カテゴリ:北海道100名山( 859 )

恵庭岳登山道の状況、2017.12.14

私が樽前山に登った同じ日、503回目?となる恵庭岳にSさんもソロで登っていた。
そのSさんから電話の他にメールと写真で登山道の状況を教えていただいた。

夏なら1時間少々で登る第1見晴台まで何と4時間半もかかったとのこと。
窪地になっている所や傾斜のきつい所では胸まで雪があったらしい。
そのような場所を突破するのは、経験した人なら分かると思うけれど、とても時間と体力を使う。

私なら早々に撤退するところだが、さすがにSさんも心が折れかけたらしい。
それでも写真を見ると、第1見晴台を越えて8合目まで登ったようだからビックリ。

昨年の同じ頃ならまだそれほど苦労することなく第1見晴台まで行けたのだが、今年は積雪が多くもう夏道は無理とのこと。

次回は私も加わって21日に4人で恵庭岳の予定だが、だからその時は北東尾根を使おうとなった。

北東尾根も最初からラッセルになると思うけれど、4人いれば先頭を交代しながら何とか登頂出来るだろう、多分。
f0138096_11042635.jpg
積雪の深いところは胸まであったそうだ
f0138096_11044948.jpg
f0138096_11033831.jpg
だ1見晴台?から、正面に頂上岩塔
f0138096_11034138.jpg
頂上岩塔付近の樹氷が奇麗だ
f0138096_11034420.jpg
第1見晴台。写真は全てSさんから送られてきたもの。2017年12月14日撮影

by tarumae-yama | 2017-12-16 07:56 | 北海道100名山 | Comments(0)

風不死岳北尾根、2017.12.7ー同行者からの写真ー

同行者のとんこさん、owliverさん、コトラさんそれぞれがスマホの他にデジカメを持参していた。
オリンパス、ペンタックス、ニコンとメーカーはバラバラだったけれど、全員が防水カメラだった。
これからの時期、雪に見舞われることが多いし、寒さにも強い防水カメラは冬山をやる者には必須アイテムだと思う。(私も予備用としてとんこさんと同じ機種を年中携行している。)

ただ、見ていると撮影スタイルは三人三様で面白かった。
コトラさんはカメラを取り出す頻度が少なく、owliverさんは撮りまくっていて、私に一番似ているかも知れない。
もちろん、彼女のスタイルを「下手な鉄砲・・・・」と言っている訳ではない。
1枚撮影するのに私よりずっと時間をかけていたと思う。

ともあれ、同行者から送られてきた写真を紹介したい。
f0138096_16433680.jpg
f0138096_16440754.jpg
先行者に撮っていただく
f0138096_16443801.jpg
上の3枚はとんこさんから送られてきた写真
f0138096_16461243.jpg
f0138096_16462656.jpg
上の2枚はowliverさんの撮影
f0138096_16465745.jpg
f0138096_16465785.jpg
上の2枚はコトラさん撮影



by tarumae-yama | 2017-12-10 06:42 | 北海道100名山 | Comments(2)

風不死岳北尾根、2017.12.7

スノーシューは持参したけれど、前日のヤマップの報告とこの日の林道の積雪状況からアイゼンだけで登れると判断した。

ということで、スノーシューを車に残し、駐車場からアイゼンを装着してスタート。
7合目辺りから強風のためトレースが消え膝くらいまで埋まるところがあったけれど、距離的に無視できるほど。
むしろ、軽い雪だからラッセルが気持ちよい。

なんと言っても、この辺りから現れる樹氷が、青空をバックに白く輝いて神々しいほど美しい!
視線を足下から転じると、支笏湖ブルーの支笏湖と、岩塔をてっぺんに乗せた対岸の恵庭岳の青白のコントラストも素晴らしい!

