カテゴリ:北海道100名山( 815 )

積丹岳、2017.7.30-速報版ー

6名で積丹岳に登ってきた。
霞んでいたため頂上からクリアな眺望はなかったものの、青空に恵まれ会話も弾んで楽しい山行だった。

だが、前日の藻岩山ご来光登山に続いての山となってちょっと体がしんどい。
とりあえず、速報版として写真を数枚アップして、今日はもう眠りにつこうと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_23462349.jpg
f0138096_23462627.jpg
f0138096_23463034.jpg
f0138096_23463475.jpg
f0138096_23464232.jpg
大きく生長したミズバショウの葉
f0138096_23464508.jpg
ナナカマドの紅葉
f0138096_23502144.jpg
積丹岳頂上で全員の記念写真


by tarumae-yama | 2017-07-31 00:24 | 北海道100名山 | Comments(2)

富良野岳~上ホロカメットク山、2017.7.24ーその2ー

富良野岳は花の100名山だけあって、種類も株数もまだまだ多かった。
もちろん、大雪山の方がスケールは大きいけれど、なにぶん我が家から遠すぎて日帰りはかなりしんどい。
その点、富良野岳や十勝岳、美瑛岳辺りなら高速を使わなくても余力を残して(?)帰宅可能だから、その気になれば毎月でも訪れることが出来る。

今回、花の撮影に時間をとったほかに、三峰山周辺で頻繁にナキウサギの声を聞いたため、そんな岩場で昼食にたっぷり時間をかけつつナキウサギの姿を探した。
そのほか、上ホロカメットク山の避難小屋近くの岩場などでも鳴き声がしたから、我々は何度も立ち止まって姿を求めた。

そんなことで、下山時刻が予定よりかなりずれ込んだけれど、その分一日一杯山で戯れたという思いがある。
また下山後、親切な従業員のおかげで我々は安く温泉に入れて嬉しかった。

豊かな大自然に毎日抱かれていると、みんな優しくおおらかな気持ちになれるものなのだろう、そう感じる。

山行記録
富良野岳10:20→昼食→三峰山12:23→上富良野岳13:12→上ホロカメットク山13:28→避難小屋周辺散策→上富良野岳14:30→富良野岳分岐15:20→十勝岳温泉登山口16:05

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_12261232.jpg
チングルマの綿毛
f0138096_12264325.jpg
f0138096_12265797.jpg
富良野岳から下山時、和やかな雰囲気の4人パーティとすれ違った。札幌の山ガールズと名のった
f0138096_12285985.jpg
前を歩くYさんとM夫人。その先から登ってくる二人組。女性はOBATAさんだった。OBATAさんは、ハイテンションな話し声が聞こえてきて、M夫人と分かったそうだ
f0138096_12291932.jpg
f0138096_12303778.jpg
f0138096_12304164.jpg
コケモモの実
f0138096_12304448.jpg
イワブクロが一杯、ナキウサギの鳴き声が聞こえその姿を探している同行者
f0138096_12304854.jpg
それで、予定を変え手前の岩場でナキウサギ探索をかねて昼食タイム。皆さんが持ち寄ったものの交換会?
f0138096_12305634.jpg

f0138096_12305985.jpg
自分で握ったおにぎりを食べるYさん。彼女の話では、福岡在住のご両親に私のブログを教えたらしく、ご両親はブログを通して娘の元気な様子を見て喜んでいるとのこと。私のブログがYさんの親孝行の役に立っているのなら嬉しい
f0138096_12310413.jpg
f0138096_12310701.jpg
コケモモの花
f0138096_12312072.jpg
登山道に大きな熊の糞があった
f0138096_12312237.jpg
上富良野岳頂上到着
f0138096_12312507.jpg
上ホロカメットク山頂上に到着
f0138096_12312830.jpg
カミホロの避難小屋が見える。十勝岳はガスを通して何とか見える
f0138096_12313824.jpg
エゾツガザクラ
f0138096_12314276.jpg
イワヒゲ
f0138096_12314711.jpg
上富良野岳分岐から避難小屋に向かうOBATAさんたちとまた遭遇。彼女のザックは20kgの重さとか。4泊5日に予備日の食料や燃料を考えると20kgに納めることが私には驚き!
f0138096_12315225.jpg
上富良野岳から下山
f0138096_12320141.jpg
f0138096_12320543.jpg
安政火口まで降りてくると、上富良野町の消防署員らが上がってきた。富良野岳でけが人が出ての出動とのことだが、結局、けが人はヘリで運ばれたらしい
f0138096_12320895.jpg
途中から旭川の看護師さんとおしゃべりをしながら下山。M夫人も一緒に

