2009年 10月 16日 ( 2 )

登山靴の補修

 ここ数年、キャラバン社のGK-47という登山靴を愛用していることは以前に書いた
 今回の遠征で、そのGK-47の金具が取れてしまった。
 甲斐駒ヶ岳で一つ、仙丈ヶ岳でもう一つ、どちらも左足の対になる所だったが気がつかぬまま山にゴミ?を出してしまった。

 今日、キャラバン社のリペア部門に電話を入れると、無償で修理するから一足分着払いで送って欲しい、とのことであった。

 前回、ヴィムラムソールの張替を依頼したときにも感じたのだが、今回も担当のIさんは明るく誠実に対応してくれた。
 ただ、知人のキャラバン製登山靴の金具も取れて修理してもらったと聞いたことがあるから、金具の耐久性にいささか問題があるのでは?との質問には、登山中引っかかった時の身の安全性も考慮に作ってあるとの答えであった。

 スキーでも激しく転倒したとき、ビンディングが外れなければ捻挫や骨折の可能性があるからその説明にはなるほどと思う。
 しかし、取れた金具は足首の締め具合を調節する一番大きな役目を果たす位置にあると考えるので、やはりそれなりの強度を持たせて欲しいとも思う。
 
f0138096_17172127.jpg

取れた左足の金具跡、右足の欠損は「ゴアテックス」という飾り部分
 
f0138096_17174738.jpg

大和市のAご夫妻から届いた絵手紙、長さ2m以上もあって感激した。
Aご夫妻帰京の日、我々は前日に本州へ旅立ったのでお会い出来なかったが、帰宅を待ってお手紙を出す心遣いにお人柄を感じた
by tarumae-yama | 2009-10-16 17:31 | その他 | Comments(2)

9月30日、朝日岳-写真をメインに-

 本州上陸後、最初の100名山は朝日岳。
 前夜古寺鉱泉の駐車場に着くと3台の車があった。
 
 思いの外登山道が歩きやすく水場が3ヶ所もあり、最盛期の紅葉を楽しみながら快調に登ることができた。
 古寺山から小朝日岳の奥に目指す朝日岳が見え、そのどっしりとした山容に魅せられた。

 頂上から月山やその奥に鳥海山などが眺められ、先行者が下りたあとは雄大な景色を独り占めであった。

 予定より随分早い下山になったから、118km離れた裏磐梯猫魔ホテルまで車を飛ばし、ホテル内の立派な温泉で汗を流した(温泉雑誌を利用)。

 山行記録
 古寺鉱泉駐車場05:45→一杯清水06:45→三沢清水07:15→古寺山頂上07:33~07:40→小朝日岳頂上08:07~08:10→朝日岳頂上09:25~10:00(昼食)→古寺山頂上11:18~11:25→三沢清水11:37→一杯清水11:56→古寺鉱泉駐車場12:37
 休憩を含め登りに3時間40分、下りに2時間37分 GPSによる歩行距離18.14km

 写真の上でクリックすると大きくなります。

 
f0138096_11534075.jpg

左手に小朝日岳、中央に朝日岳
 
f0138096_11535839.jpg

 
f0138096_1154148.jpg

中央に月山、その左手奥に鳥海山
 
f0138096_11543349.jpg

 
f0138096_11544867.jpg

 
f0138096_115533.jpg

 
f0138096_11551934.jpg

 
f0138096_11553629.jpg

 
f0138096_11555331.jpg

 
f0138096_1156107.jpg

 
f0138096_1156289.jpg

 
f0138096_11564667.jpg

GPSの軌跡、下りの小朝日岳はトラバースで
by tarumae-yama | 2009-10-16 12:00 | 日本100名山 | Comments(2)