カテゴリ:登山( 747 )

オコタンペ山、2017.12.10ー同行者からの写真ー

オコタンペ山をご一緒したSさんとまっくさんから、その日のうちに写真が添付されたメールが届いた。

Sさんのメールには「今冬のスノーシュウ履き初め、手頃な山で楽しかったです。」とあり、まっくさんからは「12月にオコタンペ山に登れるとは驚きでした。十分な雪があって、今シーズン初スノーシューも楽しめました。」と記されていた。

雪山を楽しまれた様子にお誘いして良かったと思いつつも、私自身12月3日にこの山に登った報告がヤマレコに載るまで登れるとは全く思わなかった。
だから、翌日単独でオコタンペ山に向かうときもまだ半信半疑で、笹漕ぎに疲れて途中撤退もありかもと懸念していた。

それが、思いの外積雪が多くすんなり頂上に立てたのが嬉しかったと同時に驚きでもあった。
ただ、我々が登った翌日の千歳は暖気が入って雷雨になった。
この雨で、笹が出ていた最初の急斜面の雪が溶けて登るのが難しくなったかも知れない。

近く様子見方々またオコタンペ山に登ろうと思う。

今日は、同行のSさんとまっくさんから送られてきた写真を紹介したい。
f0138096_18304709.jpg
出だしの急斜面はまだ笹が出ている
f0138096_18305620.jpg
f0138096_18305863.jpg
f0138096_18305976.jpg
頂上の急斜面をスノーシューグリセードで滑り降りる。楽しかった!上の4枚は、Sさんの撮影
f0138096_18313913.jpg
ゲート前で、最初からスノーシューを履いてスタート
f0138096_18314371.jpg
3人で先頭を交代しながら
f0138096_18315262.jpg
右上にオコタンペ山の頂上部
f0138096_18315273.jpg
上の2枚、影絵で遊ぶ
f0138096_18315256.jpg
Sさん
f0138096_18315364.jpg
f0138096_18320799.jpg
下山時、Sさんと私
f0138096_18321178.jpg
この写真もグリセードで一気に下りたもの。上の8枚は、まっくさんの撮影


by tarumae-yama | 2017-12-13 07:54 | 登山 | Comments(0)

オコタンペ山、2017.12.10

9時前に集合場所のオコタンペ分岐ゲート前に到着すると、我々だけだった。
先行者がいると思ったから拍子抜けしてしまった。

1週間ほど前に今日のオコタンペ山に単独で登っているけれど、その時と比べてうっすら降雪があった程度で、前日と思われるトレースもあり、我々は順調に頂上に立つことが出来た。
風が殆どなかったので寒さを感じることなく昼食も摂れた。

下山時、道道まで下りると、そこに二人分の足跡があったけれど、我々が尾根に取り付いた所から戻った様子。
オコタンペ湖の展望台に向かった訳でも、オコタンペ山に登ろうとした訳でもなさそうだから、とりあえず山の下見に来たということだろうか。

いずれにしても、日曜日なのに誰一人として会わなかった。
すぐ近くのイチャンコッペ山には、車が10台くらい停まっていて賑わっていたのとは大違い。
夜、山友のトムさんのブログを見ると、彼も奥さんと早朝から登っていたらしい。

山行記録
ゲート前08:58→頂上10:40~11:19(昼食)→ゲート前12:06
f0138096_16565261.jpg
出だしの急斜面部分にはまだ笹が出ている
f0138096_16565582.jpg
中央付近に月が見える
f0138096_16570075.jpg
f0138096_16570422.jpg
f0138096_16570807.jpg
f0138096_16571261.jpg
前日のトレースも見える
f0138096_16572289.jpg
撮影中のまっくさん
f0138096_16572619.jpg
同上、Sさん
f0138096_16581977.jpg

支笏湖の奥に太平洋が輝いている
f0138096_16582255.jpg
恵庭岳を前方に下山開始
f0138096_16582716.jpg
まっくさん、バランスを崩して転倒
f0138096_16583143.jpg
f0138096_16583574.jpg
左端に紋別岳と支笏湖
f0138096_16583878.jpg
中央に登山者で賑わうイチャンコッペ山
f0138096_16584147.jpg
生尻滑り中のまっくさん

by tarumae-yama | 2017-12-12 06:33 | 登山 | Comments(0)

オコタンペ山、2017.12.10ー速報版ー

今日は有珠山の予定だったのだが、この山は初めという同行予定者の一人が風邪を引いたため、快復するまで延期することに。

延期したものの、晴天が期待できることから山を変更してSさん、まっくさんと登って来た。
お二人はこの時期、オコタンペ山に登れることが半信半疑だったけれど、晴天の下、今シーズン初スノーシューを心から楽しんでいる風に見えた。

