カテゴリ:樽前山( 158 )

楓沢から932m峰、6月5日-速報版-

私のブログにリンクしている「森ぶらりん」のmoriさんが行ってみたいという楓沢に、Sさんやヤマレコのi-tomoご夫妻の参加を得て5名で出かけて来た。

いろいろな花に出会えば嬉しいというmoriさんはピークに拘らない人だから、風不死岳や樽前山にも立ち寄らず、お花畑コースを経由して樽前山の7合目駐車場に戻った。
ただ、ピークハンターの私の希望で、932m峰の頂上には立ったけれど。

それにしても、今日は快晴微風という素晴らしい山日和だった。
もちろん、眺望も中々良くて羊蹄山もクッキリ望めた。

今日も驚きの出会いが3組もあったけれど、それらは山報告と併せて明日以降にアップしようと思う。
とりあえず、速報版として写真を7枚載せた。

写真の上でクリックすると大きくなります。

f0138096_15204487.jpg

楓沢を行く
f0138096_15205396.jpg

932m峰への登り、バックに樽前山の溶岩ドーム
f0138096_1521269.jpg

932m峰頂上で昼食中の二人にモデルになってもらった。Nさんとか
f0138096_15211294.jpg

バックに東山の頂上部を入れてイワヒゲ
f0138096_1521201.jpg

お花畑コースから、支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_152130100.jpg

イワヒゲを撮影中のi-tomoご夫妻
f0138096_1521396.jpg

イワヒゲとmoriさん
by tarumae-yama | 2016-06-05 15:29 | 樽前山 | Comments(14)

樽前山、6月2日

パッとしない空模様だったせいか、人気の樽前山としては行き交う登山者も少なく意外なほどひっそりとしていた。

駐車場を埋めていた車は、気象台や海上保安庁、自衛隊、消防署、市役所等の官公庁のもので、関係者は外輪山の中に入って溶岩ドームに向かうようだとヒュッテ管理人さんが言っていたけれど、どうやら調査は午前中で終わったらしく、私が西山からドームを見た限り人影はなかった。

お花畑コースで今年初めてタルマエソウ(イワブクロ)が蕾を付けているのを見た。
この株が開花するのはいつ頃だろうか、その頃また登ろうと思う。

コマクサも3株ほど蕾を付けていた。
開花前に環境省で駆除しなければ、今年はコマクサの当たり年かもと思わせるほどあちこちで見かけた。

今回久しぶりの強風にぶつかり、花のクローズアップは難しくブレブレの写真ばかり(^^;)
f0138096_11141718.jpg

もう紅葉?
f0138096_11142653.jpg

樽前山に多いロゼ色?のコマクサの蕾
f0138096_11143489.jpg

東山の斜面をバックにエゾイソツツジとウコンウツギの群生
f0138096_11282596.jpg

エゾイソツツジの花をアップで
f0138096_11295177.jpg

エゾイソツツジ
f0138096_1114514.jpg

タルマエソウの蕾
f0138096_11145978.jpg

f0138096_1115625.jpg

上2枚、イワヒゲ
f0138096_1115133.jpg

支笏湖をバックにウコンウツギ
f0138096_11152158.jpg

イワヒゲ、バックに溶岩ドーム
f0138096_1115302.jpg

奥に溶岩ドームと左に東山頂上部
f0138096_11153711.jpg

支笏湖をバックにイワヒゲ
f0138096_11154592.jpg

溶岩ドームをバックにコメバツガザクラ。この花はこの辺りではそろそろ終盤
f0138096_11155288.jpg

大岩と溶岩ドーム
f0138096_11155936.jpg

西山の登山道から、溶岩ドームと右に東山の頂上部
f0138096_1116527.jpg

溶岩ドームをバックにコマクサ。白花のコマクサも近くにあるはず
f0138096_11161336.jpg

左端に風不死岳。 写真の上でクリックすると大きくなります
f0138096_11162185.jpg

駐車場は開発局や海上保安庁、市役所、消防署等官公庁の車で満車状態
by tarumae-yama | 2016-06-03 11:38 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、6月2日-速報版-

