カテゴリ:北海道100名山( 780 )

恵庭岳でビックリの出会いが複数、2017.5.30

晴天の下、何時ものSさんとM夫妻の4名で恵庭岳の西峰と本峰に登ってきた。
平日なのに、すでに登山口の駐車場には数台停まっていて、下山時はほぼ満車状態だった。
いよいよ夏山シーズン本番ということだろうか。

今日は山で4名もの知人や山友に会ってビックリだった。
1人目は、駐車場に到着した時、スタートしようとしていたソロの男性で、ヤマップでお馴染みのOKUさんだった。
前にも紹介したけれど、昨年の3月に白老岳を一緒している。
そして、今年の4月9日、漁岳の林道から尾根に取り付く地点で再会し、そこから行動を共にした。

2人目は、本峰の頂上で声をかけてきた男性だが、何とあいの里で動物病院を経営しているポッケさんだった。
彼とは以前、樽前山や狩場山などに二人で登っていて、最後に一緒したのは2年前の12月8日、今日一緒のSさんと3人で登った恵庭岳だった。
その時は、積雪が深く時間切れで頂上まで行けなかった。
ポッケさんは今日、ようやく恵庭岳の頂上に立ったそうだ。

3人目は、第2見晴台付近でスライドした女性で、アウトドア専門店に勤務するMさんだった。
彼女とは山ではなく、山友のH原さんと行った「バードカフェ」で会っている。
調べてみると、それは今年の2月8日のことだった。
カフェでMさんとは野鳥や山の話題になったけれど、まさか4ヶ月も経たず山で再会するとは思いもしなかった。

4人目は、第1見晴台で休んでいたY夫人だった。
以前、風不死岳や七条大滝で会っていて、最近では今年の4月25日、漁岳でお会いしている。
私達夫婦は、昔から支笏湖温泉街に住む御主人のYさんにお世話になっていた。
そして、下山後の温泉でそのYさんにバッタリだった。
どうやら、山からY夫人が私に会ったことと温泉に行くようだとYさんに連絡を入れていたらしい。

支笏湖周辺の山には数多く登っているから、山で知人とスライドするのは珍しくはないけれど、それにしても一日に4組も出会うのはさすがに驚きだった。
f0138096_21521573.jpg
西峰の頂上にて、右からOKUさん、M夫人、Mさん、Sさん、本州から来た登山者
f0138096_21522949.jpg
本峰頂上のポッケさん、バックにジャンダルムの同行者
f0138096_21533618.jpg
アウトドア専門店に勤務するMさんと右にMさん
f0138096_21525967.jpg
Y夫人とSさん。第1見晴台にて。Y夫人は顔出しはNGなので
f0138096_21541767.jpg
ジャンダルムの上でボルトポーズのM夫妻。江別のJさんまで届け!
f0138096_21543131.jpg
定番の写真。コバルトブルーのオコタンペ湖が綺麗。羊蹄山も何とか見える。
写真の上でクリックすると大きくなります
f0138096_21552039.jpg
西峰と本峰へのコルで昼食中の同行者。斜面に群生するシラネアオイを入れて


by tarumae-yama | 2017-05-31 00:03 | 北海道100名山 | Comments(8)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -同行者からの写真-

今日は、芦別岳に声をかけていただいたi-tomoさんから送られて来た写真を紹介しようと思う。
彼は2台のカメラを使っていたこともあり、アップした写真は時系列にはなっていない(^^;)
f0138096_09255782.jpeg
f0138096_09262713.jpeg
f0138096_09272155.jpeg
f0138096_09272546.jpeg
f0138096_09273246.jpeg
f0138096_09273555.jpeg
f0138096_09274347.jpeg
f0138096_09274735.jpeg
f0138096_09275781.jpeg


by tarumae-yama | 2017-05-28 07:22 | 北海道100名山 | Comments(0)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -その3-

行動時間が長くその間に沢山の写真を撮ったため、芦別岳の頂上でデジ一の予備の電池までも使い切ってしまった。
なので、そこから下山まではオリンパスの防水カメラを使う羽目に。

撮像素子の小さなごく普通のコンデジだが、このカメラTG-850 Toughの特長は、35ミリ判換算で21mmからのかなり広角寄寄りということ。
だから、広がりが欲しい山では重宝している。

