カテゴリ:北海道100名山( 780 )

漁岳と北漁岳、2017.3.18-その1-

この時期雪が締まってきた上にトレースがあったので、私は出だしからスノーシューを装着したけれど、他の3名はつぼ足だった。

そして林道から尾根のとりつき地点で、SさんとH原さんはワカンを、Yさんはスノーシューを履いた。

1175mピーク手前で我々を追い越した60代の女性は長靴で頂上に立ったから、もうつぼ足でも大丈夫なのかも知れない。
まあ、気温が低ければ頂上直下の急斜面はアイゼンが必要だと思うけれど。

今回、漁岳から北漁岳を経由して様茶平へと向かう登山者はいなかったようだが、1時間余分に時間が取れるならせめて北漁岳まで足を延ばすことを勧めたい。

北漁岳の頂上には標識もテープもないけれど、漁岳から北漁岳の稜線歩きは、晴れていれば素敵な景色が広がっていると思う。
それに20分もあれば北漁岳の頂上に立てるのに、標高は漁岳より9mも高い。

山行記録
登山ポスト08:08→林道から尾根取り付き地点08:54→漁岳頂上11:12
f0138096_18081343.jpg
雪が締まっている上にトレースがあったので、同行者はつぼ足でスタート
f0138096_18082528.jpg
尾根のとりつき地点でワカンやスノーシューを履く
f0138096_18084144.jpg
f0138096_20323827.jpg
f0138096_18085128.jpg
正面に小漁山
f0138096_18091277.jpg
先を行くH原さん
f0138096_18091850.jpg
真っ白なオコタンペ湖や支笏湖をバックにSさん
f0138096_18092596.jpg
小漁山をバックにSさん。10時20分の撮影。右上に漁岳。このタイミングでまっくさんは漁岳の頂上に到着したらしい
f0138096_18093163.jpg
漁岳の頂上
f0138096_18093978.jpg
漁岳の右奥に北漁岳
f0138096_18094847.jpg
中央近くにH原さん、その左に60代の女性、女性の上に下山中のまっくさん。右下にSさん
f0138096_18095731.jpg
中央上にホロホロ山や徳舜瞥山が見える
f0138096_18100438.jpg
まっくさんの直後に下山して来た女性は、ヤマレコユーザーのayakoさんだった
f0138096_18101197.jpg
この男性もつぼ足で登っている
f0138096_18101788.jpg
漁岳頂上から小漁山
f0138096_18102311.jpg
中央付近で両手を挙げているのはYさん。頂上から
f0138096_18102966.jpg
頂上標識を移動し、恵庭岳をバックに全員で記念撮影。頂上にいた男性に撮ってもらう


by tarumae-yama | 2017-03-22 07:38 | 北海道100名山 | Comments(0)

漁岳、2017.3.18-同行者からの写真-

今回の3連休は毎日山に登っていた。
天気と眺望に恵まれたこともあって、3日間で600枚を超える写真を撮った。

同じような写真が多かったけれど、その様な写真ばかりだからこそ、その中から少しでも見映えのする写真を選ぶのに迷いに迷う。

山の疲れもあって中々写真の選択と山報告の気力が湧かない。
だから今日は、漁岳をご一緒したSさんとH原さんから送られて来た写真を先に紹介させてもらおうと思う。
f0138096_10035345.jpg
f0138096_10041135.jpg
f0138096_10042911.jpg
f0138096_10045328.jpg
f0138096_10045617.jpg
f0138096_10050299.jpg
北漁岳に向かっているところか? 上の6枚はSさんの撮影
f0138096_10074705.jpg
f0138096_10075501.jpg
f0138096_10080119.jpg
f0138096_10080962.jpg
f0138096_10081909.jpg
f0138096_10083224.jpg
漁岳頂上でYさんとハイタッチ
f0138096_10091335.jpg
北漁岳に向かっている途中。奥に漁岳の頂上と登山者が見える
f0138096_10091900.jpg
北漁岳の手前から風雪模様になって来た。上の8枚はH原さんの撮影


by tarumae-yama | 2017-03-21 10:17 | 北海道100名山 | Comments(2)

風不死岳、2017.3.20-速報版-

風不死岳の北尾根は初めてのOさんを誘いたい、とKさんから希望が出され、Sさんの同行を得て4人で登ってきた。

昨日の鳴尾山の時も素晴らしい天気と眺望だったけれど、今日は雲一つない青空の下これ以上の眺望はあり得ないという程視界が良くて、同行者も私も凄い!凄い!の連発だった。

