カテゴリ:北海道100名山( 778 )

恵庭岳、2017.6.14

昨日は42回目の結婚記念日。
妻と共に祝ったのは2年前の40回目までだったけれど。

この日、TOMさんからなおさんと3人で定山渓天狗岳にと誘われていたのだが、妻と2人で祝いたかったのでお断りした。

私が恵庭岳に登るときはSさんやH原さんに声をかけることが多いのだが、今回は声をかけず、西峰の頂上で静かに過ごすつもりだった。

だが、そのSさんと登山口の駐車場でバッタリ。
丁度下りて来たところだったのだが、500回達成に向けせっせと登っているご様子。

恵庭岳の花は、ツバメオモト、サンカヨウ、エンレイソウ、シラネアオイ等が殆ど終わりかけていて寂しい状況だった。
今はマイズルソウと2合目辺りにタニウツギが目についた。
第2見晴台から先ではイワウメが最盛期を迎えていた。
今年のイワウメは当たり年かもと思わせるほどあちこちで見かけた。

下山後、同じ千歳に住む友人にお祝いの電話を入れた。
ブログで2,3度紹介していると思うけれど、友人夫婦も私達と同じ昭和50年6月14日に結婚式を挙げたので、この日が42回目の記念日だった。
一緒に街で夕食を摂ろうとなったのだが、結局彼の自宅で奥様の手料理をご馳走になった。

明日の16日は妻の月命日だが、16ヶ月経っても悲しみが薄らぐことはない、さすがに涙することは減ってきたけれど。
ただ、生きることが面倒くさい、全てを投げ出したいと思うことが時々ある。

例え病身であっても妻が生きていれば、こんな捨て鉢な気持ちになることは決してないと思うのだが。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21274988.jpg
4名いた先行者が全て第2見晴台までで下山したため、西峰に行かず本峰の頂上で写真の妻と2人で過ごすことにした。妻の好きだったチーズケーキを用意して
f0138096_21283474.jpg
定番の写真。羊蹄山も見られてラッキー。コバルトブルーのオコタンペ湖が美しい
f0138096_21290482.jpg
頂上から、支笏湖ブルーの支笏湖と奥に風不死岳
f0138096_21304527.jpg
頂上のコメバツガザクラ、もう殆ど終盤
f0138096_21311842.jpg
コメバツガザクラと岩にイワウメ
f0138096_21314996.jpg
イワウメ
f0138096_21321861.jpg
イワウメを入れて支笏湖
f0138096_21330072.jpg
左上に西峰
f0138096_21332727.jpg
岩の割れ目にもイワウメ
f0138096_21334537.jpg
イワウメ
f0138096_21335614.jpg
イワウメ
f0138096_21340506.jpg
これもイワウメ
f0138096_21343297.jpg
頂上岩塔の下のシラネアオイだけは、近くに雪が残っていて今が最盛期
f0138096_21344077.jpg
第2見晴台から支笏湖と紋別岳
f0138096_21345401.jpg
第1見晴台、左下にイワヒゲが見える
f0138096_21350335.jpg
スダヤクシュ
f0138096_21351715.jpg
タニウツギが2合目辺りで見頃
f0138096_21352621.jpg
下山中、スライドした青年2人は能面を着けて。以前大滝の温泉でお会いしている。Facebookの山の会で活躍している様子
f0138096_21354329.jpg
2015年6月14日ポロピナイで撮影。抗がん剤の副作用で妻の髪がかなり抜けて少なくなっている。これが2人で外食した最後になった
f0138096_21355410.jpg
ポロピナイの食堂で妻と注文したチップ料理をシュアして。これも2015年6月14日の撮影
f0138096_21360832.jpg
友人宅で刺身の盛り合わせや手巻き寿司をご馳走になった。他にウナギやステーキも
f0138096_21361878.jpg
ステーキは柔らかくてとても美味しかった
f0138096_21363974.jpg
デザートも付いて。上の3枚は2017年6月14日の撮影

by tarumae-yama | 2017-06-15 07:41 | 北海道100名山 | Comments(15)

