カテゴリ:登山( 684 )

大苦戦の鳴尾山、2017.3.19

最初に鳴尾山に登ったのは2012年2月29日のことで、支笏湖の外輪山一周達成目前の頃だった。
その時は、鳴尾山の三角点名が「丹鳴尾」という事も、鳴尾山という名前そのものも知らず、GPSを持ってただひたすら外輪山の主尾根を歩いていた。

実は、3月9日、シリセツナイ山下山後の休暇村の温泉で話をした男性は、ガイドで「GuideOfficd U5」の祐吾さんだったのだが、その時のツアーが鳴尾山とのこと。
そして、3月18日の漁岳を一緒したYさんから、その鳴尾山のツアーに参加していたと聞いた。

それで調べてみると、私が5年前に歩いた742.4mのピークが鳴尾山と分かった。
ヤマレコなどにもポツポツと報告が上がっていたから、再訪してみる気になった。

前置きが長くなったけれど、今年支笏湖周辺は少雪のせいか私の取り付いた尾根は笹だらけで、尾根に上がるまで大苦戦を強いられた。
だが、下山に使った尾根は林道を上手く利用していて快適だった。
こちらは全く笹に苦しめられる事もなくあっけないほど短時間で下山出来た。

ヤマレコの報告なども往復この尾根を使っていた。
ただ、負け惜しみを言うなら、登りの尾根の方が支笏湖方面の眺望が素晴らしい。
どの尾根を使うにしろ、晴れていれば頂上からの眺望は期待以上だと思う。

ガイドの裕吾さんが、支笏湖の展望台としては一級と言ったそうだが、私も素直に同意したい。
時間があれば、北西の805mピークまで足を延ばしてはいかがだろう、雪の状態にもよるが30分もあれば届くと思う。
なお、最初から最後までスノーシューを使った。

山行記録
ゲート前09:01→鳴尾山頂上11:43~12:03(昼食)→ゲート前13:05

頂上付近の同じような写真ばかりだが、途中の登りでは笹と格闘中でとてもカメラを出す余裕がなかった。
f0138096_10221183.jpg
スタート地点は美笛キャンプ場入り口

f0138096_10222684.jpg
笹との格闘中の写真はなく、ようやく尾根に上がりあとは楽勝
f0138096_10224103.jpg
前日のものか、複数人のスノーシューのトレースが頂上近くにあった
f0138096_10224893.jpg
中央に白老3山とその奥にホロホロ山や徳舜瞥山
f0138096_10230553.jpg
広~い頂上部
f0138096_10231183.jpg
頂上にはピンクテープがあるのみ。奥に白老3山やホロホロ山、徳舜瞥山
f0138096_10231676.jpg
羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_10232384.jpg
中央に丹鳴山、左に805mピーク、丹鳴山の右はフレ岳か?
f0138096_10232764.jpg
羊蹄山、左にルスツのスキー場も見える
f0138096_10233473.jpg
ホロホロ山、徳舜瞥山を少しアップで
f0138096_10234036.jpg
支笏湖の奥に風不死岳(左)と樽前山
f0138096_10234876.jpg
頂上で食べたかぼちゃ大福
f0138096_10235305.jpg
恵庭岳をアップで。中央に太く2年前の大雨の傷跡が白く見える
f0138096_10235954.jpg
f0138096_10240537.jpg
下りは林道を使ったルートだった。登りでは全く見なかったテープも下りでは結構見かけた
f0138096_10241073.jpg
美笛橋の近くで道路に合流
f0138096_11094073.jpg
赤色のラインは5年前に鳴尾山に登ったときのもの。この時は美笛林道側から登った。黄色いラインは年数をかけ何回にも分けて支笏湖の外輪山を巡ったときのもの。手描きなので正確ではない。地図の上でクリックすると大きくなります
f0138096_10242468.jpg
今回は支笏湖側から尾根に取り付いた。北側の尾根から登り、頂上から南東に延びる尾根を下ったけれど、この尾根なら笹に煩わされずもう1週間か2週間は使えるかも知れない。

by tarumae-yama | 2017-03-26 00:29 | 登山 | Comments(2)