山に登らなければ見られない景色がそこに広がっていて、つくづく健康であることの倖せを鼻水をすすりながら思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_11244323.jpg
f0138096_11251991.jpg
f0138096_11251272.jpg
我々のすぐ先に同時にスタートしたソロの男性。抜いたり抜かれたり
f0138096_11254086.jpg
f0138096_11254315.jpg
f0138096_11254668.jpg
白老三山や徳舜瞥山、ホロホロ山などが見える
f0138096_11255076.jpg
無風の頂上で昼食中の同行者
f0138096_11255525.jpg
f0138096_11260388.jpg
f0138096_11264631.jpg
支笏湖を眼下に下山開始
f0138096_11265151.jpg
f0138096_11265599.jpg
f0138096_11265835.jpg
f0138096_11271021.jpg
f0138096_11271434.jpg
f0138096_11271864.jpg
千歳山岳遭難救助隊のTさんと後ろに支笏湖温泉街に住むYさん。このお二人には漁岳や恵庭岳などで何度かスライドしている。Yさんは顔出しNGなので後ろ姿を撮影。Yさんはとんこさんとも顔見知りらしい。右端は同行者のコトラさん
f0138096_11272189.jpg
林道に出たところで、つめちゃんさん(左端)が登って来た。皆さん山を一緒するヤマップの仲間で嬉しそうに話をしていた。つめちゃんさんとは7月下旬、N君達と藻岩山ご来光登山をしたときに初めて一緒した

by tarumae-yama | 2017-12-09 11:45 | 北海道100名山 | Comments(0)

風不死岳北尾根、2017.12.7ー速報版ー

今日は、とんこさんと何時も山を一緒しているM夫妻の4名で風不死岳の予定だった。
直前になってとんこさんから、owliverさんとコトラさんをお誘いしても良いかと。
もちろんOKしたのだが、何とラッセル隊長と期待していた強健なMさんが、病欠者に代わって出勤することになったため、夫人ともども急遽不参加となった。

2日前の大雪でまずラッセルは必至だろう。
Mさんの参加がないのなら途中撤退もあり得るため、オコタンペ山への転進をとんこさん達に提案した。
山は一任すると言われた直後、ヤマップに前日登った報告がアップされているととんこさんからLINEが。

そんなことがあって、予定通りトレースが期待できる風不死岳北尾根へ。

とりあえず速報版として写真を数枚アップした。
f0138096_23182944.jpg
この日の千歳の最低気温は5時6分-18.7℃。山に向かう途中、車内の表示は-16℃

f0138096_23183367.jpg
手前、コトラさん、後ろにとんこさん
f0138096_23183679.jpg
朝日を浴びて樹氷が白く輝く。奥に恵庭岳
f0138096_23183994.jpg
支笏湖をバックにowliverさん
f0138096_23184716.jpg
同上。前にコトラさん。分かりにくいけれど下にとんこさん
f0138096_23185157.jpg
アイゼンで急斜面を登るとんこさん(前)とコトラさん
f0138096_23185582.jpg
頂上到着



by tarumae-yama | 2017-12-08 00:21 | 北海道100名山 | Comments(4)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ー同行者からの写真ー

恵庭岳の同行者から送られて来た写真を紹介しようと思う。

翌日からの3連休は、低気圧通過後の寒気のせいで一気に気温が下がり風も強まったから、我々は本当にタイミングの良いときに登ることが出来て幸運だった。 
f0138096_14301830.jpg
f0138096_14301970.jpg
f0138096_14302103.jpg
f0138096_14302296.jpg
f0138096_14302325.jpg
f0138096_14302485.jpg
f0138096_14302623.jpg
天狗岩の上でM夫人と
f0138096_14302773.jpg
隊長Oさんと
f0138096_14302951.jpg
Tさんとツーショット。上の9枚はSさんの撮影
f0138096_14351082.jpg
f0138096_14351021.jpg
上の2枚はKさんの撮影
f0138096_14363225.jpg
f0138096_14363923.jpg
f0138096_14364688.jpg
上の3枚はowliverさんの撮影

by tarumae-yama | 2017-11-06 06:47 | 北海道100名山 | Comments(2)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ーその2ー

我々の直前に単独男性が恵庭岳に向かったのだが、その方は、我々が大沢左岸ルートで登っている間に第2見晴台から下山したようで、言葉を交わす機会がなかった。

結局、11月としては穏やかな絶好の山日和だったけれど、我々以外の登山者はその男性のみだった。

そんな訳で、Sさんの500回登頂祝賀登山会は、身内のみのお祝いになってしまい、ちょっと残念だった。

とってつけたようだが、ここで登山道の状況を簡単に。
全員アイゼンを携行した(はず)けれど、前日の暖気と雨のために、先日までしっかりあった雪は殆ど消えていて、登山靴のみで全く問題なかった。
ただ、落ち葉が一杯で登山道を隠している所があるから、前方のピンクテープをしっかり確認し屈曲点を見逃すことのないよう気をつけた方が良いかと、老婆心ながら。

