カテゴリ:樽前山( 158 )

樽前山と風不死岳、10月13日、-その2-

932m峰の斜面をトラバースし、風不死岳の登山口の手前でソロの女性に追いついた。
少し話をすると、3月に富士吉田市から転勤し、山は昨年9月の富士山が最初とのこと。
札幌に住み平日に一人で近郊の山に登っているらしい。

恵庭岳も頂上岩塔に立っているし、今日は楓沢から登ってきたとのこと。
初めての楓沢を単独で挑戦する意気込みには感心したものの、2番目の迂回路ではルートが分からずしばしさまよったらしい。

そんな話を聞きながら鎖場まで一緒し、そこからは先を行かせてもらった。
このところの食事制限のお陰で体重が3kgほど落ち、今日の樽前山から風不死岳の歩きでは快調に登れた。
もっとも、気温の低さが暑がりの私にそう感じさせたのかも知れない。

風不死岳に到着するとカップルが休憩中で、男性と少し山談義をした後、彼らが下山すると私だけの頂上となった。
羊羹を口にまったりしていると、鎖場まで一緒したSさんが20分ほど遅れてやって来た。

北尾根を下りて車を停めている樽前橋までは国道を歩くとのこと。
頂上で写真を撮らせてもらい、私は直後に下山開始。

風はそう強くもなくて日が差せば温かいのだが、さすがにアラレが降り小雪がちらつくような気温だからじっとしていると身体がすぐに冷えて来る、もう初冬という感じの風不死岳だった。

山行記録
風不死岳13:00→風不死岳登山口標識13:45→7合目駐車場14:31
f0138096_8482941.jpg

樽前山をバックに、鎖場を登りきった札幌のSさん
f0138096_848392.jpg

雲の切れ間から太陽の光が差してスポットライトを浴びたよう
f0138096_848479.jpg

その部分をアップで。少し紅葉も見られる
f0138096_8485465.jpg

札幌市街
f0138096_849216.jpg

恵庭岳
f0138096_8491098.jpg

太陽が顔を出すと支笏湖ブルーが見られる
f0138096_8491895.jpg

樽前山の東山と左の海上にフェリーが
f0138096_8492810.jpg

私より20分遅れてSさんが頂上に到着
f0138096_8493666.jpg

葉はすっかり落ちているが、ナナカマドの赤い実が鮮やか
f0138096_8494344.jpg

ママハハコを入れて樽前山
f0138096_8495291.jpg

少し茶色っぽいけれど綺麗な紅葉が見られた
f0138096_8495840.jpg

風不死岳から下山中に樽前山を
f0138096_850634.jpg

どうということのない写真かも知れないが、苔に光りが当たって輝いていた
f0138096_850142.jpg

葉も枯れかかっているシラタマノキ
f0138096_8502243.jpg

2日前よりお花畑コースは色づいて見える
f0138096_8502952.jpg

樽前山でツルリンドウの実を見るのは初めてかも
by tarumae-yama | 2016-10-15 09:20 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山と風不死岳、10月13日、-その1-

起床すると快晴の天気に、カメラを持って樽前山へ。
2日前に登ったばかりだから、報告する事は殆どないのだが、平日なのに10時頃7合目の駐車場に到着すると殆ど満車状態で、下山時にはヒュッテ前に路肩駐車の車があった。
相変わらず樽前山の人気ぶりは凄いと思う。

だが、この賑わいもあと一月ほどだろう。
例年、ゲートの冬期閉鎖が11月中旬の月曜日の11時と決まっているらしいから。
因みに、昨年は11月16日だったので、その日閉鎖される前にご来光登山に行った。

今年は何日になるのか苫小牧市役所に問い合わせたところ、まだ決まっていないらしいが、14日か21日のどちらかではないかと言っていた。

紅葉はピークを過ぎていると前回書いたけれど、お花畑コース上のハナヒリキ?の紅葉は今頃ピークなのかそこそこ綺麗だと感じた。

残念ながら、登山を開始した頃から雲が増し、東山から932m峰の斜面をトラバース中に短時間ではあったが、小雪がちらつき、一時アラレまで降ってきて一寸驚いた。

東山から風不死岳に向かう途中、追いついた2,3名のソロの登山者と挨拶方々ブログの営業活動に励んだ(^^;)

山行記録
7合目登山ポスト10:17→東山外輪山分岐10:52→東山頂上10:59→風不死岳登山口11:34→風不死岳頂上12:29
f0138096_14502992.jpg

