<   2009年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

カービング

 一週間前の同期会の折り、同級生のT君が趣味でカービング造りをしていると言った。
 現役時代、新千歳空港で一緒の時があり、割と親しいつきあいがあったのだが、退職後は同期会が久しぶりの再会となった。

 先日訪ねたT君の自宅の横にはいつの間にかログハウスが建っていて、聞くと(趣味の魚釣りの)釣果の剥製やカービングの作業場なのだそうだ。

 手先を使う作業はボケ防止に良いらしいから、パチンコも良く行くという彼にボケは無縁に思えて羨ましい。
 
f0138096_117593.jpg

                      T君の作品の一部
 
f0138096_1182218.jpg

                   制作中のカービングと道具の一部
 
f0138096_1184329.jpg

サラリーマンだったのだがT君は広い畑地を有しているので、トラクターは必需品であるらしい。冬期間は除雪機として活躍するようだ。
by tarumae-yama | 2009-01-31 11:20 | その他 | Comments(2)

鹿肉のハヤシライス

 昨日の夕食は、友人から頂いた鹿肉を使ったハヤシライス。
 友人の話では、穂別町で狩猟したエゾシカという事であった。
 ヘルシーだという鹿肉は羊よりくせがなく美味しく食べられた。

 そう言えば、明治時代、現新千歳空港近くにエゾシカの缶詰工場があったという。
 インターネットで調べると、それほどいたエゾシカが、何年か後の大雪で食料の笹が埋まり、殆ど絶滅状況になったらしい。
 そのHPによると、エゾシカは奈良公園で見るニホンシカと同じ種類だという。
 それなのに大きさが倍もあるのは、寒冷地ほど大きくなるベルクマンの法則によるらしい。
 そのせいなのか、南国屋久島で見たヤクシカは、(キタ)キツネかと思うほど小さかった。

 青葉公園を歩いていると、いたる所に足跡を見るから最近は随分と増えてきているようだ。
 増えすぎて、そのうちまたエゾシカの缶詰工場が建てられるかも知れない。
 
f0138096_1131896.jpg

        エゾシカ肉を使ったハヤシライス、   家内がコンデジの料理モードで撮影
 
by tarumae-yama | 2009-01-30 11:09 | 食べ物 | Comments(4)

パソコンの故障

 2階で使っているPCが不調で内蔵ドライブを認識しないことが何度もあると以前に書いた。
 富士通のサポートから、スタートアップのソフトが悪さをしているからどのソフトが問題か特定する必要があると言われていた。

 とりあえず外付けのドライブを繋いで使えていたから、ずっとその特定作業を放っていた。
 昨日、まとまった時間があったので重い腰を上げて取りかかった。

 しかし、どうも調子がおかしく、また富士通のサポートを受けたら、何とDVDドライブ本体が故障しているとなった。
 以前からのトラブルはどうやらハード的にガタが来ていたのではないかと思う。
 
 交換修理を依頼すると4,5万円もかかると言われて驚いた。
 この金額があれば新品の本体が買えそうだ(ディスプレイが使えるとして)。

 メモリーが512MBと少なく、動作が遅くなってきたことも考慮して、
 1.PC本体を更新する。
 2.自分で内蔵ドライブを購入して交換する。
 3.富士通に修理を依頼する。

 昨夜、札幌のヨドバシカメラに電話して相談した。担当者は実に親身になってあれこれ相談に乗ってくれた。いつも感心することだが、この店の対応は本当に素晴らしい。
 その結果、互換機がアイオーデータ社から1万円少々で出ていること。
 (高額な)純正メモリーの互換品がバッファロー社から安く出ていること、PC本体の性能や価格等々長い時間かけて説明してくれた。