今日の風不死岳は我々の他にソロの男性が2組のみで、それも我々より早く下山して行ったから、頂上からの絶景を独り占め(4人占め?)だった。

下山後の支笏湖休暇村の温泉で、札幌のIさんと、Iさんと入れ替わるように入って来た山友で、新札幌駅近くで「ベッカライ・ドルフィー」というパン屋さんを経営しているKさんとバッタリだった。

Iさんは私のブログの読者だが、1月にもここの温泉でお会いしているからまたもの再会にビックリ。

Iさんは初めての徳舜瞥山に一人で登ってきた帰りで、Kさんは友人と紋別岳に登ってきたとのことだった。
浴槽でお二人と山の話しなど長話をしたからのぼせてしまいそうだった(^^;)

とりあえず、速報版として写真を3枚(5枚?)アップした。
f0138096_16550165.jpg
恵庭岳をバックにKさん(右)とOさん
f0138096_16554689.jpg
先行者に撮っていただく
f0138096_16561943.jpg
下山時に撮影。羊蹄山もクッキリ

f0138096_16563473.jpg
昨年9月19日上富良野岳頂上で撮影。左から二人目がIさん
f0138096_16570928.jpg
昨年4月10日漁岳頂上で撮影。右から3人目がKさん


by tarumae-yama | 2017-03-20 17:05 | 北海道100名山 | Comments(4)

漁岳でビックリの出会い、2017.3.18

同じ千歳に住むYさんから珍しくメールが入り、「この3連休どこか山に連れて行って欲しい」と。
それで、SさんとH原さんの同行を得て漁岳に登ってきた。

Yさんと一緒するのは、昨年2月28日漁岳から小漁山を経由してオコタンペ湖に降りるという山行以来のこと。

山の報告は後日するとして、今日も山友とビックリの出会いがあった。

早々と漁岳の頂上直下を下りてくるソロの男性は、何とまっくさんだった。
昨年7月24日に高原温泉から緑岳や白雲岳を一緒して以来だろうか。
(山以外では、今年の1月に支笏湖の休暇村の温泉で偶然一緒になっているけれど)

そして下山して国道を駐車場まで歩いていると、オコタンペ分岐方面から歩いてくるカップルは伊達市のゆうこさんとIさんだった。
昨年9月19日、上富良野岳の頂上で偶然お二人にお会いして写真を撮っている。

皆さん積極的に冬山を楽しんでいる様子がうかがわれて嬉しい。
f0138096_16182396.jpg
まっくさん(右)とSさん。バックに漁岳の頂上部
f0138096_16182949.jpg
昨年7月24日、緑岳の頂上にて、左端がまっくさん
f0138096_16184188.jpg
真ん中にゆうこさん、左にIさん、ゆうこさんの右はYさん。Yさんもゆうこさんとは一緒に山に行く友人
f0138096_16185103.jpg
昨年9月19日、上富良野岳の頂上にて、標識の後列の右にゆうこさんとIさん
f0138096_16190159.jpg
真っ白なオコタンペ湖や支笏湖をバックに左からH原さん、Sさん、Yさん。
2017年3月18日の撮影

by tarumae-yama | 2017-03-18 16:27 | 北海道100名山 | Comments(0)

