カテゴリ:北海道100名山( 756 )

風不死岳北尾根、12月18日

今回、先行者のトレースが期待出来たため、我々はスノーシューを車内に残しゲート前からアイゼンを装着してスタートした。

札幌のK夫妻はスノーシューを履いたまま、準備中の我々の横をすり抜けて行った。
途中で我々に追いついた千歳のUさんは、スパイク長靴スタイルだった。

これからの時期は、基本的にスノーシューで登り、雪の状況によっては5合目辺りからアイゼンに換装するのが一般的だろうか。
もし、8合目までスノーシューのまま登れたとしても、その先は斜面が急で段差もあるからアイゼンの方がずっと登り易いと思う。
特に下山時は、アイゼンの装着が安全上欠かせないと思う。

山行記録
ゲート前08:09→頂上10:27~10:58→途中で昼食→ゲート前12:15
f0138096_0201165.jpg

結婚記念日のお祝いにプレゼントした尻皮を腰に巻いてM夫妻
f0138096_0202172.jpg

同行者のすぐ後ろに札幌のKご夫妻。途中抜きつ抜かれつ
f0138096_0203088.jpg

中央の上に急斜面を登る同行者。右下のデポしてあるスノーシューは知り合いのカップルのもの。速報版では触れなかったけれど、二人とは以前一緒に登ったり、何度も山でスライドしている
f0138096_0203975.jpg

Kご夫妻を入れて支笏湖と恵庭岳からイチャンコッペ山、紋別岳の山並み
f0138096_0204971.jpg

樹氷を前景に支笏湖と恵庭岳
f0138096_020574.jpg

頂上からニセピークに向かうKご夫妻
f0138096_021434.jpg

頂上からニセピーク側に私も少し下りた。そこから左に樽前山、ニセピークの頂上近くに小さくKご夫妻が見える
f0138096_0211421.jpg

頂上はそれ程強風でもないのだが、風の当たらないところで昼食にしようと下山開始
f0138096_0212358.jpg

太陽が出ると支笏湖ブルーがきれい
f0138096_0213258.jpg

急なところでは、ピッケルを刺して後ろ向きになって下りるH原さん。安全の為には手を抜かない人だ
f0138096_0214215.jpg

5合目辺りで昼食中、噂をしていたOBATAさんと友人が登ってきた
by tarumae-yama | 2016-12-20 07:21 | 北海道100名山 | Comments(0)

風不死岳北尾根、12月18日-速報版-

強風の中、4名で予定通り風不死岳に登ってきた。
晴天の日曜日ということで今日は5組とスライドした。

一組のご夫婦とは初対面だったけれど、何とくーたさんやOBATAさんなど4組とは山友や以前お会いした事のある顔見知りだった。

下山後の休暇村の温泉では、紋別岳に登ってきたというまっくさんともバッタリで、入浴後我々と一緒に休憩室で持参のオヤツをつまみながら2時間近くも談笑した。

強風で中々手強い風不死岳だったけれど、そんな出会いの多い楽しい一日だった。

とりあえず、速報版として7枚の写真をアップした。
f0138096_17383220.jpg

出来上がったばかりの尻皮をH原さんに撮ってもらう。尻皮は腰回りが温かくてM夫妻にも好評だった
f0138096_17384115.jpg

頂上直下、唯一初対面だった札幌のKご夫妻。健脚だった
f0138096_17385177.jpg

支笏湖の奥にイチャンコッペ山。山友のUさんが知人と登っているはずだが、強風の中無事登頂出来たか
f0138096_17385967.jpg

頂上直下から樽前山。ゲート前に知人のジムニーが停まっていたが、爆風の頂上ではなかったか
f0138096_1739991.jpg

頂上で全員の記念写真。札幌のKさんに撮ってもらう
f0138096_17392082.jpg

1週間前有珠山を一緒した左端のくーたさんは、私がブログで今日風不死岳に登ると書いたのを見て登りに来たとのこと。下の若い男性は恵庭岳や樽前山などで2,3度会って話をしたことのある千歳のUさん
f0138096_17392956.jpg

我々が強風を避け5合目付近で昼食中に、OBATAさんと友人の男性(右端)が登ってきて、しばし談笑
by tarumae-yama | 2016-12-18 17:56 | 北海道100名山 | Comments(10)

風不死岳北尾根、12月14日

CT検査の結果異常が見られないとのことだったのだが、後頭部の痛みは相変わらず残ったまま。
そこに来てブログの更新等に毎日活躍しているデスクトップパソコンがこのところ動作不安定となり、システムの復元やらソフトのインストール、再起動やらでとてもストレスが溜まる。
5年間酷使に耐えているけれど、ハードディスクからもうなり声?を上げているから、そろそろ寿命かも知れない。