東京で増えた体重を落としに樽前山へ。
10時半頃7合目の駐車場に到着すると、平日なのに満車で路肩にも3,4台の車が停まっていてビックリ。
ヒュッテの管理人さんの話では、火山活動調査に来た官公庁の車が殆どとのことだった。

今日はお花畑コースから風不死岳の登山口近くまで行き、そこから932m峰、西山、東山と歩いてきた。
お花畑コースはウコンウツギが満開で、イワヒゲもピークに近いかも知れない。
エゾイソツツジは3分咲きだろうか、それでもこの花は斜面一杯にあるから、3分咲きといえども中々見応えがあった。

他のコースは、まだまだ花には早すぎるけれど、今、お花畑コースは結構楽しめると思う。
それにしても、今日は出だしから小雨と強風で寒かった。

例によって、速報版としてとりあえず写真を6枚アップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_15464388.jpg

お花畑コースから外輪山に出ると青空が広がった。溶岩ドームの上に飛行機雲
f0138096_15465241.jpg

東山をバックにイワヒゲ
f0138096_1547133.jpg

お花畑コースで、支笏湖をバックに満開のウコンウツギとエゾイソツツジ
f0138096_1547954.jpg

右下にコメバツガザクラを入れてイワヒゲ
f0138096_15472125.jpg

コマクサが蕾を持っていた。この週末には咲くだろうか
f0138096_15473110.jpg

東山の外輪山分岐で、強風のために引き返すか東山に登るか迷っていたご夫婦がいた。私が先頭で風上側に立つから一緒に行こうと。東山の頂上で足を広げ耐風姿勢の札幌のTご夫妻

by tarumae-yama | 2016-06-02 16:00 | 樽前山 | Comments(3)

樽前山、5月27日

当初の予定より5日早く27日の金曜日に5合目のゲートが開いたから、早速週末の7合目駐車場は混雑する事だろう。
例年だと週末は午前7時くらいに満車になり、5合目ゲートで通行規制が実施されると思う。
なので、その前に駐車場に入るか、或いは昼頃から出かけると下山者の車が出た後にすんなり入れることが出来るのではないだろうか。
だが、登山ブームもあって今年は一段と混雑するかも知れない。

7合目の駐車場から樽前山東山の頂上までは、普通1時間もかからない手軽さだが、このコースで見られるウコンウツギやマイズルソウ、モウセンゴケなど27日現在では開花していなかった。

今、樽前山に登るなら、行きか帰りかのどちらかにお花畑コースを使うことを勧めたい。
もし、体力と時間にもう少し余裕があるなら風不死岳まで足を延ばすと、樽前山では見られないシラネアオイやムラサキヤシオツツジ、チシマサクラ?なども見ることが出来ると思う。
f0138096_18295365.jpg

f0138096_1830640.jpg


上2枚、イワヒゲ
f0138096_1831486.jpg

f0138096_18315718.jpg

f0138096_1832925.jpg

上3枚、コメバツガザクラ
f0138096_18321977.jpg

ウコンウツギ
f0138096_18322996.jpg

f0138096_18323861.jpg

上2枚、コマクサ。昨年見た東山の尾根上のコマクサは見つけられなかったけれど、昨年も駆除されたのに今年はむしろ例年より増えているように思う
f0138096_18325357.jpg

エゾイソツツジ
f0138096_1833249.jpg

東山斜面のヒダに残る残雪は殆ど消えた
f0138096_18331299.jpg

20名ほどの自衛隊員が外輪山を1周していた。行軍訓練だそうだ
f0138096_18332271.jpg

登り初めは雲が多かったけれど、急速に雲が取れて支笏湖ブルーが見られた
f0138096_18333267.jpg

霞んでいるが、中央に羊蹄山
f0138096_18334314.jpg

11時に5合目のゲートが開き、私はゲートを11時15分頃通過したが、すでに10台以上の車があった
f0138096_18335991.jpg

犬の名前はトレス?とか。10時半頃5合目のゲートまで来たが、11時にオープンとは知らず、5合目から歩いてきたそう
f0138096_18341536.jpg

札幌のSご夫妻とあれこれ話しをした。やはり今日ゲートが開くことを知らず8時頃登りだしたらしい。恵庭岳の頂上に興味を示していたから、次の山は恵庭岳か?
f0138096_18342990.jpg

