<   2008年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

乱視

 昨夜も卓球男女の活躍目覚ましく、深夜までTVを前に夫婦で盛り上がった。
 男子のラリーの応酬は本当に見応えがあった。
 だから、女子に比べて放映時間が短かったことは不満である。
 それにしても、平野選手の気迫溢れる表情には圧倒された。
 アップの顔つきに、劣勢であっても最後には逆転勝ちしてくれるという期待感を持てた。
 TVで何度も、「鬼」と彼女を紹介していたのは苦笑ものだが、うら若き女性への言葉として、ちょっと可哀相ではないだろうか?

 最近、視力に違和感を覚え、先日富士メガネで検査してもらった。
 5年前に同店で作った眼鏡だが、原因は左眼に乱視が入って来たためとのことであった。
 新しいメガネでようやくクッキリと見えるようになった。
 
 今夜は、これを掛けて「鬼」の形相?の平野選手をしっかり応援しようと思う。
 勿論、他の男女の選手も、である。
 
f0138096_15483137.jpg

        今日受け取ったメガネ、保谷からペンタックスのレンズに代えてみた。
 
f0138096_1551910.jpg

      気温がプラスになってきたから、このようなつららの下を歩くのは怖ろしい。
by tarumae-yama | 2008-02-29 16:02 | その他 | Comments(0)

町内雪のけ隊

 起床すると豪雪地の倶知安を思わせるような雪景色になっていた。
 この時期になって一気に降雪量が増し、何年ぶりかの大雪状況である。
 町内の道路は幅が狭まり、車ですれちがうのもままならなくなった。

 同じ町内に公営住宅があり、身体の不自由な高齢独居老人が複数人住まわれている。
 市の委託を受けて町内会では毎冬、「雪のけ隊」を発足させて対象の十数軒の除雪をボランティアで実施している。
 私は、椎間板ヘルニアの持病があるので辞退させてもらっているが、隊員は70代の町内会長を筆頭に大多数が私より高齢だから、隊を維持するのが毎年悩みの種らしい。
 町内の知人は、このボランティアで腰痛を悪化させて通院したほどだ。
 それは、現在の老々介護と同じで看過できない状況になっている。
 我が家にしたところで、今朝の大雪を目の当たりに、10年後まだ自力でやれるだろうか?と不安な気持ちで一杯である。

 それにしても、世界卓球2008の男子団体の活躍も素晴らしく、連日就寝が午前1時半頃となって、生活のリズムが完全に狂っている。
 
f0138096_13125832.jpg

            我が家のアプローチとカーポートの除雪を前に状況写真
 
f0138096_13143851.jpg
 
  幸い、我が家の向かいは雑木林だから雪捨て場には困らないが、除雪車も家の前に排雪していくから、この雪山は乗り越えられない。
by tarumae-yama | 2008-02-28 13:22 | その他 | Comments(2)

世界卓球2008

 世界卓球2008年をTVで応援した。
 女子の団体は、平野選手の闘志溢れる活躍でフランスを撃破した。
 愛ちゃんは、今ひとつ集中力が足りなかったように見えた。大差を付けていた2ゲーム目を落としたのが敗因に思える。
 3番手で出場したキャプテン藤井選手は、ファイナルまでもつれた試合に勝ってチームの勝利に大きく貢献したと思う。
 この大会初出場とのことだが、大きな緊張の中での勝利は賞賛ものだ。

 手に汗握る熱戦を夢中になって応援している2時間の間に、外壁に設置しているライトに照れされたテラスの積雪に驚いてしまった。
 レーダーの画像を見ると、2本のエコーが千歳周辺で合流して流入している様子。
 明日の朝、一体何十センチ積もっているだろうと想像するのも恐ろしい。
 
f0138096_23322383.jpg

 ライトに照らされて降り続ける雪、午前中に綺麗にしたテラスにすでに30cm以上積もった。
 
f0138096_23353897.jpg

 大きく見ると2本のエコーラインが千歳周辺で合流しているようだ。気象庁のHPより。
 テラスに降り続ける雪を動画で撮った。

 
 
 
by tarumae-yama | 2008-02-27 23:46 | その他 | Comments(0)

「耳に残るは君の歌声」

 今朝も20cm以上の降雪があった。
 小山になった雪捨て場まで運ぶのがしんどくなって来るし、だんだん湿り雪になって重くなって来るから、腰への負担が強まってきた。
 正直、もうウンザリだ。
 ただこれからは、積雪の増よりも速く雪解けが進むだろう。
 