徳舜瞥山とホロホロ山、2017.6.7

この時期の登山道は泥濘の所が多いことから長靴で登ったのだが、もう数日で消えそうな残雪が登山道に1,2ヶ所あったのみだった。

予想に反して概ね登山道は乾いていたから、登山靴の方が良かった。
同行者はもちろん、我々の直後に函館から20名ほどの団体さんが登ってきたが、やはり皆さん登山靴だった。

調子が良ければ徳舜瞥山の頂上まで1時間半程度で登れるのだが、風邪のため体調が良くなかったのと、9合目辺りでタカネザクラが咲いていたため花の撮影に時間を取られ、頂上まで2時間15分もかかってしまった。

花の種類はそこそこ多かったけれど、楽しみにしていたキバナシャクナゲは、花が少なかったのとピークを少し過ぎていて残念だった。

山行記録
登山口08:36→徳舜瞥山10:51~11:30(昼食)→ホロホロ山12:14~12:30→徳舜瞥山13:00~13:28→登山口15:16
f0138096_09372692.jpg
支笏湖をバックにホロホロ山頂上で同行者を撮影
f0138096_09375791.jpg
岩の上のM夫妻
f0138096_09380612.jpg
ミツバオウレン
f0138096_09383494.jpg
サンカヨウ
f0138096_09384162.jpg
タカネザクラ
f0138096_09385294.jpg
コヨウラクツヅジ
f0138096_09410371.jpg
中央に有珠山、有珠山の後ろは雲海
f0138096_09410909.jpg
羊蹄山と右端近くに定山渓天狗岳
f0138096_09411859.jpg
中央に恵庭岳、その右に支笏湖
f0138096_09412389.jpg
ミヤマアズマギク
f0138096_09413377.jpg
タカネザクラを入れて羊蹄山
f0138096_09413795.jpg
ミヤマキンバイ?
f0138096_09415655.jpg
岩の上のMさん、バックにホロホロ山
f0138096_09441344.jpg
f0138096_09441786.jpg
f0138096_09442608.jpg
イワベンケイを入れてSさんとM夫人
f0138096_09443019.jpg
チングルマを入れて
f0138096_09444747.jpg
f0138096_09445299.jpg
上の2枚、イワウメ

f0138096_09450157.jpg
左上に徳舜瞥山
f0138096_09450789.jpg
シラネアオイ


by tarumae-yama | 2017-06-11 09:58 | 北海道100名山 | Comments(3)

徳舜瞥山とホロホロ山、2017.6.7-同行者からの写真-

バタバタしていてブログ用の写真を選ぶ時間が取れないため、SさんとM夫妻から送られて来た写真を先に紹介したい。
f0138096_19232715.jpg
f0138096_19240988.jpg
f0138096_19241023.jpg
上の3枚はSさんの撮影
f0138096_19243052.jpg
f0138096_19243559.jpg
f0138096_19244642.jpg
f0138096_19245283.jpg
f0138096_19251265.jpg
f0138096_19251716.jpg
上の6枚はMさんの撮影

by tarumae-yama | 2017-06-10 07:18 | 北海道100名山 | Comments(0)

徳舜瞥山とホロホロ山、2017.6.7-速報版-

今日は、徳舜瞥山とホロホロ山の二つのピークを踏んだ。
まあまあの天気と眺望と沢山の花に恵まれ、満足の山行だった。

だが、風邪のため体力が落ちているのに、昨日の樽前山に続いての山だったから、さすがに身体はしんどかった。

とりあえず、速報版として写真を数枚載せた。
山報告は、樽前山の分を終えた後にアップしたい。
f0138096_23391363.jpg
ミヤマキンバイ?を入れて、バックにホロホロ山
f0138096_23391940.jpg
頂上で全員の記念撮影。バックに羊蹄山
f0138096_23392876.jpg
徳舜瞥山、右端に羊蹄山
f0138096_23393394.jpg
徳舜瞥山の頂上でボルトポーズ、バックに羊蹄山。我々のパワーが江別まで届いたのなら嬉しい
f0138096_23394302.jpg
シラネアオイを入れて奥に徳舜瞥山
f0138096_23394851.jpg
キバナシャクナゲと中央に恵庭岳と支笏湖
f0138096_23395982.jpg
チングルマが最盛期だった

