<   2012年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

姪の結婚式

身内の結婚式に出るのは5年半ぶりだろうか。
結婚適齢期の甥や姪がまだ5人も残っているので、また上京の機会があるかも知れない。

式場のホテル(インターコンチネンタル 東京ベイ)からは、レインボーブリッジや東京スカイツリーなどが臨めるロケーションが素晴らしかった。
勿論、フットサルやバンドもやるという新郎は凜々しく、新婦も幸せそうで似合いのカップルに見えた。

披露宴の料理も、田舎者の私には普段口にすることのないものばかりで、味も見た目も絶品だった。
上品すぎて、一皿一皿の量は少々物足りなかったけれど。

とは言うものの、帰宅後翌朝の体重計は、上京前より2kgも多く表示された。
f0138096_1733362.jpg

ホテル内の教会で
f0138096_17334627.jpg

ホテルのバルコニーで
f0138096_17335749.jpg

ガラス越しに東京湾とベイブリッジが見える
f0138096_1734754.jpg

ホテルから東京スカイツリーも
f0138096_17341836.jpg

アップで
f0138096_17342791.jpg

ホテルの窓越しに
f0138096_17345566.jpg

夕刻のベイブリッジ
f0138096_17344134.jpg

料理を一皿だけ紹介。 10月27日撮影
by tarumae-yama | 2012-10-31 07:19 | その他 | Comments(0)

また、公園の紅葉

前日の強風と雨で、紅葉はもう終わりかと思って出かけた公園は、なかなかどうしてまだまだきれいな紅葉だった。

ただ、紅葉の美しさをコンデジで写真に切り取るのは難しい。
f0138096_0113152.jpg

f0138096_0114166.jpg

f0138096_0115277.jpg

f0138096_0122100.jpg

f0138096_0121359.jpg

f0138096_0122295.jpg

同じような写真だが。自宅近くの公園で10月29日午後の撮影
by tarumae-yama | 2012-10-30 07:07 | その他 | Comments(4)

10月26日、上京

姪(弟の次女)の結婚式があり、上京した。
家内が直前に同行出来なくなり、航空券のキャンセル等でバタバタしたが(このバタバタ劇は後日紹介するかも)、10月下旬の東京は思ったより寒かった。

航空会社に勤務する弟から航空券が送られていたのだが、予約の出来ない特殊なもの?だから、空席状況をインターネットで毎日確認しながら便を決めるというドキドキ感?を味わった。

私のブログを開設当時から見ている古い読者なら、私の兄姉は8人で毎年兄弟会を開催している事をご存じと思う。
しかし、20年以上続いたその兄弟会も健康問題等で2009年を最後に途絶えている。

長兄は私より16歳上ですでに82歳になった。
私が19歳の時に父を亡くし、結婚する時母は長兄宅で生活することになったため、埼玉の長兄宅が実家のようになった。

その実家に夕刻到着すると、上野から長兄の長男(私の甥)一家も顔を出してくれ、街に出ての夕食と実家での語らいに楽しい夜を過ごした。

そう言えば、この甥の長男が中三の時に、恵庭市のサッポロビール園でパークゴルフを楽しんだが、今大学生だという。
年月の速さにただただ驚く。
f0138096_1173112.jpg

甥の長男のため、新千歳空港内のロイズでチョコレートを購入
f0138096_1174261.jpg

搭乗した全日空のボーイング777機
f0138096_1175423.jpg

写真撮影が許可されたとき、ギリギリ羊蹄山や洞爺湖をカメラに納めることが出来た
f0138096_118485.jpg

長兄宅で、長兄の長男一家と。目と脚が弱ってきたという長兄から終活の話も。甥の長女はイギリスの大学を卒業、この夏からシンガポールで就職をしているので写っていない。
彼女のブログは、以前紹介したことがあるけれど、私のブログにリンクしている「毎日が宝探し」。正座して読まなければならない?ほど一寸堅苦しいかも。興味があれば読んでみて下さい。いつの間にかタイトルが変わったようだ。また、甥は高校教師だが、NHKラジオで「高校講座古典」の講師をしているので、興味があればこちらも併せて聴いてみて下さい。 何れも10月26日LUMIX DMC-TZ30で撮影
by tarumae-yama | 2012-10-29 11:31 | その他 | Comments(0)

ミラーレス機

暇があると(まあ何時もヒマだけど)、ヤマダ電機やキタムラカメラに行ってデジカメを触っている。
今、ホット?なキャノンEOS Mは、酷評されているほどオートフォーカスが遅いとは思わなかった。
質感も悪くはないと感じたが、天の邪鬼だからキャノンやニコンのミラーレスや一眼レフ機を持つことは多分ないと思う。