大苦戦の鳴尾山、2017.3.19-速報版-

5年ぶりに鳴尾山に一人で登ってきた。
取り付いた尾根に雪が少なくて中腹まで笹との格闘だった。
150mの高度を稼ぐのに1時間以上かかっただろうか?
心が折れそうになって、近くの多峰古峰山に転進しようかと思った。

それでも頑張った甲斐があり、頂上からは素晴らしい展望が広がっていた。
誰もいないこともあり、涙が出そうなほど感動した。

(写真の)妻にもしっかり見せようとしたところ、ザックの写真がなくなっていた。
笹と格闘中に取れたのかも知れない。
マイナーな鳴尾山に妻を残してきて心が痛い。

とりあえず、速報版として写真を5枚アップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_15073896.jpg
恵庭岳と右端に紋別岳
f0138096_15072679.jpg
頂上の木の奥に樽前山
f0138096_15075580.jpg
羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_15080173.jpg
支笏湖ブルーの支笏湖と奥に風不死岳に樽前山。右端に小さく多峰古峰山
f0138096_15080766.jpg
広い頂上と印象的な木
f0138096_15261990.jpg
GPSの軌跡。北側の尾根に取り付き、反時計回りに下りてきた。今後雪が降らなければ下りの尾根を使ってももう1週間が良いところかも知れない

by tarumae-yama | 2017-03-19 15:15 | 登山 | Comments(6)

オコタンペ山、2017.3.14-同行者からの写真-

オコタンペ山を一緒したH原さんとM夫妻から写真が送られてきた。
少し遅くなったけれど、ここで紹介しようと思う。
写真の説明は抜きにして(^^;)
f0138096_21204448.jpg
f0138096_21205659.jpg
f0138096_21211344.jpg
f0138096_21322076.jpg
f0138096_21322747.jpg
f0138096_21323518.jpg
f0138096_21324355.jpg
f0138096_21325325.jpg
f0138096_21330367.jpg
上の9枚はH原さんの撮影
f0138096_21341570.jpg
f0138096_21342563.jpg
f0138096_21363395.jpg
f0138096_21364633.jpg
f0138096_21365735.jpg
f0138096_21370478.jpg
f0138096_21371651.jpg
f0138096_21374685.jpg
上の8枚はMさんの撮影
f0138096_21421290.jpg
Mさんから送られて来たこの写真は、3月15日円山で撮影したとのこと。M夫人と一緒に写っているのは札幌のAさんで、彼とは2015年3月18日漁岳の頂上で初めてお会いした。
その時一緒に様茶平に下り、その後4月1日二人で樽前山に登った。そして7月16日に単独で十勝岳に登ったとき、上富良野岳の頂上で偶然Aさんに再会した。
そんな事があって私のブログを何時も見ているらしく、AさんはM夫妻と私を肴にしばし盛り上がったらしい(^^;)
私のブログにたびたび登場するM夫人が当の本人と知って、AさんはやはりM夫人と(M夫人のカラフルなウエア等の話題で)盛り上がったらしい


by tarumae-yama | 2017-03-19 07:21 | 登山 | Comments(0)

シリセツナイ山、2017.3.15

数日前の3月9日にシリセツナイ山に登ったつもりだったのだが、帰宅後GPSの軌跡を見ると勘違いをしてその手前のピークから下山していた。
その時の記事で近日中に再挑戦すると書いた事もあり、早速登ってきた。

前回と同じ紋別岳の保全道路を1200mほど登った所から尾根に取り付いた。
前日か今朝と思われるつぼ足の跡があり、こんなマイナーなピークに登る人が他にもいるのかと思うとチョッピリ嬉しい。

だが、シリセツナイ山は私個人としてはお勧めできるピークではない。
尾根歩きの大部分は樹木に視界を遮られ、展望が良いとは言えないから。
まあ週末でも先ず登山者に会うことはないので、一人静かにもの思いにふけるには悪くないかも。

それに展望がないと言っても、近くの野鳥の森やモラップ山よりはましだろう。
この二つの山の稜線はエゾシカの糞だらけで、ちらちら見える支笏湖ブルーをだいなしにしていて糞害(憤慨)ものだ。

