<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

チュウリップの球根埋め込み作業

 道北の稚内や旭川で昨日初雪が観測されたそうだ。
 予報では、千歳は11月2日に降雪があるらしい。
 
 昨日は、花壇の土を掘り起こし、チュウリップの球根を埋めた。
 昨年まで、7月に亡くなった義父がやってくれていたのだが、スコップを使っての掘り起こしではたった20分で腰が痛くなった。
 89歳だった義父のその元気さを、今あらためて感じ入る。

 家内が、そんな父を想いながら遺していった帽子をかぶり球根の埋め込みをした。
 
f0138096_1115766.jpg


 
by tarumae-yama | 2009-10-31 11:17 | その他 | Comments(3)

プルーンジャム

 ハスカップジャムのお礼?に、矢野果樹園の奥さんからジャムにしてとプルーンを一パック頂いた。

 昨夜、家内がそのプルーンでジャムを作った。
 そんな訳で、今日の朝食のジャムは何時ものハスカップからプルーンとなった。
 煮詰めるのが少し足りなかったと言っていたが、皮入りのジャムは香りも豊で美味しく味わった。
 
f0138096_10433628.jpg

パンもホームベーカリーで毎朝作る。今朝は岩見沢産小麦「キタノカオリ」にチーズを入れて使ったそうだ

 
by tarumae-yama | 2009-10-30 10:54 | 食べ物 | Comments(4)

壮瞥町の矢野果樹園

 徳舜瞥山を下りて洞爺湖温泉に向かう途中、壮瞥町の矢野果樹園に寄って家内が作ったハスカップジャムを一瓶置いてきた。
 この果樹園については以前にも記事にした事があるが、この町を通るときは何時もここから果物を買っているので御夫婦とは顔見知りであれこれお世話になっていた。

 北海道には余市や仁木周辺の果樹園が有名だが、深川にも札幌近郊にも果樹園があるし、網走や北見、岩見沢の近くにもある。
 先日マンタンさんのブログを見ていたら、道南の七飯町にも古くからの果樹園があるらしい。

 結婚前の事だが、知人を訪ねて増毛町に行った折、案内された果樹園で、「規模は小さいが増毛のリンゴは日本一だ」とその園主が言っていた。

 今秋、本州への旅の途中、長野県内のとある果樹園で買った「しなのスイート」というリンゴはとても美味しかった。
 きっと、どこの町の果樹園も、「自分の所の果物が一番美味いはず」との強い自負心を持って作っているのだろうと思う。
 
f0138096_15474665.jpg

矢野果樹園の全景、店内にはサンふじ、静香、紅将軍、ジョナゴールドなど多くの種類のリンゴやプルーンが並んでいた
 
f0138096_1547578.jpg

 
f0138096_15481649.jpg

 
f0138096_15483320.jpg

王林
 
f0138096_15484514.jpg

4枚の写真は何れも10月28日矢野果樹園で撮影


 
by tarumae-yama | 2009-10-29 16:01 | その他 | Comments(3)

10月28日、徳舜瞥山

 約2年ぶりに徳舜瞥山に登ってきた。
 今回も登山口に家内を待たせているから頂上までノンストップで登り、15分後下山開始、やはり休憩なしで登山口に戻った。
 登りに1時間8分、下りに49分。

 10時32分、登山口をスタートした直後、6時50分に登り始め、ホロホロ山まで行ってきたという30代の単独男性が下りてきた。
 もう1人登っているという登山者はホロホロ山に向かったらしく、無人の頂上であった。
 頂上から、やや霞んでいたものの洞爺湖、支笏湖や羊蹄山等がはっきり認められた。

 下山後洞爺湖まで足を伸ばし、ホテル万世閣で汗を流して夕刻帰宅。
 夫婦で3400円もする入浴料は、温泉雑誌のお陰で無料になったから本当に有り難い。
 
f0138096_20115340.jpg

登山口の駐車場にある案内板と奥に徳舜瞥山
 
f0138096_20121871.jpg

11時40分、頂上に到着。右奥に羊蹄山
 
f0138096_20123933.jpg

中央に登山道が見えるホロホロ山、奥に太平洋
 
f0138096_2013328.jpg

頂上から中央に羊蹄山
 
f0138096_20132044.jpg

支笏湖を挟んで左に恵庭岳、右に風不死岳
 
f0138096_20133688.jpg

頂上から室蘭方面、奥に白く輝いているのは太平洋
 
 
by tarumae-yama | 2009-10-28 20:23 | 登山 | Comments(2)

オオハクチョウとキタキツネ

 マガモを捜しているときに、聞き覚えのある大きな鳴き声が聞こえた。
 稚内時代大沼で撮影した折り、随分と聞いたオオハクチョウのものであった。

 内陸の池田町でよもやオオハクチョウを撮影出来るとは思いもしなかった。

 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_12471486.jpg

 
f0138096_12473725.jpg

 
f0138096_12475660.jpg

 
f0138096_12481626.jpg

キタキツネはブレブレの写真になった。   上の4枚は何れも10月25日の撮影
 
f0138096_12484151.jpg

 
f0138096_12485712.jpg

 
f0138096_12491665.jpg

バックに不鮮明だが真っ白な利尻山が見える。上の3枚の写真は何れも2002年3月29日稚内市大沼にて撮影したもの

 
by tarumae-yama | 2009-10-27 12:55 | 野鳥・野生動物 | Comments(4)