徳舜瞥山、2017.3.12-その2-

頂上直下の急斜面で3組の下山者と挨拶やお喋りが丁度良い休憩になったのか、想定していた3時間を切って頂上に到着。

3人は冬の徳舜瞥山に登るのが念願だったとのことだから、頂上に立ったときは本当に嬉しそうだった。
風がなく晴天のこの日は天からの最高のプレゼントになったと思う。

半月前に登った時頂上は風雪模様で、ただピークを踏んだ山を一つ増やしただけという状況だったから、私もこの日の眺望と同行者の笑顔が嬉しかった。

山行記録
徳舜瞥山11:23~12:01(昼食)→1050m台地12:35→駐車場13:43
f0138096_11462106.jpg
f0138096_11462732.jpg
中央に頂上
f0138096_11464310.jpg
最初に下山して来たのは札幌のFご夫妻。アイゼンを装着している
f0138096_11465460.jpg
ソロのスキーヤーと記念写真。室蘭?のTさんで、HYMLでは有名なエバ夫妻とは知り合いらしい。中央にホロホロ山、右端にオロオロ山
f0138096_11470290.jpg
頂上目前の同行者
f0138096_11470459.jpg
中央付近に頂上標識の一部が見える
f0138096_11472060.jpg
頂上に到着
f0138096_11472855.jpg
頂上で、雲のせいかバックの支笏湖が少し霞んでいる
f0138096_11473406.jpg
雲がどんどん増えてきて
f0138096_11474801.jpg
下山開始
f0138096_11475485.jpg
中央に尻別岳と中腹から上は雲の中の羊蹄山
f0138096_11480492.jpg
1050m台地のモンスターと見上げるmoriさん
f0138096_11481048.jpg
素晴らしい景色が広がる
f0138096_11481647.jpg
無事下山


by tarumae-yama | 2017-03-18 00:43 | 北海道100名山 | Comments(0)

徳舜瞥山、2017.3.12-同行者からの写真-

先週徳舜瞥山を一緒したSさん達から送られて来た写真を紹介しようと思う。

相変わらずのペースで山に登っているし、そこに雑用などが入ると、即時性が売り?の私のブログだが、中々すんなりアップとは行かない。
面白かった本の紹介もしたいから、時系列的にはカオス状態かも。

徳舜瞥山も、3月14日に「その1」を挙げて以来、「その2」のための写真の選択も手つかずのままになっている。
心待ちにしている読者がいるとも思えないけれど、近日中にアップ出来ればとは思う(^^;)
f0138096_14193922.jpg
この写真はSさんの撮影
f0138096_14195489.jpg

f0138096_14205064.jpg
f0138096_14221716.jpg
f0138096_14223318.jpg
f0138096_14224049.jpg
f0138096_14224581.jpg
f0138096_14225476.jpg
f0138096_14230017.jpg
上の8枚はmoriさんの撮影
f0138096_14240119.jpg
f0138096_14240486.jpg
f0138096_14241387.jpg
f0138096_14241689.jpg
f0138096_14242287.jpg
f0138096_14242950.jpg
上の6枚はTOMさんの撮影

by tarumae-yama | 2017-03-17 06:58 | 北海道100名山 | Comments(0)

徳舜瞥山、2017.3.12-その1-

晴天の日曜日、駐車場から溢れた車が何台も路肩駐車をしているのだろうと覚悟していたけれど、思いの外空いていた。
登山中数えて見ると、我々を含め7組15名の登山者だったろうか。

前日や今日の先行者のトレースがしっかり付いていて一級国道並みだった。
我々は登りも下りもずっとスノーシューだったけれど、つぼ足やスキーの登山者もいてバラバラ。
さすがに、山スキートリオは頂上直下にスキーをデポして登ったようだが。

山行記録
駐車場08:30→1050m台地10:20→徳舜瞥山頂上11:23

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_09350348.jpg
写っているのはmoriさん
f0138096_09353110.jpg
樹木の影が綺麗
f0138096_09354663.jpg
奥に徳舜瞥山
f0138096_09361336.jpg
奥に真っ白な羊蹄山の頭がちょこっと写っている。左からmoriさん、Sさん、TOMさん
f0138096_09361751.jpg
有珠山
f0138096_09362569.jpg
羊蹄山の下に尻別岳の頭が写っている
f0138096_09363025.jpg
f0138096_09363836.jpg
枯れ木を撮るSさん
f0138096_09365038.jpg
モンスターを撮影中のmoriさん
f0138096_09365650.jpg
奥に徳舜瞥山頂上部
f0138096_09365891.jpg
同上。左上にツララを入れて
f0138096_09370446.jpg
室蘭からのソロの男性を入れて奥に徳舜瞥山頂上部
f0138096_09371121.jpg
中央奥にオロフレ山
f0138096_09373138.jpg
バックの羊蹄山に雲がかかってきた。同行者を入れて
f0138096_09373402.jpg
頂上直下に先行者が見える
f0138096_09381912.jpg
GPSの軌跡

by tarumae-yama | 2017-03-14 06:58 | 北海道100名山 | Comments(2)

