カテゴリ:樽前山( 171 )

樽前山、2017.6.23

樽前山のお花畑の状況を知りたくて11日ぶりに出かけて来た。

平日なのに相変わらず駐車場は満車状態だった。
先日は100台を超える車がやって来て、路肩駐車もすぐに一杯になったとのこと。
なぜかその日の交通整理は管理人さんしかおらず、7合目の駐車場までやって来た車は5合目のゲート付近に停めて欲しいと指示されたらしい。
お願いする管理人さんも、戻るように言われた登山者もしんどい事だと思う。

今日はお花畑コースから東山のピークを経由して下山した。
エゾイソツツジは今がピークか場所によっては盛りを過ぎていたけれど、代わりにマルバシモツケが見頃を迎えようとしていた。
タルマエソウもあちこちで咲きだした。
イワヒゲやウコンウツギはもう殆ど終盤に見えた。

マルバシモツケが終わる頃タルマエソウが見頃になっているだろうか。
その頃にはイワギキョウやネジバナなども見られるかも知れない。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18055965.jpg
f0138096_18072514.jpg
上の2枚、マルバシモツケ
f0138096_18080613.jpg
奥に932m峰
f0138096_18080724.jpg
支笏湖はガスのために霞んでいる
f0138096_18083024.jpg
マルバシモツケ
f0138096_18083669.jpg
f0138096_18085069.jpg
f0138096_18085755.jpg
上の3枚はタルマエソウ
f0138096_18094448.jpg
エゾイソツツジを前景に932m峰
f0138096_18094951.jpg
イワヒゲを入れて932m峰、イワヒゲの右にエゾイソツツジ
f0138096_18095757.jpg
羊蹄山は見えず
f0138096_08451546.jpg
東山に向かう途中、今やヤマップで有名人のmiyaさん(右)にバッタリ
f0138096_18100921.jpg
この写真は、miyaさんと恵庭岳を一緒したときのもの。後ろに今年5月22日エベレストに登頂した小幡さん。2017年2月28日の撮影
f0138096_18101492.jpg
今日の噴煙は何時もより活発に見える
f0138096_18102716.jpg
f0138096_18104205.jpg
上2枚、赤いコマクサ
f0138096_18105365.jpg
ここのコマクサは白色が多い
f0138096_18110182.jpg
途中で挨拶した3人は何れもヤマップをやっているとのこと


by tarumae-yama | 2017-06-24 07:43 | 樽前山 | Comments(12)

樽前山、2017.6.12

13日に樽前山に登った知人の情報によると、7合目の駐車場は8時半に一杯になったらしい。
平日といえどものんびり出かけると路肩駐車を指示されるかも知れない。
タイミングが悪ければ、5合目のゲートで足止めを食う可能性だってあるかも。

そんな人気の樽前山だが、今回は花の情報を少々お伝えしたいと思う。
f0138096_20114444.jpg
ナナカマドが見頃になって来た
f0138096_20115890.jpg
マルバシモツケはまだ殆どが固いつぼみ状態
f0138096_20121321.jpg
ピンボケだが、樽前山で一株だけあるハクサンチドリはピークを過ぎつつある
f0138096_20122420.jpg
f0138096_20124754.jpg
f0138096_20125602.jpg
上の3枚、イワヒゲ。今がピークかも
f0138096_20131195.jpg
エゾイソツツジもこの辺りは花が瑞瑞しい
f0138096_20133949.jpg
ウコンウツギを入れてバックに932m峰と右に風不死岳
f0138096_20140099.jpg
遠くに羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_20140757.jpg
溶岩ドームをアップで
f0138096_20144176.jpg
西山で一株だけタルマエソウが咲いていた
f0138096_20144895.jpg
コケモモ
f0138096_20150059.jpg
西山の尾根上に登山者が見える。バックに羊蹄山
f0138096_20150657.jpg
白色のコマクサ。今週中に駆除作業が入ると言う情報があるらしい
f0138096_20153032.jpg
コマクサとコケモモの花
f0138096_20154916.jpg
コマクサ
f0138096_20160565.jpg
ウコンウツギ
f0138096_20161047.jpg
マイズルソウはこれからが見頃

by tarumae-yama | 2017-06-14 21:26 | 樽前山 | Comments(4)