医師からパソコンに向かう時間を減らせと注意を受け、そうしたいのだが、大量の写真のバックアップを取ったりでますますパソコンに向かう時間が増えている。
動作も遅くなったし、思い切って高性能のパソコンに更新しようと思うけれど、車検と重なり金策も頭痛の種だ。

前置きが長くなった。
風不死岳の報告をするつもりだったけれど、もう3日も経っているから、その後の降雪で登山道の状況が大きく変わっているかも知れない。
それに、明日また4名で風不死岳を北尾根から登る予定があり、そこで改めて報告するとして今日は写真の掲載で終えたいと思う。

山行記録
登山ポスト09:42→頂上12:12~12:52→登山ポスト14:02
f0138096_11552370.jpg

スノーシューを全員持参したが、積雪は20cm程度で前日のものと思われるトレースが残っていたため、アイゼンだけ携行し、登山靴で登った
f0138096_11553332.jpg

f0138096_11554135.jpg

林道の終点でアイゼンを装着し、北尾根に乗った
f0138096_11554957.jpg

f0138096_11555684.jpg

f0138096_1156442.jpg

f0138096_11561294.jpg

頂上直下の尾根に出たが、降雪のため支笏湖も樽前山も見えず
f0138096_11562029.jpg

f0138096_11562895.jpg

f0138096_11563572.jpg

f0138096_11564584.jpg

f0138096_11565474.jpg

f0138096_115729.jpg

f0138096_11571139.jpg

f0138096_11571949.jpg

f0138096_11572622.jpg

f0138096_11573242.jpg

f0138096_11573895.jpg

中腹まで下りてきて、ようやく恵庭岳が見えてきた
by tarumae-yama | 2016-12-17 12:06 | 北海道100名山 | Comments(4)

有珠山、12月11日-同行者からの写真-

先日登った有珠山の同行者から写真が送られて来た。
トータルの枚数が多くて、やむなく不掲載の写真が出たけれど、それでも何時もよりずっと多い。
それぞれサイズや圧縮率が異なっているので、大きくすると解像度に差が出ると思う。

では、敬意を表して年齢の高い順から(^^;)
f0138096_18172650.jpg

f0138096_18173944.jpg

f0138096_18175087.jpg

f0138096_181848.jpg

f0138096_18181742.jpg

f0138096_18183067.jpg

上の6枚はi-tomoさんの撮影
f0138096_18224120.jpg

f0138096_1823169.jpg

f0138096_18231829.jpg

f0138096_18233580.jpg

上の4枚、TOMさんの撮影
f0138096_18195848.jpg

f0138096_1820934.jpg

f0138096_18202694.jpg

f0138096_18205374.jpg

f0138096_1821621.jpg

f0138096_18211931.jpg

f0138096_18213163.jpg

f0138096_1821442.jpg

上の8枚はMさんの撮影
f0138096_18241226.jpg

f0138096_18243095.jpg

f0138096_18244553.jpg

f0138096_18245891.jpg

f0138096_18251657.jpg

f0138096_18253374.jpg

f0138096_18255058.jpg

f0138096_18261611.jpg

f0138096_1826283.jpg

上の9枚、tasasicaさんの撮影
by tarumae-yama | 2016-12-16 07:04 | 北海道100名山 | Comments(0)

有珠山、12月11日-その2-

今回は写真の枚数が多いので、本文での説明は省こうと思う。
前回述べたように短期間に4度目の有珠山だから、読者の参考になるような特記事項は思いつかないこともある。
写真から有珠山の外輪山歩きの楽しさをイメージして頂けるなら嬉しい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17423382.jpg

