<   2012年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

3月29日、漁岳-その2-

漁岳から下山して帰宅途中、オコタンペ分岐ゲート近くの駐車場に4,5台の車を見たが、オコタンペ山か恵庭岳、或いは幌平山へ向かった登山者のものだろうか。
ゲートは閉じていたけれど、どうやらその先の工事が完了したのか、交通整理の係員や工事車両は見えなかった。

これからはゲートを越えてオコタンペ山やオコタンペ湖を横断してフレ岳や小漁山等へすんなり歩けるかも。
しかし、そろそろオコタンペ湖の氷上を渡るのは注意が必要と思う。
f0138096_1381163.jpg

猛烈な風に北のピークから雪煙が舞い、まるでエベレストのよう。ちょっと大袈裟か
f0138096_1382530.jpg

漁岳の頂上直下のH原さん
f0138096_1383826.jpg

下山時、漁岳に続く我々のトレースが見える。右端のピークまで歩いた
f0138096_1384946.jpg

真っ白なオコタンペ湖と恵庭岳
f0138096_13941.jpg

正面に小漁山
f0138096_1391646.jpg

下山時、漁岳と北に続く稜線
f0138096_1393339.jpg

f0138096_1394654.jpg

13時過ぎ、無事駐車地点に戻る
f0138096_139586.jpg

下山中にお話しした同じHYML会員であるshunさん。昨年9月に愛別岳でお会いしている
f0138096_1310837.jpg

shunさんの近くで休んでいたパーティ。同じ職場の同僚かと思ったがmixiでの仲間とか
f0138096_1310212.jpg

GX200で撮影中の私をH原さんが撮影
by tarumae-yama | 2012-03-31 13:44 | 北海道100名山 | Comments(4)

3月29日、漁岳-その1-

腰の痛みと天気の悪さに10日以上山に行っていなかったけれど、久しぶりの晴れ予報にH原さんと漁岳に登ってきた。
昨年3月28日、H原さんとオコタンペ山~漁岳~小漁山を登り、オコタンペ湖に降りたことがあり、今回も小漁山の先まで行ってオコタンペ湖に降りる予定だったのだが、漁岳で余りの強風に断念。その代わり?、500mほど北にあって等高線1本分漁岳より高い隣のピークまで行ってから下山した。

漁岳から下山中、ソロや数名のパーティなど7組14名の登山者に出会った。
平日にもかかわらずこの登山者の数、近年は随分と人気の高い山になっている。

山行記録
入林ポスト07:14→漁岳頂上09:47~09:57→北のピーク10:16~10:27→入林ポスト13:00
漁岳まで休憩を含め登りに2時間33分。下りは北のピークから昼食を含め2時間33分
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_12232487.jpg

支笏湖と中央右に恵庭岳、右端に漁岳
f0138096_12233626.jpg

入林ポストで記入するH原さん
f0138096_12235466.jpg

小1時間の林道歩き
f0138096_1224458.jpg

f0138096_1224159.jpg

正面に恵庭岳、その手前に真っ白なオコタンペ湖。その奥の支笏湖は霞んでいる
f0138096_12242976.jpg

f0138096_12244575.jpg

正面に雪煙を挙げる漁岳
f0138096_1224545.jpg

同じところから中央に小漁山
f0138096_12251631.jpg

頂上直下の急斜面を登るH原さん。風が強い
f0138096_12254671.jpg

漁岳頂上。中央奥に羊蹄山
f0138096_12261866.jpg

立っているのがやっとの強風に笑顔も引きつる?H原さん。中央に恵庭岳
f0138096_12263599.jpg

強風で作られた風紋
f0138096_12264925.jpg

中央右手に小漁山
f0138096_1227253.jpg

北のピークに到着のH原さん。中央に狭薄山
f0138096_12272025.jpg

f0138096_12273416.jpg

北のピークからの眺望。遠くに無意根山や余市岳が見える
[
f0138096_1228387.jpg

中央奥に羊蹄山。カメラはリコーGX200
f0138096_12281678.jpg

GPSの軌跡。漁岳から北のピークまでピストンして下山
by tarumae-yama | 2012-03-30 13:06 | 北海道100名山 | Comments(2)

