<   2008年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

3月30日、糠平山-写真をメインにその2ー

 
f0138096_1863589.jpg

                 頂上から登ってきたコースを振り返る。
 
f0138096_1872510.jpg

                        撮影中のAさん
 
f0138096_1883291.jpg

                       同上、アップで
 
f0138096_1892359.jpg
                       頂上で記念の1枚
 
f0138096_18101854.jpg

                    雪壁造りを体験した。
 
f0138096_18111148.jpg

        雁皮山からの林道と合流する橋付近、林道の雪解けが進んでいる。
 
f0138096_18124153.jpg

下山後、汗を流したびらとり温泉、びらとり和牛を使った定食と入浴料がセットで1200円、コロコロステーキはお勧め。
by tarumae-yama | 2008-03-31 18:19 | 登山 | Comments(0)

3月30日、糠平山-写真をメインにー

 
f0138096_1325585.jpg

採石場がスタート地点、もう少し進んだのだがスタックしたのでここまで戻った。7時27分スタートしたが、1週間後にはゲートまで車で行けるかも知れない。
 
f0138096_13261828.jpg

GPSの軌跡で判ると思うが、尾根の取り付き場所を探して10分ほどロス、少し戻って9時35分に取り付いた。
 
f0138096_13263452.jpg

                      中腹から振り返ると。
 
f0138096_13265570.jpg

      稜線に出ると、戸蔦別岳からイドンナップ方面が目に飛び込んできた。
 
f0138096_13271038.jpg

             11時37分、糠平山に到着、頂上からのパノラマ
 
f0138096_13272442.jpg

                         同上
 
f0138096_13274415.jpg

        GPSの軌跡、尾根の取り付き地点で少し戻ったのが判るだろうか?
by tarumae-yama | 2008-03-31 13:37 | 登山 | Comments(0)

3月30日、糠平山

 予定通り日高の糠平山に登ってきた。
 素晴らしく晴れ渡った青空の下、頂上から白く輝く日高の山並みに感激した!
 目の前に、チロロ岳から戸蔦別岳や幌尻岳が手の届くような近さ、まさに迫ってくるような迫力があった。
 夕張岳や芦別岳、更には十勝の山並みまでくっきりと360度の大パノラマに、頂上で2時間その眺望を満喫した。
 
 あわよくば雁皮山を回って下山と考えていたが、この山からの眺望に大満足したから、もう雁皮山はどうでも良くなった、という感じで来た道を引き返した。
 快晴の日曜日というのに結局誰にも会わなかった。
 
 それにしても、雪解けが早く、もう2週間もすればスキーで頂上に立つことは出来ないのではと思われるほど雪が少なかった。
 休憩を含め、登りに4時間7分、下りは1時間45分であった。

 明日、残りの写真とGPSの軌跡をアップしたい。
 
f0138096_21472788.jpg

             快晴無風でまるで初夏を思わせるような陽気であった。
 
f0138096_2149242.jpg

           標高1200m付近、やっと濃密な樹林帯を抜けようとしている。
 
f0138096_215022.jpg

        稜線に出ると素晴らしい展望が待っていた。正面に幌尻岳、アップで。
 
f0138096_2152583.jpg

                 糠平山頂上、正面に二岐山、左の双耳峰がチロロ岳
by tarumae-yama | 2008-03-30 22:07 | 登山 | Comments(2)

林東公園のキノコ

 頂いたスキーシールと購入したスキーアイゼンの具合をチェックしたくて今日は樽前山のカリカリの斜面を考えていたが、曇天と強風に断念。
 
 林東公園を通って青葉公園内を1時間ほど歩いてきたが、さすがに3月も下旬、雪解けが進んでスキーコースは至る所で地面が露出していた。

 明日はY.Aさんと日高の糠平山に山スキーで登る事になっている。
 彼は、昭和40年代の後半、職場の上司であった方の息子さんである。
 当時はまだ中学生であったが、現在O市で高校教師をしていて、休み毎に単独山行をしていることを、現在千歳にお住まいの元上司からうかがっていた。
 ここ数年は日高の山に集中的に登っているとのことに、彼のお父さん(元上司)を通して同行をお願いした。
 そのような訳で、最近打ち合わせで何度か彼と電話で話をしている。
 しかし、実際にお会いするのは、当時、上司のお宅で何度か会って以来30数年ぶりのことだから楽しみではあるが、果たして思い出せるであろうか・・・?
 