家内が使っているLUMIX DMC-G3の後継機種になるG5が9月13日に発売された。
EOS Mには賛否両論のレビューが多数あり、そしてクチコミでも炎上気味なほど過熱しているのに対し、半月ほど早く発売のG5の反応は驚くほど低調だ。
購入者の感想が知りたいのに、ダブルズームキットのレビューがいまだに一件もないのはどうしたことだろう。

手に取ってみると確かにチープな感じは否めないが、G5の操作性はとっても軽快で好感が持てる。
オリンパスOM-Dは階層が深くて使いづらいのとは対照的だ。

今は高くて手が出ないけれど、来年の夏には5万円台まで下がっているかも知れない。
それまで500円玉貯金でせっせと資金作りに励もうと思う。
f0138096_11474449.jpg

パナソニックのLUMIX DMC-G5と14-42電動ズームレンズキット。 写真は「価格.com」のHPより
by tarumae-yama | 2012-10-28 17:20 | 写真 | Comments(0)

公園で

自宅近くの公園の紅葉が何とも言えず良い感じ。
池にはカモがいて、とっても素敵な雰囲気と言えるカモ。
f0138096_115366.jpg

f0138096_1152111.jpg

f0138096_1153089.jpg

f0138096_1154126.jpg

何れも10月26日10時半頃の撮影
by tarumae-yama | 2012-10-26 11:08 | その他 | Comments(4)

「デジカメ持って野に山に」

山での地道な布教(宣伝)活動?が成果を上げたのか、毎月アクセス数が増加している。
取るに足らない内容の記事だが、毎日書いているから訪問の読者も空振りがない分、安心してヒマつぶしが出来るのかも。

それにしても、ブログ開設以来この5年半の間にどれほどの記事を垂れ流した?だろう。
書くに事欠き、ブログのために山に向かうような状況にもなってまさに本末転倒。
だが、山はそろそろ積雪状態だから、今までのようには出かけられない。

歳も歳だし、ここに来て疲労蓄積気味、いや、家族内のことも披露したので披露骨折か。
これからは皆勤賞から精勤賞程度まで骨休みを入れ、リフレッシュしたい思う。
少しずる休みも加わる気がするけれど、見放さないでいただけたらとても嬉しい。
f0138096_23422892.jpg

10月の日ごとのアクセス数やブログ開設以来の総数が分かる。8月は1日当たり222.1人。9月は235.3人で10月は25日までだが、1日当たり264.8人。総アクセス数は218000を超えた。
開設した5年前は1日当たりせいぜい2,30人だったから、この数は嬉しくもあり怖くもあり・・・・。1番右の欄が訪問者数で、その左はアクセスページ数
f0138096_2342446.jpg

8月の「検索キーワード」ベスト10。やはり登山やカメラ関係で私のブログにヒットするようだ。図の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2012-10-26 08:17 | その他 | Comments(7)

公園と裏山で

自宅近くの公園や裏山の紅葉がピークを向かえたように見える。
首からLUMIX DMC-G3をぶら下げ、ポケットにはLUMIX DMC-TZ30を入れて。
f0138096_173318.jpg

食べられるのだろうか?
f0138096_17331396.jpg

f0138096_17332490.jpg

f0138096_17333520.jpg

f0138096_17334462.jpg

f0138096_17335323.jpg

f0138096_173428.jpg

f0138096_17341188.jpg

f0138096_17341951.jpg

全て10月24日の撮影。 写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2012-10-25 07:31 | その他 | Comments(2)

電動ズームレンズのその後

この間、図書館で読んだ「特選街」によると、今年発売されたレンズ交換式デジタルカメラの中で、ミラーレス機が一眼レフ機を超えたそうだ。
機種だけでなく販売総数でもミラーレス機が超えたとあった。

私も以前は、ペンタックスのist DSやソニーのα100などの一眼レフ機を使っていたが、今はオリンパスとパナソニックのミラーレス機になった。

そのミラーレス機であるオリンパスOM-Dにパナソニックの電動ズームレンズを付け、10月10日にイチャンコッペ山に登った。
その時故障したレンズについて、昨日九州にあるパナソニックから電話があった。

内容は、鏡胴部分に小さな打痕があり、それによってレンズ収納部分にゆがみが出ている、なので無償にはならないと言うもの。
無償と思い込んでいたので無性に凹んだ(T_T)

笹についていた水滴がレンズ収納部分に入った可能性はあるとは思っていたものの、ぶつけた記憶がないので全く腑に落ちない。
しかし、現物が九州にあっては交渉のやりようもないではないか。