支笏湖ブルーだが雲が増えてきている
f0138096_14503770.jpg

左上にコメバツガザクラの実を入れて、タルマエソウの紅葉
f0138096_1450483.jpg

私の前を行く登山者
f0138096_14505542.jpg

北斜面も例年紅葉が見られるのだが、今年は殆ど落葉していて淋しい紅葉の状況
f0138096_14512100.jpg

東山外輪山分岐。溶岩ドームからの噴煙が見える
f0138096_145199.jpg

溶岩ドームの後ろに見える羊蹄山をアップで。2日前より雪が解けているように思う
f0138096_14511787.jpg

溶岩ドームの後ろにホロホロ山や徳舜瞥山が見える
f0138096_14512533.jpg

中央に羊蹄山とその左に尻別岳
f0138096_14513374.jpg

932m峰方面から登ってきた登山者を入れて
f0138096_14514210.jpg

932m峰の斜面にある分岐標識から樽前山
f0138096_1451524.jpg

登山前、ヒュッテに寄って管理人さんのカメラのコレクションを見せてもらった。手にしているのはニコンの防水カメラ
by tarumae-yama | 2016-10-14 15:09 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、10月11日

3連休は山に行けず家でくすぶっていた。
それでも昨日、晴れ間を見て1日のご来光登山以来の樽前山を登ってきた。
昼過ぎに7合目の駐車場に到着すると、ほぼ満車の状況だった。

今年の樽前山の紅葉は惨憺たる状況だと思う。
(5合目ゲートから先の林道沿いは、オレンジや黄色の紅葉?が車窓からそれなりに目を愉しませてくれたけれど。)

いつの間にか樽前山の紅葉のピークは過ぎてしまったようだ。
美しい紅葉を観ることなく、茶色に枯れた葉ばかりが目についた。

花もないこの時期、紅葉が期待出来ないのなら、せめて晴れて支笏湖ブルーの支笏湖や羊蹄山が遠望できればそれなりに満足出来るのではと思う。
f0138096_1020355.jpg

紅葉はハナヒリノキなのだろうか?
f0138096_10201319.jpg

例年なら紅葉している木が沢山見られるのだが、落葉しているか茶色に葉が枯れている
f0138096_10202123.jpg

タルマエソウ、右下にシラタマノキ
f0138096_10202899.jpg

もう枯れかけているシラタマノキ
f0138096_10203751.jpg

正面付近に風不死岳
f0138096_10204484.jpg

中央やや上に羊蹄山が霞んで見える
f0138096_10205371.jpg

羊蹄山をアップで、霞んでいるが5合目付近まで雪が見られる
f0138096_1021186.jpg

溶岩ドーム
f0138096_10211011.jpg

このヒダは東山斜面の雨裂なのか
f0138096_10211925.jpg

右上に東山の頂上部。左手に苫小牧市街が望める
f0138096_1021262.jpg

ロープが大きくしのる程の強風をケルンを使って避けているご夫婦
f0138096_10213496.jpg

上の写真の夫婦は、子供にタオルで顔や頭を防寒処置している?奥に恵庭岳の頂上部が見える
f0138096_10214295.jpg

東山頂上
f0138096_10215314.jpg

お花畑コースで下山してきた単独女性は、苫小牧山岳会のYさんだった。昨年5月24日樽前山で清掃登山中のYさんに会っている。その後7月5日にも樽前山の西山でお会いしている
f0138096_1022440.jpg

前日の10日に樽前山で登山道が真っ白になるような降雪があったらしい。今年5月21日恵庭岳西峰を一緒したikenoyaさんのヤマレコから写真を無断借用した<(_ _)>
by tarumae-yama | 2016-10-12 10:56 | 樽前山 | Comments(8)

樽前山ご来光登山、10月1日

Uさんからメールが来て、10月1日午前中時間が取れたから樽前山か紋別岳のご来光登山に一緒してもらえないだろうかと。

テンションの高いM夫人や、笑顔を絶やすことのないUさん達と山を一緒する事は、今の私には何よりの救いであり楽しみでもある。
そんなUさんの依頼を、予定がなかったから喜んで引き受けた。

ただ、前日M夫妻と芦別岳に登っていたため、連日の3時起きはさすがにしんどかったけれど。(蛇足だが、自宅に戻ってからまた長距離を運転してM夫妻は、私より少ない睡眠時間で1日、雌阿寒岳と阿寒富士に登ったという)