f0138096_1632058.jpg

             青葉公園内のスキーコースは雪解けでもう滑れない。
 
f0138096_164486.jpg

              青葉公園に隣接の林東公園で見かけたキノコ
 
f0138096_1652985.jpg

                           同上
 
f0138096_166280.jpg

                   これも林東公園で見かけたキノコ
by tarumae-yama | 2008-03-29 16:22 | アウトドア | Comments(0)

サンプル百貨店

 サンプル百貨店なるものを知ってから2,3年経つだろうか。
 抽選でサンプル品が当たるから暇つぶしにウインドショッピング?している。
 しかし、落選続きでいい加減ウンザリしていたのだが、先日待望の当選メールが来た。

 今日、その当選品の缶酎ハイ4本が届いたから記念の撮影となった。

 晩酌の習慣がない甘党の夫婦だが、夕食時に味わってみようと思う。
 
f0138096_13481189.jpg

                 サンプル百貨店から届いた缶酎ハイ

 
by tarumae-yama | 2008-03-28 13:54 | その他 | Comments(2)

スキーのシール

 石井スポーツで買い物を済ませ、最後に知人宅で、山スキーをやめたため不要となったシールをいただいてきた。
 私のシールは粘着力が落ち、サイドもほつれてきたからそろそろ寿命に近づいてきている。
 ただ、いただいたシールはストレートタイプだから私のカービングスキーに装着すると、トップとテールでシールに覆われない部分がかなり露出する。
 「北海道雪山ガイド」には、スキーの形状に合ったシールでないとスリップしやすいとある。
 しかし、スキーアイゼンを買ったことだし、スリップするほどの斜面ではアイゼンを使えば良いのではないかと思うが、どうであろう・・・?

 近々、支笏湖の外輪山である丹鳴岳かフレ岳でも行ってどれほどスリップしやすいものか試してこようと思う。
 
f0138096_2113398.jpg

           いただいたスキーシール、私の銀色と違って派手な赤色である。
 
f0138096_21135868.jpg

  ストレートタイプのシールは上下が幅広のカービングスキーではスリップしやすいらしい。
by tarumae-yama | 2008-03-27 21:23 | アウトドア | Comments(2)

山の道具

 ロイズを出て、桑園駅の近くにある石井スポーツで山の道具を幾つか買った。
 何時も利用する秀岳荘はGWの大売り出し前で、値引きをしてくれないのでは仕方がない。
 それにしても、山の道具の高額なことにため息が出る。
 スキーアイゼンは1万円近くもしたが、アルミ製で、大量生産なら原価500円もみれば十分でないかと思う程素っ気無くシンプルだ。
 ワンタッチアイゼンやワカン、スコップ等々でまたたく間に4万円の請求となった。
 これらの道具は、南日高のピリカヌプリに登るだけのために購入したようなものだが、折角買ったのだから有効に使いたい。

 数年前までは夏山だけしか登っていなかったものが残雪期から初冬まで、そして今では厳冬期の山にまで手を染めようとしている。
 
 単独で登ることも多いから、家内はこのような状況を心配しているだろうか?
 或いは、退職後3度3度の食事作り等で辟易し、(遭難死することで)1人暮らしの方がサッパリする!と思っているだろうか?
 
 働きもせず毎日家でゴロゴロしている私は、家内の本音を怖くて聞けない。
 
f0138096_11373290.jpg

              石井スポーツから購入したアイゼンやワカン等
 
f0138096_11392149.jpg

              まだらになった残雪の間から芽を出した庭の福寿草
 
f0138096_11404130.jpg

                      上の写真のアップ
 
f0138096_11412235.jpg

               コンビニの近くの車道でフキノトウを一杯見かけた。
 
f0138096_11422293.jpg

コンビニの「セイコーマート」から買ってきた隔月雑誌「HO」、道内34ヶ所で無料、14ヶ所では半額の日帰り入浴が楽しめる温泉パスポートが巻末に付いている。


 
by tarumae-yama | 2008-03-26 11:59 | 登山 | Comments(0)

フキノトウ

 3月に札幌で最高気温が15度を超えたのは117年ぶりとTVニュースで言っていた。
 一時は平年より多かった積雪もこの暖かさでとうとう(札幌管区気象台では)ゼロとなった。
 このまま一気に桜とは行かないだろうが、千歳でも雪解けが急ピッチである。
 