by tarumae-yama | 2017-06-08 00:09 | 北海道100名山 | Comments(2)

恵庭岳、2017.5.30-同行者からの写真-

先日の恵庭岳を一緒したSさんとM夫妻から写真が送られて来たので、それを紹介して恵庭岳編を終えようと思う。
f0138096_13515216.jpg
スタート直後、M夫人と
f0138096_13520800.jpg
アオダイショウを捕まえたMさん
f0138096_13522367.jpg
ヒダカエンレイソウ
f0138096_13523251.jpg
f0138096_13524710.jpg
西峰の頂上にて、OKUさんとM夫妻は昨年山を一緒していて顔見知り
f0138096_13525489.jpg
恵庭岳本峰の頂上にて、ポッケさんと。上の6枚はSさんの撮影
f0138096_13532894.jpg
f0138096_13533272.jpg
f0138096_13533946.jpg
f0138096_13534323.jpg
頂上岩塔のロープ場
f0138096_13535175.jpg
M夫妻とポッケさんは初対面だが、私のブログを通じてお互いのことを知っていた。上の5枚はM夫妻撮影

by tarumae-yama | 2017-06-06 07:43 | 北海道100名山 | Comments(0)

恵庭岳、2017.5.30-その2-

西峰から本峰に向かう前にM夫妻はジャンダルムに登ると言うので、私は本峰の頂上から2人を撮影する事に。

その本峰の頂上にポッケさんがいたのには驚いた。
ブログの更新がずっと滞っていたので心配していたのだが、先日大千軒岳に登って来たと言うから、北海道100名山をメインに継続して登っている様子に安心した。

1年半ぶりの再会に話が尽きず、下山後丸駒温泉へ一緒に行き、更に恵庭の「ステーキハウス宮」でM夫妻も加わって夕食を摂り、談笑の2時間だった。

ポッケさんのブログを紹介しようと思う。
そのうち恵庭岳の記事がアップされるだろうから、気長に待っていただければ!??↓
写真の上でクリックすると大きくなります。

f0138096_21094737.jpg
ジャンダルムに登るM夫妻

f0138096_21095888.jpg
同上
f0138096_21101199.jpg
Sさんもジャンダルムへ
f0138096_21101727.jpg
SさんとM夫人、Mさんは後ろで花を撮っているのか
f0138096_21103128.jpg
本峰の頂上でOKUさんとポッケさんも入れて
f0138096_21103674.jpg
私も入って
f0138096_21104909.jpg
無事下山
f0138096_21105457.jpg
「ステーキハウス宮」で夕食を一緒に(^o^)

by tarumae-yama | 2017-06-05 08:16 | 北海道100名山 | Comments(4)

恵庭岳、2017.5.30-その1-

5月1日に登って以来ほぼ一月ぶりの恵庭岳だが、前回は北東尾根からスノーシューを使ったので、まだ冬山という状況だった。

今年初めて登山道を歩いたけれど、頂上近くの北斜面以外雪は皆無で、夏靴で全く問題なかった。
色々と花は多く、気温が高かったため虫も活発に飛び回ってすでに夏山だった。

今回、岩塔からの落石の危険を避けるため、迂回路から先に西峰を登り、その後ジャンダルムの南側を回り込んで本峰に取り付いた。

5月1日も同じルートで本峰の頂上岩塔に立ったのだが、その時は岩塔の基部まで残雪がたっぷりで大して苦労することもなかったけれど、今回はハイマツなど灌木が少々煩わしかった。