「OLYMPUS OM-D E-M5

オリンパスから3月31日に発売されるタイトルのカメラの仕様を見て久しぶりに興奮した。
また、「価格.com」のクチコミも、発売前だというのに3300件を超える大変な盛り上がりを見せていて、このカメラは異常とも思える関心を集めている。

かつて、フィルム時代に一世を風靡した一眼レフカメラの「OM-1」にそっくりなデザインは、クチコミで賛否両論、喧々囂々。ミラーレスなのに「OM-1」より更に高くした軍艦部は、ケースの出し入れに邪魔だから私は気に入らないけれど。

しかし、マグネシウム合金を使用した堅牢ボディに防滴・防塵構造、電子ビューファインダー内蔵、チルト式の背面液晶、更に世界初となる5軸対応手ぶれ補正機構も搭載、それでいて重量がたったの373gと言う驚きの軽さ。(これは同じオリンパスのフラッグシップモデルE-5が800gだから半分にも満たない。)
レンズも防滴仕様というから、登山で荒っぽい使い方をする私には全てが理想的に映る。
もっとも、液晶がバリアングルでレンズももう少し明るければ言うことなしなのだが。

そんな訳で、年金生活者には高額なこのOM-Dを、清水寺から飛び降りる心境で予約。
実物に触りもしないまま決めるなんて、自分の事ながら信じがたいが、前評判の高さと性能・装備の良さに飛びついた。
おかげで、購入資金のため手持ちのカメラを2台処分することになったけれど・・・。

それにしても、2月中の予約者は31日に入手出来るようだが、今からの予約では納期がお盆頃という話もあり、何とも落ち着かない。
f0138096_1594632.jpg

OM-D E-M5。写真は「価格.com」のHPより
追加
今日、H原さんと漁岳に登ってきた。晴天だったが頂上は立っていられないほどの強風で大変だった。詳細は明日アップの予定。
f0138096_1505119.jpg

正面に漁岳、強風で頂上から雪が飛んでいる
f0138096_151444.jpg

頂上直下の急斜面をワカンで直登するH原さん。左に支笏湖が見える
by tarumae-yama | 2012-03-29 05:22 | 写真 | Comments(4)

アマリリス

雪解けが遅くなかなか春を実感出来ないけれど、鉢植えの花は今年も変わらずに咲いてくれた。もっとも、それは赤いアマリリスのことで、ピンクのアマリリスは2年ぶりとは家内の弁。
f0138096_12020.jpg

f0138096_121698.jpg

家内の撮影
by tarumae-yama | 2012-03-28 01:10 | | Comments(2)

フレッツ光ネクスト

NTTから27日午前4時に回線の切り替えをするので、その後モデムを再起動して欲しいと連絡があった。
再起動をすることで回線の速度が、理論上最大200Mbpsまで上がる。

起床後、期待を持ってモデムを再起動した。
確かにホームページの閲覧がサクサクと動くようになった感じがする。

だが、今までも時間帯によってはサクサク見られたから、今日以降何時でもストレスなく動いてくれるのなら工事をやった甲斐があるというものだ、ぜひそうあって欲しい!
図の上でクリックすると見やすくなります。
f0138096_12274471.jpg

2階にある有線LAN接続のノートPCの速度。モデムの再起動前
f0138096_1228471.jpg

同上。再起動後の数値。大きく上がった
f0138096_12283025.jpg

1階にあるディスクトップPCの起動前。2階のルーターから無線LAN接続
f0138096_12284595.jpg

同上。モデムの再起動後の数値。大きくはアップしていない。むしろ上がりの速度が低下
by tarumae-yama | 2012-03-27 12:23 | その他 | Comments(2)