下山中、木段の所でスライドしたのは何とこの樽前山で2度会っている栗山町のSさん。
彼はゲートが開いているのは工事関係者のためで、6月1日まで進入出来ないと思い込んだそう。それで5合目から歩いてきたと(^^;)
by tarumae-yama | 2016-05-29 07:07 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、5月27日-速報版-

苫小牧市のHPを何気なく見ていたら、今日の午前11時に樽前山5合目のゲートが開放されるとあった。
確か今月一杯は開放されないはずだったから、一寸驚いた。

お花畑コースの開花状況も知りたかったので、早速出かけた。
丁度、7合目の駐車場にいたヒュッテ管理人の鈴木さんに聞いたところ、彼もゲートの開放は昨日聞いたばかりとのことだから、今日の開放は急に決まったことなのかも知れない。

そうとは知らない登山者が多かったようで、私が11時過ぎに5合目のゲートを通過するとき、ゲート付近には10台以上の車が路駐していた。

樽前山の開花状況だが、今コメバツガザクラが最盛期を迎えていた。
大して期待をしていなかったイワヒゲとエゾイソツツジが咲いていたのは嬉しかった。
6月最初の週末頃、お花畑コース周辺は真っ白なエゾイソツツジの絨毯になっているかも知れない。
7合目の展望台付近ではまだ咲いていなかったけれど、ウコンウツギもお花畑コースではそこそこ咲いていた。

いよいよ樽前山は花のシーズンを迎えたようだ。
f0138096_1552960.jpg

溶岩ドームをバックにコメバツガザクラ
f0138096_15521971.jpg

932m峰をバックにウコンウツギ
f0138096_15522858.jpg

支笏湖をバックに咲き出していたエゾイソツツジ
f0138096_15523615.jpg

エゾイソツツジをアップで
f0138096_15545673.jpg

f0138096_15524695.jpg

上2枚、イワヒゲ。 写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2016-05-27 16:01 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山、5月18日-Sさんからの写真-

Sさんは、今恵庭岳500回登頂を目標にせっせと札幌から通っている。
私も恵庭岳は大好きだが、むしろtarumae-yamaのハンドルネームが示すように、私には樽前山が目指す山であり、何より登山の原点の山でもある。
だが、樽前山に特化している訳ではなく、風不死岳にも数多く登るし、時間に余裕がない時は紋別岳にも登る。

Sさんは優しい人だから、よほど都合が悪くなければ私の山の誘いにお付き合いしてくれる。
だから、恵庭岳の回数が中々積み上がらないのが心苦しい。
今日も楓沢から風不死岳への山行にSさんも一緒していただける。

だが、ようやくこの週末は恵庭岳の予定。それがSさんにとって408回目だろうか?

記事に載せた写真は、18日の樽前山でSさんが撮影したものである。
f0138096_1611440.jpg

西山の頂上で
f0138096_1612441.jpg

Sさんの三脚を使って
f0138096_161337.jpg

なおさんのジャンプするところ
f0138096_1614265.jpg

ジャンプの再生画像をチェック中
f0138096_20371506.jpg
おまけ
恵山のツツジとロリータファッションのM夫人。5月19日撮影。M夫人から送られて来た

f0138096_1610419.jpg

同上
by tarumae-yama | 2016-05-20 06:19 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、5月18日

苫小牧市のHPでは、樽前山5合目ゲートが開けられるのは5月30日(時間は未定?)とある。
昨年は5月25日14時だった(実際は当日の11時前には開放されたらしい)。
北海道の夏山シーズンは短いのだから、昨年より5日も遅い開放にはガッカリ。

ただ、今年は独り身の気楽さ?があるのでせっせと樽前山には通うと思う。
今回、お花畑コースを中心に開花状況を見た感じでは昨年より少し遅いかも知れない。
もしかしたら花が見られるかと期待したイワヒゲは、陽当たりの良い場所でようやく蕾が出始めたばかりだった。