もっとも、エゾシカにしたところで、登山道もないこんな所まで人がやって来るから、落ち着いて糞も出来ないと憤慨しているかも。

ともあれ、スノーシューを履いて登ったシリセツナイ山、雪解けが進んでいるため多分今月一杯がせいぜいだろうか。

このピークから派生している尾根のどれを使っても、湖側に下りる限り国道にぶつかるので道迷いの心配はない。

下っていった先にどのような地形や眺望があるのか、ワクワクしながら好きなように歩けるのが積雪期の山の楽しさ面白さなのだと思う。

山行記録
駐車場11:20→シリセツナイ山頂上12:15~12:34(昼食)→駐車場13:00
f0138096_11045621.jpg
尾根歩きの途中から恵庭岳と右に漁岳が見えてきた
f0138096_11050600.jpg
アップで。この頃、隊長Oさんが漁岳のピークに立っていたらしい
f0138096_11054904.jpg
シリセツナイ山の頂上。ブルーとピンクのテープがあるのみ
f0138096_11055319.jpg
頂上でカップ麺を一人静かに味わう
f0138096_11060122.jpg
稜線上から支笏湖と恵庭岳
f0138096_11060772.jpg
頂上近くから芦別岳や夕張岳(右)がクッキリ
f0138096_11061474.jpg
紋別岳
f0138096_11062704.jpg
真っ白な樽前山と右に風不死岳
f0138096_11063580.jpg
駐車場へ戻るのに理想的なルート取りとは言えなかったけれど、我ながら案外上手く下山出来た。私の赤い車が見える
f0138096_11064003.jpg
GPSの軌跡。駐車場から左に延びる直線は余分。時計回りで歩いた
f0138096_11065008.jpg
3月9日に登った時のGPSの軌跡。地図の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-03-16 11:19 | 登山 | Comments(2)

オコタンペ山、2017.3.14

悪天で延び延びとなっていたHさん達とのオコタンペ山、昨日実施したまでは良かったものの、予報が外れ青空の下での山行とはならず残念だった。

それでも、風の穏やかなオコタンペ湖に下りて昼食を摂り、2月下旬以来の同行者と久しぶりにお喋りを楽しんだ。

今回は、頂上まで3名がスノーシュー、残りの3名がつぼ足だった。
雪が締まってきて、つぼ足で登れる山が増えてきたのは嬉しい。

山行記録
ゲート前08:33→オコタンペ山頂上09:57~10:07→オコタンペ湖10:55~11:30(昼食)→ゲート前12:26
f0138096_08522135.jpg
3名はスノーシュー、残りの3名はつぼ足でスタート
f0138096_08523339.jpg
3日前と同じ急斜面を取り付く
f0138096_08525139.jpg

f0138096_08531485.jpg
中央に目指すオコタンペ山の頂上が見えてきた
f0138096_08541890.jpg
頂上直下
f0138096_08542587.jpg
青空がバックなら霧氷が綺麗なのだが、中央右に紋別岳、左にイチャンコッペ山
f0138096_08543523.jpg
頂上からハート型のオコタンペ湖と左上に支笏湖
f0138096_08543887.jpg
頂上の同行者
f0138096_08544787.jpg
雪もチラついてきたので、小休止後オコタンペ湖へ
f0138096_08545061.jpg
3日前の谷を避け右岸側の尾根を下ったが、途中から尾根を外して下りた
f0138096_08545659.jpg
尻滑りを楽しむM夫人
f0138096_08550457.jpg
頂上部が雲の中の恵庭岳をバックにオコタンペ湖を歩く同行者
f0138096_08564544.jpg
オコタンペ湖の島?に上陸。左からH原さん、Oさん、Mさん、Hさん、M夫人。中央やや左の山がオコタンペ山
f0138096_08565322.jpg
GPSの軌跡。3日前とはオコタンペ山からの下りの部分がかなり違う。地図の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2017-03-15 09:13 | 登山 | Comments(0)

オコタンペ山、2017.3.11

9時前に集合場所であるオコタンペ分岐ゲート近くの駐車場に到着すると、すでに満車状態だった。
例年だと分岐ゲート前とゲートを挟んで近くにある二つの駐車場は除雪されていると思うのだが、札幌寄りの駐車場は除雪されていなかった。
そのせいで、ゲート前に6台、支笏湖寄りの駐車場は10台ほどの車で一杯。
我々はギリギリセーフだった。

