カテゴリ:日々の出来事( 61 )

ブルーベリー狩り、2017.8.17

毎年記事にしているけれど、今年も幼友達が経営する果樹園で高校時代の仲間とブルーベリー狩りをした。
今年は実が大きくて甘みもたっぷりだった。

ハスカップの実と比べると味にインパクトが薄く、今までそれほど好きではなかったけれど、今年はとても美味しいと感じ、カゴに入れつつ頻繁に口に入れていたかも。

収穫後は、これも毎年のことだが、N君宅に移動し、バーベキューだった。
f0138096_21252114.jpg
手前の二人は同級生で奥の男性は左の同級生の息子さん
f0138096_21252655.jpg
彼女も同級生。札幌からやってきた
f0138096_21253162.jpg
子供もおじいちゃんとブルーベリー狩り。この子は4歳だという
f0138096_21253578.jpg
今年の実は大きくて甘みがたっぷり
f0138096_21254084.jpg
f0138096_21254505.jpg
N君宅でバーベキュー。延々4時間も続いた

by tarumae-yama | 2017-08-18 07:16 | 日々の出来事 | Comments(0)

想いでⅥ、みゆきさんからの葉書

妻が逝ってから明日でちょうど1年半になる。
お盆前に少し妻のものを整理しようと手をつけたのだが、タンスに残している妻からの手紙を読み出して頓挫。

出産のために里帰りをしていた妻からの手紙は、お腹の赤ちゃんが夜中も元気よく動き回って熟睡できないことや、出産の不安を書いていて、「もし私が死んだならすぐ再婚しても良いけれど、子供はあなたが20歳までしっかり育ててほしい」とまで書かれていた。

女性が出産するということは、喜びや期待と同時にとても男の私には想像の及ばない辛さや不安、悩みがあるらしい。

そう言えば、十数年前稚内で生活していた時、宿舎の上の階に職場の違う若夫婦が転居してきた。
妻は、時々その奥さんのみゆきさん(仮名)をお茶に誘っていたようだった。
私たちが先に転勤した後も、年賀状などで妻とは交流が続いていた。

昨年11月に喪中の葉書を出したところ、年が改まってから私宛に寒中見舞いの葉書が届いた。
みゆきさんの了解を得ていないけれど、余白にはこう書かれていた。

「主人が稚内に赴任中は、日中私一人で過ごすことが多く、初めての妊娠で不安や悩みをいつも奥様に聞いて頂いておりました。とても優しい奥様でした。先日ご主人様からのお葉書を頂き大変驚きました。悲しみで一杯です。あの笑顔忘れません。」

結婚した翌春、知人もいない帯広に転勤し、妻は初めての妊娠でつわりの辛さや、出産に対する不安などを抱えていた日々を思い起こし、みゆきさんの心情をおもんぱかってのお茶の招待だったと思う。

そのみゆきさんもいまでは40歳を過ぎただろうか。
異動先の宿舎で、若い妊婦さんを見かけたなら、心優しいみゆきさんも妻のようにお茶に誘うのではないかと想像する。

そんなことを思いながら墓参りをし、その後、写真の妻と「花茶」までドライブに行ってきた。
f0138096_20474094.jpg
「花茶」ではアイスクリームを食べるはずが、なぜかトウモロコシに
f0138096_20475403.jpg
f0138096_20482250.jpg
f0138096_20482588.jpg
上の3枚、「花茶」の庭園で
f0138096_20482991.jpg
f0138096_20491140.jpg
上の2枚は、「花茶」近くのパレットの丘で撮影


by tarumae-yama | 2017-08-15 07:40 | 日々の出来事 | Comments(0)

偶然Ⅱ

昨年の11月18日の記事で、ブログ開設以来の訪問者数が666666になったと自慢(?)した。
それから8ヶ月後、予想よりずっと早く今日の18時前に777777というゾロ目の訪問者数となった。

この春からなぜかアクセス数が激増し、いまでは1日当たり600名を超える訪問者がある。
何の取り柄もない、山バカの下手くそな写真を載せているだけのブログに、このアクセス数は本当に驚きだ。

支笏湖周辺の山中心のブログのスタイルは、この後も変わらないと思うけれど、これからも時々は遊びに来ていただけるなら望外の喜びだ。
f0138096_18174948.jpg
写真(?)の上でクリックすると見やすくなります


by tarumae-yama | 2017-07-16 18:20 | 日々の出来事 | Comments(4)

風邪?

