<   2009年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

5月30日、前十勝岳その2

 昨日に続き前十勝岳の写真を、Hさんが携帯で撮影したものも交えアップした。
 山行記録は、後日HさんがGPSの記録とともにアップすると思うので簡単に。

 山行タイム
 吹上温泉09:03→雪渓終点11:05→頂上11:45~11:50→雪渓終点上の岩場で昼食
 ファンスキーで下山開始13:05→雪渓終点13:35→吹上温泉14:00
 
f0138096_1157208.jpg

            スタートの吹上温泉、正面の三角形の山が前十勝岳
 
f0138096_11574480.jpg

     徒渉点を過ぎると雪渓が現れた、正面に前十勝岳。Hさんが携帯で撮影
 
f0138096_11575726.jpg

        ここから先雪渓が広く傾斜がきつくなりアイゼンを着用、 Hさん撮影
 
f0138096_11581388.jpg

   斜面が急なためジグを切りながら、ピッケルを車内に残してきたので一歩一歩慎重に
 
f0138096_11583373.jpg

                前十勝岳頂上から正面に十勝岳
 
f0138096_11584842.jpg

 雪渓の上の岩場で焼き肉の昼食、ビールと大量の肉、アスパラで満腹。たった2人きりの山で至福のひととき
 
f0138096_11591187.jpg

  13時過ぎ、Hさんから借用のファンスキーで下山開始、その前にビンディングの調整
 
f0138096_11592773.jpg

        Hさんのザックには尻滑り用のプラスチック板(使わなかったけれど)
 
f0138096_11594152.jpg

                 Hさんは華麗な滑りで手本を
 
f0138096_11595830.jpg

                私も華麗?に・・・、 Hさんが携帯で撮影
 下記のURLを打ち込むと、私が滑っている動画が見られるかも知れません。
 http://www.youtube.com/watch?v=0hpvPLKXXDs (6秒間ですが・・・)
 
f0138096_1204858.jpg

         雪渓の終わりでファンスキーを撮影、正面に前十勝岳
 
f0138096_121525.jpg

             頂上直下の岩場で唯一見た花、ミネズオウ
 
f0138096_12125100.jpg

下山後、TVドラマ「北の国から」で宮沢りえが入ったことで有名になった露天風呂「吹上の湯」、昨年のガソリン高騰後、観光客が激減したそうでゆったり楽しむことが出来た。会話した神奈川から来たという60代の男性は駐車場に置いた車に泊まりながら来年3月までこの温泉三昧と言うから驚いた
 
f0138096_1214130.jpg

                    富良野の畑から十勝連峰
by tarumae-yama | 2009-05-31 12:25 | 登山 | Comments(4)

5月30日、前十勝岳その1

 今日は北広島市のHさんと風不死岳の予定だったが、胆振の予報が、曇り昼から雨、上川地方は、昼まで晴れと言うことで、昨日、前十勝岳に急遽変更となった。

 早朝5時に起床し、途中Hさんを乗せて十勝岳の登山口である吹上温泉に向かった。
 今日は、Hさんが残雪期最後のスキーをしたいということで、ファンスキーで前十勝岳の沢に残る雪渓を滑る事になったが、私はファンスキーは生まれて初めてで不安があった。
 しかし、板の長さが7,80cmと短いため思いの外曲がりやすく、案ずるよりも易しであった。
 滑っているうちにコツが分かり、何とも面白くも楽しいファンスキー初デビューとなった。

 明日にでも前十勝岳その2としてブログをアップして山行タイムなど記すつもりだが、今日は写真をメインにしたい。

 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_201376.jpg

  徒渉点のHさん、正面右側の一番高く見える山が前十勝岳、頂上下からの雪渓を滑った
 
f0138096_2015255.jpg

   雪渓の傾斜が急なのでアイゼンを付けジグを切りながら、初夏の陽気に大汗をかいた
 
f0138096_202107.jpg

            頂上直下から正面に残雪の縞模様が美しい富良野岳
 
f0138096_205680.jpg

        噴煙を上げる十勝岳の火口と美瑛岳、左手奥に表大雪の山並み
 
f0138096_2051916.jpg

            雪渓が切れた上の岩場で焼き肉の用意をするHさん
 
f0138096_2054050.jpg

               Hさんの華麗なファンスキーでの滑走
 
f0138096_2055716.jpg

                  帰路、富良野の畑から十勝連峰
 
 
by tarumae-yama | 2009-05-30 20:19 | 登山 | Comments(2)