by tarumae-yama | 2017-07-28 07:43 | 北海道100名山 | Comments(2)

富良野岳~上ホロカメットク山、2017.7.24ーその1ー

十勝岳温泉の登山口から富良野岳までは2時間半の予定だったのだが、三峰山との分岐から富良野岳の頂上まではお花畑となっていて、写真撮影に時間がかかり、結局3時間を超えて頂上到着。

7月7日に登ったとき、頂上直下の斜面をエゾノハクサンイチゲが白く彩っていたのだが、さすがに半月以上経っているから、その斜面はチシマノキンバイソウ?とハクサンボウフウ?が取って代わっていた。
その斜面にはトカチフウロウも多かったし、ポツポツとエゾツツジとナキウサギ、もとい、ウサギギクが混じっていた。

今回は、花の写真をメインにいつもより多く載せたら30枚を超えてしまった(^_^;)
花の名前は自信がないので、あえて写真のみで。

山行記録
十勝岳温泉登山口06:55→富良野岳頂上09:58

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18292246.jpg
f0138096_18302123.jpg
f0138096_18300104.jpg
f0138096_18324316.jpg
f0138096_18325150.jpg
f0138096_18330230.jpg
f0138096_18330610.jpg
f0138096_18331383.jpg
f0138096_18331761.jpg
f0138096_18332274.jpg
f0138096_18332602.jpg
f0138096_18333687.jpg
f0138096_18334006.jpg
f0138096_18334498.jpg
f0138096_18334770.jpg
f0138096_18370670.jpg
f0138096_18370991.jpg
f0138096_18371277.jpg
前方に富良野岳頂上部
f0138096_18371690.jpg
f0138096_18372573.jpg
f0138096_18372896.jpg
f0138096_18373288.jpg
f0138096_18373582.jpg
f0138096_18374487.jpg
f0138096_18374842.jpg
f0138096_18375215.jpg
f0138096_18375414.jpg
富良野岳の頂上から、左上に前富良野岳
f0138096_18380413.jpg
中央左に旭岳など
f0138096_18380707.jpg
中央の上に富良野岳頂上
f0138096_18381198.jpg
旭岳をアップで、右端は黒岳か?
f0138096_18381503.jpg

by tarumae-yama | 2017-07-26 07:54 | 北海道100名山 | Comments(4)

富良野岳~上ホロカメットク山、2017.7.24ー速報版ー

池田のYさんにM夫妻の4名でタイトルの山に登ってきた。
7月7日に登ったときと比べ花は様変わりしていたが、それでも種類も株数も多くて楽しめた。

枚数が多く、写真を丹念に吟味する余裕は、疲れのためないけれど、とりあえず速報版として10枚ほどアップしようと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_23321408.jpg
中央に十勝岳、M夫人の足の間に旭岳が望める
f0138096_23322051.jpg
ヨツバシオガマを前景に同行者
f0138096_23322378.jpg
エゾツツジ
f0138096_23322838.jpg
イワギキョウ
f0138096_23323656.jpg
同上
f0138096_23324073.jpg
Mさんとエゾツガザクラ?
f0138096_23324337.jpg
エゾコザクラ
f0138096_23324669.jpg
同上
f0138096_23325591.jpg
富良野岳頂上の同行者
f0138096_23325889.jpg
富良野岳から下山中、5月22日エベレストの登頂を果たしたOBATAさん(右から2人目)にバッタリ。分岐にザックを置いてきて空身だが、4泊で富良野岳からトムラウシ山経由旭岳まで縦走するそうだ


by tarumae-yama | 2017-07-25 00:21 | 北海道100名山 | Comments(2)

