2017年 10月 01日 ( 2 )

札幌岳と朝日岳、2017.9.28ーその2ー

札幌岳からは順調に下山できたので朝日岳も登ったのだが、こちらは紅葉も期待外れなら、頂上からの眺望も樹木に遮られてがっかりだった。

前回朝日岳に登ったのは(4年前の)10月31日で、広葉樹の葉はすでに落ちていてもう少し展望があった。

そんな状況だから、登頂の証拠写真を撮ってすぐに下山して小金湯温泉に向かった。
温泉からは恵庭渓谷経由で帰宅した。
こちらも紅葉にはもう少し間があるようだった。

山行記録
札幌岳登山ポスト09:16→冷水小屋10:25→頂上11:29~11:50(昼食)→冷水小屋12:47→登山ポスト13:36
朝日岳登山ポスト13:50→頂上14:28~14:38→登山ポスト15:05
f0138096_21585507.jpg
f0138096_21590353.jpg
朝日岳頂上標識
f0138096_21591153.jpg
頂上からは樹木に遮られて展望は殆どなかった
f0138096_21591972.jpg
オオカメノキの実
f0138096_21592672.jpg
上の4枚は朝日岳で撮影
f0138096_21595500.jpg
f0138096_22000164.jpg
f0138096_22000893.jpg

f0138096_22001624.jpg
上の4枚は恵庭渓谷白扇の滝
f0138096_22003612.jpg
恵庭市の郊外で、帰宅する頃には快晴の天気になった。右端は恵庭岳。 何れも2017年9月28日の撮影

by tarumae-yama | 2017-10-01 22:14 | 北海道100名山 | Comments(0)

札幌岳と朝日岳、2017.9.28ーその1ー

札幌近郊の山に行こうとすると、交通量の多い札幌の街を通るか少なくともかすめるから、登る前からすでに車の運転にどっと疲れてしまう。

それに定山渓天狗岳にしろ神威岳にしろ、或いは烏帽子岳や砥石山にしろ、樹木に遮られて頂上からは360度の眺望が得られない。
だから風景写真やトレーニング目的なら、わざわざ札幌まで出かけなくても、自宅から近く眺望も良い樽前山や風不死岳、恵庭岳などに向かうことでこと足りる。
もちろん、標高が低くても展望が良い藻岩山や八剣山は好きだが、それは札幌に用事があってのついでに登ることが多い。

そんなことで、札幌岳に登るのは3年半ぶりのことだった。
そのときは、H原さんとシマエナガさんの3人でまだ雪山の4月にワカンを装着して頂上に立った。↓
夏山シーズンの札幌岳となると、山梨から来道したヨッシーさんを案内した7年も前のことになる。
明日札幌岳に登るとブログに書いたため、それを見たH原さんが藻岩山の予定を急遽変更し、札幌岳の頂上に現れてびっくりしたことが懐かしく思い出される。

話が脱線してしまった。

今回の札幌岳の紅葉、途中でスライドした女性二人組に印象を聞いたところ、「まだ薄い!」とのこと。
まあ確かにそうかも知れないけれど、濃くなる前に、月曜日に低気圧が通過後、強い寒気と強風のため一気に落葉してしまわないかと、それが気にかかる。
f0138096_15434808.jpg
冷水小屋の周辺は紅葉が始まっていた
f0138096_15435364.jpg
f0138096_15444169.jpg
f0138096_15444674.jpg
f0138096_15445439.jpg
f0138096_15445875.jpg
中央上に羊蹄山
f0138096_15450258.jpg
f0138096_15450672.jpg
左端に藻岩山、右端に札幌ドーム
f0138096_15451473.jpg
f0138096_15451758.jpg
f0138096_15452013.jpg
中央に羊蹄山
f0138096_15452449.jpg
f0138096_15455937.jpg

f0138096_15460101.jpg
f0138096_15460458.jpg
f0138096_15461346.jpg
f0138096_15461619.jpg
黄葉が綺麗だった

by tarumae-yama | 2017-10-01 04:41 | 北海道100名山 | Comments(0)