しかし、素晴らしい秋晴れと早朝の清々しい空気に包まれ、60代最後の日を大好きな樽前山で過ごせたのは幸せなことと言わなければならない。

そして、今日も東山でコズさんやマッチさん達との嬉しい出会いがあった。
お二人とは5月20日の楓沢を一緒して以来のことだろうか。

夜ヤマレコを見ると、positive51さんもこの日樽前山に登っていて、私達が東山に向かっている20分ほど後を分岐から下山して行ったらしい。
ご挨拶出来ず残念だった。
f0138096_22203868.jpg

10月1日の日の出
f0138096_22205374.jpg

頂上まで10分ほど間に合わず、外輪山の分岐で日の出を迎えてしまった
f0138096_2221320.jpg

東山の頂上直下で、西山に向かうというコズさん(右から二人目)達と
f0138096_22211348.jpg

コズさんの直後にお会いしたのは犬を2匹飼っているというトミーさん。トレランの実力者らしい
f0138096_22212179.jpg

東山の頂上にて
f0138096_22213860.jpg

同上
f0138096_22214847.jpg

西山の頂上直下、頂上でコズさんが出迎えてくれる
f0138096_22215845.jpg

大岩の上で、Uさんと愛犬のビビ
f0138096_2222527.jpg

二人と1匹の影を入れて奥に支笏湖
f0138096_22221346.jpg

支笏湖の奥に紋別岳
f0138096_22222112.jpg

もう終わりに近いシラタマノキを前景に支笏湖
f0138096_22222892.jpg

土曜日なので早朝から家族連れが多かった。今日は大混雑の樽前山で、5合目のゲートから歩いている登山者が多数いた
f0138096_22223679.jpg

今年の紅葉は期待出来ないかも
f0138096_737692.jpg

932m峰頂上でお話しした女性もヤマレコユーザーの44eさんだった。Uさんの横を駆け抜けていった44eさん

by tarumae-yama | 2016-10-02 06:50 | 樽前山 | Comments(22)

ガスの樽前山、9月25日

風邪はまだ回復途上だけれど、9月7日以来の樽前山に午後から登ってきた。

昼から晴れる予報だったのだが、青空が一瞬覗いただけで、外輪山まで登ると時々10mもない程の視界のなさで、当然支笏湖どころか溶岩ドームすら見えなかった。

花もなく紅葉もまだまだ早いこの時期、見るものはそうないのだが、今日は8時半頃に5合目のゲートで通行規制がされたとのこと、相変わらず樽前山の人気ぶりが凄いと思う。

今日は東山の頂上で珍しい人にお会いしてびっくりだった。
グループの中でお湯を沸かしていた女性は、何と千歳で「Hokkaido かもめ食堂」を経営しているkanaさんだった。

妻が彼女のブログのファンだったこともあり、彼女の店に妻と二人で食べに行ったことが懐かしい。
あの時は、ガンに罹る前で妻も元気だったから、kanaさんとブログや料理の話で盛り上がっていた。

そのkanaさんは今ではマラソンをやり、1年ほど前からは登山にも熱中するようになったらしい。
店のお客さんに山好きがいて、支笏湖周辺の山に飽き足らず、一緒に大千軒岳やニセイカウシュッペ山、富良野岳などにも足を伸ばしているとのこと。

店でお話をしたときはスポーツをするような印象ではなかったのだが、これでまたどこか山でお会いすることがあるかも知れない。

昨夜、妻が逝ってから初めて(妻の)夢を見た。
それはどこか都会の店で、妻とチョコレートケーキセットを食べているところだった。
あの時、「Hokkaido かもめ食堂」で食べたケーキはシホンケーキだったから、この店が夢に出て来た店でないことは確かなのだが・・・。
f0138096_0395638.jpg

タルマエソウも条件が揃えば真っ赤に紅葉するようだ
f0138096_040730.jpg

タルマエソウを前景に左端に東山の頂上部
f0138096_0401523.jpg

ススキが秋の風情
f0138096_04026100.jpg

下山中の二人の山ガールを入れて。樽前山経由で風不死岳まで行ってきたとのことだが、ガスガスだったらしい
f0138096_040354.jpg

エゾイソツツジの紅葉
f0138096_040445.jpg

マリモのような苔
f0138096_0405629.jpg

10月のハセツネに参加するため外輪山を何度も周回してトレーニングをしていると言う苫小牧のTさん
f0138096_041689.jpg

kanaさん達のパーティ。なぜ全員オリンピックで大活躍したボルトの真似をしているのか聞かなかった
f0138096_0411576.jpg

kanaさんから一緒に撮りましょうと誘われて。私の左がkanaさん
by tarumae-yama | 2016-09-26 07:41 | 樽前山 | Comments(12)