デジ一はパナソニック、防水カメラはオリンパスということで、メーカーの違いにより青空などの色合いが微妙に違うけれど、大きなサイズで見ていただけると嬉しい。
f0138096_16581073.jpg
芦別岳の頂上から。このアップダウンの多い尾根を歩いてきた
f0138096_16581679.jpg
頂上のi-tomoさんとikenoyaさん。右の男性お二人からビールをご馳走になった
f0138096_16582880.jpg
shikeさん
f0138096_16583619.jpg
14時半を過ぎ、下山開始
f0138096_16585961.jpg
帰りは新道コースで。全員つぼ足だからスリップしないよう慎重に
f0138096_16590468.jpg
雪が柔らかく先行者のトレースがあるので、恐怖心はそれほどでもない
f0138096_16591320.jpg
振り返ると芦別岳の頂上
f0138096_16591853.jpg
中央に夫婦岩。X(エックス)型に雪がはり付いていて、エックスルンゼと言われているらしい
f0138096_16593183.jpg
尻滑り中のshikeさん。このためにわざわざレインウエアのパンツを履いた。夫婦岩の右に見えるのは2日前に途中で断念した御茶々岳か?
f0138096_16593607.jpg
shikeさんのずっと下にi-tomoさん
f0138096_16594245.jpg
こちらはikenoyaさん
f0138096_16594881.jpg
同上
f0138096_17000047.jpg
青空にダケカンバの白い幹が綺麗
f0138096_17000409.jpg
先を行くi-tomoさんとshikeさんは、長時間歩いてもペースが落ちず
f0138096_17001393.jpg
下りは快調!?




by tarumae-yama | 2017-05-25 07:44 | 北海道100名山 | Comments(4)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -その2-

北尾根に乗るとまだ芦別岳の頂上部は見えないけれど、周囲の景色が飛び込んできて一気にテンションが上がった。

もっともスタートからすでに5時間以上経過し、この先頂上まで大小のピークを幾つも越えなければならないことを思えば、たちまちそのテンションも下がり、むしろ歩き通せるか不安が湧き上がるようだった。

稜線歩きも残雪の多いところでは夏道が隠されているから、ハイマツの周りをウロウロしながらピンクテープがないかキョロキョロ。
そんな繰り返しが何度かあると、どんどん体力が削がれ足も攣りそうになる。

単独ならすっかり気も滅入るところだが、仲間から気遣ってもらいながら楽しみにしていたツクモグサに出会ったことで、また体力気力が盛り返すようだった。

それにしても旧道から頂上まではとてつもなく長かった。
あまりにも疲れたためか頂上に到着した感動はさほどなく、むしろ本谷から登ってきた男性に勧められた、冷えたビールの一口の美味しさに歓喜した。

ビールをご馳走してくれた男性の話では、6月の旧道は花が素晴らしいそうだ。
だが、花がなくても旧道歩きは変化に富んでいて、山歩きの愉しさを十二分に感じることが出来た。

過酷な旧道だったから再訪はあり得ないと思うものの、もう10歳若ければ花が見事な6月に登りたいという気がしないでもない。
f0138096_15125942.jpg
緩んだ雪に太ももまで埋まったshikeさん
f0138096_15131460.jpg
写っているのはi-tomoさん
f0138096_15134861.jpg
分かりにくいが、右上近く急斜面にはり付くshikeさん
f0138096_15135209.jpg
f0138096_15135947.jpg
崖状になっていて一時も気が抜けない
f0138096_15140347.jpg
同上。頂上がかなり近くなってきた
f0138096_15141118.jpg
ピントが甘いけれど、楽しみにしていたツクモグサ
f0138096_15141544.jpg
黄色い円内に本谷を登る二人組
f0138096_15142346.jpg
少しアップで。と言っても私のレンズではこれが一杯一杯
f0138096_15142628.jpg
二人組の後ろにソロの男性(緑色の円内)
f0138096_15143414.jpg
最後の雪渓を越えると頂上は目の前
f0138096_15143867.jpg
頂上が手に取るようになって来た
f0138096_15144562.jpg
中央右下にソロの男性が見える
f0138096_15145062.jpg
頂上直下のikenoyaさん
f0138096_15145888.jpg
霞んでいるが遠くに夕張岳
f0138096_15150240.jpg
頂上到着のikenoyaさん
f0138096_15150827.jpg
本谷から登ってきた男性に撮っていただく。女性軍は顔出しNGなので



by tarumae-yama | 2017-05-24 07:13 | 北海道100名山 | Comments(2)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -その1-