樽前山、2017.6.12-番外編-

西山のピーク直下を登っている時、見慣れたヘリが西山の上空を旋回した。
翌朝読んだ北海道新聞に、室蘭港に寄港した豪華客船「飛鳥Ⅱ」の乗客を乗せた遊覧飛行の記事が出ていたから、てっきりこのヘリもそうだと思った。

念のため、丘珠空港に本社がある北海道航空に電話で問い合わせた。
私は10年ほど前丘珠空港に勤務していたので、この会社とは仕事上の付き合いがあり、ヘリやセスナのパイロットとも顔見知りだった。

電話に出たSさんもパイロットで、西山を旋回していたのは遊覧目的ではなく、観測資材を運ぶための下見飛行とのこと。
だが、その時のパイロットはOさんで、朝も彼が「飛鳥Ⅱ」の乗客を乗せて洞爺湖の上空を遊覧していたと教えてくれた。

この会社のヘリのパイロットは山好きが多くて、西山を飛んでいたOさんや、同じパイロットであるKさん達と、2004年の10月にペンケヌーシ山を一緒に登ったことが懐かしく思い出される。

話は少し前後するが、西山に向かう途中、溶岩ドーム近くの登山道でソロの女性とスライドした。
挨拶すると、彼女は「デジカメ持って・・・」の、と私のことを知っている様子。
話をしているうちに思い出した。
昨年9月、西山の頂上であれこれお話しをして、結局そこから駐車場まで一緒に下山した苫小牧のIさんだった。

山でのこのような出会いは本当に嬉しいものだ。
f0138096_18325423.jpg
西山上空を旋回する北海道航空のヘリ
f0138096_18325512.jpg
記事によると、約30分の飛行で1人8万円!だそうだ。写真は6月13日北海道新聞の朝刊より
f0138096_18325589.jpg
9ヶ月ぶりに再会した苫小牧のIさん
f0138096_18325596.jpg
西山ピークのIさん。2016年9月7日の撮影

by tarumae-yama | 2017-06-14 00:37 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山、2017.6.12-速報版-

時々まだ咳き込むけれど、あまりの好天に朝食後樽前山へ。
10時半頃7合目の駐車場近くまで来ると、ヒュッテの管理人さんに路肩駐車を指示された。
数えると路肩駐車している車は私で40台目だった。
平日なのに樽前山の人気には本当に驚くばかりだ。

もっとも、今日は家族連れが目についたのは、日曜日に運動会を開催した小学校があちこちであり、月曜が代休になった事もあるようだし、樽前神社の山開き?の行事も重なっての混雑らしい。

お花畑コースではそろそろエゾイソツツジの最盛期かと思ったのだが、何とすでにピークを過ぎつつあった。
とは言うものの、お花畑から先ではまだまだ蕾が多いので、見頃のタイミングは少しずつ高度を上げ場所を変えて行くのだろう。

今日はとりあえず、速報版として6枚の写真をアップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18271934.jpg
エゾイソツツジを入れて支笏湖
f0138096_18273459.jpg
イワヒゲを前景に樽前山の東山斜面。溶岩ドームの頭も見える
f0138096_18280519.jpg
西山の尾根から樽前神社奥宮への登山道
f0138096_18281257.jpg
コケモモの群落を前景に溶岩ドーム
f0138096_18282073.jpg
コマクサと下にコケモモの花
f0138096_18282566.jpg
樽前山で初めて見たジムカデ。花はイワヒゲに似ているが葉が全く違う

by tarumae-yama | 2017-06-13 00:09 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山、2017.6.6

今回の樽前山でエゾイソツツジは順調に見えたけれど、樽前山を代表する他の花のタルマエソウとマルバシモツケだが、特にマルバシモツケの開花状況は少し遅れているように感じた。

エゾイソツツジとマルバシモツケが競演するお花畑はスケール感があって見応えがあるのだが、もしかするとエゾイソツツジが終盤を迎えた頃にマルバシモツケの見頃を迎えるのかも知れない。

今回の樽前山では知人も登っていたようだが、残念ながらスライドすることはなかった。
ただ、ストライプ付きのコメバツガザクラを見つけたとき、すぐ後ろにいた男性にも教えて話をしたところ、私のブログを毎日見ているとのこと。
それだけでも驚きだが、その男性(S村さん)の同級生の山友さんが、以前ブログで紹介した銭湯経営のOさんであると聞いてびっくりだった。