 昨日、スポーツセンター近くの土手でフキノトウを見つけた。
 17日に登った羊蹄山の帰りにニセコで初めて見たけれど、千歳で見たのは初めてである。
 早速、夕食の味噌汁に入れて早春の香りを味わった。
 それにしても、来月のピリカヌプリ、尾根の取り付きに雪が残っているか大変心配だ。

 今日は、幾つか用事があり札幌へ出かけてきた。
 以前勤務していた丘珠の職場が合理化の余波を受けて3月一杯で廃止されるとのことに、名残を惜しんで来た。
 ほぼ1年半ぶりの職場であったが、共に勤務した職員が残務整理に忙殺され、自身の転勤の荷造りもままならないとのこと、タイミングの悪さに気の毒な思いであった。
 
 航空会社等に勤務する知人とも旧交を温め、その後、車で15分ほどの(生チョコで有名な)ロイズに行って、家内と出来たてのパンを味わってきた。
 コーヒーが無料で飲めるというサービスが嬉しかった。
 
f0138096_21164620.jpg

                 スポーツセンター近くの土手で見たフキノトウ
 
f0138096_21174891.jpg

                 札幌市の郊外にあるロイズの工場
 
f0138096_21183096.jpg

                 工場に隣接し飲食コーナーがある売店
 
f0138096_21192528.jpg

           購入したパンの一部、良心的な価格でなかなか美味しかった。
by tarumae-yama | 2008-03-25 21:26 | アウトドア | Comments(0)

3月23日、漁岳写真編

 昨日、容量の関係でアップできなかった漁岳の写真を載せた。
 
f0138096_12374653.jpg

 スノーボードを担いだ青年が漁岳頂上に到着、青年の後ろにはイチャンコッペ山や紋別岳
 
f0138096_12385786.jpg

                 羊蹄山をバックに頂上での記念写真
 
f0138096_12392734.jpg

            中央に小漁岳、ここまで行きたかったのだが・・・。 
 
f0138096_12414440.jpg

                 テントの先には無意根山や余市岳が真っ白く輝いている。
 
f0138096_1333769.jpg

                 頂上から滑走直前のボードの青年
 
f0138096_1352057.jpg

         正面はイチャンコッペ山、その先に夕張岳や日高の山並みが見える。
 
f0138096_1362388.jpg

  黒い鋲がなかったので銀色のボルトとナットで修理したスノーシュー、そろそろ寿命?
 
 デジカメで撮った動画もアップした。何故か正方形の画面になっている。
 
by tarumae-yama | 2008-03-24 13:53 | 登山 | Comments(0)

3月23日、漁岳

 来月、南日高の山に一泊で登る予定だから、今朝そのトレーニングのためにテントや寝袋、ガス等の縦走装備を持って漁岳に登ってきた。
 ザックの重さが18kgにもなったためか、両足の小指がプラブーツの中で靴づれを起こし、また、スノーシューは重量に耐えきれなかったようで、幌平山で飛ばした鋲とは別な所の鋲がなくなった。

 ザックの重さが両肩に容赦なく食い込んできて大変辛い歩きであったが、今日はそれを補って余り有る眺望の素晴らしさであった。
 元日の紋別岳以来漁岳で13山目であるが、今までで一番視界が良かった。
 眼前の羊蹄山は勿論、遠く駒ヶ岳や日高の幌尻岳まではっきりと望めた。
 無意根山や余市岳も真っ白な輝きを持って迎えてくれたから、暖かなテントの中でのんびりと2時間近く過ごしてしまった。

 しかし、何時までも景色を楽しんでいる訳にもいかず、12時35分に下山を開始した。
 ザックの重さに苦しんだ割には、休憩を含め登りに2時間50分、下りは1時間28分と思いの外速かった。

 明日、もう数枚写真をアップしたい。
 
f0138096_16574725.jpg

             今朝の支笏湖や樽前山、風不死岳は美しかった。
 
f0138096_1659286.jpg

 札幌から来たというスノーボードを担いだ青年に追いついた。オコタンペ湖はまだ真っ白。
 
f0138096_1715866.jpg

               漁岳の頂上は目前、数名の登山者が見えるだろうか?
 
f0138096_173392.jpg

              頂上の先行者達、今日は10名を超える登山者で賑わった。
 
f0138096_173586.jpg

              頂上から羊蹄山を中心に周囲の展望は最高であった。
 
f0138096_174597.jpg

                      GPSの軌跡

 
by tarumae-yama | 2008-03-23 17:15 | 登山 | Comments(4)