駐車場で準備している登山者に挨拶をすると、漁岳や幌平山に向かうらしい。
恵庭岳へはもっと早くスタートしたのだろう、トレースが北東尾根に付いていた。

前日からの新雪が20cmほど積もっていたが、オコタンペ山へもスノーシューのトレースが付いていてどうやら先行者がいる様子。

その先行者には最初の急な斜面を登り切った所で追いついた。
トレースのお礼を言い、そこからは我々が先頭に立った。

頂上直下にソロの男性が休んでいて、挨拶をすると私に以前紋別岳で会っていると。
苫小牧のAさんで、私のブログをよく見ているらしく、シリセツナイ山の記事には笑ってしまったと言われた(^^;)

Aさんは、昨年10月16日、楓沢から風不死岳にN君の山友達と登ったとき、苫小牧のS谷さんも加わっていたのだが、そのS谷さんと同じ職場で、明日の日曜日は彼と漁岳に登ると。
AさんはN君とも一緒に登りたいと言っていた。
(N君へ、今度S谷さんをお誘いするとき、Aさんも忘れずに!)

そんなお喋りをしている間に、私達が追い越した先行者が先に頂上に到着した。
我々も直後に到着したけれど、雪雲の襲来で視界が悪くなってきたため、そそくさとオコタンペ湖へ下りることに。

こちらへもトレースがあったものの、それは右岸側の尾根には行かず谷を下っていた。
気温が上がってきたため雪崩が怖く、危険なところは速やかに通過しオコタンペ湖に着いときはヤレヤレだった。

山行記録
ゲート前09:17→オコタンペ山頂上11:17~11:20→オコタンペ湖11:47~12:28(昼食)→ゲート前13:26

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22472747.jpg
登山口に向かう前に撮影、風不死岳と左に真っ白な樽前山。この時は晴天だった
f0138096_22472877.jpg
スノーシューを履いてスタート
f0138096_22472806.jpg
見た目より実際は斜度がきつくてスノーシューでギリギリ。先行者のトレースを使いジグを切りながら
f0138096_22472841.jpg
追い越した先行者を入れて。中央上に紋別岳、左上の木の奥にイチャンコッペ山
f0138096_22472923.jpg
頂上の下で休んでいたのは苫小牧のAさんだった。Sさんと記念撮影
f0138096_22472958.jpg
Aさんとお喋りをしている間に、先行者はもうじき頂上
f0138096_22472950.jpg
先行者は、頂上で写真撮影後そそくさと下山して行った。左上に恵庭岳と右に支笏湖
f0138096_22473057.jpg
文字の見えなくなった頂上標識だったけれど、誰かマジックでオコタンペと書いた
f0138096_22473002.jpg
オコタンペ山から下山し、谷に入るSさん
f0138096_22473106.jpg
狭い谷に入ろうとしている
f0138096_22510155.jpg
アップで
f0138096_22510915.jpg
恵庭岳をバックに。後ろに4名の登山者?が見える
f0138096_22511708.jpg
島?に上陸のSさん。中央上にオコタンペ山
f0138096_22512836.jpg
f0138096_22513812.jpg
奥に雪雲で隠された小漁山
f0138096_22514459.jpg
上3枚、大の字になったSさんを、気持ち良いと言っていた
f0138096_22515212.jpg
オコタンペ湖で遊んで帰路につく
f0138096_22515844.jpg
北海道インターナショナルスクールのパーティ
f0138096_22520663.jpg
左の二人も右と同じスクールの高校生
f0138096_22522173.jpg
遠くにインターナショナルスクールのパーティ
f0138096_22523027.jpg
無事下山


by tarumae-yama | 2017-03-12 01:36 | 登山 | Comments(8)