花はコメバツガザクラとミヤマヤナギ位だったけれど、来月になればお花畑コースでは一面真っ白なマルバシモツケやエゾイソツツジが咲き乱れるだろう。

花にはまだ恵まれなかったけれど、快晴の下気持ち良く歩けた樽前山だった。
f0138096_10394871.jpg

f0138096_10395719.jpg

f0138096_1040587.jpg

私はお花畑から西山に向かったけれど、Sさんとなおさんは932m峰へ。中央付近に二人が小さく写っている
f0138096_10401397.jpg

932m峰をバックに左下にコメバツガザクラ
f0138096_10402316.jpg

バックは西山
f0138096_10403156.jpg

西山の尾根に取り付く二人。支笏湖や恵庭岳が少しだけ見える
f0138096_10403953.jpg

遠くに羊蹄山も
f0138096_10404722.jpg

西山の頂上は目前
f0138096_10405579.jpg

西山から東山に向かう途中、樽前神社奥宮で昼食。Sさんの頭の上に羊蹄山が見える
f0138096_1041516.jpg

東山から下りて外輪山分岐まで来ると、そこで休んでいたのはヤマレコのakiraEさんだった。風不死岳の北尾根から登ってきたが、膝に不安があるため風不死岳に戻らずこのまま樽前山に下りるか迷っていると言う。樽前山を下りるなら5合目から国道まで車に乗せて上げると言ったところ一緒に下山することに
f0138096_10411232.jpg

東山を下山中、マウンテンバイクを担いで登ってきたのは苫小牧市のUさんで、以前も樽前山で会っている。西山から錦岡コースで下りると
f0138096_10412093.jpg

f0138096_10412815.jpg

f0138096_10413651.jpg

f0138096_10414327.jpg

f0138096_10415222.jpg

f0138096_1042051.jpg

f0138096_1042949.jpg

花の名前には疎いので、写真のみ
f0138096_10421879.jpg

キタキツネ。この写真のみTG-850で撮影。他はパナソニックのGF7で撮影
by tarumae-yama | 2016-05-19 11:06 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山、5月18日-速報版-

Sさんと、水曜日が休みのなおさんの3人で樽前山に登って来た。
16日に国道沿いのゲートが開放されたから、5合目まではアッという間に到着。
そこから7合目のヒュッテまで砂利道歩きが40分ほどあるけれど。

我々は、お花畑コースから932m峰と西山、東山のピークを踏んでヒュッテに下りた。(私だけ932m峰には行かなかった。)

お花畑コースではコメバツガザクラがそろそろ見頃になって来た。
だが、932m峰・西山、・東山への分岐標識周辺の群生が見事なコメバツガザクラは、まだ1,2分咲きといった印象。

登山道の状況だが、東山7合目の上にある展望台付近に僅かに残雪が見られたのみで、夏靴で全く問題なかった。

スタート時点でわずか4台だったけれど、下山時は20台ほどの車が5合目ゲート近くに停まっていた。
週末の混雑ぶりが目に浮かぶようだ。

とりあえず、速報版と言う事で写真を5枚アップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_164466.jpg

西山と東山への分岐標識付近から、コメバツガザクラを前景に左奥に羊蹄山が見える
f0138096_1645510.jpg

お花畑コースのコメバツガザクラ
f0138096_165353.jpg

西山のピークから東山に向かうSさんとなおさん
f0138096_1661128.jpg

東山の頂上でジャンプをするなおさん。なおさんがヤマップに投稿するということで撮影
f0138096_1651170.jpg

西山・東山分岐標識付近で見たキタキツネ。樽前山には今まで150回以上登っているけれど、初めての事にビックリ
by tarumae-yama | 2016-05-18 16:20 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、5月1日

4月1日に登って以来丁度一月ぶりの樽前山へ。
今回もゲートから電動アシスト自転車「ハリヤ」を使い、5合目までは乾燥路面だった。
その先の砂利道は、前日の降雪がなければ7合目のヒュッテまで漕いで行けたはずだが、雪のため6合目辺りに「ハリヤ」をデポ。