今日は、「恵庭岳、2017.5.30-その2-」をアップする予定だったけれど、3,4日前から喉が痛くなって咳がひどい。

2月17日以降、一日も休まず記事を書いてきたのだが、ブログ用に写真を選ぶ気力すらない。
ブログを継続するのにもつくづく体力・気力が必要だと痛感。

6日は知人を恵庭岳に案内する予定だから、それまでに回復すると良いのだが。
f0138096_08333904.jpg
ブログを休みたくなかったので、何とか一枚アップ。ジャンダルムのM夫妻。2017年5月30日撮影

by tarumae-yama | 2017-06-04 08:37 | 日々の出来事 | Comments(2)

運動会

今日は孫1号の小学校の運動会だった。
本当は昨日開催のはずだったのだが、雨天のために今日になった。
それすら断続的な雨のため、昼前に競技が打ち切りとなってしまった。

妻が札幌まで出かけ、孫1号の運動会を観たのは2年前の1年生の時だった。
目に入れても痛くないほど可愛い初孫の徒競走や踊りを、本当に楽しそうに応援し観ていた。


今日の写真は、読者へと言うより天国の妻に、3年生になった孫の様子を観てもらいたくてアップした。

ここからは妻への私信

望遠レンズを処分したので小さくしか写っていないし、正面の写真が少ないのは本当に申し訳ない。
それで、久美子にすぐ分かるよう黄色い丸印をつけておいたよ。
前歯が2本抜けてまだ永久歯が生えていないので、歯抜け(間抜け)な表情に見えたけれど、相変わらずニコニコしていて元気一杯。

嫁さんのご両親にも変わらず可愛がってもらい、孫2号ともども楽しそうだったよ。
淋しいだろうけれど、安心だよね。
f0138096_22053002.jpg
黄色い靴下が孫1号
f0138096_22054307.jpg
頑張ったけれど4番目
f0138096_22061929.jpg
円内に孫1号の黄色い靴下
f0138096_22062362.jpg
4年生と一緒によさこいを踊っている
f0138096_22064853.jpg
同上
f0138096_22065292.jpg
やっと前に出て来たから、良く分かるかな? 大きなサイズで見てネ

by tarumae-yama | 2017-05-28 22:13 | 日々の出来事 | Comments(2)

小幡さん、エベレストに登頂!!

昨日の北海道新聞の朝刊に、小幡さんがエベレストに登頂したと出ていた。

2年前の初挑戦の時は、ネパールの大地震に伴う雪崩に巻き込まれ、ベースキャンプで重傷を負って傷心の帰国となった。
その後大けがを不屈の闘志で克服、ついに今回大きな夢を叶えたのは本当に素晴らしい(内実、リハビリ中は辛さや先の見えない不安などで何度か涙したらしい)。

昨年9月30日に偶然芦別岳でお会いしたときは、まだ踏ん切りがつかないと言っていたけれど、今年2月28日に恵庭岳をご一緒したときは、年齢的体力的にも最後のチャンスだから、と夢を追い求める決心をした様子だった。

だが、老後の生活を考えれば、2度の挑戦で多額の資金を注ぎ込むことの経済的な不安や、また命を賭す危険に大きな葛藤があったのは想像に難くない。

出発前、現地エージェントとの交渉がスムーズにいかず、英語による長文のメールのやりとりで随分と神経をすり減らし、結局見切り発車で出国すると聞いていた。
ただ、上手く事が運べば登頂予定は5月21日で、この日は妻の誕生日でもあるから、私としてはその日の登頂を心待ちにしていた。
結局、数時間ズレて翌日の22日になったようだが、それにしても素晴らしい!

2度の大けがを乗り越え夢を追い続けた小幡さんに、さすがに天も今回は味方に付かざるを得なかったのだろう。
それも小幡さんの実力だと思うけれど、何れにしても我がことのように嬉しい!

昨夜は、(写真の)妻と一緒に自家製の梅酒でお祝いをした(^o^)
f0138096_17545488.jpg
2017年5月26日付北海道新聞の朝刊より
f0138096_17552464.jpg
後ろが小幡さん。エベレスト、もとい、恵庭岳から下山中
f0138096_17553472.jpg
恵庭岳第2見晴台にて。上の2枚は2017年2月28日の撮影
f0138096_17560368.jpg
芦別岳の頂上で偶然一緒になったときの写真。後列左が小幡さん、M夫妻と私
f0138096_17561168.jpg
富良野の六花亭カンパーナにて。小幡さんとM夫人。上2枚は2016年9月30日の撮影


by tarumae-yama | 2017-05-27 07:08 | 日々の出来事 | Comments(8)

炎上?

開設以来10年間ほぼ欠かさず記事をアップしている私のブログだが、ここ数年の訪問者数は、平均すると毎日300名少々で推移していた。

それが、今年に入ってから増えだし、4月は一日当たり427名にもなった。
それだけでも驚きだが、今月は600名を超える日が増え、この半月間では平均550名を超えている。

何の特長もなく誤字も多い私の拙いブログに、この急増ぶりはある意味不安でもある。
炎上するような記事を書いた記憶はないのだが、どこかで私のブログが取り上げられているのだろうか?