3日前にi-tomoさんから、芦別岳を旧道から登りませんか?とメールが入った。
いつものikenoyaさんの他に今回はshikeさんも参加すると。

実は、shikeさんとは6月の上旬に恵庭岳の西峰を一緒する計画が決まっていた。

昨年10月、shikeさんが風不死岳に登った帰り「バードカフェ」で昼食を一緒しているけれど、彼女と山を共するのはその恵庭岳が初めてになるはずだった。
それが、i-tomoさんのメールにshikeさんの名前があったから一寸ビックリ。

2日前、芦別岳のすぐ隣りにある槙柏山にAさんと登ったばかりだが、もちろん参加させていただきたい、とi-tomoさんにすぐメールを返した。

ikenoyaさんとはすでに恵庭岳や風不死岳などで一緒しているし、そこにはi-tomoさんも当然(?)一緒だったので今回の山行は超長時間になったけれど、全員顔見知りと言う事もありとても楽しいものだった。

すでにi-tomoさんとikenoyaさんはヤマレコで詳しく報告をしているし、shikeさんもブログに芦別岳をアップしているから、山報告はそれらを参考にしてもらう事にして、私は写真を載せる事で済ませたい。
ただ、撮影した写真は300枚を超えたので、2,3回に分けて紹介したいと思う。

芦別岳のヤマレコ↓
shikeさんのブログ「山のうえで」↓
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21164088.jpg
キャンプ場の奥、中央付近に夫婦岩、左端に芦別岳、夫婦岩の右に2日前に登ったばかりの槙柏山とその右に途中で登頂を断念した御茶々岳
f0138096_21164720.jpg
全員の影を入れて奥に芦別岳
f0138096_21165428.jpg
幾つも高巻きをくり返し
f0138096_21170074.jpg
ヒトリシズカと
f0138096_21171063.jpg
サンカヨウ
f0138096_21171775.jpg
川原を歩いたり
f0138096_21172297.jpg
高巻きを下ったり。だから全然高度を稼ぐことが出来ない
f0138096_21172882.jpg
雪渓を横切ったり、中々ワイルド
f0138096_21174845.jpg
また高巻きを下ったり
f0138096_21175552.jpg
下に先行の5名パーティ。彼らは本谷に進んだようだ
f0138096_21180393.jpg
丸太渡りのi-tomoさん。とても緊張した表情をしていたが歩いて渡りきった。私は足がすくんで馬乗りスタイルで
f0138096_21180919.jpg
分岐点
f0138096_21181998.jpg
ツムラ68は処方してもらったばかりだが、アミノバイタルは3年も前に賞味期限切れになっていた。道理であまり効いた感じがしなかった(^^;)
f0138096_21182747.jpg
ヤチブキの中を通って
f0138096_21183588.jpg
飛沫を浴び、まるで沢登りのようだ
f0138096_21184119.jpg
ようやく安定した残雪に出た。中央に2日前に登ったばかりの槙柏山
f0138096_21191076.jpg
夫婦岩を前にshikeさんの撮影
f0138096_21191752.jpg
青空が気持ち良い
f0138096_21192650.jpg
バックに2日前雪が繋がっていなくて途中で登頂を断念した御茶々岳
f0138096_21193463.jpg
夫婦岩を左手に見ながら
f0138096_21194475.jpg
1444mピークに向かう同行者。右端に中岳
f0138096_21195137.jpg
振り返ると御茶々岳の奥に小天狗岳など
f0138096_21200175.jpg
中央の芦別岳がまるで槍ヶ岳のように尖って見える
f0138096_21200753.jpg
頂上は遠い
f0138096_21201875.jpg
ここまで来ると頂上は少し近づいて見えるが、アップダウンの繰り返しにうんざり

by tarumae-yama | 2017-05-23 07:12 | 北海道100名山 | Comments(6)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -速報版-