晴天下、眺望にも恵まれて沢山の写真を撮ったので、恵庭岳は2回に分けて紹介しようと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_11340702.jpg
6合目付近のシラネアオイ
f0138096_11341811.jpg
ツバメオモト
f0138096_11342791.jpg
第1見晴台でボルトポーズ
f0138096_11343301.jpg
ヒダカエンレイソウ
f0138096_11344194.jpg
サンカヨウ
f0138096_11344602.jpg
第2見晴台でナタを持つSさん
f0138096_11345460.jpg
第2見晴台でM夫人
f0138096_11345801.jpg
羊蹄山をアップで
f0138096_11350533.jpg
アーチの木の付近でM夫人、前景にシラネアオイ
f0138096_11350981.jpg
シラネアオイと奥に西峰
f0138096_11351667.jpg
西峰から奥に本峰の頂上岩塔
f0138096_11352174.jpg
西峰からオコタンペ湖、左上に羊蹄山も見える
f0138096_11352955.jpg
西峰の頂上の同行者
f0138096_11353484.jpg
中央に漁岳、奥に余市岳なども見える
f0138096_11354129.jpg
西峰のコメバツガザクラ
f0138096_11354695.jpg
白いシラネアオイを撮影中のSさん
f0138096_11355491.jpg
白いシラネアオイ
f0138096_11355849.jpg
シラネアオイを入れて支笏湖と奥に風不死岳
f0138096_11360617.jpg
西峰から本峰の頂上岩塔へ、本峰の頂上でOKUさんが両手を挙げている

by tarumae-yama | 2017-06-03 07:33 | 北海道100名山 | Comments(2)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -番外編-

話は少し古くなったけれど、5月20日の旧道からの芦別岳は、11年前のGWに登った知床岳に匹敵するほど長時間の歩きだった。

今回は、キャンプ場の駐車場から頂上まで8時間50分もかかった。
ただ、旧道コースは変化に富んでいてとても魅力的だったので、せめて5,6時間で頂上に立てるなら再挑戦しても良いかとも思う。
とは言うものの、何カ所もある高巻きは滑落の危険があるし、何より恐怖の丸太渡りがあるので腰が重いけれど。

それで、うんざりするほど長い旧道歩き中に思ったのだが、2日前にAさんと登った槙柏山のルートを使って芦別岳の北尾根に乗れば高巻きする所がない分ずっと安全だし、丸太渡りの恐怖もない。
時間も北尾根まで3時間少々で着くだろう。

旧道コースだと5時間以上かかったから、その先も長いことを考えれば、2時間の差は肉体的精神的に大きな意味があると思う。

多分、旧道の最大の魅力は、北尾根から見る芦別岳の格好良さと周囲の景色の雄大さだろう。
それなら、途中の沢を詰めるのは、槙柏山の十八番川だろうと旧道のユウフレ川だろうと拘ることはないのではないか。

ただ、この槙柏山のルートの欠点は、多分残雪期限定であるのと、下山に使う新道コースの登山口から槙柏山の駐車地点までの約5kmの足をどうするかという点。

来春、Aさんとこのルートで芦別岳に登れるなら嬉しい。
f0138096_14041842.jpg
2017年5月20日、芦別岳でのGPSの軌跡
f0138096_14042644.jpg
2017年5月18日槙柏山のGPSの軌跡
f0138096_14043600.jpg
上の二つの地形図を並べてみた。地形図の上でクリックすると大きくなります。
上の二枚の地形図を見ると、芦別岳新道コースの登山口から槙柏山の車を停めた場所までは約5km。
槙柏山に登った時の最終地点から芦別岳の登山道まではあと300mほどの距離だった


by tarumae-yama | 2017-06-01 07:34 | 北海道100名山 | Comments(3)

