カテゴリ:樽前山( 171 )

オリンパスTG-850を持って樽前山

18日の樽前山へは、XZ-2の他にTG-850も持って行った。
登山中、雨に遭ったときに使うつもりで。

どちらもオリンパスのコンデジだが、前者は撮像素子が1/1.7型とやや大きく、比較的明るいレンズを搭載している。
後者はいわゆる防水カメラで、耐衝撃や耐寒仕様になっていてハードな環境で使うことを念頭に置いている。

両機種ともチルト液晶だが、TG-850は35mm判換算で広角側が21mmというのが売り。
まあ、21mmも水中では28mmの画角になるようだが。

ともかく、雨には当たらなかったけれど、せっかく持って行ったのでTG-850でも撮った。
実は、「TG-850」という文字検索で私のブログを見に来ている人が毎日の様にいるらしい。
そんな人に役立つのかいささか心許ないものの、そのカメラで撮った写真をアップした。

後日XZ-2との比較写真もアップ出来れば、と思っている。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1532186.jpg

f0138096_15321437.jpg

f0138096_15323141.jpg

f0138096_15325037.jpg

f0138096_1533494.jpg

f0138096_15331771.jpg

f0138096_15332897.jpg

f0138096_15334195.jpg

f0138096_15335157.jpg

f0138096_1534527.jpg

f0138096_15341696.jpg

(多分殆ど)iAUTOモードで撮影
by tarumae-yama | 2014-06-21 06:52 | 樽前山 | Comments(4)

樽前山の花、6月18日

樽前山では圧倒的に多い?エゾイソツツジとマルバシモツケが今見頃を迎え、一番華やかな時期かと思う。
天気に恵まれずじっくり撮ることは出来なかったけれど、何種類かの花をアップした。
ただ、似たような写真が多く心苦しい。

知人のブログによると、お花畑コース?ではハクサンチドリも見られるらしい。
何でも、2005年に80年ぶりに見つかったハクサンチドリだそうだ。
この花は、隣の風不死岳頂上直下には何株か咲いているけれど・・・・。
f0138096_10342851.jpg

f0138096_10344063.jpg

f0138096_10345125.jpg

f0138096_1035257.jpg

f0138096_10351676.jpg

f0138096_10352580.jpg

f0138096_10353436.jpg

f0138096_10354486.jpg

f0138096_10355758.jpg

f0138096_1036943.jpg

f0138096_1036218.jpg

f0138096_10363037.jpg

f0138096_10364055.jpg

f0138096_10364888.jpg

f0138096_10365983.jpg

f0138096_1037971.jpg

f0138096_10371976.jpg

f0138096_10373338.jpg

写真の上でクリックすると大きくなります。 オリンパスXZ-2で撮影
by tarumae-yama | 2014-06-20 12:41 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、6月18日

ずっと長雨だったから、樽前山のお花畑コースは水たまりが出来ていると思い長靴でスタートしたけれど、全くの杞憂だった。

今回は7合目の駐車場から東山に登り、時計回りで西山のピークへ足を延ばし、その後お花畑コースを通って駐車場に戻ると言うコース。

エゾイソツツジとマルバシモツケの競演がクライマックスかもという期待と、コマクサが駆除されたという情報の確認がメインの樽前登山だったが、何よりもダイエットがしたかった。

マルバシモツケはまだ見頃には早く競演とは行かなかったが、それでも今が一番花の種類の多い時期だと思う。

コマクサについては、作業はまだ実施されていないようで、9日に登った時よりも更に花が広がっているように見えた。
ただ、ピークは過ぎつつあり、花が枯れかかったコマクサも多く目についた。

コマクサを含め、花の写真は次回にまとめてアップしようと思う。
なお、4ヶ所だろうか、各分岐に距離が表示された真新しい標識が建っていた。
f0138096_21533687.jpg

ロープに作られたクモの巣を撮ってみた
f0138096_21534686.jpg

7合目展望台の奥でオカリナを吹く男性、曲は「コンドルは飛んで行く」。心に染みる演奏だった。ご夫婦の同意を得て
f0138096_21535735.jpg

オカリナで思い出した写真をアップ。2007年5月9日屋久島の白谷雲水峡で「千の風になって」を吹く埼玉からの男性
f0138096_21541737.jpg

山ガールを入れて、登山道脇のイワブクロ
f0138096_21542867.jpg

新しい標識と右端に東山ピーク
f0138096_21543927.jpg

西山と樽前神社奥宮方面への分岐標識
f0138096_21545560.jpg

932m峰と東山への分岐標識
f0138096_2155452.jpg

風不死岳と東山・西山への分岐標識。正面は風不死岳
f0138096_21551383.jpg

西山の頂上直下から。エゾイソツツジとその下にコケモモの花が見える
f0138096_21552213.jpg

ガスが切れて溶岩ドームと噴煙が見えだした
by tarumae-yama | 2014-06-20 07:12 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、6月18日-速報版-

