2017年 08月 30日 ( 2 )

盤の沢山と八剣山、2017.8.30ー速報版ー

先日樽前山のご来光登山を一緒したAさんとタイトルの山を登ってきた。
八剣山は昨年11月3日以来ほぼ10ヶ月ぶりで、盤の沢山は初登だった。

いろいろな意味で盤の沢山は、千歳から出かけて再登するほどの魅力があるかといえば微妙。
でも、紅葉の時期か残雪期なら印象がガラッと変わるかも知れない。

今回はAさんに案内してもらったけれど、興味を示す山友がいれば紅葉の時期にもう一度登ろうかとも思う。
そんな山友がいればの話だが。

とりあえず、速報版として写真を6枚アップした。
f0138096_17580954.jpg
全体を通して斜面はかなり急
f0138096_17581538.jpg
実際の標高は949mらしい
f0138096_17582076.jpg
盤の沢山頂上から、中央に八剣山
f0138096_17582462.jpg
頂上から札幌岳(中央右上)を見上げるAさん
f0138096_17583028.jpg
八剣山の頂上から、左上に盤の沢山、中央上に札幌岳
f0138096_17583461.jpg
標高は498mしかないのに、八剣山の頂上からの眺望は高度感がたっぷり

by tarumae-yama | 2017-08-30 18:06 | 登山 | Comments(0)

「神さまたちの遊ぶ庭」

昨日、図書館から借りてきた本が面白くて一気に読み終えた。
「羊と森の鋼」で2016年本屋大賞を受賞した宮下奈津氏の「神さまたちの遊ぶ庭」。
f0138096_16280152.jpg

2013年4月、福井市から宮下氏が家族とともにトムラウシに移住し、山村留学を1年間経験した日記風のエッセイ。

全校生徒15名の新得町立富村牛小中学校に転入した、中3、中1の兄弟と小4年長女の学校での出来事をメインに、トムラウシでの生活ぶりが母親の視点からユーモラスに描かれていて、時に笑い時には涙腺を緩めながら読んだ。

本の中では、もっとニヤリやホロッとさせられた記述があるのだが、私は子供達が通う小中学校の校歌について触れた日のことが気に入った。

ちょっと長くなるけれど、その日のことを書いてみる(これは著作権に触れるだろうか?)。

9月某日 仲間
ドライブの途中で、樹海小学校という学校を見つける。仲間だ、と直感する。実際に樹海の中にあるのだ。樹海小学校。うふふ、きっと仲間だ。
 
 山また山や大雪の
 ひるなお暗き密林に

富村牛小中学校の校歌の冒頭である。「山また山」はまだしも、「昼なお暗き」といわれてしまうと言葉が詰まる。まして「密林」とまでいわれた日には。
そうだ、二番の歌詞には樹海も出てくる。

 果てなく続く樹の海に
 小鳥や鹿を友として
 われらは強く育ちたり

「小鳥や鹿を友として」も忘れがたい。きっと、樹海小学校の校歌もすてきなんだろう。

以上、「9月某日 仲間」の全文を掲載した。
それで興味を持った私は、ネットから富村牛小中学校のホームページに飛んでみた。
f0138096_16281719.png
写真?の上でクリックすると読みやすくなります。

三番の「仰げば高き二ペソツの」はまだしも、四番の歌詞は全てがすごいと思った。
圧倒された。


by tarumae-yama | 2017-08-30 00:21 | 日々の出来事 | Comments(0)