オガリ山山頂近く、稜線の雪庇から雪煙が舞う
f0138096_17424527.jpg

稜線から、中央付近に銀沼。奥に輝く太平洋
f0138096_17425645.jpg

撮影中のくーたさん。左端に西山、中央奥にウィンザーホテル、右上に有珠新山
f0138096_1743886.jpg

左上にオガリ山山頂
f0138096_17432068.jpg

先頭のMさんは有珠新山の頂上に到着目前
f0138096_17433534.jpg

有珠新山頂上から、左端に大有珠。オガリ山の左奥に室蘭岳も見える
f0138096_17434516.jpg

有珠新山の急斜面を下るM夫妻。奥に小有珠
f0138096_17435861.jpg

同上、先頭はtacasicaさん、最後尾はTOMさん
f0138096_17441215.jpg

強風に雪煙が舞い、視界が霞む
f0138096_1744273.jpg

スパイク長靴で急斜面を下るTOMさん
f0138096_17444168.jpg

有珠新山をバックに小有珠を登るtacasicaさん、後ろにM夫人
f0138096_17445185.jpg

有珠新山の斜面をトラバース中の同行者、左端に北屏風山
f0138096_174514.jpg

有珠新山の急斜面を後ろにM夫人
f0138096_18202681.jpg

同上、Mさん
f0138096_18214518.jpg

強風の中、小有珠の頂上を目指す同行者
f0138096_17453453.jpg

小有珠から写真撮影中のtacasicaさん
f0138096_17454320.jpg

同上、くーたさん
f0138096_17455340.jpg

岩の上に立つのが大好きなM夫人
f0138096_1746369.jpg

小有珠の頂上でボルトポーズ。TOMさんだけシンクロしていない(^^;)
f0138096_1746131.jpg

くーたさんも岩の上に立つのが大好きだそう
f0138096_17462386.jpg

風紋を前景にくーたさん
f0138096_17463575.jpg

小有珠を下りきり林道に到着の同行者。M夫人は寒さが堪えたよう
f0138096_17464762.jpg

中央奥に北屏風山
by tarumae-yama | 2016-12-15 07:46 | 北海道100名山 | Comments(6)

風不死岳北尾根、12月14日-速報版-

前夜、急遽決まったOBATAさんとizumisawaさんとの風不死岳北尾根。
予報に反し、頂上は雪とガスで樽前山も支笏湖も見えない状況だったけれど、軽めのラッセルが心地良かった。
4合目からは3人で合目毎に先頭を交代し、それ程疲れを覚えずに頂上に立つことが出来た。

この日は誰にも会わず、OBATAさん曰く、「平日は静かで良い!」と。

とりあえず、写真を5枚アップした。
f0138096_2125378.jpg

f0138096_21254876.jpg

f0138096_2126249.jpg

f0138096_21261796.jpg

f0138096_21263087.jpg

by tarumae-yama | 2016-12-14 21:29 | 北海道100名山 | Comments(4)

有珠山、12月11日-その1-

この一月間で4度目の有珠山だから、格別記すべき事は何もないような気がする。
ただ、降雪量の少ない伊達周辺で、この後有珠山にどれほど積雪が増すのかは不明だが、厳冬期にはスノーシューやワカンが必要になるのかも知れない。

今回はスパイク長靴が3名、他の4名は登山靴に途中からアイゼンを装着した。
所要時間やGPSの軌跡は、同行のくーたさんのブログにアップされているので、それを紹介して私は手抜きをしようと思う。
TOMさんのブログにも有珠山の記事が載っているので、併せてそれも紹介したい。

今回、撮った写真は375枚にもなった。
自慢できるような写真は皆無だが、それでもアップしたい写真は40枚を超えるので、2回に分けて紹介しようかと思う。
f0138096_12215946.jpg

林道ゲート付近、出発前の記念撮影
f0138096_1222885.jpg

降雪の林道分岐地点で、M夫人の帽子はクリスマスバージョン
f0138096_12221816.jpg

最初は正面の西山へ
f0138096_12222750.jpg

ガスが切れて有珠新山(中央)と小有珠(右)が見えてきた
f0138096_12223613.jpg

正面奥に北屏風山
f0138096_12224674.jpg

写真が趣味のtacasicaさん(奥)とくーたさん
f0138096_12225444.jpg

北屏風山の頂上直下
f0138096_1223392.jpg

北屏風山の頂上で同行者。左端に洞爺湖の温泉街が見える
f0138096_12231430.jpg

大有珠の中腹から洞爺湖と中島
f0138096_12232561.jpg

雪が降る中、大有珠を目指す
f0138096_12233463.jpg

奥に大有珠の頂上部
f0138096_12234219.jpg

大有珠の頂上は目前
f0138096_12235187.jpg

大有珠の頂上でボルトポーズ
f0138096_1224079.jpg

岩の上に立つM夫人
f0138096_1224773.jpg

大有珠で昼食後、オガリ山に向かう。中央左に光る太平洋
f0138096_12241534.jpg

オガリ山頂上、雪庇を踏み抜かぬよう気を使う
f0138096_12242424.jpg

同上、奥に有珠新山が見える。ここの稜線歩きは強風に曝された
by tarumae-yama | 2016-12-14 06:52 | 北海道100名山 | Comments(0)