チェリスト宮田大

先日、ジムから帰宅すると家内がTVの音量を珍しく上げて聴いていた。
画面から流れるチェロの音色がとても美しく、演奏者は誰かと聞くと、宮田大と教えてくれた。

ネットで調べると、第9回ロストロポーヴィチ・チェロコンクールに日本人として初めて優勝していること、使用しているチェロは、故齋藤秀夫氏の愛器であったテストーレ(1746年製)だと言うから、音の魅力的なことに納得したが、まだ25歳の若さも魅力。

昨年12月に初のCDが発売になったらしく、来月家内の年金がでたら注文するそうだ。
彼の動画を見つけたので、興味があれば聴いてみて下さい。
f0138096_14291232.jpg

写真は「Amazon.com」のHPより
by tarumae-yama | 2012-03-26 00:02 | 音楽 | Comments(0)

友人からの海外旅行土産

先日、半月ほどヨーロッパへ旅行に行っていた友人がわざわざお土産を届けに来てくれた。
スリなどに遭わぬよう気を張っていたので目つきが悪くなったと冗談を言っていたが、元気そうだった。

そのうち、写真を見ながらゆっくり旅の話を聞かせてもらえたらと思う。
f0138096_22224120.jpg

友人からの土産、チョコとベニスで買ったという封蝋セット
f0138096_22231294.jpg

早速、家内が貴族気分でサインをし、封筒に蝋を垂らしてシーリングスタンプで刻印
by tarumae-yama | 2012-03-25 17:02 | その他 | Comments(4)

先輩の活躍

2日前、北海道新聞の朝刊に偶然職場の先輩だった方の記事が並んで出ていた。
1人は一回り以上歳上だが、第59回写真道展で大賞を獲得されたと。
日暈(ひがさ)はよく見かける現象だが、マリア像を入れたアングルが絶妙だと思う。

もう1人は私より1年先輩で公私ともにお世話になったI・Fさん、「ねむろトコロジストの会」の代表として野鳥観察等のボランティア活動を通し、地域の活性化のために奮闘している様子が紹介されていた。

お二人と退職後お会いする機会はないけれど、思わぬ形でご活躍の様子を知った。
f0138096_1447616.jpg

3月22日付北海道新聞朝刊の紙面をスキャン
by tarumae-yama | 2012-03-24 00:39 | その他 | Comments(4)

女満別高校、初戦敗退

第84回選抜高校野球大会に21世紀枠で出場した女満別高校が初戦で敗退。
昨日は義母の命日で岩見沢へ出かけていたためTV観戦出来なかったのが残念だった。

もう25年も前になるが、女満別町(町村合併で現在は大空町)に2年間住んでいた。
2人の息子は、釧路から自然が一杯の小さな町の小学校へ転校し、伸び伸びと過ごした。

家内は、女満別湖畔(網走湖)のミズバショウの群生、白やピンクの花咲くジャガイモ畑がどこまでも広がる風景などがお気に入りだった。

その女満別時代、女満別高校でソフトテニスを教えたことがある。
当時の部員の多くは網走から通学していて、便数の少ない路線バスの時刻に合わせると練習時間が殆ど取れず、私自身が短期間でやる気をなくし辞めてしまったけれど。

そんな小さな高校の野球部員を、甲子園まで連れて行った監督の先生はそれだけで尊敬してしまう。
f0138096_23373115.jpg

町民が総出のような賑やかな女満別小学校の運動会(昼食時間)。25年前の写真をスキャン
by tarumae-yama | 2012-03-23 00:05 | その他 | Comments(0)

孫と「レラ」へ

久しぶりに息子一家が遊びに来たのでランチは孫の希望で回る寿司屋に行き、
その後アウトレットモールの「レラ」で息子夫婦とショッピングをした。
家内はケトルを買う予定だったが、嫁さんが誕生日のプレゼントに買ってくれて大喜び。
孫も我々が見守る中、キッズコーナーで大はしゃぎだった。
f0138096_2358232.jpg

f0138096_23583411.jpg

f0138096_23584492.jpg

孫馬鹿ぶりの写真を3枚。3月20日撮影
by tarumae-yama | 2012-03-22 00:29 | その他 | Comments(4)