<   2010年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

1年間の感謝

今年も野に山に遊び回って家の事を何もしなかったため、付け焼き刃というか泥縄と言うべきか、年末ギリギリの昨日と今日、家の大掃除であった。
0度前後の気温の中、外ガラスを磨いたり車庫の外壁を洗ったり、何も真冬にやらなくて良いことに頑張った。
まあ、これで気分的に新年を清々しく迎えることが出来そうだ。

振り返るとあっという間の1年だったが、その中でブログを殆ど毎日アップした。
6日間の欠勤?は車中泊で山に行っていたためで、記事としてはこの1年間で387本もアップした。自分の事ながら良く続いたものと思う。

これも熱心な読者の応援があってのことと心から感謝し、皆様には良い新年でありますようお祈りしています。
f0138096_15374024.jpg

by tarumae-yama | 2010-12-31 15:41 | その他 | Comments(8)

感激のプレゼント

甲府のヨッシーさん10月14日に樽前山翌日札幌岳をご一緒した。
その時にお世話になったと、今日、手作りのカレンダーや今までの傑作写真を収めたDVD(音楽付き2枚組)が二組送られてきた。
一組は札幌岳の頂上で合流?し、同じ写真のプロとして意気投合した札幌のHさんに差し上げて欲しいと礼状にしたためてあった。

札幌岳でお別れするとき、カレンダーを送りますとは聞いたが、それは2年前に頂いた山梨県山岳連盟のものだと思っていた。
ところが、全てプリンターで1枚1枚焼いた手作りのもの。
そしてその写真は、ヨッシーさんが厳しい条件の中で撮影した大変な労作ばかり。
DVDも含め制作には大変な手間暇がかかったもので、とても心苦しい。
近いうちにHさんに一組お渡しするつもりだが、彼の感激する顔が目に浮かぶようだ。

同封の便せんには、来年7月に所属する山岳会が旭岳からトムラウシ山まで縦走する計画だとある。学会があるので参加できるか不確定のようだが、山で再会できればこんな嬉しい事はない。
f0138096_17445967.jpg

サイズの違うカレンダー2種類と2枚組DVDがそれぞれ二組ヨッシーさんから送られてきた
by tarumae-yama | 2010-12-30 17:53 | その他 | Comments(8)

12月29日、歩くスキーで樽前山(7合目まで)

ぴよしろうさんと歩くスキーで樽前山に登ってきた。
実際は悪天とラッセルのため7合目の避難小屋で引き返したのだが。

メンバーにもう一人、札幌のHさんが加わった。
以前から、ぴよしろうさんにGPSの事であれこれアドバイスを得たいと私に言っていたので、Hさんに声をかけて今日二人は初の対面となった。

私の歩くスキーは、ぴよしろうさんに中古を斡旋してもらい今朝受け取ったばかりのもの。靴はやや小さめだったが薄手の靴下で何とか収まった。
Hさんも25年ほど前に買ったものを久しぶりに取り出し、昨日真駒内公園で1時間ほど足慣らしをしたとのことであった。

雪が降る中3人でスタートしたものの、数分も歩かない所でHさんのスキー靴にトラブル発生。
一度車に戻り、Hさんはぴよしろうさんのスキーセットで、ぴよしろうさんはスノートレを履き走って登ることになった。

新雪がスタート地点で15~20cm積もっていて、前日のものと思われるスキーのトレースがうっすらと残っていたが、5合目のゲートから先は25~30cm以上積もってトレースが判然としない。

ランニングで先行したぴよしろうさんと避難小屋のすぐ下で再会?したが、ラッセルがきつくて大変な思いをしたらしい。

トレースの恩恵を受けた我々スキー組は5合目まで1時間、そこから7合目の避難小屋までもう1時間ほど、昼食のパンを1個ずつ食べてすぐ下山したが、スキーが全然滑らず1時間少々かかったこともあり、とうとうぴよしろうさんに追いつくことが出来なかった。

吹雪の予報だったせいか、樽前山に登ろうと言う物好きな登山者はいなかったが、樹林の中を歩くコースだから殆ど無風状態で心地よい汗をかくことが出来、それなりに楽しかった。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16571627.jpg

