2012年 03月 02日 ( 1 )

3月1日、ホロホロ山-その1-

H原さん、シマエナガさん、minakayakさんとスノーシューでホロホロ山に登ってきた。
朝は快晴だったのに、次第に雲が広がり樹林帯を抜けるとガスと強風で真っ白な世界。
そんな中をひたすら上を目指し、やっと辿り着いた山頂は雪混じりの風が厳しく、3月だというのにまるで厳冬期の状況だった。

雪が締まっていないためスタートから10分ごとに先頭を交代、中腹からは膝まで埋まる積雪に5分と言う短時間でめまぐるしくラッセル役を代わった。
前日の疲れが足に残っていて、先頭に立つ度にとても頂上までは無理と思ったけれど、ツムラ68を飲み、歯を食いしばって何とか頂上に。

頂上から何も見えなかったものの、達成感は十分に得られたホロホロ山だった。
頂上標識を風よけに、シマエナガさん提供のノンアルコールビールで乾杯し、慌ただしく昼食を摂り下山。
下りは我々のトレースが使えたのでウソのように快調。

それでも、この冬は寒さがきつく降雪も多いため何時までもラッセルを強いられ、残雪期の山を楽しむならもう一月遅いくらいの方が丁度良いのかも、と思った昨日今日の登山だった。

山行記録
三階の滝前の駐車地点07:47→ホロホロ山頂上11:52~12:11→駐車地点14:20
休憩を含み登りに4時間5分、下り2時間9分
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22294236.jpg

中央奥にホロホロ山に繋がる徳舜瞥山、随分遠い
f0138096_22295414.jpg

スタートはトーテムポールの丘を通って。下山時に撮影
f0138096_22301432.jpg

快晴の天気に気持ちが高ぶる
f0138096_2230247.jpg

中央に白老岳
f0138096_22303441.jpg

同上、アップで
f0138096_22304575.jpg

f0138096_22305786.jpg

スノーシューが沈むようになって10分から5分間隔で先頭を交代
f0138096_2231996.jpg

樹林帯を抜けると風が強まり、二重の手袋でも冷たさを感じる
f0138096_22311951.jpg

視界が利かない中、ひたすら頂上を目指して
f0138096_2231319.jpg

4時間を超える苦闘の末、頂上到着
f0138096_22314497.jpg

シマエナガさん提供のビール。疲れた身体に美味さが染み通る
f0138096_22315730.jpg

シルバートリオの記念写真。寒さに笑顔が引きつって?
f0138096_22321626.jpg

ゴールは目前
f0138096_22323414.jpg

GPSの軌跡。総歩行距離は14.0km
by tarumae-yama | 2012-03-02 00:02 | 登山 | Comments(8)