2017年 02月 27日 ( 2 )

風不死岳北尾根、2017.2.27-速報版-

明日恵庭岳に登る予定だが、その時同行者にアイゼンを貸す事になっている。
他にグリベルのセミワンタッチ式12本爪アイゼンを持っているのだが、明日貸すのはコバが付いていない登山靴用に最近購入したばかりのブラックダイヤモンド製の10本爪アイゼン。

自分がまだ未使用のアイゼンを、知人が最初に使うのは一寸変とも思うし、何より性能的にどの程度のものか全く知らず貸すというのは無責任なようにも思う。

そのような事から、今日風不死岳の北尾根に登ってきた。
アイゼンの使い勝手を確認するための登山だから、駐車場からアイゼンを装着した。
もちろん、ザックにはスノーシューをくくりつけて。

週末のトレースが残っていたものの、新雪が乗っていてアイゼンだと体重がある分結構沈む。
それに4合目から8合目までスキーのシュプールが、スノーシューなどのトレースを隠しているため、不明瞭となったトレースから少しでも外れると膝上まで埋まる。
よほどスノーシューに替えようかと思ったけれど、結局ズボズボ埋まりながら頂上までアイゼンのまま登り切った。
そんな苦労をしたことで想定外に時間がかかり、途中で左足が攣りそうになって久しぶりにツムラ68のお世話になった。

出だしから頂上まで軟雪だったので、アイゼンのグリップ力としては今ひとつしっくりこなかったけれど、とりあえず不安なく頂上に立てたことだし、作りのしっかりしたブラックダイヤモンド製の10本爪だから知人の期待に応えてくれると思う。

登りに2時間34分もかかったけれど、下りは56分。
誰にも会わず、静寂に包まれた風不死岳だった。
f0138096_15114040.jpg
頂上直下から、支笏湖と奥に恵庭岳。スタート時は快晴だったのだが、雲が増えてきた
f0138096_15122054.jpg
頂上から樽前山。今日は溶岩ドームから噴煙が勢いよく上がっている
f0138096_15123821.jpg
今日初使用のアイゼン。写真は「価格.com」から借用


by tarumae-yama | 2017-02-27 15:20 | 北海道100名山 | Comments(4)

プロトレック PRW-6100Y-1JF

2月20日の検査は、最悪札幌のがんセンターに入院しての手術を覚悟していた。
だが、幸いにも定期的な経過観察でも良いとの結果だった。

入院した場合かなりの出血、もとい、出費と考えていたから、これは嬉しい誤算と言うべきか。
この先何年生きられるか不明だが、ここは自分自身に褒美をあげたいと思った。

5月で使用期限が来るビックカメラの買い物券があり、それと500円玉貯金箱から少々取り崩し、もう10年近く酷使しているブロトレックを更新することに決めた。

山好きな私は、プロトレックに結構な愛着を持っている。
利尻に単身赴任中の平成6年2月?、新聞記事でカシオから高度計付きの腕時計が発売されると知り、早速「YES」の外商部に勤務する知人を通して購入。
その時計を腕に、4月の利尻山へ山スキーで向かった。

プロトレックというブランド名が使われたのは、平成7年からのようだが、


スントなど有名海外ブランドに目もくれず、プロトレックばかり今まで7個くらい買っただろうか。

タイトルのプロトレックは
明日宅配されるから、使用感などそのうち紹介出来ればと思う。
f0138096_12261631.jpg
明日届く予定のプロトレック
f0138096_12262497.png
平成6年に購入した高度計付き(温度計と方位計付き)腕時計。この時はまだプロトレックのブランド名はなかった。上2枚の写真は、「価格.com」のHPより借用



by tarumae-yama | 2017-02-27 07:47 | その他 | Comments(0)