<   2010年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

8月30日、青葉公園

午後からLUMIX DMC-GF1Cを肩に青葉公園を歩いてきた。
本州からの実業団が合宿中らしく、散歩道を集団で疾走しているところに良く出くわす。
この夏はいつまでも気温と湿度が高く、とてもさわやかな北海道とは言えないから選手達には気の毒なことだ。
f0138096_1419026.jpg

f0138096_14191575.jpg

f0138096_14193174.jpg

f0138096_14194624.jpg

カメラを構える間にどんどん行ってしまう実業団の選手達
f0138096_14195863.jpg

陸上競技場の係員の話では、今5つの実業団が合宿中で9月上旬まで滞在とのこと
f0138096_14201121.jpg

駐車場には京都や三河ナンバーのワンボックスカーが数台、みんな合宿関係者の車だろう。写真は全て8月30日青葉公園で撮影
by tarumae-yama | 2010-08-31 14:27 | その他 | Comments(2)

ソニーα55

退屈紛れにカメラの新製品情報を見るのが好きだ。
最近では、デジ一眼レフであるニコンの「D3100」やキャノンの「60D」の記事を読んだ。
ただ、「D3100」は「D3000」の、「60D」も「50D」のマイナーチェンジ版?。
基本性能を上げた上に、フルハイビジョン動画やバリアングル液晶の採用等々魅力ある機能や装備を付加したことでメーカーの期待通り売れるかもしれないが、私自身はレンズを持っていないこともありさほど興味はわかない。

で、今最大の関心事は、先日予告したソニーのα55α33という9月10日発売の新機種。
一眼レフタイプのようにミラーのアップダウンが必要ない透過型ミラーを採用したことで、毎秒10コマという驚きの高速連写だという。オートフォーカスも随分と速いらしい。
もっとも、ソニーのαシリーズで初採用の電子ビューファインダーに見える像は、撮像素子で作られたものだというからそのタイムラグがどのくらいなものか気になるけれど。

NEXシリーズの大ヒットで俄然元気なソニー渾身?のα55α33、発売前なのにビックカメラでは週間販売ランキングの3位(α55)に入ったという口コミがあった。
これは予約が殺到したと言うことなのだろうか?
(先ほど確認のため再度ビックカメラのHPを訪ねるとランキングから消えていました!)

4月2日のズグロカモメ撮影時、α100の連写速度の遅さに落ち込んだけれど、このカメラなら毎秒10コマという速さで周りのカメラマンを驚愕させること間違いなしだろう。
もっとも、今度は余計レンズの貧弱さに肩身の狭い思いをすることに。
そうして、沼にドップリとはまって行く・・・・??
f0138096_1440186.jpg

ソニーから9月10日発売になるα55、写真は「価格.com」のHPより
by tarumae-yama | 2010-08-30 14:55 | 写真 | Comments(0)

ブルーベリー狩り

今年も友人の畑へブルーベリー狩りに行ってきた。
現地で10時に合流したS君は、家族と札幌からの身内や友人等総員15名を引き連れ、さながら貸し切り農園のようであった。
私たち夫婦はS組一家?の殆どとすでに顔見知りだから、あれこれたわいない話などしながら昼までブルーベリー狩りを楽しんだ。

昼食は2班に分かれ、私たち6名は最近オープンした讃岐うどんの店に入ったが、残念ながら本場で食べた喉ごしの良さには及ばないと感じた。
f0138096_14562377.jpg

ブルーベリー狩り中のS君の家族、右端に畑の経営者であるS木君
f0138096_14564674.jpg

まだまだ完熟前の実が一杯だから来月の上旬がピークだろうか
f0138096_14565857.jpg

ブルーベリーの実に止まる赤とんぼ
f0138096_14572710.jpg

昼過ぎ、収穫を終えパックに移し替える。その後1パック(約1kg)1000円で精算
f0138096_14574043.jpg

11時過ぎにおやつタイム、上空にはひっきりなしに新千歳空港へ着陸進入する航空機
f0138096_14575213.jpg

昼食に入った讃岐うどんの店
f0138096_1458915.jpg

釜玉うどんとトッピングで510円也の昼食
by tarumae-yama | 2010-08-29 15:10 | その他 | Comments(0)