樽前山、9月7日

今の樽前山にはタルマエソウもイワギキョウも殆ど見られない。
そして紅葉にはまだまだ早い。
それなのに、50台停められるという7合目の駐車場から溢れた車が路肩駐車していた。
相変わらず週末は、5合目のゲートで早朝から通行規制が行われているのだろう。
今日も本州ナンバーの車が多かったのは、樽前山が日本200名山だからなのか。

花は寂しい状況だが、頂上の煩わしい虫もいなくなり、吹く風はそこそこ強かったけれど汗ばんだ身体には気持ちが良く、この時期が一番とまでは言わないものの、かなり快適な季節かも知れない。
だが、もう一月もすると風は肌を刺すように冷たく、フリースやダウンがなくては歩けない日も多いに違いない。

それにしても、支笏湖の対岸の恵庭岳は台風10号による倒木が数カ所あったというのに、こと樽前山に関しては雨風の影響が全くなかったように見える。

山行記録
7合目登山口10:15→東山頂上10:50→西山頂上11:53~12:09→7合目登山口13:32
f0138096_23523618.jpg

f0138096_23524442.jpg

f0138096_23525281.jpg

すれ違ったソロの男性はかなり山歴があるように見えたが、素足にサンダルは浮き石の多い樽前山にそぐわない(この山に限らないけれど)
f0138096_2353095.jpg

f0138096_2353729.jpg

f0138096_23531689.jpg

稜線上から7合目の駐車場が見える。私の車の赤色が目につく
f0138096_2354138.jpg


f0138096_23532236.jpg

f0138096_235329100.jpg

f0138096_2353355.jpg

f0138096_23534485.jpg

f0138096_2353492.jpg

f0138096_23535713.jpg

f0138096_2354637.jpg

f0138096_2354138.jpg

f0138096_23542121.jpg

無事下山。写真の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2016-09-08 06:20 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山、9月7日-速報版-

明日は5名で芦別岳の予定なのだが、どうやら予報から延期になりそうだ。
実施するにしても少し体重を落としておこうと思い、樽前山に向かった。
下山後は久しぶりに紋別岳にも登ろうと。

ところが、7合目の駐車場で分かったのだが、ザックを家に忘れて来るという大チョンボ!
カメラを忘れたことは2,3度あるけれど、昼食やスポーツドリンクの入ったザックを忘れたのは初めてのこと。
何れにしても飲料水がないのではせいぜい東山のピストンしか出来ない。

だが、幸運にも丁度下山したカップルからペットボトルを1本分けてもらえた。
お陰で、計画通り外輪山を一周する事が出来た。
下山後、さすがに紋別岳に向かう気力は消失し、休暇村の温泉に入って帰宅。

今の樽前山に花は殆ど見られないけれど、シラタマノキが最盛期と言えるかも知れない。

とりあえず、速報版として写真を5枚アップした。
f0138096_16465042.jpg

溶岩ドームをバックにシラタマノキ。932m峰分岐から西山にかけての登山道の両脇のシラタマノキは見ごたえのある群落になっている
f0138096_16465870.jpg

支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_1647630.jpg

7合目の駐車場でペットボトルを1本プレゼントしてくれた東京からのいけさんと奥さん?
f0138096_16471722.jpg

西山で、私の直後にやって来た苫小牧のIさん。東山から反時計回りで私と同じコースだったと。スタートは私の30分後だと言うからかなり健脚な女性だと思う。駐車場まであれこれお喋りをしながら一緒に下山
f0138096_16473149.jpg

東山頂上近くで拾った帽子。女の子のものだろうが、まだ新しい。7合目の登山ポストの中に入れてきたので、心当たりのある方は取りに行ってもらいたい
by tarumae-yama | 2016-09-07 16:59 | 樽前山 | Comments(1)

風不死岳、8月29日-速報版-

樽前山へのゲート、今日17時から一時閉鎖!