とりあえず、速報版として6枚写真をアップした。
f0138096_20483489.jpg
右端にオコタンペ山の頂上部
f0138096_20483925.jpg
我々の影を写す
f0138096_20484666.jpg
f0138096_20484706.jpg
スノーバスケットの跡から前日3人が登ったらしく、トレースがあった。
多分、二人組と単独者のものと思う
f0138096_20484794.jpg
写真撮影のため頂上の先まで行くことに
f0138096_20484857.jpg
そこからオコタンペ湖や支笏湖を撮影するまっくさん(左)とSさん。12月4日に登ったときはオコタンペ湖は一部凍っていなかったけれど、とうとう全面結氷となった。写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-12-11 00:38 | 登山 | Comments(0)

オコタンペ山、2017.12.4

ヤマレコを見ると、前日のトレースは登りと下りで異なっているが、下りのコースが一般的だと思う。↓
私は、下りのコース(のトレース)を往復とも使わせてもらった。
ただそのコースは、煩わしい笹を避けるためなのかかなり遠回りしていた。
まだ雪が少なく笹の上の雪も締まっていないため、斜度が少しきつくなると効率的なコース取りが出来なかったのかも。

だが、そのトレースを外して直登気味に登ろうとするとスノーシューが簡単に沈み、かえって体力も時間も奪われてしまう状況だから、忠実にトレースに従うことにした。

尾根に上がってしまえば、後は頂上まで十分な積雪だった。
強風でトレースが消えたところはその先の足跡を探しながら繋いだけれど、経験やルートファインディングの巧拙が試されているようで、この繋ぎが結構楽しい。

上手く雪に隠されたトレースに乗ると、思わずにんまりしてしまう。
外すとスノーシューが急に沈むから、その時は苦笑ものだが。

一部湖面が出ていたものの、真っ白なオコタンペ湖をこの時期に見られるとは思わなかったし、頂上から小漁山、漁岳、北漁岳へと続く白く輝くスカイラインを間近で見られるとも思わなかった。

前日のトレースが残っていたおかげだが、満足感一杯のオコタンペ山だった。

山行記録
ゲート前11:02→尾根取り付き11:17→頂上12:42~13:02(昼食)→道道13:34→ゲート前13:48
f0138096_13245969.jpg
正面にオコタンペ山
f0138096_13251499.jpg
f0138096_13252934.jpg
前日に登った人のトレース
f0138096_13253488.jpg
頂上部に見える2本のトレース。左が登りで右が下りのものだと思う
f0138096_13253989.jpg
f0138096_13254202.jpg
中央上に紋別岳、その左にイチャンコッペ山
f0138096_13255508.jpg
自分の影を写す。奥に札幌市街
f0138096_13255848.jpg
f0138096_13260214.jpg
漁岳。オールラッセルだろうがもう登れそうだ
f0138096_13260576.jpg
左端に小漁山。この冬はこの山からオコタンペ湖を横断したいものだ
f0138096_13261000.jpg
f0138096_13261305.jpg
日が短いから追われるように下山

by tarumae-yama | 2017-12-07 00:31 | 登山 | Comments(2)

オコタンペ山、2017.12.4ー速報版ー

ヤマレコに昨日オコタンペ山に登ったとの報告があった。
まだ笹が盛大に出ているこの時期、登れるとは思っていなかったからビックリ。

それで、最近手に入れた中古スノーシューの履き試しを兼ねてオコタンペ山へ。
コルなど強風の吹き抜ける所では消えていたけれど、前日に登った方のスノーシューの跡がしっかり残っていて有り難く使わせてもらった。
このトレースがなければ、単独ラッセルだからとても頂上には立てなかったと思う。
11時を過ぎているという遅いスタートでもあったし・・・(^_^;)

とりあえず、速報版として写真を5枚アップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17204712.jpg
正面に恵庭岳
f0138096_17210243.jpg
左端に支笏湖、中央右下にハート型のオコタンペ湖。大部分凍っているが一部まだ湖面が出ている
f0138096_17211674.jpg
カラスの鳴き声が遠くから聞こえるだけで、誰一人として会わない静かなオコタンペ山。今日は(写真の)妻と二人で独占。頂上標識の文字が消えて判読できないが、恵庭山岳会のコズさんの話では、nagaiさんが制作済みとのことだから、来月にでも立派な標識に代わると思う
f0138096_17212572.jpg
右上に漁岳、中央上に小漁山
f0138096_17212626.jpg
恵庭岳と支笏湖。恵庭岳の駐車場にSさんの車があったから、この時刻第2見晴台辺りだろうか


by tarumae-yama | 2017-12-05 00:23 | 登山 | Comments(0)

雪とガスの紋別岳、2017.12.3

札幌のSさんとM夫妻の4名で紋別岳に登ってきた。
本当は有珠山の予定だったのだが、予報がパッとしなかったために山を変更した。
だが、紋別岳も準備中は青空が出ていたものの、すぐに雪が降り出し、途中から濃いガスの中に入った。

