2017年 11月 20日 ( 1 )

紋別岳2017.11.19

起床したら、窓外に青空が広がっていたため紋別岳に登ってきた。
札幌方面はライブカメラによると風雪模様だったせいか、登山口の駐車場はやはり天気の良かった苫小牧方面から来た室蘭ナンバーの車ばかりだった。

支笏湖温泉街周辺の降雪はせいぜい2,3cm程度で、むしろ千歳より少なかった。
登山口から頂上まで4849mの距離だが、中間地点までは5~10cmほどの積雪で、4000mを超えると20cmくらいまで増えていたけれど、頂上まで工事関係者の車と思われる轍があり、その上を歩くなら登山靴で全く問題ない。
私はスパイク長靴で登った。

駐車場に到着時は、支笏湖も奥の風不死岳も綺麗に見えていたものの、登り始めると同時に雪雲の襲来ですっかり飲み込まれてしまった。

この日の早朝、日高門別の知人が紋別岳に登っていて、その時は下山まで晴天と眺望に恵まれたらしい。
下に彼のブログをリンクしたから、そちらで楽しんでいただければと思う。↓

山行記録
登りに休憩を含め1時間11分、下りは48分
f0138096_09500877.jpg
登山ポスト辺りの積雪はうっすら状態
f0138096_09501312.jpg
曇っているが紋別岳頂上のアンテナ群は見えている
f0138096_09501737.jpg
恵庭岳も何とか見えている
f0138096_09502115.jpg
晴れていれば青空をバックに樹氷が綺麗だと思う
f0138096_09502692.jpg
樹氷のトンネル。この辺りの積雪は20cmほど
f0138096_09503028.jpg
f0138096_09504525.jpg
f0138096_09504805.jpg
f0138096_09505171.jpg
頂上標識の奥に支笏湖と雲に抱かれた風不死岳、樽前山
f0138096_09505607.jpg
中央のやや上に藻岩山が見える。白い部分はスキー場のコースだろうか
f0138096_09510818.jpg
苫小牧方面は青空が出ているようだ
f0138096_09511360.jpg
紋別岳頂上から
f0138096_09511788.jpg
下山時、駐車場に近づくと青空が出て樽前山の溶岩ドームが見えてきた
f0138096_09512128.jpg
写真は全てオリンパスの防水カメラTG-850で撮影

by tarumae-yama | 2017-11-20 22:36 | 登山 | Comments(0)