カテゴリ:樽前山( 213 )

樽前山、2017.12.14

11月13日にゲートが冬期閉鎖に入って以降、道道を歩いて樽前山に登るのは初めてのこと(11月25日に楓沢から932m峰には登っているけれど)。

積雪は少なくつぼ足で歩けそうだったが、うっすら雪の下は凍っていて、登山靴ではスリップするだろうからスノーシューを履いてスタートした。

5合目から先7合目のヒュッテまで徐々に積雪が増えて来たが、つぼ足でも問題ない深さ。実際すみたこさんはつぼ足で展望台近くまで登った。

だが、登山ポストから先の登山道は、吹き溜まった所と吹き飛ばされた所が交互に出て来てまるで乱氷帯の様相、スノーシューでも苦労させられた。
たまらず、すぐ右の灌木帯を横切り、吹きさらしの斜面に逃げた。

これは正解で、後は頂上まで適度に凍った斜面にスノーシューのクランポンがしっかり食い込んで順調だった。
もっとも、バランスを崩して転倒すれば一気に7合目の灌木帯まで滑り落ちるだろうから、気を抜くことなど出来なかったけれど。
ワカンのすみたこさんも、まるでアイゼンを装着しているかのような安定した登り。

雪面は問題なかったものの、多分風速は10m/sくらいだったろうか、小さくジグを切って身体が風上に向くと、寒風のためむき出しのほっぺたが痛くてたまらない(バラクラバはザックに入っているが眼鏡が曇るため使わず)。

頂上での体感温度は-20℃くらいか、ファイントラック、メリノウール更にファイントラックの重ね着だったけれど、さすがに寒さがきつくてハードシェルを着た。

東山で溶岩ドームに向かうすみたこさんと別れて下山開始。
今度はジグを切ることなく、ヒュッテを目指しまっすぐ下りた。

今回のスノーシューは、先日知人から譲ってもらったベルトに代えたもの。
オコタンペ山よりずっと傾斜がきつくて距離もあったから、テンションはかなりかかったけれど、1本も切れることなく一安心だった。

それにしても、ゲートからヒュッテまでの往復13kmは長くて遠い!
夜中に古傷の左膝が痛み出し、久しぶりに湿布薬の世話になった。

山行記録
ゲート前08:59→5合目ゲート09:52→7合目ヒュッテ10:36→東山頂上11:38~11:55→7合目ヒュッテ12:19~12:32(昼食)→5合目ゲート13:02→ゲート前13:53
f0138096_14233609.jpg
5合目のゲート付近。(ヒュッテ管理人さんの)スノーモービルの軌跡の上を歩けばつぼ足でも問題ない
f0138096_14233687.jpg
7合目の駐車場。私のスノーシューのトレースと奥に風不死岳。左端にすみたこさんのつぼ足の跡
f0138096_14233715.jpg
登山ポストから先の登山道は吹き溜まりなどで登りにくい
f0138096_14233713.jpg
f0138096_14233707.jpg
上2枚樽前山東山の斜面を直登するすみたこさん
f0138096_14284567.jpg
中央にウトナイ湖とその奥に日高山脈の山々がクッキリ
f0138096_14233834.jpg
f0138096_14233814.jpg
苫小牧市街。煙突の煙から街も風が強いようだ
f0138096_14233960.jpg
f0138096_14233942.jpg
f0138096_14242836.jpg
東山の頂上に到着
f0138096_14252974.jpg
右端に932m峰、左端に尻別岳、その右に中腹から上が雲の中の羊蹄山
f0138096_14252759.jpg
溶岩ドームと左に西山
f0138096_14252821.jpg
東山頂上の私。すみたこさんに撮ってもらう。新しい帽子は快適だがむき出しのほっぺたが寒風に晒されて痛い
f0138096_14252895.jpg
東山頂上から、太平洋が金色に輝いている
f0138096_14261048.jpg
温泉の帰りに撮影。日没の支笏湖と左端に樽前山、右に風不死岳

by tarumae-yama | 2017-12-17 08:05 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山で驚きの出会い、2017.12.14

兵庫県のすみたこさんから珍しく「記事を参考に、有珠山に本日登ってきました。」とコメントが入った。
そのコメント返しに、「明日も登るのでしょうか?私は樽前山に登るつもり。」と書いた。

