2017年 05月 14日 ( 1 )

漁岳、2017.5.9

期待していたとおり、入山ポストの先のゲートまで除雪されていた。
我々は有り難くゲート付近まで車を進め、路肩に停めた。

ワカンやスノーシューをザックにそこから全員つぼ足でスタート。
林道には所々雪が残っていたが、つぼ足で問題なかった。
それどころか、全行程をつぼ足で通した。
途中からSさんだけアイゼンを装着したけれど。

登りの途中で、2,3ヶ所判断を誤り少々の藪漕ぎになったものの、雪を繋いで迂回するのとどちらが良いかと言えば、それぞれの好みだと思うので判断ミスとまでは言えないと思う。

だが、この後は雪解けが進み、雪の下に倒れていた笹が立ち上がってくると見通しが悪くなるから、ルートファインディングがずっと難しくなると思う。
標高の高いところでもそろそろ残雪が切れていると思われ、漁岳の積雪期登山はもう終わりかも知れない。

我々はそんなタイミングで頂上からの素晴らしい眺望を独占した漁岳だった。

参考までに昨年5月13日に登った漁岳の記事↓
山行記録
入山ポスト07:43→尾根取り付き08:25→頂上10:32~11:07(昼食)→林道12:13→入山ポスト12:50

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18405299.jpg
フキノトウの撮影?下山時
f0138096_18405987.jpg
入山ポストの先のゲートまで車で進めた
f0138096_18410670.jpg
ゲートの先もしばらく乾燥路面
f0138096_18411091.jpg
林道から尾根の取り付き地点。かろうじて雪が繋がっている
f0138096_18411892.jpg
Sさんはアイゼンを装着して
f0138096_18412365.jpg
Kさんを入れてオコタンペ湖と奥に支笏湖
f0138096_18423760.jpg
コバルトブルーのオコタンペ湖の湖面が綺麗
f0138096_18424460.jpg
オコタンペ湖をアップで、奥に支笏湖
f0138096_18425287.jpg
尾根上はハイマツ地獄で進めず、かと言って斜面は傾斜がきつくてトラバースが出来ず、ハイマツの枝を掴まりながら
f0138096_18425723.jpg
正面に漁岳頂上部。私は正面の藪を越えたが、お二人は右に大きく迂回して雪を繋いだ
f0138096_18430481.jpg
右端に北漁山
f0138096_18430857.jpg
漁岳の頂上直下をハイマツの枝を掴まりながら直登するKさん
f0138096_18431692.jpg
頂上から小漁山、その奥に丹鳴山、白老3山、ホロホロ山などが見える
f0138096_18432050.jpg
Kさんから清見オレンジのドライフルーツを頂くSさん
f0138096_18432829.jpg
尻滑りのKさん
f0138096_18433381.jpg
左上に漁岳頂上部
f0138096_18434199.jpg
正面に恵庭岳
f0138096_18434584.jpg
藪に突入
f0138096_18435863.jpg
枯れ木を入れて恵庭岳
f0138096_18440435.jpg
薄い藪を越えて笑顔のSさんとKさん
f0138096_18441217.jpg
無事下山

by tarumae-yama | 2017-05-14 07:09 | 北海道100名山 | Comments(4)