オコタンペ山、2017.3.11-速報版-

今日は一人で漁岳から様茶平まで歩く予定だった。
ところが、前夜Sさんから、予定していた山が同行者の都合でキャンセルになったとのLineが入った。

それで山を変えてオコタンペ山を一緒に登る事になった。
私としては14日に数名でこの山を予定しているから、下見登山となって良かったと思う。

ただ、晴天のはずの予報は大外れ、スタート時こそ青空が広がっていたものの、オコタンペ山の頂上に到着したときは、雪が降ってきて目の前の恵庭岳も隠れるほど強まった。

それでも、オコタンペ湖に下りると青空がどんどん広がって周囲の山並みが白く輝き、息を飲むほど素晴らしかった。

とりあえず、速報版として写真を10枚ほどアップした。

f0138096_17280192.jpg
左上に恵庭岳の頂上岩塔。雲が増えてきた
f0138096_17280715.jpg
ハート型の白いオコタンペ湖。降雪のため左の支笏湖が霞んできた
f0138096_17285089.jpg
オコタンペ山からオコタンペ湖へは尾根を使う予定だったのだが、先行者のトレースは深い谷に刻まれていた
f0138096_17285627.jpg
急斜面だから雪崩の跡もある。こんな雪玉に直撃されたら骨折するかも
f0138096_17295413.jpg
無事オコタンペ湖へ出た。正面は小漁山、右上に僅かに漁岳の頂上部が見える
f0138096_17300279.jpg
Sさんと奥に恵庭岳
f0138096_17304600.jpg
小漁山から漁岳の山並み
f0138096_17305792.jpg
白く輝く漁岳を撮影するSさん
f0138096_17310211.jpg
漁岳をアップで
f0138096_17310945.jpg
帰路、北海道インターナショナルスクールの高校生のグループとスライド。オコタンペ湖の先でテント泊するらしい
f0138096_17313230.jpg
GPSの軌跡。隊長Oさん、道路法のことは承知しています。
地図の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2017-03-11 17:52 | 登山 | Comments(4)

シリセツナイ山?、2017.3.9

昨日は、隊長Oさんをリーダーに、サブリーダー役のSさんとH原さん、記録係の私という加齢?なシルバーカルテットで恵庭岳の西峰に登るはずだった。
前日には隊長Oさんがわざわざトレースを刻みに頂上直下まで登ってくれている。

だが、昼頃気圧の谷が通過するせいか、降水確率が高いため残念だが延期となった。

けれど、支笏湖のライブカメラを見ると、案外青空が広がっている。
それで、サクッと登れるシリセツナイ山に一人で向かった。
前回登ったのは2015年1月2日のことだから2年ぶりになる。
その時は支笏湖小学校の裏から登ったので、今回は紋別岳の登山道を1300mほど登った後尾根に取り付くコースを選択した。
以前、ツアー登山のパーティがたびたび使ったルートである。

その尾根に取り付くと、2,3日前と思われるスノーシューの跡が残っていた。
この尾根は立ち木が煩わしい上に吹き溜まりや雪庇も出来ているのだが、シューの跡はそれらを上手に避けていて、感心するコース取りだった。
冬山にかなり経験を積んだベテランなのだろう。

そんなトレースを使わせてもらったし、雪も締まっていたのでアッという間にシリセツナイ山の頂上に到着。
物足りなかったけれど、雪が降っていて視界も良くないのでそそくさと下山し、休暇村の温泉で身体を温めて帰宅した。

家でカシミールにGPSの軌跡を落とし込み、ルートを確認して愕然、何とシリセツナイ山の頂上に立ったと思っていたのに、実際は10mほど低い北西にある手前のピークだった。

何ともお粗末で恥ずかしい。
近日中に再度挑戦しようと思う。
f0138096_16321324.jpg
単独なので、カーブミラーを使って自画像
f0138096_16322762.jpg
紋別岳へは石垣の左を進む。シリセツナイ山はここから石垣の上を行く
f0138096_16325539.jpg
2,3日前のものか、スノーシューの跡が残っていた
f0138096_16330129.jpg
中央奥に紋別岳
f0138096_16330496.jpg
ピンクテープにだまされシリセツナイ山頂上と思い込んだ。本当のシリセツナイ山は写真の左端のピーク
f0138096_16331826.jpg
中央右に霞んでいるが、支笏湖
f0138096_16332309.jpg
途中の見晴らしの良いところから、風不死岳(右)と樽前山
f0138096_16332938.jpg
GPSの軌跡。シリセツナイ山は青い円内の標高533mのピーク。私は手前の北西のピークをそれと勘違いした。緑色のラインの様にコースを取るともう20分程か。シリセツナイ山そのものを登るなら支笏湖小学校の裏の尾根を登るのが最短だろう。地形図の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-03-10 07:32 | 登山 | Comments(0)

