2017年 09月 22日 ( 1 )

楓沢から932m峰、2017.9.17

今回参加された札幌のKご夫妻と千歳のIご夫妻は、山で2,3回お会いし、私のブログも見ていたらしい。
そんなことで、楓沢に行きませんかと声をかけたところ、Kご夫妻もIご夫妻も興味を示されたのでご案内することとなった。

外に、恵庭岳をよくご一緒する札幌のSさんと池田町のYさんも加わるはずだったのだが、予定が入り参加できなくなった。

私は11回目の楓沢だから地理的な不安はないのだが、熊スプレーを持っているM夫妻の参加はとても心強い。
今回糞こそ見なかったけれど、足跡を見たからやはりM夫妻がいると安心感が全然違う。

この日は、先行のご夫婦と追いつかれたご夫婦に看護師さんだという4名パーティに挨拶したり遠くに見たりしたが、相変わらず人気の楓沢だと思った。
f0138096_20570108.jpg
f0138096_20570872.jpg
f0138096_20571221.jpg
f0138096_20571635.jpg
f0138096_20572539.jpg
f0138096_20572997.jpg
f0138096_20573444.jpg
f0138096_20574150.jpg
f0138096_20575255.jpg
f0138096_20575708.jpg
f0138096_20580153.jpg
f0138096_20580560.jpg
f0138096_20581853.jpg
苔の回廊を抜け、二股の先で進路に不安げな看護師さんの4名パーティ。Mさんが丁寧に進路と状況を説明。真剣に説明を聞くパーティ
f0138096_20582374.jpg
Mさんの説明に納得したようで、皆さん笑顔!照れたようなMさんの笑顔がおかしい
f0138096_20582764.jpg
沢地形をそのまま進まず、今回はすぐ尾根に取り付いた
f0138096_20583149.jpg
f0138096_20584303.jpg
登山道に合流は目前だが、ガスの中に入った
f0138096_20584827.jpg
樽前山に向かう我々と風不死岳に向かう看護師さんパーティと登山道でスライド
f0138096_20585293.jpg
f0138096_20585657.jpg
932m峰からの下り、強風で帽子が飛ばされそう
f0138096_20590991.jpg
f0138096_20591328.jpg
エゾイソツツジがまだ咲いていた
f0138096_20591857.jpg
f0138096_20592306.jpg
ガスから抜けて支笏湖が見えた
f0138096_20593192.jpg
まだリンドウも咲いていた



by tarumae-yama | 2017-09-22 07:41 | 樽前山 | Comments(0)