2017年 04月 07日 ( 1 )

イチャンコッペ山と幌平山、2017.4.6

前日に登った恵庭岳の報告がまだなのだが、晴れていたこともあり同じような写真が多く、ブログ用の写真を選択する気がなかなか起きない(^^;)

恵庭岳下山後、帰宅してスマホの電源を入れると、Sさんから「明日ひょっこり休みなんで、何処か山行ご一緒出来たら・・・・」とのLineが入っていた。
たまたま、翌日はMさんも休みと知らされていたので、M夫人に電話をすると「一緒します。」とのこと。
そんな訳で、4名でイチャンコッペ山と幌平山に登ってきた。

初夏を思わせる陽気に、出だしの登りから汗が噴き出した。
最初は全員つぼ足で登ったけれど、腐れ雪のため女性二人は途中でアイゼンを装着、Mさんと私は幌平山斜面のトラバースを終えたところでスノーシューを履いた。
スノーシュー組の二人の後をアイゼンスタイルの二人が付いてくる形で、女性達の踏み抜きはかなり解消されたと思う。

イチャンコッペ山の頂上は、標識が隠れているほど積雪が多かったのは驚きだったものの、帰りに寄った幌平山はあと1週間から十日ほどで笹が出て来そうな感じ。
だから、その後に登るのはしんどいかも知れない。

誰にも会わない我々だけの静かな山だったけれど、登山口の直ぐ近くでMさんがiPhoneを拾った。
我々が幌平山を登っているタイミングで、イチャンコッペ山に向かった登山者がいたのかも。
iPhoneはMさんが警察に届けたから、紛失に気がついた方はとりあえず電話で問い合わせたらと思う。

山行記録
登山口08:04→旧反射板ピーク10:17→イチャンコッペ山頂上10:36~10:56(軽食)→幌平山頂上12:19~12:27→登山口12:53
f0138096_09223053.jpg
イチャンコッペ山の頂上で久しぶりにボルトポーズ。Jさん、お元気かな?
f0138096_09224202.jpg
登山道上は積雪状態。最初の急登部分はまだ1週間は解けないかも
f0138096_09224691.jpg
とりあえず全員つぼ足で
f0138096_09230590.jpg
女性陣は途中でアイゼンを装着
f0138096_09230719.jpg
幌平山の斜面をトラバース中。このすぐ先でスノーシューを装着。奥に旧反射板ピーク
f0138096_09231416.jpg
展望の良い所から、支笏湖と奥に風不死岳や樽前山、だが霞んでいる
f0138096_09233290.jpg
スノーシューを履いているMさんが太ももまで沈んだ(^^;)
f0138096_09234769.jpg
枯れ木に座るSさん(左)とM夫人
f0138096_09235147.jpg
夏道を外れ、ポコに登る。バックに恵庭岳、右上に幌平山頂上部
f0138096_09235977.jpg
同じ所から
f0138096_09240209.jpg
旧反射板ピークへの急な登り

f0138096_09241286.jpg
旧反射板ピークは目前
f0138096_09241706.jpg
右下近くにイチャンコッペ山頂上部
f0138096_09242991.jpg
イチャンコッペ山の頂上に到着。標識は雪の下のようだ
f0138096_09243358.jpg
前方に恵庭岳や漁岳などを見ながら幌平山に向かう
f0138096_09244023.jpg
幌平山の頂上。奥に紋別岳
f0138096_09244587.jpg
幌平山頂上近くの亀裂



by tarumae-yama | 2017-04-07 09:42 | 登山 | Comments(6)