白老岳のスリップ事故から1年

今日(実際は昨日)、近くのスーパーで小学校時代のクラスメイトに会った。
昨年秋まで同じ町内に住んでいたから、夫婦ともども付き合いが続いていた。
スーパーでの立ち話の中で、今日は弟の1周忌の法要だったと。

彼女の弟は、昨年3月10日、白老岳に単独で登っていて頂上近くからスリップ事故を起こして亡くなっている。
ラジオから「千歳の60代の男性が白老岳で・・・・」と流れ、それを聞いた山友の何人かはてっきり私と勘違いしたらしい。

翌日、その白老岳に10名のパーティで登り、私も頂上直下から10mほどスリップしたから、運とタイミングが悪ければ遭難者が私でもおかしくなかった。

恥を忍んで書けば、他にも山で大怪我やまかり間違えば死んだかも知れないトラブルに遭っている。

記憶に残る最初は、1998年7月4日、日本100名山の早池峰山を下山中、飛び降りた木橋が少しだけ傾斜していた上に濡れていたため、スリップしてそのまま橋の下に落ちた。
幸いにも、水が流れていなかった上にザックから落ちたので無傷で済んだ。

2012年8月7日、シュナイダーコースから石狩岳と音更山に単独で登り、小雨の中を下山中に細尾根上の濡れた木の根で滑り、そのまま右側の深い沢に転落した。
この時は2,3回転したのか、やはりザックから立木にぶつかって止まった。
高度差にして250mは傾斜が緩くならないから、そこまで落ちたなら多分死んだか、死なないまでも大怪我をして尾根に上がれず、発見されないまま結局死んだろうと思う。
この事故は、ポールを1本折っただけでやはり無傷だった。
これは奇蹟的なことだと今でも思っている。

このことは記事にしているけれど、妻もブログを見ているから心配をかけると思い、本当のことは書けなかった。

ひどい道迷いもやっている。
2005年8月8日、野塚岳を下山中に道迷いから一晩ビバークを経験した。
この時は、道迷いと気づきながらそのまま下山を続け、崖で進路を阻まれた。
傾斜のきつい中、根曲がり竹をかき分け日没前に尾根まで上がった時は疲労困憊で、途中このまま死んでも良いと思うほど辛かった。

GPSを持っていながら地形図と測地系を統一させていなかったため、混乱して迷走したせいだった。
f0138096_20594017.jpg
2012年8月7日、石狩岳頂上で撮影



by tarumae-yama | 2017-03-05 00:36 | 登山 | Comments(4)

多峰古峰山と南多峰古峰山、2017.2.19-同行者からの写真-

数日前に多峰古峰山と南多峰古峰山を一緒した同行者から写真が送られて来ていたので、今日はそれを紹介しようと思う。

毎日のようにブログをアップしていると記事に窮するから、送られて来た写真は有り難い。
f0138096_17212970.jpeg
ヤマップのさむしんさんとスライドして話をしているところ
f0138096_17221059.jpeg
頂上にて、三脚使用
f0138096_17222831.jpeg
樽前山をバックに。上3枚はi-tomoさん撮影
f0138096_17255857.jpg
さむしんさんとお喋りしているところを

f0138096_17244791.jpg
f0138096_17245866.jpg
多峰古峰山の最後の登り?
f0138096_17250734.jpg
多峰古峰山から南多峰古峰山に向かう途中で
f0138096_17251491.jpg
f0138096_17252560.jpg
南多峰古峰山から下山し、多峰古峰山の斜面をトラバース中
f0138096_17253676.jpg
ゲートはもうすぐ。上の7枚はMさん撮影
f0138096_17293631.jpg
ビューポイントで
f0138096_17294681.jpg
さむしんさんと、16日に亡くなったばかりの愛犬の話しをしているのか?
f0138096_17300549.jpg
バックに風不死岳と樽前山
f0138096_17301620.jpg
左上にこれから向かう南多峰古峰山
f0138096_17302786.jpg
南多峰古峰山頂上から下山したばかりか? 上の5枚はTOMさんの撮影


by tarumae-yama | 2017-02-24 07:44 | 登山 | Comments(4)