7月9日、Tさん念願のニペソツ山に登頂

 9日、Tさんの永年の念願だったというニペソツ山に登った。
 天気予報が今ひとつの上、今まで3日連続寝不足の中、なかなかハードな登山が続いたから頂上に立てるか多少不安があった。
 登山口で待つという家内には、15時プラスマイナス1時間で戻る予定と言って5時丁度にガスの中を出発した。
 平日にも拘わらず、すでに4,5台の車があり先行者がいるのは何とも心強い。
 
 この山は、深田久弥が選定前に登っていたなら、日本百名山に入れただろうと言われる魅力的な山だ。
 特に、前天狗から望むニペソツ山には誰もが息を飲み、その後感動の言葉が飛び出すこと間違いない。それ程、(かなり?)前方に、鋭い頂上を持つニペソツ山の雄姿には引き付けられるものがある、と思う。

 ともあれ、前天狗到着時にガスが切れて、その雄姿を目の当たりにすることが出来た。
 Tさんは念願を果たし、案内すると言った私も約束を果たしホッとした瞬間であった。

 シマリスや前天狗ではナキウサギを見ることが出来、帰途の林道では愛車の前を小熊が横切るという驚きもあった。

 山行記録
 十六沢林道登山口05:00→小天狗06:24→前天狗07:30~07:40→頂上09:14~09:55→前天狗:11:10~12:00(昼食)→天狗のコル12:40~14:45→小天狗12:55→十六沢林道登山口13:57
 休憩を含み、登りに4時間14分、下りに4時間2分

 ** 昨年7月25日に熊本のTさんご夫妻とこの山に登っているので、併せて読んでいただければ嬉しい。
 
f0138096_1147878.jpg

標高1700m辺りで雲の上に出て、石狩岳も見えてきた、このご夫婦は地元帯広から来ていたが、ニペソツ山には30回以上も登っていると言われ、驚いた
 
f0138096_11472826.jpg

             ニペソツ山もなかなかのお花畑で疲れを癒してもらった
 
f0138096_1147469.jpg

                         前天狗は目前
 
f0138096_11482095.jpg

           前天狗から頂上に向かうが、ガスが湧いてきてヤキモキ
 
f0138096_11483391.jpg

                   登山道のエゾイソツツジ
 
f0138096_11485739.jpg

                  やせ尾根の登山道、高度感がたっぷり
 
f0138096_11492318.jpg

                   頂上を目前に胸突き八丁
 
f0138096_11535912.jpg

                   頂上からの眺望、とうとうガスは切れなかった
 
f0138096_11541215.jpg

旭川から来たという隣の男性は、フランスパンを切るために5時間も重い包丁を持ってきたと言うから驚いた、お借りして記念写真
by tarumae-yama | 2008-07-14 12:05 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2008-07-15 01:05 x
うわっ、懐かしい風景です。昨年は超快晴でしたが、今回はガスが切れず残念でしたね。ニペソツ山にしかないという「ピンクのスズラン」でしたっけ、また見つかりませんでしたか・・・ 今週末には、どうにか出発できそうな天気図ですが・・・
Commented by tarumae-yama at 2008-07-15 17:03
ガスがかかる中を出発したので、前天狗からニペソツの頂上部が見えるか不安がありました。それが叶っただけで充分満足したと思います。
スズランは全く気がつきませんでした。
そろそろ出発なんですね。お気を付けて楽しんでください。
私達は8月下旬出発で考えていますが、どうなりますか・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月9日、ニペソツ山で見た花 7月8日、旭岳裾合平周辺の花など >>