旅の最終回として、5月2日、秋田駒ヶ岳下山-写真編- 

 
f0138096_9481865.jpg

 10時5分8合目小屋まで下山すると、横手高校山岳部のメンバーが出発するところであった
 
f0138096_9483713.jpg

 このパーティーは角館高校?山岳部であった。何れも7日の競技会の為の訓練登山らしい
 
f0138096_9485535.jpg

       下山後乳頭温泉に向かう途中、桜を前景に秋田駒ヶ岳を撮影中の家内
 
f0138096_9491332.jpg

                   田沢湖とバックに秋田駒ヶ岳
 
f0138096_949308.jpg

                   観光客で賑わう乳頭温泉
 
f0138096_9494627.jpg

             乳頭温泉の近くで見かけたキクザキイチリンソウ
 
f0138096_9495936.jpg

                  キクザキイチリンソウをアップで
by tarumae-yama | 2009-05-29 10:03 | 登山 | Comments(2)

5月2日、秋田駒ヶ岳の登り-写真編-

 あと2回写真を追加し今回の旅にピリオドを打ちたいと思う。
 今日は秋田駒ヶ岳の登り編で、明日は下り編としてもったいぶるがおつきあい頂きたい。
 
f0138096_10375289.jpg

      同行させてもらった秋田県立大曲工業高校山岳部の登山前ミーティング
 
f0138096_1038895.jpg

        同校山岳部1年生3名と引率の先生が2名、スキー場の斜面を登る
 
f0138096_10382374.jpg

    先行の2,3年生は比較的小柄だから縦走装備のザックがとても大きく見える
 
f0138096_10383886.jpg

   6月からのオープンを目指し、車道を除雪する重機を撮影、早朝のためか稼働休止中
 
f0138096_10385216.jpg

       除雪の終えていない部分は、カーブミラーが埋まる程の積雪がある
 
f0138096_1039732.jpg

               8合目小屋に到着寸前の2,3年生部員
 
f0138096_10393421.jpg

                8合目小屋付近の標識、中央奥に駒ヶ岳
 
f0138096_10394880.jpg

     8合目小屋から単独行動。前日のものかトレースがある。中腹から振り返って
 
f0138096_1040173.jpg

 頂上直下に小屋があるが、経由せずダイレクトに頂上に向かう、斜面が急なのでアイゼンとピッケルを使用
 
f0138096_10401867.jpg

  雪に埋まっていて確認できないが、小屋から頂上までは階段が整備されているようだ
 
f0138096_10403461.jpg

          霞んでいて写真では判然としないが、頂上から田沢湖が望める
by tarumae-yama | 2009-05-28 11:12 | 登山 | Comments(2)

5月1日、湯沢周辺-写真編-

 今回の旅も終盤を迎え、3日秋田出港のため北上中に撮影した写真をアップした。
 
f0138096_10285755.jpg

              湯沢市郊外のダムで見た桜が綺麗であった
 
f0138096_10291393.jpg

       稲庭城に向かう途中、ユニークな橋(欄干)が面白くて     家内が撮影
 
f0138096_10292778.jpg

             道中、こけしを表した橋もあったのだが撮影できず・・・
 
f0138096_10294265.jpg

 稲庭うどんで有名な7代佐藤養助店の外観、評判の店内の随所に、なるほどと思わせる心遣いを感じた
by tarumae-yama | 2009-05-27 10:43 | | Comments(2)

5月25日、恵庭岳で見た花

 昨日の恵庭岳で沢山の花を見た。
 特にツバメオモトは今年大当たりのようで、登山口から6合目まで切れ目なく咲いていて目を楽しませてくれた。
 例年5合目辺りで見かけるシラネアオイは今年も同じ場所で見ることができた。

 頂上にはイワヒゲなどの小さな花が咲いているはずだが、もう見ることは叶わない。
 
f0138096_10284459.jpg

                      オオバキスミレ?
 
f0138096_10291419.jpg

                      タチツボスミレ?
 
f0138096_10294644.jpg

                        ツバメオモト
 
f0138096_1030164.jpg

                      ツバメオモトの群生
 
f0138096_10304095.jpg

                        サンカヨウ
 
f0138096_1031827.jpg

                        シラネアオイ
 
f0138096_10313782.jpg

                       コジマエンレイソウ?
 
by tarumae-yama | 2009-05-26 10:35 | | Comments(2)

5月25日、恵庭岳

 この山は、ガイドブックによると標高差1010m、コースタイムは登りに3時間30分で中級の山と認定されている。
 確かに、3合目から7合目までの直登がきつく、その上、頂上直下はスリリングな岩場になっていて緊張を強いられるなかなかハードな山である。

