2017年 11月 17日 ( 1 )

イチャンコッペ山と幌平山、2017.11.16

モーラップのライブカメラで、恵庭岳が青空をバックにクッキリ映っていたため、朝食後登りに行ってきた。
と言っても、その恵庭岳ではなく隣のイチャンコッペ山だが。

登山道にはうっすらと雪があったけれど、スパイク長靴がとても効果的で頂上まで1時間18分で到着。20年前よりむしろ速いタイムだったのには驚いた。
まあ、殆ど写真を撮らないで黙々と登ったせいもあるとは思う。

頂上で先行者とおしゃべりをしていたら、何と千歳の山友のizumisawaさんが登って来た。
以前にもブログで紹介したけれど、彼の夏は登山以外にもサイクリングやマラソンなど趣味が多く、だから私と山を一緒するのは積雪期のみ(^_^;)
早速、12月からよろしくと挨拶された。

旧反射板ピークで昼食を摂るとのことで、一緒に下山した。
私は車内に昼食を置いてきたため、旧反射板ピークでizumisawaさんと別れ、時間的に余裕があったので、幌平山にも登ってから下山。

しかし、今回の幌平山は、先月の24日に登ったときより大変だった。
想定外にも、まだ雪は殆どなく、うっすらと見える鹿道には中途半端に笹が寝ていて、それに長靴が引っかかり足が攣りそうになった。

更に、笹に積もった雪が丁度胸や顔の高さにあるものだから、払いつつ登ったものの顔や上半身が雪まみれになった。
首からかけていたデジイチも雪まみれ。
一応防滴防塵仕様のカメラだが、パナソニックの防滴仕様はオリンパスのそれと比べるとかなり性能的に劣っている(個人的感想)から、後日しっかり動作するかちょっと心配だ。

それでも、気持ちの良い汗をかいて丸駒温泉では天国だった。
そこでもizumisawaさんとまた一緒になって少々山談義。

山行記録
登山ポスト10:23→旧反射板ピーク11:29→イチャンコッペ山頂上11:41~12:00→旧反射板ピーク12:16→幌平山北東尾根取り付き12:41→幌平山頂上13:10~13:16→幌平山北東尾根取り付き13:31→登山ポスト13:45

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18194393.jpg
幌平山の斜面をトラバース中に、支笏湖と奥に樽前山(左)、風不死岳
f0138096_18195814.jpg
雪を載せたキノコ
f0138096_18210531.jpg
つらら
f0138096_18210941.jpg
雪を載せた笹の奥に旧反射板ピーク

f0138096_18211382.jpg
登山道の霜柱
f0138096_18211711.jpg
旧反射板ピークの手前から支笏湖
f0138096_18212789.jpg
旧反射板ピークの直下をソロの男性が登っている。追いついて挨拶をすると札幌から来たと。イチャンコッペ山には昔から登っているらしい。70歳とのことだが、スタイルが様になっていて惚れ惚れ
f0138096_18213125.jpg
旧反射板ピーク手前から、恵庭岳
f0138096_18213517.jpg
旧反射板ピークから恵庭岳と手前に幌平山。恵庭岳の右の漁岳や小漁山には雪雲がかかっているようだ
f0138096_18213925.jpg
恵庭岳をアップで。温泉に行く途中時駐車場に2台停まっていたから、この時間、第2見晴台辺りに登山者がいるかも
f0138096_18214901.jpg
f0138096_18215237.jpg
支笏湖の奥に太平洋が光っている。上の2枚、イチャンコッペ山頂上の手前から撮影
f0138096_18215678.jpg
頂上標識の奥に紋別岳
f0138096_18215978.jpg
izumisawaさん。1時間で登って来たと。速っ!!
f0138096_18223274.jpg
恵庭岳をバックにizumisawaさん
f0138096_18223648.jpg
旧反射板ピークから
f0138096_18224286.jpg
旧反射板ピークで昼食を摂るというizumisawaさんとここで別れた
f0138096_18224645.jpg
下山時、前を行くのは旧反射板ピークで追いついた70歳の男性
f0138096_18225103.jpg
幌平山北東尾根の取り付き地点
f0138096_18225454.jpg
北東斜面の途中から、奥に紋別岳
f0138096_18230727.jpg
うっすらとある鹿道を笹漕ぎして登る。笹の雪は顔の高さ
f0138096_18231151.jpg
左上に幌平山の頂上標識
f0138096_18231675.jpg
頂上から笹を漕いで恵庭岳に近づく
f0138096_18231905.jpg
幌平山の頂上から支笏湖ブルーの支笏湖

by tarumae-yama | 2017-11-17 07:29 | 登山 | Comments(2)