有珠山でボルトポーズ、12月11日-速報版-

先週末に続いての有珠山。
時々雪雲が襲来し、気温が低い上に強風を伴っていたため、前回よりずっときつい山となった。
その上、前日からの降雪が思ったより多く、場所によっては長靴がスッポリと埋まるほど深かった。

それでも、ヤマレコ繋がりのi-tomoさん、TOMさん、tacasicaさん、くーたさんには初めての有珠山らしく、六つのピークの全てを踏むことが出来、感無量の様子だったのは嬉しい。

前回、ボルトポーズを北屏風山と有珠新山でやるのを失念してしまったため、今回は西山を含め全てのピークで同行者にポーズをとってもらった。
この6枚の写真を見て、Jさんに笑顔が広がるなら我々としても嬉しい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_2014825.jpg

西山の頂上
f0138096_20142883.jpg

北屏風山の頂上
f0138096_2014482.jpg

大有珠の頂上
f0138096_2015865.jpg

オガリ山の頂上
f0138096_2015241.jpg

有珠新山の頂上
f0138096_20154776.jpg

小有珠の頂上
by tarumae-yama | 2016-12-12 00:10 | 北海道100名山 | Comments(10)

恵庭岳、12月8日

12月3日にOBATAさんがソロで恵庭岳に登った時、第1見晴台から先は太ももが埋まるほどのラッセルだったと言う。
今日は体力の勝る同行者ばかりだから、むしろそんなラッセルを(少しの区間なら)経験したいものだと密かに思っていた。

ところが、入山届を見ると前日に恵庭岳に入った単独男性がいたようだ。
なるほど、しっかりとしたトレースが第1見晴台まで付いていた。
その先も強風で消えることなく踏み跡が残っていたため、我々は第2見晴台までそれを使わせてもらったけれど、個人的には新雪の上を一寸だけでもラッセルしてみたかった。

今回、出だしから積雪状態のため、SさんとH原さんは駐車場でアイゼンを装着し、他の3名は3.5合目辺りからアイゼンを履いた。

まだ、積雪状態が中途半端だから、アイゼンの爪が岩を噛むことが何度かあったけれど、それでもアイゼンを着けて登ると、いよいよ冬山シーズンに入ったという感慨を持つ。
H原さんとizumisawaさんのザックにくくりつけているピッケルを見て、ますますそんな気持ちになった。

山行記録
登山ポスト08:40→第1見晴台10:58~11:03→第2見晴台11:43~12:14(昼食)→第1見晴台12:32→登山ポスト13:57
f0138096_15194735.jpg

ロープがあっても、相変わらずここから右端に伸びる沢地形に迷い込む登山者がいるようだ
f0138096_15195613.jpg

5合目を越えた辺りか、倒木をくぐる同行者
f0138096_1520691.jpg

f0138096_15201485.jpg

上の2枚、登り専用コース
f0138096_15202443.jpg

第1見晴台直下
f0138096_15203242.jpg

第1見晴台到着
f0138096_15203928.jpg

同上
f0138096_15204883.jpg

8合目付近、奥に頂上岩塔が見える
f0138096_15205680.jpg

f0138096_1521364.jpg

上の2枚、第2見晴台の手前
f0138096_15211167.jpg

第2見晴台に到着
f0138096_15212086.jpg

ここで昼食
f0138096_15212945.jpg

下山開始
f0138096_1521378.jpg

f0138096_15214474.jpg

ナナカマドの実?
f0138096_15215236.jpg

ロープ場の下り
f0138096_1522030.jpg

無事、下山
by tarumae-yama | 2016-12-11 00:24 | 北海道100名山 | Comments(0)

恵庭岳、12月8日-同行者からの写真-

バタバタしていて恵庭岳の報告を中々作れない。
なので、同行者から送られて来た写真を先に紹介させてもらおうと思う。
f0138096_2365921.jpg

3.5合目辺りでアイゼンを装着。SさんとH原さんだけは駐車場からアイゼンを履いて
f0138096_2371150.jpg

同上
f0138096_2372238.jpg

izumisawaさん
f0138096_2373979.jpg

f0138096_2375369.jpg

OBATAさん
f0138096_238469.jpg

第1見晴台
f0138096_2381868.jpg

第2見晴台。上の7枚はH原さんの撮影
f0138096_23122545.jpg

f0138096_23123642.jpg

f0138096_23124767.jpg

f0138096_23125833.jpg

上の4枚はOBATAさん撮影
f0138096_2313257.jpg

f0138096_23133891.jpg

上の2枚はSさんの撮影
by tarumae-yama | 2016-12-10 08:04 | 北海道100名山 | Comments(4)