大雪山3色登山、2017.7.13-最終編-

更新したばかりのPC、OSがWindows7から10になっただけでも操作に四苦八苦しているのに、やっとソフトのインストールやデータの移し替えを終え、7の時と同じ環境にしてやれやれだった。

ところが、フリーソフトのどれかが悪さをしたらしく、PCがフリーズしてしまった。
富士通のサポートを受けたが、何と初期化しなくてはならないとのことで、この3日間の苦労は何だったのかとがっくり!!

そんなトラブルがあったため、大雪山の最終編は作成の気力がまるで湧かない。
とりあえず写真の選択は終えたので、山報告は手を抜き写真だけでもアップしたい。

山行記録
緑岳11:47→小泉岳12:41→赤岳13:03→登山口14:41

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20591748.jpg
f0138096_20595715.jpg
同行のAさんから冷えたパイナップルとミニトマトをごちそうになる
f0138096_21000714.jpg
f0138096_21001358.jpg
緑岳から赤岳へ
f0138096_21002056.jpg
f0138096_21002714.jpg
意外に赤岳までが遠い
f0138096_21003456.jpg
f0138096_21003800.jpg
振り返ると緑岳と手前のピークの間にトムラウシ山が
f0138096_21004799.jpg
f0138096_21005437.jpg
f0138096_21010144.jpg
f0138096_21010408.jpg
本州からのツアー登山者がやってきた
f0138096_21011179.jpg
f0138096_21011651.jpg
f0138096_21012339.jpg
f0138096_21012827.jpg
チョウノスケはぎりぎり間に合った感じ
f0138096_21013875.jpg
f0138096_21014292.jpg
f0138096_21015081.jpg
クモマユキノシタ、この花も好きな一つ
f0138096_21015974.jpg
f0138096_21020527.jpg
f0138096_21021619.jpg
f0138096_21022361.jpg
f0138096_21022855.jpg
朝より車が増えている。私の赤い車が見える

by tarumae-yama | 2017-07-23 07:25 | 北海道100名山 | Comments(2)

大雪山3色登山、2017.7.13-同行者からの写真-

大雪山の記事が続くけれど、今日は同行者から送られて来た写真を紹介したい。
f0138096_20560017.jpg
f0138096_20563724.jpg
f0138096_20570325.jpg
f0138096_20570817.jpg
f0138096_20572255.jpg
f0138096_20572849.jpg
f0138096_20573656.jpg
f0138096_20574369.jpg
f0138096_20575509.jpg
f0138096_20575900.jpg
写真は全て池田のYさん撮影(8枚目を除く)

by tarumae-yama | 2017-07-22 07:09 | 北海道100名山 | Comments(0)

大雪山3色登山、2017.7.13-その3-

白雲岳の頂上から裏旭のゼブラ模様をクリアに見ることが出来たし、ヨコヤマリンドウにも出会って、我々は大満足で3色登山最後の緑岳に避難小屋経由で向かった。

平日と言う事で、小屋もテン場もひっそりとしていた。
もっともこれは小屋に到着したのが10時半頃だから、前泊組はとっくに出発しただろうし、今日宿泊の登山者はまだ到着には早いだろうから、ひっそりとしているのが当たり前とは思う。

小屋で大休止(?)の後緑岳に向かったのだが、分岐の先で札幌のA木さんにお会いしたのには驚いた。
広大とはいえ、大雪山で知人とスライドしたのは今までに4,5回経験しているから、本当に山の世界は狭いとつくづく思う。