 もっとも、現在では頂上部の崩落が激しく危険なため、立ち入り禁止処置で8合目が実質的な頂上になっている。

 例年5月、恵庭岳頂上までの所要時間で自分の体力を測定している(この2年は本州に出かけていたが)。
 数年前に1時間45分で頂上に立ったこともあるが、最近は2時間半前後となった。

 今日は、当然8合目で引き返してきたが、そこまでのタイムは1時間53分であった。
 8合目からだいたい25分もあれば頂上に着くから、まあまあの体力と言えそうだ。

 19日の樽前山の時とは大違いで、今日は8合目から素晴らしい眺望が得られた。

 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_18123889.jpg

               7合目の第1見晴台から眼下に支笏湖
 
f0138096_1813104.jpg

                  第1見晴台から中央に頂上の岩峰
 
f0138096_18134839.jpg

 第2見晴台が実質的な頂上、昔頂上にあった標識をそのまま使っているから標高が合わない、左端に頂上
 
f0138096_18142243.jpg

                 向かいに風不死岳と隠れるように樽前山
 
f0138096_18145380.jpg

                    第2見晴台からの眺望
 
f0138096_18151534.jpg

立ち入り禁止となった今では望むべくも無いが、頂上直下からはオコタンペ湖や羊蹄山がこのように見えたはず・・・   
 
f0138096_18153482.jpg

                    同じところからアップで
by tarumae-yama | 2009-05-25 18:22 | 登山 | Comments(2)

4月21日、タンポポの花

 今年自宅の庭にタンポポの花が随分と目立つ。
 根が深いから一本一本除去する労力は大変なものがある。

 近くの空き地も一面タンポポだらけ、まるで黄色い絨毯のように。
 ここまで沢山あると美しいと感じるから不思議だ。
 下の3枚は24日午後撮影したものを追加
 
f0138096_10383782.jpg

                    自宅近くの空き地で
 
f0138096_10391487.jpg

             青葉公園のエンレイソウはピークを過ぎようとしている
 
f0138096_10393752.jpg

                 代わってマイズルソウが咲き出してきた
 
f0138096_19394938.jpg
  
                     マイズルソウの群生
 
f0138096_1940541.jpg

                     ムラサキケマンの群生 
 
f0138096_19402415.jpg

                     千歳川、おはよう橋近くで
 
by tarumae-yama | 2009-05-24 10:44 | | Comments(2)

4月30日、山寺観光-写真編-

 この日、山形市にある山寺を見て回った。
 円仁(慈覚大師)が平安初期に創建した立石寺の通称が山寺であるらしい。
 
 歩いていると、あちらこちらに1000年以上経た歴史の重みを感じさせる雰囲気があった。

 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_1251148.jpg

          参道に芭蕉の「閑さや巖にしみ入る蝉の声」の句碑がある
 
f0138096_1253221.jpg

                      立石寺の納経堂
 
f0138096_1262350.jpg

 
f0138096_1264961.jpg

 
f0138096_127872.jpg

by tarumae-yama | 2009-05-23 12:18 | | Comments(4)

4月29日、吾妻山-写真編-

 結婚時20代だった家内も、昨日大きな節目を迎えた。
 昨年も一昨年も日本100名山巡りの最中だったから旅先でささやかに祝ったけれど、今年はタイミング良く?本州から戻って来た息子と3人、自宅で向かえることが出来た。
 たまたま兄から肉が届き、すき焼きの夕食となったが息子の食欲の旺盛さに驚いた。

 今回の吾妻山でやっと日本100名山を一つ追加でき、これで75山登頂となった。
 
f0138096_1045556.jpg

         天元台からロープウェイとリフト3本を乗り継いで登山口に向かう
 
f0138096_1071338.jpg

         アイゼンを使った先行者のトレースを使わせてもらいつぼ足で
 
f0138096_1072659.jpg

                    途中、岩場の展望台
 
f0138096_107418.jpg

                  西大巓の頂上、この部分だけ地面が出ていた
 
f0138096_1075891.jpg

 吾妻山(西吾妻山)から西大巓までトレースがなく、このような樹木の間をジグザグに進んだ
 
f0138096_1081460.jpg

            入浴で寄った蔵王温泉の裏山で見たショウジョウバカマ
 
f0138096_1083066.jpg

                    同上、キクザキイチリンソウ
by tarumae-yama | 2009-05-22 10:30 | 日本100名山 | Comments(4)