 結局、DVDドライブとついでにメモリーを購入して自分で交換することに決めた。

 
f0138096_1211195.jpg

   私のPCと互換のあるアイオーデータ社の内蔵DVDドライブ、 写真は同社のHPより
 
f0138096_1213567.jpg

 富士通の純正メモリーは1Gで42000円、互換品のバッファロー社の物は1万円少々で買えるらしい。私は例の上海問屋からバルク品を、何と2Gの容量で2300円という驚きの価格で購入を決めた。  メモリーの写真はバッファロー社のHPより
 
f0138096_13271994.jpg

 白老岳に出かける前に友人がスノーシューの刃を研いでくれたので随分と歩きやすかった

 
 

 
by tarumae-yama | 2009-01-29 12:27 | その他 | Comments(6)

1月27日、白老岳その2-写真編-

 
f0138096_12123075.jpg
 
                         白老岳
 
f0138096_12124923.jpg

                         幹も真っ白 
 
f0138096_1213453.jpg

                      頂上に到着のKさん
 
f0138096_12132413.jpg

               下山時のKさん、ピッケルとスノーシューを背中に
 
f0138096_1214114.jpg

               稜線から風不死岳(左)と樽前山、左端に支笏湖
 
f0138096_12144949.jpg

               雪庇を避けて林の中を進むKさんが分かるだろうか?
 
f0138096_1215978.jpg

                  カリカリの稜線上の私、 Kさん撮影
  
by tarumae-yama | 2009-01-28 12:24 | 登山 | Comments(4)

1月27日、白老岳その1

 予定通りKさんと白老岳に登ってきた。
 滝笛トンネルの西側出入口の駐車場を9時7分にスタート。
 金曜日の雨が凍ってカリカリになったところに新雪が10cmほど積もっていて、斜面が急になるとスノーシューがスリップするので早めにアイゼンに取り替えた。
 吹きだまりでは膝まで埋まるものの快調なペースで、3度の休憩を含めても2時間35分で頂上に立った。
 
 千歳を出るときは素晴らしい天気であったが、あいにく頂上では小雪がちらついて遠望が利かなかった。
 じっとしていると頬がピリピリする寒気に、12時10分に下山を開始し、少し下がったところで昼食を摂った。
 帰りは、昨日私が予想したコースを通って13時54分に無事下山した。

 誰にも会わない静かな山を堪能したが、今日で7回目の白老岳というKさんの話では、この時期としては随分と雪が少ないらしい。
 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_16574965.jpg

                 支笏湖ではこんなにも晴れていたのだが・・・
 
f0138096_1658322.jpg

                   トンネルの西側出入り口がスタート地点
 
f0138096_1659022.jpg

                 スノーブリッジを渡り、急な斜面にとりつくKさん
 
f0138096_16593742.jpg

              稜線から白老岳、中央奥に頂上部が白く輝く南白老岳
 
f0138096_170765.jpg

                 幻想的な林の中を進むKさん
 
f0138096_1703447.jpg

   新雪の下がカリカリでスノーシューではまるで歯が立たない。右端に白老岳頂上部
 
f0138096_171058.jpg

                 頂上への最後の急斜面を行くKさん
 
f0138096_1712367.jpg

                    頂上は目前
 
f0138096_1714188.jpg

                 GPSの軌跡、左が登りで右が下りの軌跡
 
f0138096_172156.jpg

                 カシバードでも表示してみた。右が登りで左側が下りの軌跡
 

 
 
by tarumae-yama | 2009-01-27 17:19 | 登山 | Comments(2)

GPSのポイント

 隣町のKさんから白老岳へ行こうと声がかかった。
 先月樽前山の頂上で偶然お会いしたときお願いしたのをしっかり覚えていてくれた。

 山スキーではなくスノーシューで登るという。
 カリカリになっている斜面があるかもということで、アイゼンとピッケルも用意するよう指示されたからハラハラドキドキだ。

 明日はKさんの後ろを付いていくだけだが、パソコンに地図を表示させ、多分Kさんがたどるであろうコースにポイントを落としてみた。
 
 いつもGPSには軌跡を残すだけだから、今回のように夏道のない山では雪の上を自由に歩ける分、逆に吹雪かれたとき、頂上へ進めない可能性が出てくる。
 万が一視界が効かなくても、GPSのポイントが示す通りに歩けば頂上に立てるよう、地図に落としたポイントを今回初めてGPSに転送した。