山行記録
白雲岳09:30→避難小屋10:36~10:44→緑岳11:26

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20172664.jpg
白雲岳から緑岳に向かう
f0138096_20173197.jpg
f0138096_20174041.jpg
中央付近に黒岳が見える
f0138096_20174679.jpg
f0138096_20175477.jpg
f0138096_20180140.jpg
f0138096_20180966.jpg
f0138096_20181490.jpg
キバナシャクナゲの上にイワウメの群落
f0138096_20182191.jpg
左上に避難小屋が見える
f0138096_20182686.jpg
f0138096_20183392.jpg
f0138096_20183914.jpg
f0138096_20184757.jpg
f0138096_20185101.jpg
f0138096_20185976.jpg
雪渓の上に3人の登山者
f0138096_20190462.jpg
バックに避難小屋
f0138096_20191282.jpg
f0138096_20191702.jpg
f0138096_20192561.jpg
f0138096_20193126.jpg
我々を撮影するA木さん
f0138096_20193905.jpg
緑岳の頂上標識が見えてきた。右にトムラウシ山
f0138096_20194412.jpg
f0138096_20294017.jpg
緑岳頂上の同行者。中央に裏旭岳、旭岳は裏旭岳の奥に重なっていて分かりづらい

by tarumae-yama | 2017-07-21 06:55 | 北海道100名山 | Comments(0)

風不死岳、2017.7.19

25km以上歩いた暑寒別岳の時でさえ筋肉痛は1日で回復したのに、先日の中天狗岳での筋肉痛は4日経っても和らぐ気配がない。
特に、両腕の痛みはいまだに痙攣しているような不快感がある。

そんな訳で、リハビリのために風不死岳に登ってきた。
来月利尻山と礼文岳に登るというIさんも、そのためのトレーニングということで私に付き合ってくれた。

ずっとガスの中で、下山時は雨も混じったから、登山靴の中は登山道脇の枝葉の水滴まで加わって悲惨な状況になってしまった。
それでも、山歩きは心わくわくするものがあって楽しいと感じる。

お花畑コースのタルマエソウの花は落下している株も多く、見頃は過ぎつつあるように見えた。
悪天だったので、樽前山には寄らなかったけれど、外輪山周辺が今タルマエソウの見頃なのかも知れない。

案外イワキキョウが目についた。
この花とネジバナを見ると、山はもう初秋を向かえつつあるという気分になる。
f0138096_22351625.jpg
クモの巣に付いた水滴
f0138096_22352447.jpg
水滴と上にタルマエソウ
f0138096_22353230.jpg
お花畑コースのタルマエソウはピークを過ぎつつある
f0138096_22353818.jpg
オニノヤガラを撮影中のIさん
f0138096_22361815.jpg
鎖場
f0138096_22362209.jpg
アザミ
f0138096_22362937.jpg
アザミをアップで
f0138096_22363545.jpg
ニセピーク
f0138096_22365806.jpg
頂上のIさん。風不死岳は初登頂とのこと
f0138096_22370280.jpg
同上、支笏湖は全く見えず。カメラはIさんのスマホで
f0138096_22371019.jpg
頂上でIさん手作りのバナナケーキをご馳走になる
f0138096_22371658.jpg
下山時のお花畑。もうエゾイソツツジもマルバシモツケも完全に花が終わってしまった
f0138096_22372471.jpg
一瞬、支笏湖が見えた
f0138096_22372933.jpg
無事下山


by tarumae-yama | 2017-07-20 07:41 | 北海道100名山 | Comments(2)

大雪山3色登山、2017.7.13-その2-

赤岳まで登ってしまえば、後は高低差は大したことがないから、雄大な景色と広大な花畑の沢山の花を愉しみながら白雲岳へ。

板垣新道から緑岳を先に登るか一寸迷ったけれど、先憂後楽の言葉どおり元気なうちに白雲岳に登った方が下山時楽が出来そうな気がした。
それに白雲小屋近くの水場で早めに冷たい水も補給出来る事だし。

赤岳から先は、何度も書いたけれど、楽しみにしていたウルップソウは殆ど終わっていた。
キバナノシオガマも1番美しい時期を越えたように見えた。
もう一つの楽しみだった白雲平のチングルマも盛りを過ぎようとしていた。
それでも、まだまだ十分見応えがあったし、チングルマとエゾノツガザクラとの競演は素晴らしかった。