山での不思議な縁を感じるばかりだ。

肝心の山報告だが、同行のgenesis1_1さんがヤマレコで報告しているため、またも私は手を抜かさせてもらおうと思う。

genesis1_1さんのヤマレコ↓
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21250830.jpg
ウコンウツギのお花畑
f0138096_21215966.jpg
同上、エゾイソツツジが見頃になりつつある
f0138096_21222419.jpg
正面にこれから向かう932m峰
f0138096_21223325.jpg
樽前山でまだ1株しか見た事のないハクサンチドリを撮影中のgenesis1_1さん
f0138096_21224875.jpg
そのハクサンチドリ、まだ蕾の状態
f0138096_21253591.jpg
蕾を付けたタルマエソウの大株
f0138096_21254235.jpg
イワヒゲ
f0138096_21265425.jpg
お花畑コースから、雲海の上に芦別岳や夕張岳が見える
f0138096_21270112.jpg
イワヒゲを入れて支笏湖
f0138096_21271521.jpg
ここから観る樽前山が好きだ。932m峰と風不死岳への分岐付近
f0138096_21272259.jpg
正面奥に、翌日登った徳舜瞥山とホロホロ山が見える。左上近くにオロフレ山
f0138096_21274260.jpg
羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_21274636.jpg
正面奥に932m峰と右に風不死岳
f0138096_21275707.jpg
西山の頂上で談笑するgenesis1_1さんとjujucaさんと御主人
f0138096_21280953.jpg
溶岩ドームを観る同行者
f0138096_21282521.jpg
赤と白のコマクサ。自生種ではないがもう駆除が追いつかないほど増えている
f0138096_21283150.jpg
正面に羊蹄山
f0138096_21284930.jpg
東山頂上の同行者
f0138096_21285427.jpg
支笏湖ブルーの支笏湖を眼下に下山
f0138096_21291347.jpg
途中、札幌と苫小牧の二人組に東山からお花畑コースへのルートを説明するgenesis1_1さん
f0138096_21292353.jpg
ストライプ入りのコメバツガザクラを撮影するgenesis1_1さん
f0138096_21295282.jpg
同上、札幌からのS村さん。私のブログの読者だという
f0138096_21300081.jpg
S村さんとgenesis1_1さん
f0138096_21302248.jpg
漁岳の頂上で、S村さんの同級生で、札幌で銭湯を経営するOさん(右端)、真ん中はOBATAさん、その左にSさん。
2014年7月18日の記事に樽前山でお話をしたOさんを紹介している。写真は2016年5月2日の撮影
f0138096_21304695.jpg
駐車場のすぐ上の所でお会いした二人組。男性の持っているカメラはGoogleストリートビューに載せるためのものとのこと。樽前山の様子は、Googleで近日中に観られるらしい

by tarumae-yama | 2017-06-09 07:36 | 樽前山 | Comments(0)

樽前山、2017.6.6-速報版-

風邪に罹らなければ恵庭岳西峰の予定だったのだが、まだ体調は普段の半分と言う事から、同行者が気を遣ってくれ、初心者向けの樽前山に転進しましょうとなった。

平日の樽前山だったが、8時過ぎに7合目の駐車場に到着した時は満車状態だった。
下山後聞いた話では、路肩のスペースも続々埋まり、5合目のゲートで通行規制寸前まで行ったらしい。
樽前山人気、恐るべし。

