2017年 03月 02日 ( 1 )

風不死岳北尾根、2017.2.27

3日前に一人で登った風不死岳は、速報版と言いながら登山道の状況や登りと下りに要した時間なども書いたから、この記事で報告する事は殆どないと感じる。

ただ、8合目まではスノーシューやアイゼンで特に問題はないけれど、そこから上部はうっすら残っているアイゼンの跡が、積雪や吹き溜まりのためか微妙にルートが変わっていた。
そしてその踏み跡は、頂上手前では落とし穴が隠されている近くを通っているものだから、体重のある私はヒヤヒヤものだった。

下りは、8合目まで登り以上に緊張を強いられた。
これからの時期、日中解けた雪が早朝はカリカリに氷化している可能性があり、アイゼンワークには一層気を使う必要があると思う。
f0138096_13542608.jpg
ゲート前、案外雪は多い
f0138096_13545465.jpg
正面に紋別岳
f0138096_13552496.jpg
枝越しに恵庭岳もクッキリ
f0138096_13555476.jpg
8合目付近で左足が攣りそうになり、ツムラ68とアミノバイタルのお世話に
f0138096_13562531.jpg
正面に尻別岳、右に見えるはずの羊蹄山は雲に隠されている
f0138096_13565480.jpg
中央付近に白老3山
f0138096_13572601.jpg
恵庭岳をアップで、太陽に雲がかかっていてちょっと残念な写真
f0138096_13575750.jpg
中央やや右上に多峰古峰山、その上にホロホロ山と徳舜瞥山やオロフレ山など
f0138096_13582607.jpg
支笏湖。この辺り踏み抜きに注意が必要
f0138096_13585883.jpg
中央に紋別岳、左端近くにイチャンコッペ山など
f0138096_13592909.jpg
エビの尻尾


by tarumae-yama | 2017-03-02 07:23 | 北海道100名山 | Comments(0)