8月27日、樽前山

昼頃、樽前山の外輪山を歩いてきた。
自宅から30分で行ける手軽な上に楽しい山だから、冬、強風で途中撤退したのも含め今年11回目の樽前山。

今日も7合目の駐車場はほぼ一杯の車、5分も歩けばベンチのある展望台から支笏湖や風不死岳、紋別岳などが良く見えるため観光客の車も多いのだろう。

12時25分に登山口をスタート、外輪山まで30分、そこから西山まで35分の1時間5分でピークに立った。
途中、コマクサがどうなっているかと探したのだが、あれほどあったコマクサがきれいになくなっている。
環境省の職員が自生種ではないと抜いたのかもしれない。離れた場所に小さな株を2つ見つけたけれど。

赤い実を一杯付けたコケモモの西山頂上で、前日買ったトウキビを昼食に珍しく小一時間ものんびりと過ごした。
汗ばんだ体に風がとても心地良くて無人の頂上で2,3時間昼寝をしたい気分。

男性2人組が西山に向かって来るのが見えたので風不死岳コースで下山し、丁度3時間後登山口に戻った。
ススキが前回より目に付き秋の気配が一段と感じられた樽前山だった。
f0138096_10532789.jpg

7合目上の展望台から
f0138096_10534167.jpg

西山ピークから食べかけのトウキビとバックにドーム、右に東山ピーク(樽前山頂上)
f0138096_10535326.jpg

西山ピークから、真っ赤なコケモモの実とバックに風不死岳
f0138096_1054874.jpg

西山ピーク近くのコケモモの群生
f0138096_10542019.jpg

西山ピークから少し進んだ所から、ドームと右に西山ピーク。ここまで来たのは4月に西山から多峰古峰(タップコップ)山以来
f0138096_1054361.jpg

ドームの近くにもススキが、シラタマノキも一杯
f0138096_10545687.jpg

ナナカマドの葉が色づいて来たが、今年は猛暑の影響か茶色く枯れているのがあってこれから先、美しい紅葉は期待できないかも
by tarumae-yama | 2010-08-28 11:15 | 北海道100名山 | Comments(0)

収穫の秋

秋と言うには毎日暑さがきつく抵抗があるけれど、郊外の畑では実りの時期を迎えていた。
先日TVで稲刈りの様子を映していたが、8月中の収穫は珍しいと言っていた。

4月、5月の低温から平成5年以来の大冷害かもと騒がれていたのが嘘のようで、北海道の米は今年豊作になるのが確実らしい。

しかし、この夏の猛暑と大量の降雨で、ニセコの農家の知人はトウキビは実が大きくならず、メロンも夜間の気温が下がらず甘みが足りなかったとこぼしていた。
主力のイモも病気にやられて形が良くないとの事だから、平年から大きくはみ出た今年の天候は、農家を翻弄しているようだ。
f0138096_10242751.jpg

郊外の水田で、まだ8月だというのに黄金色になった穂がもう収穫が近いことを告げている
f0138096_10244042.jpg

栗山町の畑で、タマネギの実は例年より小さいように見える
f0138096_10245357.jpg

アップで
f0138096_1025855.jpg

トウキビを買った郊外の農家の花畑で、  写真はいずれも8月26日撮影
by tarumae-yama | 2010-08-27 10:38 | その他 | Comments(0)

HDMIミニケーブル

今愛用しているミラーレスカメラLUMIX DMC-G1Cには(簡易)ハイビジョン動画機能が付いている。
コンパクトデジカメでハイビジョン動画を撮るのは初めてだったが、簡易とはいえ(カメラの液晶画面では)結構な映りに驚いた。

このたび更新したPCにはHDMI端子が付いていることでもあり、初孫の動画をより高画質で楽しみたくてHDMIミニケーブルを購入することにした。
ただ、LUMIX DMC-G1C用純正ケーブルが4480円では高すぎて手が出ない。
「Amazon」であれこれ探してみると、専門メーカー製互換品が980円とあった。