パナソニックの修理代は高いというクチコミがあったので、金額の提示にはびくびくものだったけれど、レンズ購入代金の4割ほどだった。
それで、ユニット交換後に銘板?を張り替えるようだが、要するに新品になるらしい。

まあ、これに懲りて今度カメラやレンズを買うときは、落下事故なども補償する5年保証に入ろうかと思う。
f0138096_1454742.jpg

10月22日自宅近くの公園で。カメラはミラーレス機のパナソニックLUMIX DMC-G3
by tarumae-yama | 2012-10-24 07:12 | 写真 | Comments(6)

10月21日、風不死岳北尾根コース

強風のため途中で引き返すことになるかもと思っていた風不死岳に、割とすんなり立つことが出来た。
直前に笹刈り作業があったらしく、朝露でズポンを濡らすこともなかった。
ただ、刈った笹がそのまま登山道に放置されていたため、スリップして少々歩きにくかったけれど。

風不死岳北尾根からの紅葉は、8合目から上は落葉が進んでいて、3合目から7合目辺りの中腹が今一番の見頃だろうか。
登山道の奥に赤く色づいた木が点在しているのだが、笹やダケカンバなどの樹木に遮られて満足出来る写真は撮れず。

それでも、陽光を受けキラキラと輝く黄葉を眺めつつ、振り返ると支笏湖ブルーが美しい支笏湖も楽しみながら気持ちの良い登山だった。

なお、miton-chuさんのブログに風不死岳の記事がアップされました。←青文字部分をクリックして下さい。

山行記録
登山口09:45→頂上11:27~12:18(昼食)→登山口13:40
休憩を含め登りに1時間42分、下りに1時間22分
f0138096_15214996.jpg

f0138096_15215894.jpg

f0138096_1522642.jpg

f0138096_15221476.jpg

8合目付近で
f0138096_15222450.jpg

f0138096_15223984.jpg

我々より一寸遅れてmiton-chuさんのパーティが頂上到着
f0138096_15225279.jpg

頂上から、樽前山7合目周辺の紅葉。白い円内に駐車場。奥に苫小牧市街と太平洋
f0138096_1523485.jpg

バックに樽前山
f0138096_15231546.jpg

くどいようだが、静内からのご一行様をもう1枚、立食中のmiton-chuさんも入れて
f0138096_15232534.jpg

我々より一足先に下山したmiton-chuさん達
f0138096_15233615.jpg

数分遅れてN君も下山開始
f0138096_1524260.jpg

普段は穏やかな支笏湖の湖面が白く波立っている
f0138096_15241215.jpg

f0138096_15242133.jpg

トレランスタイルの男性が駆け下りていった
f0138096_1524301.jpg

by tarumae-yama | 2012-10-23 07:53 | 北海道100名山 | Comments(2)

10月19日、樽前山の紅葉-最終編-

無人の西山ピークから東山までは2,3人とすれ違っただけ。
それぞれ防寒のための雨具を着て足早という感じだった。

雪こそ降らなかったものの、東山からの尾根歩きは相変わらず雲が多くて眼下の紅葉はパッとしない。
雲の切れ目からスポットライトのように光が当たるのだが、点でしかないからてんで物足りない。

お花畑(もう花は無いけれど)コースまで下りてきても紅葉の上に青空が広がることなく、無念な気持ちのまま駐車場に戻った。

21日の風不死岳の頂上からは、7合目の樽前山ヒュッテ周辺の紅葉はどうやらピークを過ぎようとしているように見えた。
これからは足早に紅葉前線が麓にと下りていくのだろう。
f0138096_21324786.jpg

東山の頂上から、眼下に駐車場と周辺の紅葉。そろそろ終わりだろうか。剥げているように見えるのは雲の切れ目から太陽に照らされている部分
f0138096_2132561.jpg

バックに溶岩ドーム
f0138096_2133537.jpg

932m峰斜面の紅葉
f0138096_21331467.jpg

方向を変えて
f0138096_21332882.jpg

大阪から来たと言う単独登山者のSさん。一泊で樽前山だけのために来たそうだ。大雪山と富良野岳にも登りに来て今年3度目の北海道とのこと
f0138096_21333810.jpg

f0138096_21334784.jpg

f0138096_21335947.jpg

f0138096_2134761.jpg

f0138096_21341556.jpg

f0138096_21342547.jpg

紅葉したシラタマノキ
f0138096_2134473.jpg

シラタマノキの周りにタルマエソウ(イワブクロウ)の紅葉
f0138096_2135029.jpg

まだエゾイソツツジの花が残っていた
f0138096_21351079.jpg

エゾイソツツジの紅葉
by tarumae-yama | 2012-10-22 14:18 | 北海道100名山 | Comments(2)