 予備の電池も充電し、準備万端整った。あとは明日の好天を祈るのみ。
 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_13545453.jpg

 明日の白老岳へはトンネルの出口からスタートするという。予想されるルートにポイントを落としてみた
 
f0138096_13555447.jpg

             頂上までのポイントをGPSに転送したから視界が悪くても安心
 
f0138096_13561078.jpg

24日夜、高校の同期生の集まりがあり数年ぶりに参加した。先生もお元気に出席されていたのが嬉しい
by tarumae-yama | 2009-01-26 14:09 | 登山 | Comments(0)

青葉公園で

 来客や悪天等で昨日3日ぶりの青葉公園ウオーキングであった。
 公園に架かるおはよう橋の近くで鮭の残骸を見つけた。
 狐の仕業か或いはまだ見ていないオジロワシの仕業だろうか?
 以前橋の上から見た鮭の死骸がなくなっていたから、ひょっとしたらその鮭かも知れない。

 1時間半かけて公園内をぐるりと回った帰りのおはよう橋の上から、前方に夕日に染まりつつある真っ白な夕張岳が凛として美しかった。
 
f0138096_1647222.jpg

                 おはよう橋の近くの雪の上になぜか鮭の死骸が
 
f0138096_16472043.jpg

                 前方にくっきりと夕張岳の勇姿が望めた
 
f0138096_1647393.jpg

庭のライラックの木にゴジュウカラが、この鳥は頭を下にして餌を食べるところがユニーク、 室内からガラス越しに24日午後撮影
 
by tarumae-yama | 2009-01-25 16:55 | アウトドア | Comments(2)

レンタルDVD

 年末に、正月休み用として「ゲオ」からDVDを借りてきた。
 もっとも、今の私は毎日が正月休み?だから、何も混雑する年末に行くこともなかったのだが・・・・。

 借りた枚数が多かったのと結構雑用もあって先日やっと見終わった。
 「ロンリーハート」と「小説家を見つけたら」はなかなか良かった。
 主役はそれぞれジョン・トラヴォルタとショーン・コネリー。
 「サタデー・ナイト・フィーバー」のトラヴォルタが今年55歳のおじさんで、「007」シリーズのコネリーに至っては8月で何と79歳の立派な後期高齢者だから、年月の早さに驚いてしまう。

  
f0138096_114398.jpg

                 「ゲオ」から旧作ばかり借りてきた
by tarumae-yama | 2009-01-24 11:25 | その他 | Comments(2)

リコーの液晶ビューファインダーVF-1

 リコーのコンデジGX100と一緒に買った液晶ビューファインダーを壊したことは9日の記事にしたが、残念ながら私の補修はお粗末なものであった。
 見かねた息子が補修を引き受けてくれた(実際は親の立場で強要?)。

 さすが、手先の器用さが求められる職業に就いているせいか、ほぼ完璧になって戻ってきた。

 このVF-1は、GX200にそのまま使えるのが何とも有り難い。
 
f0138096_10453845.jpg

             GX100とセットで購入したVF-1をGX200に取り付けた
f0138096_13183883.jpg

季節外れの雨の中、自宅前の舗装工事が始まり今日は車庫から車が出せなくなった
 
by tarumae-yama | 2009-01-23 10:51 | 写真 | Comments(2)

登山靴の補修

 年末にキャラバン社にソールの張替等をお願いしていた登山靴が2足とも昨日戻ってきた。
 ソールとランドテープを交換し、一足は内張の破れを補修してもらった。
 金具に不具合のあるものは無償で交換してくれたようで、その部分は赤シールが張られて一目瞭然という親切さであった。

 春から3足揃ったGK-47を交替で大事に使おうと思う。
 
f0138096_10361564.jpg

               ヴィブラム製の新しいソールになって戻ってきた
 
f0138096_10372059.jpg

                    砂利を敷いて整地作業  
 
f0138096_10381188.jpg

                 小雪がちらつく中、舗装工事が始まりそう
 
 
by tarumae-yama | 2009-01-22 10:44 | 登山 | Comments(2)