注文したミニケーブルが「Amazon」から届き、早速PCとLUMIX DMC-G1Cを繋いだ。
PCの画面から初孫が元気に動き回る姿が鮮明に映し出され、たったケーブル1本で臨場感のある画と音を再現するHDMI(ミニ)ケーブルの威力はたいしたものだと思う。
f0138096_14264571.jpg

8月14日に撮影した初孫の動画をPC画面に、PCの液晶画面も鮮やかなのだが周りのものを写し込むのが難点、8月26日撮影
f0138096_1427342.jpg

高すぎて手が出なかったパナソニックのHDMIミニケーブル、写真はパナソニックのHPより
by tarumae-yama | 2010-08-26 14:37 | その他 | Comments(0)

ソニーα NEX-5D ダブルレンズキット

ソニーのα NEXが起爆剤となったのか、ミラーレスデジタル一眼カメラの販売比率がデジタル一眼カメラ全体の4割近くまでシュアを占めるようになったらしい。
価格.com」を見ると、確かにソニーのα NEX-5D ダブルレンズキットがトップで、2位がパナソニックのLUMIX DMC-GF1Cとなっている。
3位はキャノンの一眼レフカメラであるEOS Kiss X4 ダブルズームキットだが、4位もパナソニックのミラーレス機だ。

動きのある被写体や高画質を追求するならやはり光学ファインダーのあるデジタル一眼レフカメラだとは思うけれど、気軽に持ち出せてスナップ的に、しかし綺麗に撮りたいと言う向きにはこのミラーレス機がぴったりなのだろう。

私も野鳥狙いでないときの裏山散歩の持参カメラは、リコーのGX200からLUMIX DMC-GF1Cになった。
登山に持って行くカメラも、ソニーのα100から最近は専らLUMIX DMC-G1Kに代わった。
加齢で体力の衰えを感じる今、画質はそこそこだがトータルで数百グラム軽くなるのが何よりもありがたい。

ミラーレス機で俄然元気なソニーから、今度はα55とα33なる新機種が来月発売される。
ミラーがあるのにレフカメラに属さないという不可解なカメラだが、スペックが素晴らしいと発売前なのに口コミが賑やかだ。このカメラについては後日書きたい。
f0138096_1518678.jpg

ソニーα NEX-5D ダブルレンズキット、写真はソニーのHPより
by tarumae-yama | 2010-08-25 15:20 | 写真 | Comments(0)

なんだか・・・

来月隣の恵庭市で石狩フェスタソフトテニス大会があるから、22日久しぶりにラケットを持ってコートに行ったのだが仲間との練習試合には全敗。
それから2日間雨のぱっとしない天気。

そしてその2日間でまたもオーブンレンジが壊れ、トイレのタンク内のフロート部分が不調で水が止まらない、息子のパソコンも不安定等々でそれらの対応に忙しく、パソコンに向かってブログをアップする気にはなかなかなれない。

トイレの件は、新築時の業者の設置接続ミスが原因の一つというから何ともお粗末。
それにしても、21年間何の支障もなく使えていたというのは凄いと言うべきか・・・、でもなんだかなぁ~。
f0138096_1655952.jpg

青葉公園内ソフトテニスコートにて、8月22日撮影
by tarumae-yama | 2010-08-24 16:58 | その他 | Comments(2)

松山千春

先日の夜、3月東京厚生年金会館で行われた松山千春のコンサートを収録した番組をBSで見た。

昭和50年代、井上陽水と小椋佳、松山千春が大好きでアルバムが出るたびにレコードを買っていた。
記憶に自信はないが、CDなるものを初めて買ったのは松山千春のベスト・アルバムだった。
千歳のスポーツセンターで千春のコンサートを聴いたのも、確信はないが昭和53年か54年のことだったと思う。