タンチョウヅル

 25日から友人の誘いで野鳥の撮影に出かけてきた。
 明るくて長い望遠レンズは持っていないし、腕も未熟だからブログに胸を張って載せるような写真が撮れる訳はないのだが、幸運にもタンチョウヅルやオオハクチョウなどを観た。

 友人の知人宅に厚かましくも泊めてもらい、道東の池田町でカメラを肩に楽しく歩き回った。

 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_2012179.jpg

デントコーン畑にタンチョウヅルとオオハクチョウ
 
f0138096_201215100.jpg

タンチョウヅル
 
f0138096_20122855.jpg

上の2羽はタンチョウヅル、その下の群はオオハクチョウ
 
f0138096_20124722.jpg

タンチョウヅルの舞い
 
f0138096_20131237.jpg

同上
 
f0138096_20181674.jpg

3羽のタンチョウヅル
 
f0138096_20132695.jpg

デントコーン畑の近くで見たツルウメモドキ    7枚の写真は全て10月25日の撮影
 

 
by tarumae-yama | 2009-10-26 20:18 | 野鳥・野生動物 | Comments(2)

10月24日、樽前山

 本州の旅から戻って10日、昼になって時間が取れ、帰宅後初の山の樽前山へ。
 降雪のため何時ゲートが閉まってもおかしくないので、その前にという登山者の車で7合目の駐車場がほぼ一杯、路肩にも数台止まっていた。

 13時15分にスタートし、頂上には35分で到着。
 頂上には黒い愛犬を伴った札幌からの若い御夫婦だけで、初めての樽前山と言うことであれこれ樽前山のコースを説明した。
 そこへ932mピークの方から7,8名のパーティーがやってきて一挙に賑やかになった。

 快晴の天気に頂上からは羊蹄山も遠望できたが、紅葉のピークはとっくに過ぎていた。
 14時、風不死岳コースを下りて7合目登山口に50分で到着。
 丁度、頂上でお話しした御夫婦の真っ白なデリカが帰るところであった。

 温泉雑誌11月号に支笏湖の休暇村が登場していたので、下山後有り難く汗を流してきた。
 温泉の窓から落葉した枝越しに紋別岳がくっきりと望めた。
 
f0138096_18184487.jpg

中央の下の方に7合目駐車場の車と路肩の車が見える
 
f0138096_181935.jpg

頂上(東山ピーク)から下山する親子、左に風不死岳、間に恵庭岳の岩峰も見える
 
f0138096_18191785.jpg

932mピークに向かう登山者
 
f0138096_1819336.jpg

風不死岳コースから中央に樽前山東山ピーク
 
f0138096_18194931.jpg

シラタマノキのアップ
 
f0138096_1820380.jpg

タルマイソウ(イワブクロウ)が赤く色づいた
 
f0138096_18202889.jpg

週末なのに地震計でもトラブったのか?私が退職時に勤務した職場の官用車があった
by tarumae-yama | 2009-10-24 18:31 | 登山 | Comments(2)

晩秋の青葉公園

 青葉公園の紅葉はそろそろ終わりに近づいて来たようだ。
 今年は、夏の天候不順のせいか真っ赤な紅葉は例年より少ないように見える。
 それでもオレンジや黄色のグラデーションがなかなか味わい深い。
 
 カサカサと落ち葉を踏みしめ、夕暮れ時の寂しさつのる公園を歩くのも案外良いものだ。

 写真の上でクリックすると大きくなります。    すべて10月21日の撮影
 
f0138096_9441388.jpg

 
f0138096_9483466.jpg

 
f0138096_948504.jpg

 
f0138096_9492166.jpg

 
f0138096_9494892.jpg

 
f0138096_950478.jpg

 
by tarumae-yama | 2009-10-24 09:52 | その他 | Comments(2)

アライグマ

 友人に電話をした折り、アライグマを捕獲したから見に来ないかとのこと。
 早速家内と見物に行ってきた。

 昨日、友人宅のお向かいさんのアトリエに入り込み、SOSの連絡を受けた友人が、友人宅で仕事をしていた大工さんの協力を得て捕獲したらしい。
 狩猟免許を持つ友人が野生動物の扱いに慣れていた分、アライグマには不運であった。

 檻に入れるときには興奮して随分暴れたらしいが、私達が見に行ったときには観念したのかすっかりおとなしくしていた。
 
f0138096_17414299.jpg

友人宅で、檻に入れられたアライグマ
 
f0138096_1741569.jpg

公園で見たコゲラ、望遠を持って行かなかったのでトリミングしています。  10月22日撮影
by tarumae-yama | 2009-10-23 17:48 | 野鳥・野生動物 | Comments(2)

庭のドウダンツツジ

 このところの冷え込みで庭のドウダンツツジが真っ赤に色づき見頃をむかえた。
 マンタンさんならどう撮るだろうかと想像しながら角度や光線を考えシャッターを切った。
 
 何時も心に響く写真をアップするマンタンさんに半歩でも近づきたいと思ってはいるのだが、家内に感性の問題と言われているから、せめて機材(マンタンさんはニコンのD70?)だけは良いものを持って感性の足りない分を補いたい、と常日頃思っている。
 
f0138096_23442235.jpg

柿と中央にドウダンツツジ
 
f0138096_23445712.jpg

 
f0138096_23451182.jpg

ドウダンツツジをアップで
 
f0138096_23452863.jpg

またも季節外れのアジサイを

 
by tarumae-yama | 2009-10-23 00:03 | | Comments(2)