2017年 08月 04日 ( 1 )

恵庭岳西峰と本峰、2017.8.1ーその1ー

前日の予報から、恵庭岳に登っても眺望は得られないことを懸念し、当日青空が期待できないのなら、楓沢から樽前山へ転進しようと前夜打ち合わせていた。

登山口に到着すると雲は多いけれど、青空も覗いていたため恵庭岳に向かった。
だが、第1見晴台に到着する前から雲の中に入り、支笏湖がどこにあるかもわからない状況だった。
当然、第2見晴台に到着しても真っ白で、近くの頂上岩塔すら全く見えない。
それでも、昼前から青空が出るとの予報を信じ、西峰に向かった。

迂回路は前日の降水の影響を受けてとても滑りやすく、所々設置されているロープや枝などにつかまり、やっとの事で西峰への稜線に上がった。
そこからも西峰へはフキの葉などが繁茂していて足下も見えない状況だったけれど、レインウエアの下だけ履いたSさんがポールを使って進路を作ってくれた。

最近は西峰に向かう登山者が増えてきたせいか、踏み跡が少しずつはっきりとしてきたものの、それでもなかなかワイルドな登山道であることに変わりはない。
だが、Sさんに続く二人の女性は、さほど苦労する様子も見せず西峰の頂上に立った。

到着した直後は、やはり真っ白でオコタンペ湖どころか支笏湖すら全く見えない。
せっかく苦労して登ってきた恵庭岳、ガスが切れることを期待して西峰でゆっくり昼食を摂ることにした。

すると願いが通じたのか、食事中に雲が流れ、オコタンペ湖や奥の小漁山が見えてきて、同行者から歓声が上がった。
振り向くと、支笏湖も雲の隙間から姿を現した。

山行記録
登山ポスト07:02→第1見晴台09:05~09:16→第2見晴台09:47~09:55→西峰10:54

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17062861.jpg
f0138096_17071396.jpg
f0138096_17074211.jpg
f0138096_17075578.jpg
ツルリンドウの花
f0138096_17082348.jpg
マイズルソウの実
f0138096_17082648.jpg
シラタマノキ、第1見晴台にて
f0138096_17083015.jpg
第1見晴台にて、支笏湖すら見えない
f0138096_17083368.jpg
第2見晴台
f0138096_17084661.jpg
サンカヨウの実
f0138096_17092786.jpg
今までの頂上岩塔への登山道は、迂回路を通るようにしっかり処置されていた
f0138096_17093293.jpg
迂回路に入ったところ、前方にガスでぼんやりとしている北峰
f0138096_17093644.jpg
f0138096_17094108.jpg
左上に西峰の頂上部
f0138096_17095090.jpg
f0138096_17095426.jpg
ガスの中の西峰頂上
f0138096_17095814.jpg
西峰に立つ同行者
f0138096_17100193.jpg
西峰から撮影中のOさん
f0138096_17101110.jpg
千歳山岳会が作ったと思われる頂上標識
f0138096_17101580.jpg
西峰で同行者の記念撮影
f0138096_17101965.jpg
西峰から本峰の頂上岩塔



by tarumae-yama | 2017-08-04 07:11 | 北海道100名山 | Comments(2)