8月にTさんのエベレスト登頂祝賀登山会と、そして今回Sさんの500回登頂祝賀登山会の二つの幹事役を引き受けたけれど、無事終えて今はホッとしている。

少し間が空くけれど、次は羊蹄山登頂100回を目指している山友Mさんの出番だ。
現在95回とのことだから、今年のペースで行くと来年の初夏には達成だろうか。

その時も、幹事役を買って出ようとは思うけれど、羊蹄山に登れるか自信が持てない。
まさか恵庭岳でやってくれとも言えないし(^_^;)
f0138096_23214186.jpg
カメラをザックの上に置いてセルフタイマーで全員の記念撮影
f0138096_23214280.jpg
Kさんの用意したかぶりものを頭にSさん
f0138096_23214259.jpg
第3見晴台へ
f0138096_23214339.jpg
天狗岩の上でボルトポーズのM夫人
f0138096_23214341.jpg
第3見晴台のSさん。中央右の支笏湖が霞んでいる
f0138096_23214475.jpg
今日の主役のSさんとM夫妻
f0138096_23214520.jpg
Tさんと何の話だろう、大笑いのM夫人
f0138096_23214794.jpg
たっぷり1時間以上を過ごし、下山開始
f0138096_23231816.jpg
第2見晴台からオコタンペ湖
f0138096_23232880.jpg
下り専用ロープ場
f0138096_23233264.jpg
f0138096_23234695.jpg
f0138096_23235095.jpg
f0138096_23235319.jpg
無事下山



by tarumae-yama | 2017-11-04 07:27 | 北海道100名山 | Comments(8)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ーその1ー

たびたびSさんとも一緒しているH原さんが仕事で来られなかったのが何とも残念だったけれど、前日KさんからLINEが入り、ヤマップのowliverさんが急遽参加こととなった。

我々と初対面ではあったが、実は私は以前メッセージを送っていて全く縁がなかったわけではない。
想像通り、活力みなぎる魅力的な女性だった。

ともあれ、PM2.5かシベリアの森林火災の影響かと思われるような視界の悪さだったけれど、小春日和の天気に恵まれ、隊長Oさんが見つけた大沢左岸ルートを使って第2見晴台まで気持ちの良い登りだった。

このコースが初めてのKさんとowliverさんはどんな印象を持っただろうか?

写真の上でクリックすると大きくなります。
(ならないのもあるようだ(^_^;))

f0138096_11471731.jpg
登山ポストの横で、左からowliverさん、Kさん、Tさん、M夫人、隊長Oさん、Sさん、Mさん
f0138096_11473144.jpg
f0138096_11480174.jpg
何時もの大岩で登山スタートの儀式
f0138096_11574781.jpg

f0138096_11482204.jpg
今回は、ここから始まる長い迂回ルートを通らず、隊長Oさんの提案で以前の登山道を登ってみることに
f0138096_11482660.jpg
倒木帯を越える所があるけれど、少しずつ倒木の処理が進んでいるようだ
f0138096_11483035.jpg
左からM夫人、隊長Oさん、Tさん
f0138096_11483544.jpg
登り専用ロープ場
f0138096_11484384.jpg
f0138096_11484774.jpg
大沢の左岸に出た
f0138096_11485277.jpg
f0138096_11485530.jpg
f0138096_11490482.jpg
テンションの高いM夫人を見ると、こちらも元気がもらえて嬉しい
f0138096_11490871.jpg
雪だるまを作るMさん
f0138096_11491254.jpg
大沢左岸ルートを登る一行
f0138096_11491527.jpg
f0138096_11492418.jpg
owliverさん(前)とKさん
f0138096_11492749.jpg
f0138096_11493063.jpg
f0138096_11493454.jpg
ここから第2見晴台までは、隊長Oさんが見つけたという新ルートを使う
f0138096_11494290.jpg
左の斜度がきついので、雪が付くと厳しそう
f0138096_11494610.jpg
第2見晴台は目前
f0138096_11495377.jpg
プリザードフラワーに付けるカードに日付を入れるTさん


by tarumae-yama | 2017-11-03 12:08 | 北海道100名山 | Comments(7)