そして、予定通り樽前山に登ったのだが、7合目の展望台近くで男性がワカンを装着していた。
挨拶をして顔を見ると、何とすみたこさんだった。

コメントの後、何の連絡もなかったけれど、当然コメント返しを見て樽前山を登っているものと解釈したのだが、私からのコメントはまだ見ていないと。
冬の平日の他に誰もいない樽前山で、本州の人とこんな偶然があるものかと思った。

彼の話では、今回2泊の予定で、有珠山(の外輪山)と樽前山(の溶岩ドーム)を登り、今夜の飛行機で帰宅すると。

今日の樽前山は、ゲート前にも近くの駐車帯にも車はなく、当然私が最初の登山者だった。
それが、5合目のゲートから雪上に突然新しい靴跡が現れた。
そのことをすみたこさんに話すと、何と彼はモーラップの古道を歩いてきたそうだ。
本来、古道は7合目のヒュッテ前に繋がっているのだが、彼は間違えて手前の二股を左折し5合目の砂利道に出たらしい。

私の読者ですみたこさんを知る人は山友の数人を除いて皆無だろうから、スルーしていただいて結構なのだが、まあおつきあいいただけるのなら嬉しい。

すみたこさんとは、2015年1月29日、Sさん、izumisawaさんの3人でオコタンペ山に向かう折、駐車場で挨拶をしたのが最初だった。
彼は、その時は隣の恵庭岳に向かった。

その年の9月16日、同じSさんとなおさんの3名で愛山渓温泉から永山岳に向かっている時、追いついたソロの男性がすみたこさんだった。

翌2016年2月20日に、彼の希望でオコタンペ山、漁岳、小漁山を経由してオコタンペ湖を横断する山行を計画した。
他に希望者がいたため、何と9名もの大パーティになった。
ところが、2月16日に妻がガンで逝き、葬儀のために私は参加出来なくなってくーたさんにリーダーを代わってもらった。↓

それ以来ご無沙汰をしていたのだが、何とも驚きの再会だった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_23335227.jpg
7合目の展望台で、すみたこさん。支笏湖ブルーが奇麗!
f0138096_23340741.jpg
森林限界を抜け、ワカンで樽前山東山の斜面を直登するすみたこさん
f0138096_23344300.jpg
強風で足下から雪煙が舞う
f0138096_23344646.jpg
f0138096_23345031.jpg
f0138096_23345459.jpg
二人の影を入れて。左上に風不死岳
f0138096_23355146.jpg
東山の頂上で
f0138096_23355208.jpg
東山から溶岩ドームに向かうすみたこさん
f0138096_23355256.jpg
溶岩ドームの影の近くに小さくすみたこさんが見える(中央の右下)


by tarumae-yama | 2017-12-15 00:28 | 樽前山 | Comments(2)

楓沢から932m峰経由苔の洞門へ、2017.11.25ー同行者からの写真ー

先日の楓沢を一緒したzeropo7さんとYさんから送られてきた写真を紹介したい。
この後、Mさんから届けば追加しようと思う。

今日で11月も終わり、2017年もあと一月を残すのみとなった。
昨年は、40年間生活を共にした妻を亡くして家に一人いるのが耐えられず、随分山に向かった。
そんな状況は2017年に入っても変わらず、11月までに126日も出かけ、登った山の数は165座になり、173座登った昨年よりむしろ多くなるかも知れない。

だが、この頃は心身共に低調で、全てを投げ出したいという気持ちにおちいることがある。
10年以上続けているブログすら、気力がなくなって更新が面倒くさい。

季節のせいもあるのだろうが、これが老いというものなのかとも思う。
f0138096_10375282.jpg
f0138096_10375619.jpg
f0138096_10380014.jpg
上の3枚はzeropo7さんの撮影
f0138096_10383348.jpg
f0138096_10383725.jpg
f0138096_10384154.jpg
f0138096_10384428.jpg
f0138096_10384739.jpg
f0138096_10385054.jpg
f0138096_10385395.jpg
上の7枚はYさんの撮影


by tarumae-yama | 2017-11-30 10:43 | 樽前山 | Comments(2)

楓沢から932m峰経由苔の洞門へ、2017.11.25ーその2ー

紋別橋近くの一等地に停めた車の先行者には、約2時間後、楓沢を通り抜けた二股の先で追いついた。
だが、男性二人組の彼らはここから引き返すという。

その後、誰にも会うことはなかったけれど、支寒内コースの風の当たらないところで昼食を摂ろうとした時、樽前山からソロの男性が下りてきた。
見覚えのあるウエアのその男性は何と千歳のUさんだった。