朝1時半に起床して日帰りで芦別岳に登ってきた。
新道から3,4回登っている芦別岳だが、旧道を使って登ったのは初めてのこと。

登りに何と9時間近くかかり、ヘロヘロになって頂上に立った。
往路でこれだけの時間がかかった山は記憶にないけれど、旧道コースはワイルドで大変魅力的だった。
何より刺激的だった。

もっとも、集中力と体力が求められる旧道を使うことは、私の年齢を考えればもう2度とないだろう。

クタクタに疲れているので、速報版として4枚の写真とGPSの軌跡のみアップした。
山報告は2,3日中にあげたいと思う。
f0138096_23502085.jpg
中央のやや上の尖った山が芦別岳
f0138096_23502634.jpg
夫婦岩を左手に見ながら進む同行者
f0138096_23504965.jpg
前方に芦別岳
f0138096_23505476.jpg
恐怖の丸太渡り
f0138096_23510468.jpg
旧道を使って登りに約9時間、下山は新道を使って3時間ほど

by tarumae-yama | 2017-05-21 00:24 | 北海道100名山 | Comments(6)

槙柏山、2017.5.18-速報版-

日高山脈を単独で歩いたAさんは私の山の師匠だが、私より一回り年下である。
そのAさんから久しぶりに山のお誘いがあり、私は登った事のない槙柏山に案内してもらった。

芦別岳のすぐ北側にある山だから、槙柏山の頂上から芦別岳が眼前に広がり、その迫力に圧倒された。
最高の天気と眺望と、そして思いがけず行者ニンニクが大量に採れ、私は槙柏山を一日堪能する事が出来た。

とりあえず、速報版として7枚写真をアップした。
改めて後日山報告をしようと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_23335693.jpg
槙柏山の稜線から芦別岳。右上に夫婦岩
f0138096_23341139.jpg
御茶々岳への稜線上から夫婦岩
f0138096_23342604.jpg
崕山(きりぎしやま)をアップで

f0138096_23345031.jpg
中央付近に槙柏山。頂上へは藪漕ぎを強いられた。左端に十勝連峰
f0138096_23345498.jpg
朝はそうでもなかったのだが、下山時は増水していて激流の音が恐怖。丸太を慎重に渡るAさん
f0138096_23350150.jpg
行者ニンニクの畑?
f0138096_23350604.jpg
行者ニンニクが大量に採れた。近所にお裾分けしようと思う
f0138096_23351510.jpg
GPSの軌跡。槙柏山の頂上は踏んでいないように見えるが、実は頂上へ藪漕ぎしているときにGPSを落としてしまった。運良く頂上から戻るときに発見した。なので、GPSの軌跡の先端がGPSを落とした場所を表している。
槙柏山の後、隣の御茶々岳も登る予定で尾根まで上がったものの、雪がなくて盛大な藪漕ぎになると判断し断念した

by tarumae-yama | 2017-05-19 10:34 | 北海道100名山 | Comments(4)

漁岳、2017.5.9-同行者からの写真-

またも随分と遅くなったけれど、5月9日に漁岳をご一緒したSさんとKさんから送られて来た写真を紹介しようと思う。

もう残雪を繋ぐことも出来ないと思われ、漁岳に登るのは来シーズンまでお預けになりそうだ。

今回も写真の説明はなしと言う事で・・・・(^^;)
f0138096_08593526.jpg
f0138096_08593912.jpg
f0138096_08595236.jpg
f0138096_08595750.jpg
f0138096_09000485.jpg
f0138096_09000824.jpg
上の6枚はSさんの撮影
f0138096_09003425.jpg
f0138096_09003945.jpg
f0138096_09004735.jpg
f0138096_09005184.jpg
f0138096_09010090.jpg
f0138096_09010401.jpg
上の6枚はKさんの撮影

by tarumae-yama | 2017-05-18 00:19 | 北海道100名山 | Comments(0)

漁岳、2017.5.9

期待していたとおり、入山ポストの先のゲートまで除雪されていた。
我々は有り難くゲート付近まで車を進め、路肩に停めた。

ワカンやスノーシューをザックにそこから全員つぼ足でスタート。
林道には所々雪が残っていたが、つぼ足で問題なかった。
それどころか、全行程をつぼ足で通した。
途中からSさんだけアイゼンを装着したけれど。