下山時はかなり解けていたから、多分後半の連休にはヒュッテまで路面は完全に出ていると思う。
なお、すでに4月25日から苫小牧側のゲートは開放され、5合目までは車で行ける。
ただし、モラップ側のゲートは5月16日11時からになるらしい。
そして、5合目のゲートは今月一杯開放されないらしい。
苫小牧市の予算的な事情があるのかも知れないが、年々開放が遅くなっていくのは困ったものだ。

そして、前日かなりの降雪があったのも影響していると思うけれど、樽前山の雪解けは例年より遅れている印象を受けた。
山でスライドした登別山岳会の人もそのような感想を口にしていた。

今回、お花畑コースから外輪山に登り、西山に向かってから東山のピークに立ち、夏道を使ってヒュッテに戻った。

もしかしたら、932m峰と西山の分岐辺りにコメバツガザクラが開花しているのではと期待して登ったのだが、まだまだ小さな硬い蕾を幾つか見ただけだった。
昨年、コメバツガザクラを5月9日にブログで紹介しているけれど、今年もその頃に咲き出すのかも知れない。

登山道の雪の状況だが、お花畑コースはまだたっぷりの積雪だから、最初からスノーシューを履いた。
外輪山に出ると、殆ど雪が消えているので、スノーシューはザックに納めた。
そこから西山までつぼ足で大丈夫だが、時々は埋まるかも知れない。

西山から東山までは登山道上に雪はなく、つぼ足で全く問題がないけれど、東山の南斜面はまだかなりの積雪で、スリップすると停められない程の急斜面だからここが最大の難所。
雪が緩んでいたため私はつぼ足で通過したけれど、アイゼンを使った方が安心出来る。

南斜面を通過しても、木段の上から駐車場まで思いの外の積雪だが、雪が締まっているからこの区間は殆ど埋まらないと思う。

苫小牧側のゲートが開放され、最初の週末と言う事で、5合目のゲート付近には数台の車が停まっていて、今日は登山ポストの名簿には20名近くの記入があった。

5合目のゲートも開放されると、週末毎に(7合目の)駐車場は激コミになることだろう。
そんな光景が今から目に浮かぶようだ。

写真の上でクリックすると大きくなります。

f0138096_17532661.jpg

6合目辺りで積雪のため、漕ぐのも押すのも大変で「ハリヤ」をデポしていく事に。奥に樽前山の東山斜面が見える
f0138096_17533673.jpg

今までのヒュッテ管理人の太田さんに代わって4月から管理人さんとなった鈴木さん。後ろに健脚だった恵庭のAさん。お二人の了解を得てアップ。鈴木さんは高山植物の撮影がお好きな様子。一人でのヒュッテ暮らしは人恋しくなると
f0138096_17534311.jpg

お花畑コースから定番の写真
f0138096_17535144.jpg

今日も羊蹄山がクッキリ見えた。隣りに尻別岳
f0138096_17535995.jpg

中央にホロホロ山と徳舜瞥山。左にオロフレ山、右に白老3山
f0138096_17548100.jpg

溶岩ドーム前を西山に向かう恵庭市のAさん
f0138096_17541695.jpg

932m峰と左に羊蹄山
f0138096_17542484.jpg

西山方面からやって来た3人パーティーは登別山岳会や他の会のベテランさん。錦岡コースで登ってきたそうだ
f0138096_17543159.jpg

今日は風が穏やかで、ドームの噴煙が真っ直ぐ昇っている
f0138096_17544133.jpg

西山斜面のゼブラ模様
f0138096_17544953.jpg

西山と右端に羊蹄山
f0138096_17545750.jpg

西山の左にオロフレ山、右にホロホロ山と徳舜瞥山
f0138096_1755559.jpg

東山の頂上から支笏湖
f0138096_1755127.jpg

同上。男性は大阪からやって来たそうだ
f0138096_17552094.jpg

前日の風雪で出来たと思われる風紋
f0138096_17552778.jpg

下山時、7合目の展望台でスライドしたのは苫小牧からのカップルで楽しそうな雰囲気を醸しだしていた。女性はブログを見たことがあるらしく、妻の事を知っていた
f0138096_17553532.jpg