降りしきる雪の中、準備中のHさんと私。ぴよしろうさん撮影
f0138096_16572917.jpg

道道141号線のゲートを越えて歩き出すHさんとぴよしろうさん
f0138096_16574733.jpg

スキー靴のトラブルで引き返し、ランニング前にHさん提供の麦汁を飲むぴよしろうさん
f0138096_1658472.jpg

麦汁でエンジンのかかったぴよしろうさん、ランニングで先行
f0138096_16581934.jpg

我々歩くスキー隊は1時間ほどで5合目ゲート前に到着
f0138096_16583698.jpg

避難小屋の下で再会?したぴよしろうさんと、Hさん撮影
f0138096_16584731.jpg

樽前山7合目避難小屋の前でHさん
f0138096_1659469.jpg

5合目ゲートで、下山中のHさん
f0138096_16591651.jpg

無事下山してHさんとぴよしろうさん
f0138096_16594460.jpg

7合目避難小屋までのGPSの軌跡
by tarumae-yama | 2010-12-29 17:12 | 北海道100名山 | Comments(8)

MEON農苑内「ロングパリッシュ」

マウンテンバイクで支笏湖に向かう度に、自転車道路脇の建物がづっと気になっていた。
数年前から広大な敷地に一人でコツコツ作っている様子、今年やっと完成したそれはレストランか画廊だろうと聞いていた。

今日、ヤマセミ狙いで千歳川の上流へ出かけた帰り道、レストランなら家内と一度来ようと、下見のつもりでその建物のドアを開けた。

それはどちらでもなく、インテリアや雑貨を扱う店であった。
それも英国のアンティーク物を多く扱っている様子。
見る分には楽しいが、結構な金額だから年金生活者の私には縁遠い数々。雑貨の小物なら何とかなるだろうけれど。

そして、店の周りには果樹園が広がっていて、それが「MEON農苑」ということなのだろうか。
街から離れた何もないところにぽつんと建つ「ロングパリッシュ」、ちょっと不思議。

社長は岩見沢出身で、家内が入学した高校の2期先輩、奥様は稚内出身で高校時代に利尻山に登っていると言うから、家内を連れてもう一度訪ねてみようと思う。

追記
「ロングパリッシュ」で検索していて、関連するブログを見つけた。
岩見沢の農家の方だろうか、いろいろなカテゴリーの中に「ミオン農苑とロングパリッシュ」がある。気象・天体の項目もあり楽しい。
f0138096_14916100.jpg

「ロングパリッシュ」の正面
f0138096_1492888.jpg

いたる所にえさ台があり、リスや野鳥が来るそう。松の後ろには果樹園が広がる
f0138096_1494166.jpg

「ロングパリッシュ」の裏側、社長ご婦人の了解を得て。残念ながら店内は撮影禁止。12月28日撮影
by tarumae-yama | 2010-12-28 14:22 | その他 | Comments(6)

野鳥の撮影

昨日餅つきに行く途中、三脚を持って野鳥の撮影に向かうTAKAさんに会った。
毎日が日曜の私と違い、現職のTAKAさんは休日しか野鳥撮影が出来ない。
一昨日もカワセミ狙いのTAKAさんに会ったのだが、氷点下の中何時間も忍耐強く待っていたらしい。

また、先日カワセミを探しているときにお会いした健康法師さんは、「砂漠人」のご両親と同じ郊外のリゾートマンションに住み、毎年千葉からやって来て、早春から年末まで野鳥の撮影目的で長期滞在しているとのこと。
このように、野鳥の撮影を趣味としている人達の情熱には感心させられるものがある。

話題はちょっとズレ、昨年の6月に裏山で偶然フクロウを見つけたのだが、とうとう今年は何度も探しに歩いたにもかかわらず声を聞くことすらなかった。
野鳥撮影の知人達も随分裏山を探しに歩いたと聞いたが、今年は誰一人(裏山では)フクロウを撮影していないようだ。
さすがに心配していたところ、市のHPにフクロウのことが書かれていると聞いた。
早速閲覧してみると、なるほど昨年7月に幼鳥が保護され、治療の甲斐なく死んだとあった。
更に、今年1月には成鳥が民家の窓に激突して保護されたが、こちらは治療の後山に放たれたとある。
少なくとも1月まで成鳥が見られた訳だから一安心。

ぜひ来年の「福来郎」に期待したい。
f0138096_111635100.jpg

昨年7月に保護されたときのフクロウのヒナ、写真は市のHPより
f0138096_11165390.jpg

放射冷却が加わり今朝は酷く冷え、8時の気温が-11度。車庫の窓ガラスに付いた霜を写す。12月27日8時の撮影
by tarumae-yama | 2010-12-27 11:24 | その他 | Comments(8)

餅つき

今年も友人宅で餅つきをするとのことで家内と出かけてきた。
友人の親戚やご近所の方達など総勢17名が集まり、餅米も20kgを超える量が用意され、昨年より一段と力が入った感じ。
餅つきが終わった後は、お雑煮の他酒の肴に焼きたてのカキや手作りのウインナーなどがでて贅沢な昼食会となった。