以前から彼とは支笏湖周辺の山で何度も出会っていて、実は1週間前の19日にも紋別岳の駐車場で挨拶したばかりだった。その時は苔の洞門近くの林道を利用し樽前山の西山をピストンして来たそうで、これから紋別岳にも登るというから、その体力にはビックリしたものだった。

今回、現地で雪の少なさからスノーシューを車に残しつぼ足で登った。
楓沢を抜けた後、932m峰までとそこから下りて苔の洞門まではそこそこの積雪があったけれど、適度に雪が締まっていてつぼ足で問題はなかった。
だが、これからはスノーシューもアイゼンも念のため携行する必要があると思う。

我々はそんな時期に、楓沢から932m峰のピークに立ち、支寒内の苔の洞門を見物した後林道ゲート前にデポした車に無事戻った。
12kmちょっとを丁度6時間、二つの苔の回廊を巡る素敵な山行だった。

同行したzeropo7さんのヤマレコも紹介しようと思う。↓

f0138096_21354066.jpg
昼食時刻だが、強風のためもう少し下りたところで摂ることに
f0138096_21354646.jpg
932m峰のコルから支寒内コースの尾根にトラバースしようと考えていたが、ショートカットすることに
f0138096_21355165.jpg
ショートカット中
f0138096_21355753.jpg
樽前山から下りてきたソロの男性は、何と千歳のUさんだった。この後昼食を一緒しながらしばし山談義
f0138096_21360447.jpg
f0138096_21360939.jpg
f0138096_21363150.jpg
f0138096_21363664.jpg
f0138096_21364236.jpg
みんなが岩の上を通過するのに、zeropo7さんは狭い隙間から
f0138096_21364765.jpg
f0138096_21365337.jpg
f0138096_21365874.jpg
f0138096_21371245.jpg
はさみ岩のM夫人
f0138096_21371878.jpg
f0138096_21372542.jpg
岩大好きなM夫人は満面の笑顔
f0138096_21373000.jpg
余裕のYさん
f0138096_21374150.jpg
zeropo7さんはちょっと苦戦
f0138096_21374620.jpg
苔の洞門を戻り尾根に上がって林道に向かう
f0138096_21375149.jpg
f0138096_21375719.jpg
もう林道のゲートは目前

by tarumae-yama | 2017-11-29 07:08 | 樽前山 | Comments(0)

楓沢から932m峰経由苔の洞門へ、2017.11.25ーその1ー

ヤマレコでお馴染みのzerepo7さんとの楓沢が、お互いの都合と天気が合わずのびのびになっていた。
今回も予報から実施は難しいと思ったけれど、これ以上延期して積雪が増えるとつぼ足では登れないと考え強行した。

結果的に予想外の荒天、もとい、好天に恵まれ、我々は二つの苔の回廊を楽しんだ。
それに、樽前山は直前の降雪で山全体が一気に雪景色となって冬山の厳しさもちょっぴり味わうことができた。

まあ、厳しいと言っても寒風が身にしみた程度で、アイゼンもスノーシューも使わずにつぼ足で歩けたから、むしろ真っ白な雪の上で戯れ楽しんだと言った方が適切かも知れない。
とは言うものの、多分つぼ足での樽前山はぎりぎりのタイミングだったと思う。

下山時に使った苔の洞門を初めて観るというzeropo7さんと池田からやってきたYさんは、楓沢より良かったとの感想を持ったようで、世話役としても良かったと思う。
f0138096_14455081.jpg
予定していた駐車場所は先行者が使っていて、我々は余分な歩きを強いられた(^_^;)
f0138096_14455073.jpg
楓沢のスタートは、奥の紋別橋の下から。左からzeropo7さん、Yさん、M夫人
f0138096_14455174.jpg
楓沢の苔の回廊に入った
f0138096_14455140.jpg
最初の高巻き箇所。だんだんえぐれてきている気がする
f0138096_14455271.jpg
f0138096_14455236.jpg
楓沢をブログなどで紹介する登山者は、多分例外なく撮影する場所だろう
f0138096_14455345.jpg
f0138096_14455380.jpg
f0138096_14455400.jpg
楓沢の苔の回廊を抜け、正面の932m峰を目指す。積雪はせいぜい10cm程度
f0138096_14455452.jpg
f0138096_14473872.jpg
f0138096_14474431.jpg
f0138096_14474966.jpg
やっと沢地形を抜け尾根筋に出て振り向くと、支笏湖が見られて感動。笑顔のM夫人
f0138096_14475221.jpg
zeropo7さんは何を撮っているのか? 前方はMさん
f0138096_14480761.jpg
池田町から参加のYさん
f0138096_14481202.jpg
zeropo7さん
f0138096_14483787.jpg
小さな尾根を横切りつつ932m峰へ
f0138096_14484156.jpg
同上
f0138096_14484672.jpg
f0138096_14485043.jpg

