2017年 10月 29日 ( 1 )

恵庭岳西峰、2017.10.26

第1見晴台から先は積雪状態で一部凍っていて滑りやすくなっているところもあったけれど、携行のアイゼンを使うまでもなかった。

今回、8時にスタートした時点では我々が最初の登山者だったのだが、大沢左岸ルートをソロの男性が力強い足取りで近づいてきた。
追いつかれることはなかったけれど、帰宅して写真を拡大してみると、恵庭岳を何度も一緒している知人らしく、ヤマレコを見て確信した。
ただ、我々が西峰に行っている間に下山したようで、挨拶は叶わなかった。

恵庭岳は今年になって15回目だが、西峰の頂上に立ったのは8月1日以来のこと。
どうやら関係機関は、崩落の危険が増してきた本峰の頂上から西峰の方に登山者を誘導しようとしているのか、スリップしやすいところに新たに2カ所トラロープを設置していて、西峰はより登りやすくなっていた。
f0138096_21205739.jpg
f0138096_21210303.jpg
登り専用ロープ場を登るMさん
f0138096_21210641.jpg
登り専用ロープ場のM夫人。まだ雪がなく、ロープも凍っていない
f0138096_21211303.jpg
登山道から外れ、大沢左岸へ向かう同行者
f0138096_21212401.jpg
大沢左岸ルートを行く同行者。前方に本峰の頂上岩塔が見える
f0138096_21212873.jpg
f0138096_21213282.jpg
f0138096_21213602.jpg
第2見晴台から、ソロの男性が大沢左岸ルートを登ってきている。どうやら恵庭岳を庭のようにしている知人らしい
f0138096_21214874.jpg
第2見晴台から、オコタンペ湖と奥に羊蹄山と尻別岳
f0138096_21215183.jpg
正面に本峰の頂上岩塔
f0138096_21215453.jpg
f0138096_21215891.jpg
西峰に到着のM夫人
f0138096_21220992.jpg
f0138096_21221305.jpg
f0138096_21222112.jpg
f0138096_21222517.jpg
正面に尖った西峰
f0138096_21223339.jpg
f0138096_21223740.jpg
第1見晴台にて
f0138096_21224584.jpg
Jさんは最近私のブログを見ているだろうか?、快復を願って再びボルトポーズの写真を載せた

by tarumae-yama | 2017-10-29 06:58 | 北海道100名山 | Comments(4)