 朝21度だった室内の温度計が、降り注ぐ陽光に25度まで上がって室内は夏日となった!
 さすがに暑く、Tシャツ姿になってパソコンに向かっている。

 昨夜、レンタルDVDで観た映画「耳に残るは君の歌声」は、なかなか良かった。
 「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジョニー・デップを個人的には好きでなかったから斜に構えて観ていたが、真摯に生きるジプシーのリーダー役ですっかり違う印象を持った。
 しかし、この映画は、ロシアの幼い女の子が出稼ぎに出た父を追ってアメリカに渡って再会するまでの辛苦の物語で、彼は恋人役だが主役ではない。

 ストーリーも配役も良かったが、全編を流れるオペラのアリアが印象に残った。
 これは、ビゼー作曲、オペラ「真珠採り」の中のアリア「耳に残るは君の歌声」で、映画のタイトルにも使われている。
 映画のオペラの場面では、プロのテナーが役をやっているのかと思うほど男優の口パクが様になっていた。
 インターネットで調べると、歌声はテノール歌手のサルヴァトーレ・リチートラであった。
 彼のCDを1枚持っているが、この曲は納められていなかったので、サントラ盤を早速Amazon.comに注文した。
 蛇足だが、アルフレッド・ハウゼ楽団の演奏で一世を風靡した「真珠採りのタンゴ」はビゼーのこのアリアを編曲したものである。
 
f0138096_1342783.jpg

 注文した「耳に残るは君の歌声」のサントラ盤CD、写真はAmazon.comのHPより


 

 
by tarumae-yama | 2008-02-27 13:23 | その他 | Comments(2)

ソフトテニスラケット

 昭和50年代はソフトテニスに熱中していた。
 17時の時報と同時に退庁してテニスコートに向かうか高校で指導していた。
 転勤の先々でも高校やママさんクラブで教えていた。
 昭和61,2年頃には北海道ソフトテニス連盟成年(35歳以上)の部で3位にランキングされるほどテニスが生き甲斐であった。
 
 それが、平成5年利尻島に転勤になり利尻山に登ったことで、夢中になる対象がソフトテニスから登山に代わった。
 何れにしても、定年まで殆ど残業を嫌った不良職員であった!!?

 昨年の退職を機に、10数年ぶりにテニスコートにも顔を出すようになった。
 今年は、健康維持のためもっとソフトテニスに時間を割こうと考えている。
 
 最近のラケットは、カーボンやチタン等の新素材で作られ、軽いのに反発力があるらしい。
 高校のテニス部に所属していたときは、川崎とフタバのメーカーしかなかったが、今ではヨネックスやミズノが主流とのこと。
 ラケット自体も、重さやグリップの太さだけでなく、前衛、後衛用に分かれていて、それぞれ初・中・上級用があるから選択に迷ってしまう。
 とりあえず、連盟の先輩や後輩から今時のラケットを3本、格安で譲ってもらった。

 軟式テニスに熱中していた時期、新製品のラケットを色々買って使っては譲っていたから、立場がすっかり逆になってしまった。
 
f0138096_1222519.jpg

  左の3本は先日仲間から入手したソフトテニスラケット、右は利尻時代まで使っていた物。
by tarumae-yama | 2008-02-26 12:58 | その他 | Comments(0)

確定申告初経験

 確定申告のため市役所へ行ってきた。
 ロビーが臨時の受付会場で、数名の職員がパソコンを横に申告者と向かい合っていた。
 順番待ちの申告者が10名程椅子に座っていただろうか。
 
 下書きの申告書を持参したが、職員がその申告書と源泉徴収票等を電卓を使ってチェックし、その後パソコンのキーボードを叩いた。
 複写式の確定申告用紙をドットプリンターで印刷し、控えを渡してくれた。

 その間約15分、ただじっと職員の作業を眺めているだけであった。
 職員のチェックを受けた後、自分で記入するものと思っていた。
 医療費控除のための領収書を入れた袋内を見ることなく完了したから、その呆気なさに拍子抜けする思いであった。

 一ヶ月半程後に幾ばくかの還付金が口座に振り込まれるそうだから嬉しい。
 それを頭金に、支笏湖周辺の山へ行くため電動アシスト付き自転車を買おうと考えている。
 折りたたみ式だから愛車に積み込み、長い林道歩きでも重宝するだろうと期待している。
 
f0138096_11545094.jpg

 春に購入予定のパナソニック製電動折りたたみ自転車「オフタイム」、前タイヤが18インチしかないから林道走行には安定性に不安がある。本当は折りたたみ式マウンテンバイクで電動アシスト付きがあれば最高なのだが・・・。
by tarumae-yama | 2008-02-25 12:00 | その他 | Comments(2)