実際外輪山を回っていると、まるで晴天の週末かと思わせるような登山者数だった。

今日は体調と相談しながらお花畑コースから歩き出したが、結局、932m峰、西山、東山と全てのピークに立った。

お花畑の花は、コメバツガザクラは殆ど咲き終わっていて、代わりにイワヒゲが見頃だった。
ウコンウツギはもう2,3日で満開を迎えそう。
そして多分1週間もしないうちにエゾイソツツジが、登山道の両側の斜面を真っ白に染め上げるのでないかと思う。
蛇足だが、その頃の樽前山が1番好きだ。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18513753.jpg
バックに溶岩ドーム
f0138096_18514329.jpg
イワヒゲが見頃
f0138096_18515073.jpg
ウコンウツギを入れて、左上に東山の頂上部
f0138096_18515665.jpg
932m峰頂上から、奥に羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_18520148.jpg
エゾイソツツジが見頃を迎えようとしている.苫小牧方面は雲海でその上から夕張岳や芦別岳、日高山脈の山並みがクッキリ。支笏湖の湖面から霧が消散しつつある
f0138096_18520923.jpg
支笏湖をバックにエゾイソツツジの群落
f0138096_18521628.jpg
タルマエソウも2,3株蕾を膨らませていた
f0138096_18522276.jpg
赤と白のコマクサも、ある場所では見頃を迎えつつある
f0138096_18522962.jpg
コマクサ
f0138096_18523584.jpg
諦めていたストライプ入りのコメバツガザクラがまだ綺麗に咲いていた
f0138096_18530321.jpg
展望台近くのウコンウツギは見頃になっていた
f0138096_18530929.jpg
西山の頂上でヤマレコでお馴染みのjujucaさんと御主人にバッタリ(右のお二人)。
jujucaさん達とは昨年の5月20日、楓沢から風不死岳を一緒し、その後9月12日、旭岳ロープウェイの駅舎でビックリの再会だった。それ以来9ヶ月ぶりにお会いした


by tarumae-yama | 2017-06-07 00:21 | 樽前山 | Comments(4)

樽前山、2017.5.29

予定通り昨日の朝、5合目のゲートが冬期閉鎖から開放されたらしい。
降水予報もあり、さすがに7合目の駐車場はガラガラだったとは、その日登った山友からのLINE情報だった。

その情報によると、コメバツガザクラのピークは過ぎ、代わってエゾイソツツジの花がそこそこ咲き出したらしい。

私も晴天なら、平日の5日に開花状況を見に樽前山に向かおうと思う。
それにしても、7合目まで車で上れるというのは本当に有り難い。
f0138096_15061835.jpg
ヒュッテの管理人さんとストライプ入りのコメバツガザクラの話をしたところ、小屋から管理人さんが撮影した額入りのストライプが入ったコメバツガザクラの写真を持って来てくれた
f0138096_15062220.jpg
5合目のゲート前で愛車の前輪を穴に落とし、このご夫婦にも手伝ってもらい無事上げることが出来た。室蘭からのEご夫妻
f0138096_15063428.jpg
千歳からのKご夫妻とスライド。強風のため西山には行けなかったと
f0138096_15063816.jpg
開花したウコンウツギを入れて支笏湖
f0138096_15064596.jpg
レンズ状の高積雲が出ているので、上空も風が強いのだろう。雲の上に飛行機雲
f0138096_15065048.jpg
エゾイソツツジ
f0138096_15065794.jpg
どこにピントが合っているのか、イワヒゲ
f0138096_15070199.jpg
強風の東山頂上
f0138096_15070806.jpg
高山植物の女王のコマクサ。蕾を付けている
f0138096_15071265.jpg
コメバツガザクラの塊
f0138096_15071906.jpg
ストライプ入りのコメバツガザクラ
f0138096_15072387.jpg
札幌からのAさん?ファミリー。前日の日曜日は運動会で、この日は代休とのことで5合目から歩いてきたらしい。子供さんは5年生と3年生?とのこと。さすが疲れ知らずの子供達

by tarumae-yama | 2017-06-02 07:21 | 樽前山 | Comments(6)

樽前山、2017.5.29 -速報版-

ピンクのストライプの入ったコメバツガザクラが咲いていた正確な場所をGPSに登録し、山友に教えてあげようとまた樽前山に向かった。

ところが、ゆっくりチェックしながら登ったのに、前回見たと思われる周辺で見つけることが出来なかった(^^;)

ただ、スタート時、ヒュッテの管理人さんと話をしたところ、展望台の上の木段の所に咲いていると。
それで下山時木段の周辺を丹念に捜し、ようやく見つけることが出来た。
しかし、確かに木段の直ぐ近くなのだが、GPSに登録しても山友が見つけるのは難しいかもと感じた。