2010年も残すところ僅か5日、家族や友人達と元気に過ごせた1年であったことが何よりも嬉しい。
f0138096_17274884.jpg

今年も友人の隣に住むTさん宅のビニールハウスが餅つき会場
f0138096_1728086.jpg

餅つきをする友人親子
f0138096_1728989.jpg

よもぎ餅も
f0138096_17282084.jpg

ビニールハウス内
f0138096_17283266.jpg

ストーブの上には手作りウインナーと奥に雑煮
f0138096_17284582.jpg

お雑煮などで昼食会、この後一家族が加わって総勢17名の賑やかさ、12月26日撮影
by tarumae-yama | 2010-12-26 17:44 | その他 | Comments(8)

カワセミとトラツグミ

昨日の午前中、何時もの場所へカワセミの撮影に行ってきた。
常連のアヤさんが、撮影中やって来た除雪車に驚き飛んで行ったと。
戻ってくるのを待つという彼女と別れ、下流に向かった。

10分ほど歩き、以前見かけた場所を覗いて見ると、すぐ近くの枝にカワセミが止まっていた。
大して期待をしていなかっただけに、この幸運は嬉しかった。

カワセミと入れ替わるように今度は見慣れぬ鳥が飛んできた。
アヤさんからトラツグミだと教えてもらい、今回ブログ初登場となった。

ただ、3日前のイスカを撮影したとき、逆光のため露出を+1.0も補正したのだが、それを戻さないまま撮ったので色調が飛んでしまった。
まだまだ修行が足りない。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_10413968.jpg

f0138096_1042164.jpg

f0138096_10422225.jpg

f0138096_10423591.jpg

f0138096_104395.jpg

f0138096_10432372.jpg

上の2枚はトラツグミ、6枚の写真は12月24日撮影
by tarumae-yama | 2010-12-25 10:46 | 野鳥・野生動物 | Comments(4)

クリスマス会

昨日、札幌の息子夫婦宅で早めのクリスマス会があった。
転居したばかりでまだ落ち着いていないからと、テイクアウトの料理に最近話題?の持参したユリ根サラダなどを加えて昼食会。

普段3人家族の孫は、両方の親と叔母(孫から見て母親の妹)が加わって急に賑やかになったものだから興奮して飛び回っていた。

デザートのアイスケーキを食べた後、プレゼントに大喜びの孫の笑顔に見送られ暗くなる前に千歳に戻った。
f0138096_13412125.jpg

昼食前に
f0138096_13542641.jpg

主役の孫
今日の夕食を1枚追加

f0138096_2041462.jpg

クリスマスイブの今日は夫婦二人だけの夕食、頂いたロブスターがメイン。12月24日撮影
by tarumae-yama | 2010-12-24 13:44 | その他 | Comments(13)

カワセミとイスカ

昨日、久しぶりにカワセミを撮ることが出来た。
それまで5日間姿を見つけることが出来なかったのだが、昨日は何時もの場所でWさんとminekoさんが撮影中だったから探す苦労がなく十数枚撮れた。

もう少し近づこうとして飛ばれてしまったのだが、その直後ハイタカが突然現れてカワセミを襲ったように見えた。
Wさんは血相を変えて後を追ったが、飛んでいくハイタカの足は何もつかんでなく、どうやら逃げ切った様子にホッと胸をなで下ろす一幕があった。
二人から、カワセミどころかヒヨドリなども補食すると教えてもらい驚くばかりであった。

そんな話をしているところにイスカが数羽飛来してきたが、暗い上に遠くて判然としない。
トリミングの上明るく処理したけれど、そんなイスカをアップしていすか?なんて。
f0138096_038237.jpg

カワセミ
f0138096_0381572.jpg

同上
f0138096_0383463.jpg

イスカ、何れも12月22日撮影



 
by tarumae-yama | 2010-12-23 07:58 | 野鳥・野生動物 | Comments(6)

白い汁粉ユリ根バージョン

今日は冬至、毎年カボチャ団子入りの汁粉を食べる。
今年は、ユリ根を使ったもの。
小豆を使わずユリ根と牛乳で作ったので白い汁粉になった。
それだけでも十分ユリ根の甘みが出ていたが、甘党の私や息子のために甘納豆まで入っていた。

白い汁粉は、洞爺湖岡田屋の大福豆で作った白いあんのものが有名かも知れない。

家内がブログ用にと調理しながらカメラに収めていた。
f0138096_20254237.jpg

白い汁粉ユリ根バージョン
f0138096_20255737.jpg

冷凍保存にする団子用カボチャロール? 家内の撮影
by tarumae-yama | 2010-12-22 20:38 | 食べ物 | Comments(4)