昔、初めて訪れた白雲平で見たチングルマ等の大群落に大変感動したものだ。
その感動を妻とまた一緒に味わいたくて10日程経って再訪したときは、見るも無惨と言うべきか、ただの草原状態でガッカリした記憶が鮮明だ。

それにしても、今は当時ほどの感激がないのは、感性が衰えたのか、それとも花畑そのものの規模が小さくなっている?からなのだろうか・・・、多分前者なのだろう。

山行記録
赤岳07:36→小泉岳分岐08:07→白雲岳分岐08:18→白雲岳09:00
f0138096_18290187.jpg
f0138096_18290896.jpg
チョウノスケソウもそろそろ終わりに近い印象
f0138096_18292121.jpg
f0138096_18292521.jpg
f0138096_18293152.jpg
f0138096_18293939.jpg
f0138096_18294732.jpg
f0138096_18295111.jpg
左端にトムラウシ山
f0138096_18295807.jpg
f0138096_18300387.jpg
f0138096_18305617.jpg
f0138096_18310148.jpg
f0138096_18310703.jpg
左上に白雲頂上部
f0138096_18311299.jpg
f0138096_18312152.jpg
f0138096_18312760.jpg
f0138096_18313525.jpg
f0138096_18314178.jpg
f0138096_18314993.jpg
先行者に撮っていただく
f0138096_18315294.jpg


by tarumae-yama | 2017-07-18 07:18 | 北海道100名山 | Comments(0)

大雪山3色登山、2017.7.13-その1-

入山届に記帳してスタートしたのは5時前だったせいもあり、第1花園の雪渓はまだまだ固く締まっていて、我々はつぼ足だったため、スリップしないよう慎重にトラバースした。

斜面に正対して登るのならそれ程不安はないのだが、傾斜がきついため登山靴の山側のサイドで蹴り込んでも力が加わらないから、どうしても一歩一歩慎重にならざるを得ない。
早朝に登るならまだ6本爪以上のアイゼンを装着した方が安全と思う。

今回の山行で、駒草平のコマクサが今まで訪れた中で一番密度が高いと感じた。
下山時、駒草平でコース整備をしていた男性と話をしたのだが、7月第1週の急な昇温で一斉に開花したそうで、それまではむしろ遅れ気味とのことだった。

そのせいか、期待していたウルップソウの花は殆ど終わっていたし、白雲平のチングルマも花びらを落として綿毛になっているものも多かった。

今年は記録的な猛暑が続いているから、人間同様高山植物もこの暑さに戸惑っているかも知れない。

山行記録
赤岳登山口04:56→第1花園05:26→第2花園05:59→駒草平06:18→赤岳07:24
f0138096_20243751.jpg
第1花園の雪渓。雪解けは例年より遅れている印象だが
f0138096_20245295.jpg
スリップしたら先ず停められない程の急な斜面。奥にニセイカウシュッペ山が見える
f0138096_20251128.jpg
石狩連峰もクッキリ
f0138096_20251648.jpg
中央付近にニペソツ山
f0138096_20252771.jpg
f0138096_20253132.jpg
f0138096_20253945.jpg
f0138096_20254459.jpg
f0138096_20255163.jpg
f0138096_20255603.jpg
f0138096_20260326.jpg
f0138096_20260948.jpg
f0138096_20262274.jpg
f0138096_20262561.jpg
f0138096_20263413.jpg
f0138096_20263820.jpg
f0138096_20264633.jpg
f0138096_20265082.jpg
f0138096_20265835.jpg
f0138096_20270397.jpg
赤岳頂上に到着
f0138096_20271174.jpg
頂上からの眺望。左端に裏旭、右端に北鎮岳。写真の上でクリックすると大きなサイズになります

by tarumae-yama | 2017-07-17 06:59 | 北海道100名山 | Comments(19)