Sさん、恵庭岳登頂500回!、2017.11.2ー速報版ー

Sさんの恵庭岳登頂が今日で500回に達した。
そこで、山友7名が一緒に第2見晴台(暫定頂上)まで登り、祝賀会を開催した。

素晴らしい青空に恵まれ、その上風もなく温かで、まるでSさんの偉業を祝福しているような天気だった。

とりあえず、速報版として写真を4枚アップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20100059.jpg
第2見晴台にて
f0138096_20100037.jpg
TさんからSさんにプリザードフラワーの贈呈
f0138096_20100079.jpg
美女群に囲まれて嬉しそうなSさん
f0138096_20100160.jpg
天狗岩の上でJさんに贈るボルトポーズ。SさんとM夫妻


by tarumae-yama | 2017-11-02 20:13 | 北海道100名山 | Comments(10)

恵庭岳西峰、2017.10.26ー同行者からの写真ー

一昨日は町内会の秋の大掃除に参加した。
久しぶりにお目にかかる方も多く、自分のことを棚に上げ、皆さん高齢になったなと感じた。
中に最近配偶者を亡くした方が参加していたけれど、急に老けたように見えた。
もしかして、私もそう見られていたのかも。

タイトルとは関係のない話になった(^_^;)

恵庭岳の同行者からの写真を紹介したい。
f0138096_12035419.jpg
f0138096_12040951.jpg
f0138096_12045551.jpg
大沢左岸ルート
f0138096_12052497.jpg
第2見晴台
f0138096_12064310.jpg
同じところで、日高門別からやってきたソロの男性と
f0138096_12065816.jpg
上の6枚は、Sさんの撮影
f0138096_12133836.jpg
登り専用ロープ場
f0138096_12134239.jpg
登山道を外れ、大沢左岸ルートに向かう
f0138096_12134663.jpg
f0138096_12135052.jpg
f0138096_12141517.jpg
f0138096_12141967.jpg
f0138096_12142527.jpg
第2見晴台にて
f0138096_12143005.jpg
西峰に向かう
f0138096_12143394.jpg
西峰の頂上直下。上の9枚はMさんの撮影

by tarumae-yama | 2017-10-31 07:24 | 北海道100名山 | Comments(0)

恵庭岳西峰、2017.10.26

第1見晴台から先は積雪状態で一部凍っていて滑りやすくなっているところもあったけれど、携行のアイゼンを使うまでもなかった。

今回、8時にスタートした時点では我々が最初の登山者だったのだが、大沢左岸ルートをソロの男性が力強い足取りで近づいてきた。
追いつかれることはなかったけれど、帰宅して写真を拡大してみると、恵庭岳を何度も一緒している知人らしく、ヤマレコを見て確信した。
ただ、我々が西峰に行っている間に下山したようで、挨拶は叶わなかった。

恵庭岳は今年になって15回目だが、西峰の頂上に立ったのは8月1日以来のこと。
どうやら関係機関は、崩落の危険が増してきた本峰の頂上から西峰の方に登山者を誘導しようとしているのか、スリップしやすいところに新たに2カ所トラロープを設置していて、西峰はより登りやすくなっていた。
f0138096_21205739.jpg
f0138096_21210303.jpg
登り専用ロープ場を登るMさん
f0138096_21210641.jpg
登り専用ロープ場のM夫人。まだ雪がなく、ロープも凍っていない
f0138096_21211303.jpg
登山道から外れ、大沢左岸へ向かう同行者
f0138096_21212401.jpg
大沢左岸ルートを行く同行者。前方に本峰の頂上岩塔が見える
f0138096_21212873.jpg
f0138096_21213282.jpg
f0138096_21213602.jpg
第2見晴台から、ソロの男性が大沢左岸ルートを登ってきている。どうやら恵庭岳を庭のようにしている知人らしい
f0138096_21214874.jpg
第2見晴台から、オコタンペ湖と奥に羊蹄山と尻別岳
f0138096_21215183.jpg
正面に本峰の頂上岩塔
f0138096_21215453.jpg
f0138096_21215891.jpg
西峰に到着のM夫人
f0138096_21220992.jpg
f0138096_21221305.jpg
f0138096_21222112.jpg
f0138096_21222517.jpg
正面に尖った西峰
f0138096_21223339.jpg
f0138096_21223740.jpg
第1見晴台にて
f0138096_21224584.jpg
Jさんは最近私のブログを見ているだろうか?、快復を願って再びボルトポーズの写真を載せた

by tarumae-yama | 2017-10-29 06:58 | 北海道100名山 | Comments(4)