2時間以上かけてはるばる共和町からやってきたM夫妻には申し訳ない気持ちになったけれど、「おしゃべりも楽しみだった。」からとは優しいM夫人。

頂上からの眺望は全くなく、山専ボトルに入れてきた熱々の甘酒で身体を温め、そそくさと下山。
温泉でも冷えた身体を温め、その後アウトレットモール「レラ」へ。
M夫妻も私もあれこれ登山用品を購入。

地元にありながら私は3、4年ぶりの「レラ」だったろうか、結構店舗の出入りがあって驚いた。
f0138096_21481789.jpg
頂上にいた先行者に撮っていただく
f0138096_21482242.jpg
熱々の甘酒を飲んで
f0138096_21482907.jpg
全く眺望はなく、そそくさと下山
f0138096_21485684.jpg
f0138096_21485445.jpg
f0138096_21485557.jpg
右端の男性は先行者
f0138096_21485543.jpg
頂上のM夫妻。上の4枚はSさんの撮影


by tarumae-yama | 2017-12-04 07:20 | 登山 | Comments(0)

イチャンコッペ山、2017.11.27

「驚きの出会い編」というタイトルですでにイチャンコッペ山のことを記事にした。
当日山でスライドした知人達もヤマップで報告を上げている。

それに、今ここで登山道などの状況を書いたところで、その後強風や降雪があればそんな報告は殆ど参考にならないと思う。
実際、登山者からの報告がヤマレコにあった翌日に我々は登ったのだが、旧反射板ピークから頂上までは新雪と吹きだまりの影響で膝までのラッセルとなって、前日のトレースはないも同然だった。

トレースがなくても長靴で登れると判断したのだが、新雪が思いの外積もっていて膝まで埋まり、スノーシューを持たなかったことを悔やんだ。

だが、下山時にスライドした人たちは、我々のトレースを使えたからつぼ足でも全然問題なかったはず。

夏山と違い雪山ではいろいろな条件が絡んでくるから、(装備などが)本当に悩ましい。
まあでも、雪が締まってくると自分の思うように歩けるのが雪山の魅力の一つとも思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16383534.jpg
支笏湖の奥に太平洋が輝いている
f0138096_16383901.jpg
恵庭岳の手前に幌平山。そろそろ笹漕ぎをしなくても登れるかも
f0138096_16384577.jpg
f0138096_16384935.jpg
f0138096_16385562.jpg
旧反射板ピークに到着のM夫妻
f0138096_16385986.jpg
f0138096_16391445.jpg
旧反射板ピークから先は新雪が深かったり吹きだまりがあったりでMさんはスノーシューを装着
f0138096_16391763.jpg
f0138096_16392067.jpg
正面にイチャンコッペ山の頂上部
f0138096_16392353.jpg
頂上で、M夫妻
f0138096_16392723.jpg
支笏湖を眼下に下山中
f0138096_16393181.jpg
同上
f0138096_16394433.jpg
途中で、ヤマップのみなみさん、知人のともみさんとスライド。彼女たちはニコちゃんボードを持って
f0138096_16394783.jpg
樽前山の上空に小さく飛行機雲が見える
f0138096_16395264.jpg
f0138096_16395749.jpg
最後にスライドした千歳のZさん達が登って来た
f0138096_16400125.jpg
恵庭岳を撮影中のMさん。正面に幌平山
f0138096_16400562.jpg
支笏湖ブルーが綺麗だった

by tarumae-yama | 2017-12-01 07:24 | 登山 | Comments(0)

イチャンコッペ山、2017.11.27ー驚きの出会い編ー

M夫妻と晴天のイチャンコッペ山に登ってきた。
M夫妻は3日連続の山で、私も昨日の有珠山を一緒すれば3日連続なのだが、さすがに老体にはきついから中休みを取った。

8時に登山口の駐車場で合流したときは外に車はなく、我々が一番乗り。
旧反射板ビークまでは私のスパイク長靴やM夫妻の登山靴でも問題なかったけれど、そこから頂上までは吹きだまりもあって膝上まで沈んだ。
たまらずMさんがスノーシューを装着して先頭に立ったものの、雪が柔らかく体重のある私だと時々膝下まで沈んで結構しんどかった。
前日のヤマレコの報告にスノーシューがあれば良いとあったけれど、確かにそう感じた。