下山時、登山ポスト近くで登ってきた女性二人組を撮らせてもらった。アメリカから大阪に留学中で、いま4日間の北海道旅行中とのこと。ゲートから1時間半かけて登ってきて頂上まで行くと言っていたが、スニーカーとハーフブーツだから一寸心配
f0138096_17554312.jpg

私の「ハリヤ」は奥に小さく見える。今日は4台の自転車がデポされていた。下山時はかなり雪が解けていた

by tarumae-yama | 2016-05-02 06:42 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、4月1日

ゲートの先での伐採作業が終わったのか、ゲート前に駐車出来る状態だった。
近くの駐車帯にも車がなく、今日は私が樽前山の1番乗りらしい。


「ハリヤ」で漕ぎ出すと、5合目のゲートまでほぼ乾燥路面だったけれど、まだ僅かに雪が残っていた。だが、この残雪は多分2,3日中にはなくなるだろう。

5合目からヒュッテまでは、まだたっぷりと雪があったけれどつぼ足で全く問題なかった。
気温の上がった下山時もつぼ足で大丈夫だろう、私はワカンのまま下りたけれど。

ヒュッテから頂上までは、気温がプラスならワカンや(山岳用の)スノーシューでも登れると思う。
もちろん、アイゼンを装着した方が安全ではある。

今日は、ヒュッテ前から東山の斜面をトラバースして932m峰に登り、その後東山の頂上へ。
頂上からは夏道を使わずダイレクトにヒュッテまで下りた。

7合目の展望台で支笏湖を眺めながら昼食タイム。
5合目のゲートまで下りると、私の他にマウンテンバイクが2台デポしてあった。
考えることは皆同じようで可笑しい。
ただ、帰りは路肩の雪が溶け出し、そのためにタイヤが跳ね上げた泥水でザックが汚れてしまった。

それでも、さすがに自転車での下りは速い。
5合目のゲートから下のゲートまで僅か7分で駆け下りた。

山行記録
ゲート前08:17→5合目ゲート(自転車をデポ)08:33~08:38→7合目ヒュッテ(ワカン装着)09:15~09:25→932m峰10:35~10:45→東山頂上11:30~11:35→7合目展望台(昼食)11:53~12:10→5合目ゲート(途中でSさんと立話し)12:56~13:11→ゲート前13:18
f0138096_22525867.jpg

左端に932m峰。真ん中に風不死岳。932m峰は、雪解けで一部登山道が出ている
f0138096_2253883.jpg

右下に多峰古峰山、その奥に先日登った白老岳など白老3山。左端近くにホロホロ山や徳舜瞥山
f0138096_22531769.jpg

斜面は氷化していてスリップすると停まらないからしっかりワカンの爪を差し込んで。緊張の部分。溶岩ドームの頭が見える
f0138096_22532767.jpg

雪解けが進んできた風不死岳と支笏湖ブルーが美しい支笏湖
f0138096_22533616.jpg

東山頂上
f0138096_22534760.jpg

風不死岳の奥に恵庭岳の頂上岩塔が見える
f0138096_2254128.jpg

東山頂上から、溶岩ドームと左に西山
f0138096_22541096.jpg

東山から下り出すと、登って来る二人組とその間にソロの下山者が
f0138096_22541916.jpg

東山斜面の奥に風不死岳
f0138096_22542991.jpg

7合目の展望台で昼食の準備をする下山者。札幌からのOさんでヤマレコをやっていると
f0138096_22543896.jpg

3月13日に紋別岳から幌平山まで外輪山を縦走したけれど、左端にその幌平山、右端に紋別岳
f0138096_22544733.jpg

展望台から、左端に932m峰、右端に風不死岳
f0138096_2254569.jpg

5合目ゲート付近にデポしていたマウンテンバイクで下山する札幌のOさん
by tarumae-yama | 2016-04-02 06:23 | 樽前山 | Comments(8)