TVでも(人生に対し)説教をたれるスタイルは同じだったが、弟から一回り年上の女性との結婚を相談されたとき、千春は賛成であったが女性の親の猛反対を受けたそうだ。その理由は、「男にだまされている!」と言うもの、千春の「それは逆だろう!」という身内の暴露話には笑ってしまった。

54歳になり、さすがにあのどこまでも届くような美しく張りのある高音に衰えが見えたものの、それでも松山千春の歌唱力は健在で、一時間半の番組はあっという間であった。
f0138096_1721475.jpg

8月20日、NHKBSの画面を撮影
f0138096_172273.jpg

初めてCDを買ったのは1989年この松山千春のベストアルバムだったと思う
by tarumae-yama | 2010-08-23 17:37 | 音楽 | Comments(4)

8月18日、美瑛富士

美瑛岳頂上で記念写真を撮ってもらったご夫婦に挨拶をして最後のピークである美瑛富士に向かった。
ザックをデポしていた分岐に到着すると、丁度筑波大ワンゲル部の部員もやってきた。
彼らの写真を3,4枚撮っているので、必要ならメールしてと伝えた。
帰宅後、筑波大ワンゲル部のHPを見ると29日まで北海道遠征らしく、他の部員も北アルプスなどに長期遠征しているらしい。
ブログもあって、今回リーダーのY君が管理人であると言っていた。

彼らも空身で美瑛岳に向かうとのことで、そこで別れ我々は美瑛富士へ。
避難小屋分岐にまたザックをデポし、昼食を持って20分で到着。
途中、一株だけコマクサが咲き残っていて驚いた。
雲がどんどん増え、さっきまでいた美瑛岳が雲の陰の中、時折頂上を隠すから頂上を目指す登山者はヤキモキしながら登っているだろうか。

風を避け頂上直下で昼食を摂っていると、オプタテシケ山の方から単独登山者が下山しているのが目に入った。
座った近くにはガンコウランの真っ黒い実やゴヨウイグチが美味しそう。

分岐でザックを担ぎ、後はポンペ沢を越えて望岳台まで下りるだけ。
途中、真っ赤な実を付けたナナカマドの並木?があり目を楽しませてくれた。また、ここでも一カ所だけイワブクロウが咲いていて驚かされた。

ポンピ沢で冷たい沢水を浴びるほど飲んで14時45分無事望岳台に到着。
GPSでは総歩行距離は21.65kmと表示していた。

帰宅途中、私のブログにリンクしているkannoさんの「ファームかんの」さんに寄ってカボチャを2個ずつ分けていただいた。
今年は猛暑と大雨に苦しめられての農作業なのに、凶作だと言う話に心が痛い。

それでもカボチャも、送っていただいたメロンもとても美味しかった。

山行記録
望岳台06:10→避難小屋07:00→十勝岳08:48~09:00→美瑛岳10:40~10:45→避難小屋分岐11:25~11:30→美瑛富士11:50~12:05(昼食)→避難小屋分岐12:24→ポンピ沢13:24~13:30→望岳台14:45
f0138096_1056691.jpg

健気にまだ頑張って咲いていた美瑛富士のコマクサ
f0138096_10562121.jpg

イワブクロウも健気に
f0138096_10563593.jpg

美瑛富士頂上付近のガンコウランの実
f0138096_10564917.jpg

ナナカマドが赤い実を付けて並木のように
f0138096_1057534.jpg

リシリリンドウ?
f0138096_10572146.jpg

リンドウとバックは美瑛岳
f0138096_10574169.jpg

ポンピ沢に到着のHさんと出発しようとする単独者、室蘭からマイカーでやってきたそうだ。我々より年長に見えたがとてもパワフルな女性
f0138096_10575947.jpg

下山時望岳台から、中央右に美瑛岳、左に美瑛富士
f0138096_10581661.jpg

美瑛町「ファームかんの」さんの畑から十勝連峰を望む
f0138096_10583349.jpg

同じ場所から「四季彩の丘」の花畑を写す
f0138096_10585593.jpg

かんのさんの倉庫でかんの夫人と、Hさん撮影
by tarumae-yama | 2010-08-22 11:17 | 登山 | Comments(4)