溶岩ドームを前方に見ながらM夫人。彼女はチェーンスパイクを装着
f0138096_14485429.jpg
強風が吹き付け、雪煙が舞うようになった。左端にzeropo7さん、右上にM夫人
f0138096_14485814.jpg
f0138096_14491592.jpg
右端に風不死岳
f0138096_14492193.jpg
932m峰頂上に到着のzeropo7さん
f0138096_14492555.jpg
樽前山をバックに932m峰頂上の同行者
f0138096_14492931.jpg
12時に近くお腹が空いたけれど、強風のため昼食は支寒内コースへ下りて摂ることになり、頂上での滞在はわずか5分


by tarumae-yama | 2017-11-27 06:39 | 樽前山 | Comments(2)

楓沢から932m峰経由苔の洞門へ、2017.11.25ー速報版ー

今日は予定通り楓沢から樽前山の932m峰に登り、苔の洞門へ下りた。
時々雪が舞い、932m峰の登りでは冷たい強風のため凍傷を心配するほど顔が痛かった。

だが、全体を通して青空に恵まれ、二つの苔の回廊を歩いている間風はほぼ静穏で、期待以上と言うべきか或いは想定外と言うべきか、今回の山行は、予報からみるととてもついていたと思う。

300枚を優に超える撮影枚数になったため、写真の選択に迷い、結局速報版と言いながら異例の20枚にもなった。

写真の説明は省略するが、大きなサイズで見ていただければ嬉しい。
f0138096_22090044.jpg
f0138096_22091522.jpg
f0138096_22103056.jpg
f0138096_22103514.jpg
f0138096_22104078.jpg
f0138096_22104672.jpg
f0138096_22110164.jpg
f0138096_22110675.jpg
f0138096_22111154.jpg
f0138096_22111893.jpg
f0138096_22112256.jpg
f0138096_22112798.jpg
f0138096_22113971.jpg
f0138096_22114337.jpg
f0138096_22114806.jpg
f0138096_22115250.jpg
f0138096_22120614.jpg
f0138096_22121190.jpg
f0138096_22121584.jpg
f0138096_22122096.jpg

by tarumae-yama | 2017-11-26 00:48 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山ご来光登山、2017.11.13 ーAさんからの写真ー

樽前山へのゲートが冬期閉鎖に入ったため、もうご来光登山は難しくなった。
まあ、出来なくはないと思うけれど、そこまでの気力がなかなか湧かない。

ご来光登山を一緒したAさんから送られてきた写真を紹介したい。
f0138096_22262647.jpg
f0138096_22263229.jpg
f0138096_22263688.jpg
f0138096_22264286.jpg
f0138096_22264818.jpg
f0138096_22265265.jpg
f0138096_22271277.jpg
f0138096_22271694.jpg
f0138096_22272059.jpg
写真の説明は省略したけれど、写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-11-19 06:18 | 樽前山 | Comments(2)

樽前山ご来光登山、2017.11.13 ーその2ー

前回の樽前山ご来光登山の時は風不死岳まで足を延ばしたのだが、この日の11時でゲートが閉鎖されるので外輪山を一周して下山することにした。

さすがにこの時期の樽前山山頂は寒さが身にしみるけれど、それでも日が差すと暖かさを感じるから太陽は偉大だとしみじみ思う。

駐車場に戻ると、ヒュッテの管理人さんが登山者の下山をチェックしていた。
そんな管理人さんに挨拶をし、我々は丸駒温泉に向かった。

f0138096_12523757.jpg
溶岩ドームの左に真っ白な西山
f0138096_12525142.jpg
f0138096_12534549.jpg
東山から西山に向かうAさんと私の影
f0138096_12540327.jpg
溶岩ドームをアップで
f0138096_12540786.jpg
中央に中腹から上は雲の中の羊蹄山
f0138096_12541159.jpg
右上に西山の頂上
f0138096_12542002.jpg
右端近くに西山に向かうAさん
f0138096_12542413.jpg
溶岩ドームと朝日
f0138096_12542711.jpg
f0138096_12543125.jpg
西山頂上直下のAさん
f0138096_12544066.jpg
西山頂上
f0138096_12550807.jpg
西山の頂上から
f0138096_12551215.jpg
f0138096_12551631.jpg
外輪山分岐で千歳のソロ二組と挨拶し、東山から下山


by tarumae-yama | 2017-11-18 08:16 | 樽前山 | Comments(4)

