2017年 12月 07日 ( 1 )

オコタンペ山、2017.12.4

ヤマレコを見ると、前日のトレースは登りと下りで異なっているが、下りのコースが一般的だと思う。↓
私は、下りのコース(のトレース)を往復とも使わせてもらった。
ただそのコースは、煩わしい笹を避けるためなのかかなり遠回りしていた。
まだ雪が少なく笹の上の雪も締まっていないため、斜度が少しきつくなると効率的なコース取りが出来なかったのかも。

だが、そのトレースを外して直登気味に登ろうとするとスノーシューが簡単に沈み、かえって体力も時間も奪われてしまう状況だから、忠実にトレースに従うことにした。

尾根に上がってしまえば、後は頂上まで十分な積雪だった。
強風でトレースが消えたところはその先の足跡を探しながら繋いだけれど、経験やルートファインディングの巧拙が試されているようで、この繋ぎが結構楽しい。

上手く雪に隠されたトレースに乗ると、思わずにんまりしてしまう。
外すとスノーシューが急に沈むから、その時は苦笑ものだが。

一部湖面が出ていたものの、真っ白なオコタンペ湖をこの時期に見られるとは思わなかったし、頂上から小漁山、漁岳、北漁岳へと続く白く輝くスカイラインを間近で見られるとも思わなかった。

前日のトレースが残っていたおかげだが、満足感一杯のオコタンペ山だった。

山行記録
ゲート前11:02→尾根取り付き11:17→頂上12:42~13:02(昼食)→道道13:34→ゲート前13:48
f0138096_13245969.jpg
正面にオコタンペ山
f0138096_13251499.jpg
f0138096_13252934.jpg
前日に登った人のトレース
f0138096_13253488.jpg
頂上部に見える2本のトレース。左が登りで右が下りのものだと思う
f0138096_13253989.jpg
f0138096_13254202.jpg
中央上に紋別岳、その左にイチャンコッペ山
f0138096_13255508.jpg
自分の影を写す。奥に札幌市街
f0138096_13255848.jpg
f0138096_13260214.jpg
漁岳。オールラッセルだろうがもう登れそうだ
f0138096_13260576.jpg
左端に小漁山。この冬はこの山からオコタンペ湖を横断したいものだ
f0138096_13261000.jpg
f0138096_13261305.jpg
日が短いから追われるように下山

by tarumae-yama | 2017-12-07 00:31 | 登山 | Comments(2)