徳舜瞥山で驚きの出会い、2017.3.12

昨日は4名で徳舜瞥山に登ってきた。
同行者は夏の徳舜瞥山には何度も登っているけれど、冬は全員初めてとの事。

そんな同行者を祝福するように、スタート時は快晴無風。

私達が駐車場に到着した時、二人組が出発するところだった。
その男性のペアは、何と半月前にこの徳舜瞥山でスライドした方達だった。
その時は1050m台地から悪天のために引き返したと言っていたが、今日、徳舜瞥山の頂上直下で2度目の挨拶をしたときはホロホロ山まで行って来たと。
見事リベンジを果たして良かったと思う。

その徳舜瞥山の9合目辺りを登っている時、下山して来た別の男性二人組の一人は、1年前のホロホロ山の頂上でお話しをしたNさんだった。
あの時は、私のブログを見ているとのことで、あれこれ山の話で盛り上がった。
蛇足だが、その日は徳舜瞥山の頂上で山友のzeropo7さんにもお会いしている。

そんな二組の驚きの出会いがあった徳舜瞥山だった。
f0138096_18203100.jpg
Yさん(右)とSさん
f0138096_18204647.jpg
Uさんも加わって、2月25日に撮影したYさんとSさん
f0138096_18214246.jpg
手前の右側の男性がNさん。Nさんは顔出しNGなので後ろ姿を。左側に登攀中のmoriさんとTOMさん
f0138096_18210310.jpg
昨年3月、オロオロ山頂上でNさん(左)とKさん
写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-03-13 07:44 | 北海道100名山 | Comments(0)

有珠山、2017.3.5-同行者からの写真-

何時ものパターンだが、同行者からの写真を紹介して、ブログの記事を1日分埋めようと思う(^^;)

それにしても、今年に入ってからヤマレコでもヤマップでも有珠山が紹介されるようになった。

低山ながら思いの外眺望の良い山だから、これから人気が高まりそうだが、違法行為ではないと言いつつ、地震計など観測器機を多数設置していることでもあり、関係機関は出来れば自粛して欲しいというのが本音だろうか。
f0138096_14123881.jpg
Kさんが地図を出して現在位置の確認中
f0138096_14124598.jpg
林道を行く同行者
f0138096_14125601.jpg
大有珠の頂上
f0138096_14130302.jpg
大有珠からオガリ山に向かう途中か? 上の4枚はSUさんの撮影
f0138096_14163669.jpg
ヤマップのさむしんさん一行と記念撮影
f0138096_14164669.jpg
北屏風山の頂上で。上の2枚はTOMさんの撮影
f0138096_14174941.jpg
同上。この1枚はSAさんの撮影
f0138096_14191509.jpg
北屏風山への登り、右上の山は有珠新山
f0138096_14185749.jpg
有珠新山のTOMさん。上の2枚はUさんの撮影



by tarumae-yama | 2017-03-11 00:09 | 北海道100名山 | Comments(6)

有珠山、2017.3.5-その2-

漁岳から山を変えた有珠山、それでも強風が心配だったので大有珠まで行けるかどうか、せめて西山には登りたいと思っていた。
だが、思いの外風の影響はなく、大有珠からオガリ山、有珠新山への稜線歩きが可能だった。

有珠新山から最後のピークである小有珠へは、洞爺湖まで雪雲が接近して来たことで断念した。
林道ゲートまで戻って来たときに雪が降って来たから、小有珠を諦めたのは多分正解だったと思う。

山行記録
大有珠12:42→オガリ山12:57→有珠新山13:12→林道ゲート前14:45

f0138096_11375805.jpg
大有珠から正面のオガリ山に向かう。オガリ山の奥に太平洋
f0138096_11380896.jpg
オガリ山の手前で雪庇にはまったTOMさん
f0138096_11381734.jpg
オガリ山頂上で、右端に有珠新山


f0138096_11382832.jpg
火口を左手に見ながら有珠新山に向かう一行
f0138096_11383479.jpg
奥に有珠新山
f0138096_11384106.jpg
同上
f0138096_11384784.jpg
洞爺湖を右手に有珠新山頂上直下のSさん
f0138096_11385502.jpg
有珠新山の頂上にて、バックに大有珠
f0138096_11385955.jpg
有珠新山から洞爺湖を眼下に下山開始。雪雲の襲来で洞爺湖が霞んできた
f0138096_11390528.jpg
同上
f0138096_11391099.jpg
先頭者は林道に到着。奥に北屏風山。左端に西山


by tarumae-yama | 2017-03-09 07:07 | 北海道100名山 | Comments(2)