昨日、町内会の懇親会で焼き肉を食べ過ぎたようで、今朝ヘルスメーターの表示を見てビックリ! ガックリ!
窓の外は、予報が外れて抜けるような青空が広がっている。

そんな事もあって、朝食後予定外のダイエット目的で風不死岳に登ってきた。

下山後、7合目の駐車場でヒュッテ管理人の鈴木さんから、今日の17時に道道141号線樽前錦岡線のゲートを一時閉鎖すると聞いた。
何でも、台風の接近による大雨の影響で林道に雨裂が出来ぬよう、側溝を掘る作業を17時以降に実施するらしい。

まあ、今夜から雨予報のため、ナイトハイクや明日ご来光目的で樽前山に出かける登山者はいないと思うので実害?はないだろう。
だが、もしかすると本州から日本200名山目的で、樽前山に強風雨の中でも登ろうとする登山者がいるかも知れない。
そのようなガッツのある?登山者は、ゲートから往復13kmを余分に歩くことになるけれど。
f0138096_16532739.jpg

シラタマノキを前景に支笏湖
f0138096_16534921.jpg

風不死岳の頂上から。左端に恵庭岳、右端近くに札幌市街とその奥に日本海も見える
by tarumae-yama | 2016-08-29 16:58 | 樽前山 | Comments(0)

GK80の履き試しに樽前山(932m峰)、8月14日

週間予報ではこの先1週間晴天が期待出来ないらしい。
購入したGK80の履き試しがまだ出来ていないので、昨日午後から樽前山に向かった。
晴れているなら外輪山を一周するつもりだったが、ガスが中腹まで下りてきている上に頂上は強風らしい。
それで、932m峰までのピストンにしたが、靴擦れの懸念があったので、2時間ほどの歩きは試し履きには丁度良かったと思う。

日曜ではあったけれど、お盆の最中と言うことで、5合目のゲートで通行規制が実施されることはなかったらしい。
もっとも、朝は強風と霧雨とのことだから、登山を断念した方が多数いたかも知れない。
札幌は晴天だっただけに、さぞガッカリしたことだろう。

さて、キャラバンGK80で2時間ほど歩いた感想だが、この靴もGK10ケブラーと同じ印象を持った。

最近のキャラバンは同じ3Eと言えども、昔より心もちスリムにしたように感じる。
そのせいか、このGK80もGK10ケブラー同様右足の小指の付け根がすこし当たる。
ただ、GK10ケブラーと違い、材質はヌバックだから、履いているうちに当たりが解消されるのではと思う。

以前のGK69は中々馴染まず、左足の靴擦れが何時までも続いたけれど、このGK80は、根拠はないものの履いていてどうやら大丈夫そうな印象を持った。
そして今までのどの夏靴よりも重いけれど、重いと感じなかったのは意外だった。
一度で結論を出すのは早計だが、案外この靴はすんなり馴染んでくれそうな気がする。

最後に樽前山の花についてだが、もう今週末はタルマエソウを見つけるのは難しいかも知れない。
イワギキョウも終盤で、ネジバナは色褪せてきていた。
これからはシラタマノキが主役になるのだろう。

今回、樽前山で見るのは初めてだが、下山途中でシロバナネジバナを目にした。
f0138096_23421915.jpg

お花畑コースのノギランf0138096_18172450.jpg

支笏湖をバックにシラタマノキ
f0138096_18173383.jpg

932m峰のシラタマノキの群落
f0138096_18174118.jpg

もうポツポツしか咲いていないタルマエソウ
f0138096_18174981.jpg

イワギキョウもそろそろ終わり
f0138096_18175872.jpg

ネジバナ
f0138096_1818599.jpg

シロバナネジバナだと思う
f0138096_18181378.jpg

ガスの932m峰頂上
f0138096_18182356.jpg

初めて履くキャラバンGK80。7合目の駐車場で撮影。下山時は火山灰で真っ白になっていた
by tarumae-yama | 2016-08-15 07:19 | 樽前山 | Comments(2)

楓沢から932m峰、8月8日-同行者からの写真-

アップが遅くなってしまったけれど、8日に楓沢を一緒したH原さやピータンままさん達から送られて来た写真を紹介しようと思う。
f0138096_2232445.jpg

f0138096_22321542.jpg

f0138096_22322476.jpg

f0138096_22323425.jpg

f0138096_22324617.jpg

f0138096_2232546.jpg

f0138096_2233852.jpg

f0138096_22331994.jpg

上の8枚はH原さんの撮影
f0138096_2234077.jpg

上の写真はピータンままさんの撮影
f0138096_22343678.jpg

f0138096_22344650.jpg

f0138096_22345712.jpg

f0138096_2235996.jpg

f0138096_22355299.jpg

上の5枚はMさんの撮影
おまけ
f0138096_22364441.jpg

f0138096_22365637.jpg

f0138096_2237915.jpg

上の3枚は、楓沢の前日8月7日にトムラウシ山に登ったM夫妻から一緒に送られて来た写真
by tarumae-yama | 2016-08-13 07:14 | 樽前山 | Comments(0)