雨で山に行けない日が続き、体重がジワジワと増加。
とうとう大台に乗ってしまい、今日は雨に遭っても仕方がないという覚悟で昼からダイエット目的の樽前山へ。

途中の国道では雨が降って来たものの、登山中は幸いにも降水に見舞われることはなかった。
むしろ、思いがけず青空が一瞬覗くことがあったほど。

花は、ウコンウツギは完全に終わり、イワヒゲもほぼ終焉を迎えようとしていた。
エゾイソツツジは今がピークか、そろそろ最盛期を過ぎつつあるように見えた。
マルバシモツケは思いの外遅くて、この週末でもまだピークには早いかも。
タルマエソウは、ようやく2分咲きくらいだろうか。多分ピークは下旬になるかも知れない。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_19152674.jpg

f0138096_1915365.jpg

上2枚、コケモモの花
f0138096_19154664.jpg

f0138096_19155589.jpg

上2枚、タルマエソウ(イワブクロウ)。奥に支笏湖
f0138096_1916437.jpg

コマクサ。オリンパスのXZ-2で撮影
by tarumae-yama | 2014-06-18 19:21 | 樽前山 | Comments(4)

樽前山、6月9日-花の4-

一昔以上前、コマクサはお花畑コース脇にひっそりと咲いていた。
勿論、自生種ではなく誰かが植えたものだが、当時それ程騒がれていなかった(気がする)。

先日その場所に行ってみた。コマクサを小石で囲った所が2,3ヶ所あったはずだが、その石すら片付けられ、コマクサのコも感じとることが出来なかった。

今、西山に向かう登山道脇でコマクサが見られるけれど、こちらは環境省による抜き取り作業の成果なのか、数年前よりずっと減っている。

問題は、爆発的とも言えるほどに拡大した、とある場所のコマクサ。
こちらは、多くの人件費をかけて駆除作業をやっても、徒労のように映る。
それは自宅庭のスギナのように、取り終えたと思っても翌年また勢いよく顔を出す。
どれほど、地中に根を張っているものか・・・・。

ともあれ、今年もこの悪天の中駆除作業を実施していると聞いた。
f0138096_1254384.jpg

f0138096_1255232.jpg

f0138096_1261697.jpg

一面のコマクサ
f0138096_1262418.jpg

by tarumae-yama | 2014-06-13 06:55 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、6月9日-花の3-

樽前山を代表すると言われるタルマエソウ(イワブクロウ)をメインに。
この花は例年7月上旬が見頃だと思うけれど、雪解けが早かった分今年は今月中にピークをむかえるかも知れない。

昨年7月6日のタルマエソウ←青文字部分をクリック
f0138096_13152388.jpg

咲き出したタルマエソウ
f0138096_13153450.jpg

アップで。水滴がビッシリ
f0138096_13154243.jpg

お花畑コースのタルマエソウ
f0138096_13155016.jpg

7合目展望台付近のウコンウツギ
f0138096_13155837.jpg

上と同じ場所のマイズルソウ
f0138096_1316888.jpg

モウセンゴケ
f0138096_13161718.jpg

この日、唯一スライドした登山者。ガスと強風のため途中で引き返してきたそう
by tarumae-yama | 2014-06-12 07:05 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、6月9日-花の2-

昨日、(樽前山の)エゾイソツツジとマルバシモツケはスケールがある分、ピークの頃は素晴らしいと書いた。
まだ後者は咲き始めたばかりだが、そんな様子をアップしたい。
ただ、コンデジの防水カメラだし、ガスの中での撮影だから、写りはパッとしない。

読者の皆様には、青空の下支笏湖をバックに緩やかな斜面を覆う真っ白な花々をイメージしてもらえたら、と思う。
f0138096_2354672.jpg

f0138096_236158.jpg

f0138096_2362595.jpg

上3枚、エゾイソツツジ
f0138096_2363726.jpg

f0138096_2364615.jpg

f0138096_2365512.jpg

上3枚、手前の花はマルバシモツケで奥にエゾイソツツジ
by tarumae-yama | 2014-06-11 06:51 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山、6月9日-花の1-

樽前山を代表する花と言えば、タルマエソウ(イワブクロウ)かも知れない。
確かにこの花の最盛期、7合目の展望台から外輪山分岐を経て西山に向かう途中の登山道の両側は、紫色のかたまりが続いていて見ごたえがある。

だが、エゾイソツツジとマルバシモツケも、その規模の大きさでは負けていない。
もし、晴れていて支笏湖ブルーが見られるなら、お花畑コースの両側に広がるこの花の競演と光景に、きっと感嘆の声が出るに違いない。
だから、個人的にはエゾイソツツジとマルバシモツケだと言いたい。

