2016年 08月 30日 ( 1 )

羊蹄山、8月27日-その1-

直前になって週末の予報が、どちらも晴天となった。
日曜日の28日ならM夫人の御主人が参加出来るし、5名で賑やかに登れるからさんざん迷ったけれど、すでに7月から悪天で延期をくり返していていい加減うんざりしていたため、降水確率の低い方を優先させて27日に決めた。

今回、羊蹄山初挑戦の同行者には比羅夫か真狩コースを選ぶのが適当と思ったけれど、あえて登山者の少ない喜茂別コースを選択。

6時半頃、登山口の駐車場に着くとすでに4台の車があり、新潟と九州からと言うソロの男性が出発の準備中だった。

その九州からと言う71歳の男性と一緒にスタートしたのだが、途中、遅いから先に行って下さいと言われたのに、いつの間にか姿が見えなくなったと思っていたところ、何と登りの8合目で下りてくるその男性と再会。
頂上まで2時間半だと聞いてびっくりだった。

5合目で休憩中に我々を追い越した女性は、恵庭岳で2,3度お会いしている苫小牧のIさんだったのだが、そのIさんには九州の男性との再会直前にこの日2度目の挨拶。
更にビックリしたのは、Iさんは2時間15分で登頂したと。

我々は8合目までそこそこ順調で、頂上まで3時間半から4時間弱のペースで登っていたのだが、8合目からアクシデントに見舞われて失速し、結局頂上に5時間15分かかって到着。

蛇足だが、M夫人は翌日の28日も同じ喜茂別コースから御主人と登って、頂上まで2時間50分だったという。
いや~、皆さんどんな心臓を持っているのだろう、つくづく羨ましい!

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1055595.jpg

正面に羊蹄山を見ながら、もうすぐ72歳になるという男性と一緒に4名でスタート
f0138096_10551414.jpg

オオカメの赤い実が綺麗
f0138096_10552686.jpg

前夜冷凍していたみかんゼリーを5合目で食べる。同行者にも一つずつお裾分け。このゼリーは熊本の山友から送られて来たもの。冷たくてとても美味しかった!
f0138096_10553417.jpg

途中追いついた若者は、東京からやって来て電波の受信状況を測定器で調べながら登っているというauの社員だった
f0138096_10554238.jpg

8合目付近、肉眼で頂上標識が見えるけれど、写真では無理かも
f0138096_1055495.jpg

中央付近に風不死岳や樽前山が望める
f0138096_10555751.jpg

下山中の苫小牧のIさん、M夫人と一緒に記念写真
f0138096_1056535.jpg

エゾオヤマリンドウを入れて、右端近くに僅かに洞爺湖が見える
f0138096_10561352.jpg

頂上の登山者が見える
f0138096_10562171.jpg

頂上目前
f0138096_10562854.jpg

お鉢から、奥にニセコ連峰
f0138096_1056369.jpg

お鉢から
f0138096_10564480.jpg

快晴の羊蹄山に到着

by tarumae-yama | 2016-08-30 11:19 | 日本100名山 | Comments(2)