恵庭岳でビックリの出会いが複数、2017.5.30

晴天の下、何時ものSさんとM夫妻の4名で恵庭岳の西峰と本峰に登ってきた。
平日なのに、すでに登山口の駐車場には数台停まっていて、下山時はほぼ満車状態だった。
いよいよ夏山シーズン本番ということだろうか。

今日は山で4名もの知人や山友に会ってビックリだった。
1人目は、駐車場に到着した時、スタートしようとしていたソロの男性で、ヤマップでお馴染みのOKUさんだった。
前にも紹介したけれど、昨年の3月に白老岳を一緒している。
そして、今年の4月9日、漁岳の林道から尾根に取り付く地点で再会し、そこから行動を共にした。

2人目は、本峰の頂上で声をかけてきた男性だが、何とあいの里で動物病院を経営しているポッケさんだった。
彼とは以前、樽前山や狩場山などに二人で登っていて、最後に一緒したのは2年前の12月8日、今日一緒のSさんと3人で登った恵庭岳だった。
その時は、積雪が深く時間切れで頂上まで行けなかった。
ポッケさんは今日、ようやく恵庭岳の頂上に立ったそうだ。

3人目は、第2見晴台付近でスライドした女性で、アウトドア専門店に勤務するMさんだった。
彼女とは山ではなく、山友のH原さんと行った「バードカフェ」で会っている。
調べてみると、それは今年の2月8日のことだった。
カフェでMさんとは野鳥や山の話題になったけれど、まさか4ヶ月も経たず山で再会するとは思いもしなかった。

4人目は、第1見晴台で休んでいたY夫人だった。
以前、風不死岳や七条大滝で会っていて、最近では今年の4月25日、漁岳でお会いしている。
私達夫婦は、昔から支笏湖温泉街に住む御主人のYさんにお世話になっていた。
そして、下山後の温泉でそのYさんにバッタリだった。
どうやら、山からY夫人が私に会ったことと温泉に行くようだとYさんに連絡を入れていたらしい。

支笏湖周辺の山には数多く登っているから、山で知人とスライドするのは珍しくはないけれど、それにしても一日に4組も出会うのはさすがに驚きだった。
f0138096_21521573.jpg
西峰の頂上にて、右からOKUさん、M夫人、Mさん、Sさん、本州から来た登山者
f0138096_21522949.jpg
本峰頂上のポッケさん、バックにジャンダルムの同行者
f0138096_21533618.jpg
アウトドア専門店に勤務するMさんと右にMさん
f0138096_21525967.jpg
Y夫人とSさん。第1見晴台にて。Y夫人は顔出しはNGなので
f0138096_21541767.jpg
ジャンダルムの上でボルトポーズのM夫妻。江別のJさんまで届け!
f0138096_21543131.jpg
定番の写真。コバルトブルーのオコタンペ湖が綺麗。羊蹄山も何とか見える。
写真の上でクリックすると大きくなります
f0138096_21552039.jpg
西峰と本峰へのコルで昼食中の同行者。斜面に群生するシラネアオイを入れて


by tarumae-yama | 2017-05-31 00:03 | 北海道100名山 | Comments(8)

旧道から芦別岳、2017.5.20 -同行者からの写真-

今日は、芦別岳に声をかけていただいたi-tomoさんから送られて来た写真を紹介しようと思う。
彼は2台のカメラを使っていたこともあり、アップした写真は時系列にはなっていない(^^;)
f0138096_09255782.jpeg
f0138096_09262713.jpeg
f0138096_09272155.jpeg
f0138096_09272546.jpeg
f0138096_09273246.jpeg
f0138096_09273555.jpeg
f0138096_09274347.jpeg
f0138096_09274735.jpeg
f0138096_09275781.jpeg


by tarumae-yama | 2017-05-28 07:22 | 北海道100名山 | Comments(0)