登りの途中で、2,3ヶ所判断を誤り少々の藪漕ぎになったものの、雪を繋いで迂回するのとどちらが良いかと言えば、それぞれの好みだと思うので判断ミスとまでは言えないと思う。

だが、この後は雪解けが進み、雪の下に倒れていた笹が立ち上がってくると見通しが悪くなるから、ルートファインディングがずっと難しくなると思う。
標高の高いところでもそろそろ残雪が切れていると思われ、漁岳の積雪期登山はもう終わりかも知れない。

我々はそんなタイミングで頂上からの素晴らしい眺望を独占した漁岳だった。

参考までに昨年5月13日に登った漁岳の記事↓
山行記録
入山ポスト07:43→尾根取り付き08:25→頂上10:32~11:07(昼食)→林道12:13→入山ポスト12:50

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18405299.jpg
フキノトウの撮影?下山時
f0138096_18405987.jpg
入山ポストの先のゲートまで車で進めた
f0138096_18410670.jpg
ゲートの先もしばらく乾燥路面
f0138096_18411091.jpg
林道から尾根の取り付き地点。かろうじて雪が繋がっている
f0138096_18411892.jpg
Sさんはアイゼンを装着して
f0138096_18412365.jpg
Kさんを入れてオコタンペ湖と奥に支笏湖
f0138096_18423760.jpg
コバルトブルーのオコタンペ湖の湖面が綺麗
f0138096_18424460.jpg
オコタンペ湖をアップで、奥に支笏湖
f0138096_18425287.jpg
尾根上はハイマツ地獄で進めず、かと言って斜面は傾斜がきつくてトラバースが出来ず、ハイマツの枝を掴まりながら
f0138096_18425723.jpg
正面に漁岳頂上部。私は正面の藪を越えたが、お二人は右に大きく迂回して雪を繋いだ
f0138096_18430481.jpg
右端に北漁山
f0138096_18430857.jpg
漁岳の頂上直下をハイマツの枝を掴まりながら直登するKさん
f0138096_18431692.jpg
頂上から小漁山、その奥に丹鳴山、白老3山、ホロホロ山などが見える
f0138096_18432050.jpg
Kさんから清見オレンジのドライフルーツを頂くSさん
f0138096_18432829.jpg
尻滑りのKさん
f0138096_18433381.jpg
左上に漁岳頂上部
f0138096_18434199.jpg
正面に恵庭岳
f0138096_18434584.jpg
藪に突入
f0138096_18435863.jpg
枯れ木を入れて恵庭岳
f0138096_18440435.jpg
薄い藪を越えて笑顔のSさんとKさん
f0138096_18441217.jpg
無事下山

by tarumae-yama | 2017-05-14 07:09 | 北海道100名山 | Comments(4)

漁岳、2017.5.9-速報版-

この冬4度目の漁岳、藪漕ぎを少々と残雪を繋ぐための迂回を強いられたけれど、ギリギリのタイミングで登頂出来た。
多分、この週末には盛大な藪漕ぎ状態になっていると思う。

我々3名は、静かな山頂からオコタンペ湖の神秘的なコバルトブルーの湖面に吸い込まれるような感動を味わった。

さすが北海道3大秘湖のオコタンペ湖、氷が解け、これからはエメラルドグリーンへと色合いを変えていくのだろう。

とりあえず、速報版として写真を5枚アップ。
山報告は3日後くらいだろうか。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20304199.jpg
ハイマツの出ている頂上にダイレクトに登った
f0138096_20311775.jpg
羊蹄山をバックにSさん(左)とKさん
f0138096_20311816.jpg
奥に無意根山や余市岳などが見える
f0138096_20313110.jpg
恵庭岳とコバルトブルーのオコタンペ湖が美しい。オコタンペ湖の奥に支笏湖
f0138096_20313737.jpg
羊蹄山と右にニセコ連峰
f0138096_20314532.jpg
GPSの軌跡。頂上手前の1175mピークでは大きく迂回させられた
カメラはキヤノンのPowerShot G5 Xを使用


by tarumae-yama | 2017-05-10 00:19 | 北海道100名山 | Comments(6)