りの作業をたっぷり2時間見させてもらった。

捏ねるときの水やうちこの量など、かなり微妙で大変な作業。
まだ3度目の手打ち蕎麦とのことだが、どうして中々の味だった。
蕎麦もさることながら、奥さんのかき揚げがこれまたとても美味しかった。

4度目は大晦日だろうか?
さすがに、その日に押しかけるほどの図々しさは、いくら私でもない!(かな?)
f0138096_1736589.jpg

f0138096_17361487.jpg

f0138096_1736286.jpg

f0138096_17363899.jpg

11月25日友人宅で撮影
by tarumae-yama | 2013-11-28 07:13 | 食べ物 | Comments(0)

ラフマニノフ 『幻想的小品集』より第一番「悲歌(エレジー)」

先日、フランスで開催されたフィギュアスケート2013年グランプリシリーズ第5戦では、カナダのパトリック・チャンが断トツの得点で優勝した(らしい)。
そのショートプログラムで使われた曲がタイトルの作品(らしい)。

TVで観ていた家内は、演技の素晴らしさに感動を受けると同時に曲にも魅了されたと。
残念ながら我が家にその曲はないので、早速「Amazon」から取り寄せた。
ついでに、上質な音が心地よくて最近良く聴いているイリーナ・メジューエワのCD2枚も。

だが、トロップの弾く「エレジー」は、TVで観た「エレジー」とは随分テンポが遅く、違う印象を受けたらしい。(私はTVを観ていない)
同様に、初めて聴いたメジューエワのモーツアルトも、私には我が家にあるCDとはまるで違って聞こえた。
こんな例えが適切か分からないけれど、女性的なモーツアルトからたくましくかつ意欲的なモーツアルトに変身したような。
f0138096_2284594.jpg

解説書によると、イリーナはロシア出身だが日本人と結婚して現在京都で活躍中とのこと。また、ロシアの音大では、ウラジーミル・トロップに師事していたと。「エレジー」のCDを買うときに、ピアニストは全く考慮していなかったので、この偶然には驚いた
by tarumae-yama | 2013-11-27 07:15 | 音楽 | Comments(2)

11月24日、恵庭岳-その2-

24日の恵庭岳、この時期にしては珍しく10名を超える登山者とスライド。
さすが人気の山だけのことはある。

だが、そろそろ深い雪に覆われるだろうから、それまでにあと1,2回登れるなら嬉しい。
f0138096_16334423.jpg

f0138096_1633564.jpg

f0138096_1634814.jpg

頂上の岩塔
f0138096_16341947.jpg

同上。場所を移動して
f0138096_16342952.jpg

第2見晴台でのんびりと昼食。中央に風不死岳
f0138096_1634403.jpg

第1見晴台で後ろ姿のKさんとカメラ談義。北アルプスの五色ヶ原でまだ新品の高級デジカメFUJIFILM X10を置き忘れて戻ってこなかったそうだ。今でこそ半額以下になっているが、拾った人はそのまま届けずに使っているのか?
f0138096_16345130.jpg

第2見晴台に向かうKさん。後ろの男性は今回初めての恵庭岳ということでKさんがガイド役?
f0138096_1635219.jpg

下り専用コースにて。ロープはまだ雪に埋まっていない
f0138096_16351428.jpg

凄い勢いで登ってきた苫小牧からの二人組。真逆光になって見苦しい写真になった
f0138096_16352553.jpg

下山時の駐車場、雪は全くない。積雪は5合目辺りから
by tarumae-yama | 2013-11-26 07:26 | 北海道100名山 | Comments(4)

11月24日、恵庭岳-その1-

前日幼稚園に行っている孫の発表会があり、その後の会食で食べ過ぎてしまった。

そんな訳で、ダイエット登山へ。
ただ、山はなかなか決められず、ゲートから長い歩きの樽前山か風不死岳の北尾根かで散々迷った挙げ句の恵庭岳。

昨年も今回と同時期の11月25日に登っているのだが、その時よりずっと雪が少なく夏靴でも第2見晴台まで問題ない状況。
さすがに、頂上岩塔からの下りはスリップの危険があるから、スライドした2組の男性は本格的なアイゼンを装着していた。

今回もワカンをザックにスパイク長靴だったけれど、次回はアイゼン持参で登ろうと思う。

山行記録
登山口08:30→第1見晴台09:53→第2見晴台10:19~11:32(昼食)→第1見晴台11:49~11:59→登山口12:54(一部省略している区間あり)

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18301357.jpg

支笏湖畔から正面に恵庭岳、右に漁岳
f0138096_18302341.jpg

散々迷った樽前山(左)と風不死岳
f0138096_18303283.jpg

登り専用コースで登りきった先行者。雪は昨年より少なくせいぜい数センチ
f0138096_18304120.jpg

第1見晴台の上で先ほどの先行者がアイゼンを装着中
f0138096_18305096.jpg

8合目標識を入れ中央左に頂上岩塔
f0138096_183058100.jpg

第2見晴台から、支笏湖と奥に紋別岳。一寸霞んでいる
f0138096_1831740.jpg

第2見晴台から頂上岩塔
f0138096_18311623.jpg

オコタンペ湖と奥に小漁山。羊蹄山は霞んでいる上に頂上部が雲の中
f0138096_18312459.jpg

岩塔の下でスライドしたBさん。単独で夏は沢登り、冬は山スキーをやるそうだ。アイゼンをしっかり装着している
f0138096_18313225.jpg

輝く支笏湖と奥に太平洋も輝いている
f0138096_18314039.jpg

頂上に架かるロープが3本見える
f0138096_18314895.jpg

f0138096_18315619.jpg

f0138096_1832420.jpg

無風の頂上は暖か
f0138096_18321220.jpg

f0138096_183220100.jpg

f0138096_18322766.jpg

カメラはパナソニックのLUMIX DMC-GX7+LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S. H-HS12035
by tarumae-yama | 2013-11-25 07:16 | 北海道100名山 | Comments(2)