樽前山、2017.11.10ー同行者からの写真ー

H原さんとMさんから送られてきた写真を紹介しようと思う。
私(だけ)が写っているものは極力外したのだが、それでもかなりの枚数になった(^_^;)
f0138096_09431423.jpg
f0138096_09434423.jpg
f0138096_09435419.jpg
f0138096_09452651.jpg
f0138096_09452999.jpg
f0138096_09453310.jpg
f0138096_09453672.jpg
f0138096_09454792.jpg
f0138096_09455102.jpg
f0138096_09455413.jpg
f0138096_09455787.jpg
f0138096_09460921.jpg
f0138096_09461280.jpg
f0138096_09461522.jpg
f0138096_09461974.jpg
f0138096_09463196.jpg
上の16枚はH原さんの撮影
f0138096_09471009.jpg
f0138096_09471415.jpg
f0138096_09471742.jpg
f0138096_09472153.jpg
f0138096_09472987.jpg
f0138096_09473347.jpg
f0138096_09473738.jpg
f0138096_09474066.jpg
f0138096_09480493.jpg
f0138096_09480816.jpg
f0138096_09481204.jpg
f0138096_09481514.jpg
f0138096_09482303.jpg
上の13枚はMさんの撮影


by tarumae-yama | 2017-11-16 07:37 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山、2017.11.10ーその2 ー

溶岩ドームの上で昼食後、隊長Oさんが用意したザイルを使うことなく全員無事にドームから下りた。
その後、前方に冠雪した羊蹄山を望みながら支寒内コースへ。

外輪山の急な斜面こそ岩場だが、その後はとても歩きやすい日本庭園のようなコース。
その後、2年前の大雨で影響受けた倒木帯を越えるといよいよ苔の洞門へ。

4日前の6日にも隊長Oさんとこのルートで歩いていてブログにアップしているから、重複を避けるために登山道の状況等については省略したい。

楓沢は3度経験しているM夫妻だが、初めて歩く苔の洞門の印象を聞くと、夫人は「本家だけあってこちらの方が高さもあって素晴らしい!」と。
私も楓沢を何度(11回)も歩いている分、長年歩いていなかった苔の洞門の方が印象が新鮮で素敵に思えた。

ゲートが13日で冬期閉鎖して遠くなった樽前山だが、苔の洞門のピストンだけなら年内はラッセルすることなく楽しめるかも知れない。

林道からのルートはしっかり覚えたので、関心のある山友に声をかけてみようかと思う。

山行記録
ゲート前07:35→花畑コースの登山道に合流09:13→外輪山09:54→溶岩ドーム10:27~11:00(昼食)→外輪山分岐11:25→苔の洞門12:15→ゲート前13:27
f0138096_18025445.jpg
隊長Oさんがザイルを出したけれど
f0138096_18033947.jpg
f0138096_18042378.jpg
f0138096_18050085.jpg
使わずに下りた
f0138096_18050064.jpg
前方に羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_18052381.jpg
溶岩で出来た支寒内コースの斜面を下る
f0138096_18052714.jpg
奥に溶岩ドームの頭が見える
f0138096_18053151.jpg
2年前の記録的な大雨の影響か
f0138096_18053527.jpg
f0138096_18054537.jpg
f0138096_18054806.jpg
f0138096_18055287.jpg
f0138096_18055675.jpg
f0138096_18060469.jpg
カッパドキア?を撮影するMさん
f0138096_18060888.jpg
f0138096_18061382.jpg
f0138096_18061722.jpg
f0138096_18062869.jpg
f0138096_18063259.jpg
f0138096_18063657.jpg
f0138096_18064153.jpg
f0138096_18065129.jpg
上の15枚の写真は何れも苔の洞門で撮影
f0138096_18070260.jpg
苔の洞門から右岸の尾根によじ登る
f0138096_18070659.jpg
無事到着

by tarumae-yama | 2017-11-15 07:18 | 樽前山 | Comments(0)