週末は生憎の天気だったけれど、今日の晴天と高温のせいか、お花畑ではウコンウツギもエゾイソツツジもイワヒゲも咲き出していた。
1週間後には見頃を迎える花があるかも知れない。
ただ、コメバツガザクラは終盤になっていると思うけれど。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16514969.jpg
ピンクのストライプが入ったコメバツガザクラ
f0138096_16515410.jpg
お花畑コースで、エゾイソツツジを前景に支笏湖
f0138096_16520202.jpg
咲き出したエゾイソツツジ
f0138096_16520783.jpg
イワヒゲも咲き出した
f0138096_16521663.jpg
樽前山東山斜面をバックにエゾイソツツジ
f0138096_16521970.jpg
バックに東山の頂上部、普通のコメバツガザクラ(?)を入れて


by tarumae-yama | 2017-05-30 00:36 | 樽前山 | Comments(12)

樽前山、2017.5.25

先日、樽前山のコメバツガザクラばかりをブログにアップした。
その時約束した(?)、他の花などを今回載せようと思う。

いよいよ6月1日9時に5合目のゲートが開放され、7合目まで車で行けるようになる(週間予報では生憎の雨のようだが)。

その日以降、駐車場からお花畑へは僅か15分で行けるようになるので、コメバツガザクラの他にウコンウツギやイワヒゲなどの花も手軽に目にすることができそうだ。
f0138096_16233859.jpg
f0138096_16235317.jpg
f0138096_16242911.jpg
お花畑コースで初めてスライドしたソロの男性。風不死岳に登ってきたらしい。早朝はガスで支笏湖も見えなかったと
f0138096_16245375.jpg
エゾイソツツジは早ければ2,3日で咲きそう
f0138096_16245883.jpg
f0138096_16250775.jpg
ウコンウツギは一輪だけ咲いていた
f0138096_16251260.jpg
f0138096_16252880.jpg
f0138096_16253280.jpg
f0138096_16254244.jpg
イワヒゲももう数日で花を見ることができそう
f0138096_16263216.jpg
ヒュッテの管理人さんがコースの整備をしていた
f0138096_16263999.jpg
今年は例年より5合目ゲートの開放が遅れたのは、林道の整備のせいらしい。ここでは側溝をコンクリートで作っていた
f0138096_16264979.jpg
こちらは雨で路肩の崩れたところを補修。この先でも補修ヶ所があった
f0138096_16265400.jpg
看板には5月31日まで閉鎖とある。今回5合目から7合目までの往復に電動アシスト自転車を使用

by tarumae-yama | 2017-05-29 07:43 | 樽前山 | Comments(2)

コメバツガザクラが見頃の樽前山、2017.5.25

20日ぶりに樽前山に登ってきた。
期待どおりコメバツガザクラが丁度見頃を迎えていた。
そして、今年は当たり年なのかあちこちで群生していて見応えがあった。

その中に、ピンクのストライプが入ったコメバツガザクラがあった。
健忘症だから自信がないのだが、以前私のブログで紹介したことがあるだろうか?
ネットで検索してもコメバツガザクラの画像の中にストライプが入ったものは見つけられなかった。
もし、珍しいものならmoriさんやi-tomoさんなど高山植物に関心のある山友にこっそり教えようかと思う。

コメバツガザクラ以外にもポツポツ咲いている花はあったのだが、それは次回紹介するとして、今回はコメバツガザクラ特集(?)で行こうと思う。

なお、待望の5合目のゲートの開放だが、苫小牧市役所のHPによれば6月1日午前9時からになるらしい。
それまでの数日が待ち遠しい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22183228.jpg
溶岩ドームをバックに
f0138096_22190109.jpg
バックに東山斜面
f0138096_22314810.jpg
バックに支笏湖とその奥に紋別岳
f0138096_22315698.jpg
バックに溶岩ドームの頭が一寸だけ見える
f0138096_22320677.jpg
バックに西山。このコメバツガザクラは色が白い
f0138096_22321443.jpg
これがピンクのストライプが入ったコメバツガザクラ
f0138096_22322777.jpg
バックに支笏湖。少し霞んでいる
f0138096_23013189.jpg
バックに932m峰。羊蹄山もかすかに見えたのだが、写真では判然としない
f0138096_22323402.jpg
コメバツガザクラの群生

by tarumae-yama | 2017-05-26 00:36 | 樽前山 | Comments(10)