雪山装備の点検

スパイク長靴の底をチェックすることなどなかったので、ピンが抜けて酷い状態になっているのに気がつかなかった。
これからの雪山シーズンに向け、今回反省を込めてスノーシューやアイゼンをしっかり点検。
その結果、使用頻度の一番多いMSRのスノーシューに問題が見つかった。

「JR北海道」ではないけれど、命にかかわる冬山だけに事前の点検と整備は大切と痛感。
f0138096_13562637.jpg

玄関前にスノーシューやアイゼンを広げて点検
f0138096_1356463.jpg

ビンディングの角のリベットにトラブルが見つかった
f0138096_13565615.jpg

とりあえず、針金で補修をしたけれど、酷使のため全体的に寿命が近い感じ
by tarumae-yama | 2013-11-24 07:01 | アウトドア | Comments(2)

11月22日、イチャンコッペ山

シマエナガさんと二人でイチャンコッペ山に登ってきた。
この日の朝までお互いに山の予定はなかったのだが、電話で話をしているうちに、「登りましょうか?」となった。

そんな訳で、夏は仕事でずっと忙しかったシマエナガさんと登るのは、5月の野塚岳、アポイ岳以来半年ぶり。

時々小雪がちらつく生憎の天気のせいか、手前の恵庭岳の登山口にもイチャンコッペ山の登山口近くの駐車場にも停まっている車は皆無だった。

今の時期、恵庭岳や風不死岳ではスノーシューやワカンが必要と想像出来るけれど、標高の低いイチャンコッペ山は夏靴でも登れるかも知れないと思いつつ、応用の利く長靴で登ることにし、念のためワカンを持参。
本当に、積雪前の今頃はどのような足回りが良いのかワカンない。(^^;)

結果的に、隣の恵庭岳は長靴でも埋まる程積雪がありそうに見えたが、イチャンコッペ山は全く雪のない登山道で、夏靴が最適だったかも。

注意!
下山時、785mピークから2,3分のところで、新たに登山道が開削されたようになっているが、これは多分、反射板を撤去するために作られた作業道で、登山道には合流しない。

山行記録
登山口11:15→785mピーク12:38→頂上12:54~12:56→785mピーク13:08~13:28(昼食)→登山口14:18

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17544762.jpg

登山前、ポストで記帳しようとするシマエナガさん。ザックにワカンをくくりつけて
f0138096_1754552.jpg

支笏湖をバックに反射板ピーク(785m)の手前で
f0138096_1755594.jpg

785mピークにあった反射板がない
f0138096_1755143.jpg

8月11日に撮影したもの。反射板がある
f0138096_17552151.jpg

10月14日に撮影。まだ反射板がある。知人が11月17日に登った時は撤去されていたそうだから、その間の作業だったのだろう
f0138096_17553086.jpg

反射板があった785mピーク
f0138096_17553865.jpg

同上。中央奥にイチャンコッペ山頂上
f0138096_17554645.jpg

頂上で恵庭岳をバックにシマエナガさん。頂上周辺だけうっすらと雪がある
f0138096_17555474.jpg

頂上直下から支笏湖と奥に風不死岳(右)と樽前山
f0138096_1756216.jpg

頂上から785mピークに戻るシマエナガさん
f0138096_17561046.jpg

785mピークで恵庭岳を撮影するシマエナガさん。漁岳や小漁山には降雪があるようだ
f0138096_17561849.jpg

785mピークから支笏湖と奥に風不死岳など
f0138096_17562841.jpg

頂上付近で見つけたツルリンドウの実
f0138096_22203835.jpg

シマエナガさんから送られてきた写真。785mピークから下山するところ
by tarumae-yama | 2013-11-23 07:00 | 登山 | Comments(0)

ニューエクストレイル

日産から来月エクストレイルが新発売されるらしい。
以前、この12年間にエクストレイルばかり4台続いたので、いい加減飽きたとブログに書いたことがある。
それは、今までデザイン的に大きく変えてこなかったせいもあるのだが、、3代目となる今回のフルモデルチェンジは、内外装とも以前の面影は全く窺えないほどの変身ぶり。

また、従来のエクストレイルは、完全なアウトドア指向で、なおかつ直線的なデザインだから、いかにもRV車の雰囲気だったけれど、ニューエクストレイルは、一見するとデュアリスかムラーノに似ていて、ヨーロッパの乗用車風にも見える。

今回、曲線的なデザインに賛否両論あるようだが、予約は順調とのこと。
3列シートモデルもあり、マツダのCX-5やスバルのXVを凌ぐ人気車になるかどうか・・・。
f0138096_16341792.jpg

従来のエクストレイルの面影は殆どないけれど、技術的な進化は大きいらしい。写真は「autoblog」より
by tarumae-yama | 2013-11-22 07:37 | その他 | Comments(0)