頂上到着まで我々3人だけで、「平日のこの静けさが良いネ!」と話をしていたのだが、下山時は立て続けに5組13名もの登山者とすれ違った。
その中に、M夫妻や私の知人達がいてビックリだった。
f0138096_20591816.jpg
支笏湖をバックにつぼ足で登るMさん
f0138096_20594897.jpg
頂上から下山開始直後、最初にスライドしたソロの男性はヤマップでお馴染みのOKUさんだった。以前白老岳を一緒した。その後も漁岳や恵庭岳などで何度か会っている
f0138096_21000433.jpg
旧反射板ピークでスライドした3人パーティの中に何と千歳の山友のizumisawaさんがいた。今月の16日にこのイチャンコッペ山の頂上でお会いしたばかりで、皆さん同じ札幌の山の会の仲間とのこと。左隣のみやさんはアウトドア専門店に勤務していて、ヤマップに活動報告を上げているらしい
f0138096_21010323.jpg
izumisawaさんと別れた直後に登って来たのはともみさん(左端)と山友のみなみさん。みなみさんとは初対面だが、二人はやはりヤマップによく登場しているらしい。ともみさんとは以前羊蹄山や様茶平山など何度か山を一緒したが、妻の葬儀に来てくれてそこで挨拶をして以来の再会だろうか。ともみさんは上の写真のみやさんとも知り合いらしい。M夫妻もともみさんと以前山を一緒したことがあって当然よく知っている間柄
f0138096_21010455.jpg
続いてやってきた5名パーティはizumisawaさんと同じ山の会の人たちだった。男性とは2年以上前にこの山でお会いしていて同じHYMLの会員。まずお目にかかることのない米国mhm社の私と同じザックを担いでいたのにはビックリ。真ん中の女性も男性と一緒にその時私と会っているそうだが、記憶が飛んでいる(^_^;)
f0138096_21010489.jpg
最後にスライドした二人組は実は初対面だが、左端の女性は千歳のZさんで私のブログを見たことがあるとのことから紹介させてもらった(^_^;)。隣の山友は札幌のいくさんとか。M夫妻も一緒に入って記念撮影
f0138096_21010524.jpg
f0138096_21010521.jpg
写真の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2017-11-28 07:36 | 登山 | Comments(2)

紋別岳、2017.11.22

先日の紋別岳に同行してくれたSさんとH原さんから送られてきた写真を紹介したい。

11月13日の樽前山ご来光登山以降、どうも天気に恵まれない山が続いている。
この日も例外ではなかった。

今日はこの後、5名で楓沢から樽前山(932m峰)に登りに行く予定だが、果たして晴天に恵まれるだろうか。
f0138096_15380352.jpg
f0138096_15380428.jpg
f0138096_15381824.jpg
f0138096_15381908.jpg
f0138096_15382022.jpg
上の5枚は、Sさんの撮影
f0138096_15404467.jpg
f0138096_15394232.jpg
f0138096_15394186.jpg
f0138096_15394105.jpg
f0138096_15394173.jpg
f0138096_15410815.jpg
f0138096_15410836.jpg
上の7枚は、H原さんの撮影

by tarumae-yama | 2017-11-25 06:27 | 登山 | Comments(0)

伊達紋別岳、2017.11.21

登山口からうっすらと積雪があった。
7合目のいっぷく広場から先、稜線上の積雪状況が分からないため、Yさんと私はスノーシューをザックにくくりつけて登ったけれど、結果的につぼ足で問題なかった。
とはいうものの、いっぷく広場まではせめて軽アイゼンを使った方が登りやすいと思った。

Yさんも日高山脈を単独で走破したベテランのAさんも、伊達紋別岳に登ったことがないとのことだったので、晴天と眺望に恵まれなかったのが残念だった。

山行記録
登山ポスト10:12→いっぷく広場11:10→前紋別岳11:39→頂上11:57~12:11(昼食)→いっぷく広場12:47→登山ポスト13:19
f0138096_12292014.jpg
f0138096_12295008.jpg
駐車場からこの登山ポストまで10分少々
f0138096_12302618.jpg
f0138096_12303436.jpg
尾根上の積雪はせいぜい10cm程度だったので、いっぷく広場にスノーシューをデポしていくことに
f0138096_12312020.jpg
f0138096_12312372.jpg
f0138096_12312732.jpg
前紋別岳頂上のYさん
f0138096_12313278.jpg
f0138096_12313800.jpg
頂上は目前
f0138096_12321141.jpg
頂上のYさん。Aさんは顔出しNGなので
f0138096_12321564.jpg
頂上で昼食後下山
f0138096_12321838.jpg
f0138096_12322213.jpg
f0138096_12323303.jpg
左端に稀府岳
f0138096_12323787.jpg
一望台近くまで下りてくると洞爺湖が見えてきた
f0138096_12324174.jpg
無事下山
f0138096_12330024.jpg
太平洋に天使の梯子が見られた
f0138096_12332034.jpg
f0138096_12332547.jpg
f0138096_12332987.jpg
f0138096_12333244.jpg
上の4枚はAさんの撮影。写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-11-24 12:44 | 登山 | Comments(0)