「LOST」

 昨夜は猛吹雪で、寝ていても風のうなるような音が室内に響いていた。
 今朝、新聞を取ろうとしたドアが、吹き溜まった雪で開けられず、焦った。
 その朝刊に、札幌への国道が吹雪のため、1km進むのに5時間かかったとあった。
 新千歳空港でも欠航便続出で、2,000名もの乗客がターミナルビル内でまんじりともしない夜を過ごしたらしい。
 当然、海も鉄路も大混乱であったようだ。

 ようやく昼前から青空が出て風も幾分弱まってきたので、午後から除雪にかかろうと思う。
 少雪の冬と有り難がっていたが、ここに来て取り返すように大雪が続いている。

 どこへも出られない週末だから、「ゲオ」から「LOST」シーズンⅢのNo10と11を借りてきて家で楽しんだが、どうも話の展開が荒唐無稽なものになって来て、”何だかなぁ~?”という思いが募った。
 
f0138096_12554169.jpg

                 「ゲオ」から借りてきた「LOST」のDVD
 
f0138096_12563052.jpg

 食堂の窓越しにテラスに吹き溜まった雪を写す。下の暗い部分はガラスを埋める雪である。
 午後から家内と除雪で一汗かいた。

 
f0138096_15422476.jpg

             小一時間後、テラスに吹き溜まった雪は綺麗に片づいた。
by tarumae-yama | 2008-02-24 13:09 | その他 | Comments(4)

「お気に入り」

 先日樽前山に登った折、私の出発間際にやって来た男性と挨拶を交わしたのだが、その男性からブログにコメントが入っていた。
 親戚や知人達ごく少数が見ているだけだと思っていたから、私のブログを読むだけではなく、「お気に入り」に入れて山行きの参考にしている人がいると知って驚いた。

 私のブログのサイトで、「アクセス解析」という情報を提供しているから、毎日のアクセス数やサイト内での順位、ヤフーやグーグル等の検索先名、或いはどのような文字で私のブログにヒットしたのかが判る。 
 残念ながら?個人名は判らないから、訪ねてくれた方に感謝メールを出すことは叶わない。

 この解析によると、最近1,2ヶ月の検索文字は、「ベー・チェチョル」がダントツで、「イチャンコッペ山」や「幌平山」、「GX100」等という文字からも私のブログにたどり着くらしい。

 蛇足ながら、私が山行きの参考にしているHPは、同じ街に住むたかさんのものである。
 同じようなペースで登れること、懇切丁寧な説明文章と豊富な美しい写真、時にはGPSの軌跡も載っているから、私の良きバイブルとなっている。
 2004年10月、日高のペンケヌーシ岳にご一緒したことがある。
 HPを見ると今年はまだ登っていないご様子、腰痛でもぶり返したのかと心配している。
by tarumae-yama | 2008-02-23 12:40 | その他 | Comments(0)

5,000km点検

 エクストレイルの走行距離が5,000kmに達したので併せて6ヶ月点検を受けた。
 納車直後に一月弱本州の山巡りに出かけたが、旅先でハンドルのチルトアップ機構が故障したので帰宅してから修理した。
 それ以外特に問題なく使っている。

 それにしても、通勤がなくなったとはいえこの冬は一月に300km程しか走っていないので給油を一度もしない月が出てきた。
 車を持って30数年になるが、年2万kmは走行していたからこれは私にとって珍事である。
 
f0138096_12421990.jpg

 車内で眠る際、前席にザック等を置く事になるからハンドルがチルトアップする機構は重宝した。写真のハンドルは通常状態のものであるが・・・。          日産のHPより
 
by tarumae-yama | 2008-02-22 12:54 | その他 | Comments(0)

定期検診

 風雪の中、8週間毎の定期検診に市民病院へ行ってきた。
 血液検査の結果、コレステロール値は210と基準内に納まっていて安堵した。
 前回オーバーしていて、今回も220を超える数値が出たら投薬開始と宣告されていた。
 体重を思うように落とせなかったので、この結果はある意味意外であった。
 
 血圧の方は、基準内ではあってもそれは薬効のせいで、とても薬を止めたり減らしたりと言う状況ではないらしい。

 待合室は混雑していたから、持参した日野原重明氏の「人生百年 私の工夫」という本を読んで時間をつぶしていた。 この著名な現役医師は今年97歳になると言うから驚いてしまう。

 背中合わせのソファーから、老女?2人の会話が聞こえてきた。聞き耳を立てていた訳ではないが、お互いに歳を尋ね、68歳、71歳と言いつつ、「若いね~」と続いたから吹き出しそうになった。

 61歳の私は(待合室では)まだまだ子供であるらしい。
by tarumae-yama | 2008-02-21 14:51 | その他 | Comments(0)