この二つの花が重なるピークは、多分1週間位後のことだろうから、今日は最盛期を迎えたイワヒゲをアップしようと思う。
f0138096_15114826.jpg

f0138096_1512144.jpg

f0138096_15121564.jpg

上3枚、ガスのため水滴を一杯付けたイワヒゲを段々アップで
f0138096_15124173.jpg

樽前山と風不死岳の分岐付近のイワヒゲ。この花はお花畑コースを終えるところから分岐を越え、樽前山の尾根に向かう辺りまでが多いように思う
by tarumae-yama | 2014-06-10 16:22 | 樽前山 | Comments(6)

今年50山目はコマクサ満開の樽前山、6月9日

今日から家内と外出が多くなりそうなため、次の山が何時になるか予定が立たない。
今週コマクサが駆除されるとのことで、昨日、雨に打たれるかもと思いつつ樽前山へ。

稜線では視界10mほどの霧雨と強風に翻弄されたけれど、お目当てのコマクサは抜き取られる前で、辺り一面今が見頃と言わんばかり、それはそれは素晴らしかった。

7合目の展望台付近のウコンウツギもピークを迎え、エゾイソツツジも斜面一杯に咲いていて白い絨毯のよう。
イワヒゲは今まさに最盛期で、もう10日もすれば終わりを迎えるかも知れない。
コメバツガザクラは完全に終焉という印象だった。

マルバシモツケはやっと咲き出し、タルマエソウはその後に続くのだろうと思う。

明日?、また続報としてアップしたい。
f0138096_1843484.jpg

辺り一面コマクサ。環境省による抜き取り作業は何時なのだろう?
f0138096_1844490.jpg

登山道脇の白いコマクサ
f0138096_1845634.jpg

イワヒゲの群生
f0138096_185846.jpg

見頃になったお花畑コースのエゾイソツツジ
f0138096_1851858.jpg

やっと咲き出したタルマエソウ(イワブクロウ)。 オリンパスの防水カメラTG-850で撮影
by tarumae-yama | 2014-06-10 07:18 | 樽前山 | Comments(2)

風不死岳と樽前山、6月2日-樽前山編-

風不死岳の頂上から久しぶりに支笏湖ブルーらしい支笏湖を堪能し樽前山に向かった。

それにしても、風不死岳の花は樽前山とはかなり様子が違っている。
ヤシオツツジやハクサンチドリ、シラネアオイなどは、樽前山では全く目にしない(と思う)。隣りあった山なのに植生の違いが面白い。

932m峰の斜面をトラバースして外輪山に達すると、登山者が近く遠く目につくようになった。
子供が一緒なのは、昨日運動会が開催された代休ということらしい。

西山ではコケモモの花の状況を見、東山に向かう途中ではコマクサを探しながら東山の頂上に立った。
22日に登ったとき登山道にあった熊の糞、痕跡すらなかったのはヒュッテの管理人さんか誰かが処理したのだろうか。
まだあったのなら、改めてしっかり写真に撮ろうと思っていたのでちょっと残念だった!??

暑さにすっかり消耗してしまったけれど、エゾイソツツジやウコンウツギなどが思いの外咲いていて目を楽しませてくれた。
この週末は、多分エゾイソツツジの群落が満開で迎えてくれるのではないかと思う。

山行記録
風不死岳頂上11:39→登山口12:22→西山ピーク13:21~13:29→東山ピーク14:20~14:37→7合目駐車場15:00

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22215936.jpg

932m峰の斜面をトラバース中に私を追い抜いた山ガールは驚きの健脚だった。その山ガールを入れて
f0138096_22221418.jpg

東山や西山に向かう登山道。中央に溶岩ドーム。下に山ガールを入れて
f0138096_22222719.jpg

西山に向かう途中スライドした竜君とご両親の記念写真。左端に羊蹄山が霞んで見える
f0138096_22223786.jpg

西山ピークのコケモモ。蕾はまだまだ小さい
f0138096_22224612.jpg

登山道脇のコマクサ
f0138096_2222552.jpg

直ぐ近くに白いコマクサ。1週間後には咲いているだろうか
f0138096_2223636.jpg

外輪山をぐるり回って東山ピークから下りてくる竜君一家
f0138096_22231729.jpg

上半身裸で下山する男性にはビックリ
f0138096_22232657.jpg

東山頂上から溶岩ドームと左に西山ピーク
f0138096_22233585.jpg

別な場所のコマクサ。この辺りのコマクサはピンク色が薄い
f0138096_22234515.jpg

7合目展望台辺りのウコンウツギ。奥に支笏湖と紋別岳
by tarumae-yama | 2014-06-04 07:26 | 樽前山 | Comments(6)