小心者の私には、訪問者数の増加が嬉しいというより戸惑う気持ちのほうが勝っている。
f0138096_12481983.jpg
5月13日のレポート内容。写真(?)の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2017-05-16 07:24 | 日々の出来事 | Comments(3)

坂口一弘氏著の「ほっかいどう山楽紀行」届く

4月1日にブログでタイトルの本を紹介した。
その時に詳しくは書かなかったのだが、写真を提供したお礼としての本が発売前の17日に送られてきた。

巻末には写真を提供した14名の名前が掲載されており、その中に私も加わっていることを光栄に思う。

事前に坂口氏から、恵庭岳と樽前山に来馬岳を紹介したブログの写真を使うと聞いていたのだが、どうやら恵庭岳と樽前山だけになったらしい。

私としては、来馬岳の写真が一番気に入っていただけに一寸残念(^^;)
f0138096_11322311.jpg
f0138096_14112680.jpg
本には採用されなかった来馬岳の写真。2015年6月1日の撮影。
写っている男性は室蘭でラーメン店を経営する「なかよしさん」、この日頂上で偶然お会いした。同じHYMLの会員で知人である。
20日に発売される本には、カルルス山・来馬岳のページになかよしさんが、坂口氏とツーショットで掲載されている

by tarumae-yama | 2017-04-19 11:35 | 日々の出来事 | Comments(4)

ブログ開設10周年

エキサイトに登録し、2007年4月16日に最初の記事をアップして以来、今日で丸10年が経過した。
この間、4127本の記事をブログに載せたから、平均すると月34本にもなる。
恥も外聞もなく、よくも毎日アップするものだと自分のことながら感心する、否、呆れる。

何度も過去に書いているけれど、定年退職後妻と車中泊しながら日本100名山巡りをするため、家族や身内への安否連絡手段としてのブログ開設だった。

下山後、温泉と次の山への移動と、モバイルパソコンから、速度が遅く不安定なPHSの電波にイライラしながら送信した山報告など、連日寝不足と闘いながら37日間の中々ハードな旅だった。
そんな旅を、春と秋に3年間続けた。
その頃のことをブログで読み返してみると、つくづく体力があったなと思う。

ブログを開設した直後は30名程だったのが、今では平均すると毎日400名を超える読者がいるのには我ながら驚く。
その割りにコメントはサッパリ入らないけれど・・・・(^^;)

それでも、このような拙い記事にこれだけの読者がいることは感謝、感謝なのだが、区切りの良い10年が経ち、気力が衰えてきたこともあり、はてさてこれからどうしたものかと考える。
f0138096_12203634.jpg
ブログ開設第1号の記事に使ったときの写真

by tarumae-yama | 2017-04-16 00:54 | 日々の出来事 | Comments(14)

シマエナガさん

江別市のシマエナガさんから珍しく電話があり、「今日、1周忌のお参りに訪ねたい」と。

わざわざ遠路来ていただくのは心苦しく、山を一緒する帰りにでもと言ったのだが、結局来ていただくことになった。
山は2年ほどご無沙汰していたから、お会いするのは妻の通夜以来だろうか。

自宅でお参りしていただいた後、我が家から車で5分ほどのバードカフェへ昼食をお誘いした。
平日でミゾレ交じりの悪天のせいか、珍しくお客が少なかった。

店内であれこれ話しをしながらも、シマエナガさんは持参の双眼鏡で熱心に野鳥の姿を追っていた。

3,4年前は、H原さんとシマエナガさんと私でシルバートリオと称して頻繁に山に行っていたけれど、それぞれ事情があって最近は一緒する機会がなかった。

今日、久しぶりにトリオ復活で恵庭岳に登る。
f0138096_14095154.jpg
バードカフェ内で嶋田忠氏の写真集を手にするシマエナガさん
f0138096_14102129.jpg
シマエナガさんの頼んだホットサンド
f0138096_14104259.jpg
私が注文したホットサンド。お互いにシュアして
f0138096_14104861.jpg
コゲラ
f0138096_14105451.jpg
アカゲラ
f0138096_14141229.jpg
ヤマゲラ
f0138096_14110774.jpg
えさ台のヤマゲラ
f0138096_14111267.jpg
タヌキまでやって来た。上の5枚の写真はバードカフェからガラス越しに撮影。
上の8枚は何れも3月30日の撮影
f0138096_14112261.jpg
2013年4月5日三段山の頂上にて、奥に富良野岳。H原さん(左)とシマエナガさん
f0138096_14112800.jpg
2013年5月9日、野塚岳にて。H原さんと右下にシマエナガさん


by tarumae-yama | 2017-04-02 06:36 | 日々の出来事 | Comments(0)